2012年09月

2012年09月30日

スプリンターズS 回顧 

スプリンターズS 予想

 1着△ロードカナロア
 2着〇カレンチャン
 3着×ドリームバレンチノ
 4着△エピセアローム
 5着−ラッキーナイン

 6着×サンカルロ
 8着◎パドトロワ
11着×フィフスペトル
16着▲ダッシャーゴーゴー

これで12戦7勝2着4回3着1回。4着以下なしというパーフェクトな成績でロードカナロアがスプリンターズSを制覇!しかも大外枠を克服しスプリントG杵覇中のカレンチャンを負かしての勝利と内容も凄い!

高松宮記念で3着したあとG靴韮加紂■加紊半,狙擇譴覆っただけに下手すると勝ち切れない馬になっちゃうのかなぁ〜なんて思ってもいたんですけどねぇ。
また連勝時は直線平坦なコースだったので急坂のある中山はどうかな、とも思っていたんですが…。
いい意味で予想を裏切るパフォーマンス!まだまだ4歳ですしこれはとんでもない馬になるかもしれませんねぇ!

また敗れたカレンチャンも2年連続好走が難しいスプリンターズSで2年連続連対となる2着。これも立派な成績だと思います。
記録のことだけを考えるならロードカナロアさえあと1年遅く産まれてくれれば〜なんでしょうけどね。競馬ファンからするとこういう強いスプリンター2頭の対決を観られたのは大変幸せなことなのかもしれません。

それにしても3頭揃って外枠を引いときながらも、きっちり人気に応えてワンツーフィニッシュの安田厩舎!天晴れであります。

ダッシャーゴーゴー?まぁそのドンマイ!ということで。

馬券の方はパドトロワから行ったんですが、速かったですねぇ。外枠の有力どころも先行馬でしたので超Hペースになって潰される可能性も頭には入っていたんですが、まさかダッシャーゴーゴーと前走逃げて大敗しているマジンプロスパーが絡んでくるとは。。この2頭の潰れ方をみていると、直線見せ場たっぷりの8着という結果は良く頑張ってる部類なんでしょうけどね。残念。
ただ内の差し馬が穴かなということで、ドリームバレンチノを拾えたことにはちょいと満足しています。

しっかし、セントウルS組の人気馬はアテにならないと書いたらワンツーフィニッシュ。好ステップのキーンランドC組から本命をとったのに来たのはキーンランドCの7着馬…。
結果には納得ですし外し方にも満足はしてるんですけど、何か上手く行かないなぁ〜。

ダッシャーゴーゴー、一緒に頑張ろう。こんな時もあるさ…。彼は今どんな顔をして同厩の2頭と一緒にいるのだろうか?
馬じゃなかったら誘って飲みに行きたい。

私「次こそ頑張ろうな!」

ダッシャーゴーゴー「ヒヒーン」

とか言いながら(涙)

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月29日

スプリンターズS 最終予想

ハンデ戦でオッズが割れてたとはいえ2→3→1番人気で3連単18030円!?
2、3番人気の馬連が2590円!?

獲られた方は笑いが止まらないでしょうねぇ。羨ましい限り。

ここを当ててG気砲いのれで挑みたかったんですけど、負けて挑むのはいつものこと。慣れっこであります。
気持ちを切り替えて。秋のG気いぅ好拭璽箸鮴擇辰討いましょう(予定)

それでは。

スプリンターズS データ

セントウルS組の人気馬はアテにならずのデータ。おまけにそのセントウルS経由の人気馬3頭は揃って外枠を引いてしまった。
外枠が不利というレースではないので、枠順的にはさほど問題はないのかもしれませんが揃って入っちゃったという事がちょっと嫌。意識するでしょうからねぇ。

ましてや3頭とも先行馬ですし…。

好位の取り合いでペースがあがって超Hペースで流れることもあるのかも?まぁ当たらない展開予想はこれくらいにして本命へ。

パドトロワ。こちらも先行馬ですが3頭より内に入ったのは好材料。キーンランドC組はここ4年で5頭が馬券に絡む近年の好ステップ、またアイビスSD連対馬は過去10年で4頭が馬券絡みと何気に好相性です。人気馬に絞ったデータではセントウルS組より、その他の短距離重賞で前走連対していた馬の方が安定していますし、データ的にも枠順的にも今回はこちらかなと。
ただ前年好走馬のデータがあまり良くないんですよね。連勝中ですしピークを過ぎたということはないとは思うんですが…。

カレンチャン。スプリンターの競争ピークは意外に短く前年スプリンターズS連対馬の成績は2、2、2、10、4、15、12、10、14着。連対したのはビリーヴとデュランダルの2頭のみ。そういう名馬クラスのスプリンターじゃないと2年連続連対は…なんですが、既にスプリントG欺春連覇を達成しているカレンチャンはまさにその名馬クラスの馬。デュランダルでも達成できなかった連覇はどうなるかわかりませんが、馬券圏内は確保してくれるはず。

ダッシャーゴーゴー。本命馬同様こちらも好ステップキーンランドCの連対馬。G擬太咾發△蠅泙垢慧然重い印になります。不安材料は同年高松宮記念3着以下の馬が不振だということと、あとは降着でしょうかね…。

△にロードカナロアエピセアロームの人気馬2頭。あとは穴馬ですが外枠の馬が前に殺到してペースが速くなった時、内で脚を溜めてる馬が面白いんじゃないかなと。
距離こそ違えど内で待機しマイルCSで穴をあけたフィフスペトル。外枠で追走に苦労した前走は大敗も内に入って見直したいドリームバレンチノ。同じく前走大敗ですが6着以下からの巻き返しもきくセントウルSから実績馬サンカルロまで押さえて終了です。

買い目
◎パドトロワ〇カレンチャン▲ダッシャーゴーゴー
△ロードカナロア、エピセアローム
×フィフスペトル、ドリームバレンチノ、サンカルロ

馬連 ◎−〇▲△△××× 7点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△××× 36点

まさかのカレンチャンぶっ飛びも考えて

3連複1頭軸 ◎−▲△△××× 15点


内枠が気になって点数が絞りきれず。ロードカナロア、エピセアロームあたりが相手だとガミりそうな雰囲気。
ダッシャーゴーゴーか内枠の3頭でお願します!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月28日

シリウスS 最終予想

スプリンターズSの枠順が発表されましたが…。随分とまぁ有力馬が外枠に集中しましたねぇ。
しかも安田厩舎の3頭は3頭とも7、8枠!なんだこれ!?
中山芝1200mは外枠不利とはいえず、スプリンターズSでもここ9年で5回も7枠が連に絡んではいるんですけどね。。
ただG気量婿劼蚤親数の8枠となると流石にちょいと厳しい感じはします。

G汽譟璽垢任垢らあまり結果に枠順が大きく影響するのは嫌なんですけどね。これだけ外に固まると影響出ちゃうのかなぁ…。

それではスプリンターズSの方は明日の夜までゆっくり考えるとして明日の予想を。
シリウスS データ

阪神2000mになってからの過去5年で前走1600万出走馬が4勝。いくらG靴箸呂い┛枉錣弊績。また過去5回シリウスSの勝ち馬が同年のJCDで馬券になったことはなし。それどころか掲示板にも乗れていません。出走した馬は結構な人気に支持されてはいるんですけどね…。
つまり準OPからの挑戦でG靴鮠,討襪曚桧掬歸に抜けているわけではなく、相当ハンデが効いているように思います。

今年もここ1年重賞での5着以内はなくOPでの2、3着が1度ずつあるだけのインバルコが58キロを背負うのに対し、1600万組は54、55キロのハンデ。

当然狙いは準OP組で。

メイショウエバモア。阪神コースは7戦して3勝と好相性。そして前走1600万条件から馬券になった4頭は4頭ともオークランドRCTの出走馬でした。昨年オークランドRCTの勝ち馬タガノロックオンが1番人気で4着に敗れ、このレースからの連続連対はストップしてしまいましたが、まだまだ狙って行く価値はあるように思えます。
ただ馬自身に安定感があまりないタイプなのでズタボロになるかもしれませんが…。

クラブトゥギャザー。ハンデが非常に効く!という見解で予想に入っていますので前走が1000万下で実績不足だとしても53キロであれば対等に渡り合っても不思議じゃない。レース間隔が開いているのは気になりますが、安定感のあるタイプで複勝率の高い馬。相手なりに走ってくれるかも。

ナイスミーチュー。こちらも前走準OPから。阪神コース4戦2勝というコース実績もいい感じ。前走条件戦出走馬だけでワンツースリーというのは流石にないとは思うんですが、対抗馬とこちらのどちらかが本命と一緒に来てくれれば…大儲け!そんな妄想でちょいと厚めに勝負。

△に実績馬の2頭メイショウタメトモグレープブランデー。前走重賞出走馬は6着以下からもレース間隔が開いていても絡んできているので、昨年の1番人気馬タガノロックオンも。
もう1頭の前走準OP勝ち馬グラッツィア。この面子でこのハンデであればメダリアビートも重賞制覇の大チャンス。

買い目
◎メイショウエバモア〇クラブトゥギャザー▲ナイスミーチュー
△メイショウタメトモ、グレープブランデー、タガノロックオン、グラッツィア、メダリアビート

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月27日

シリウスS 過去の傾向から

今度はヒルノダムールが故障引退ですか…。う〜ん。多い!!

また馬場のことを書くと繰り返しになっちゃいますので書きませんけど、ほんとこれ以上は勘弁して貰いたい。秋のG気盛り上がりませんからねぇ。

引退後は種牡馬になるということですので何気にヒルノダムールの産駒には父子3代天皇賞制覇の偉業が掛かることに。
SS系は種馬になってからの競争が激しいとは思いますけど、それに挑戦できるような産駒を輩出できることを願っています。

それではG義案の大事な重賞シリウスSの過去の傾向から。参考データは阪神2000m戦になってからの過去5年分です。

ここで勢いをつけて!とか資金を倍増させてとか、贅沢なことは言いません。
資金を少しでも減らさずにG気坊劼欧燭ぁ(超弱気)

上位人気の成績
1番人気
1、2、5、1、4着
2番人気
4、5、11、7、
3番人気
13、8、1、5、10着
4番人気
8、3、3、2、2
5番人気
3、9、6、6、

2、3番人気が合わせて1連対、3着1回と不振ですが代わりに4、5番人気が3連対3着3回とカバーしており、毎年5番人気以内の馬が2頭以上ずつ複勝圏内に入っております。まだまだサンプル数が少なく、どこまでこの傾向が続くのかはわかりませんが、5番人気以内の馬から軸馬を2頭選んでの3連単マルチが傾向からのおすすめ馬券です。

前走別成績
ダートG欺仭馬(交流G鬼泙燹
4、
中央ダートG供■猫系対馬(10年レパードS含む)
3、5、6着
中央ダートG供■猫沓魁腺誼綰
6、11着
中央ダートG供■猫沓驚絨焚
5、2、8、9、12、14、15、16、
交流重賞連対馬
2、11着
交流重賞3着以下
11、5着
ダートOP特別連対馬
13、10、3、8着
ダートOP特別3〜5着馬
2、7、10、14、13、9、6、12着
ダートOP特別6着以下
5、6、8、9、10、4、7、4、7、10、8、12、5、9、11着
ダート1600万条件1着馬
1、12、9、1、1、4、4着
ダート1600万条件2着以下
1、13着
ダート1000万下条件1着馬
6、3、10着
ダート1000万下条件2着以下
7着
前走芝出走馬
11、3、8、12、15、16、3、7、

過去5回の勝ち馬の内4頭が前走1600万出走馬。そして残りの1頭が前走芝のレース出走、ここが初ダートだった昨年のヤマニンキングリー。つまり前走ダート重賞、OP出走馬からの勝ち馬はまだありません。これは相当ハンデが効いている模様ですねぇ。
特に8、9月のOP特別に出走していた馬は不振傾向ですので、ここを狙うのであればハンデ的にも準OP組を狙った方がいいのかもしれません。

5番人気以内の馬の前走成績
G汽譟璽構仭馬(交流G鬼泙燹
4、
東海S出走馬
3、5、
エルムS出走馬
5、6、11着
レパードS出走馬
6着
交流G供■猫圭仭馬
2、5着
ダートOP特別出走馬
8、13、
ダート1600万条件1着馬
1、9、1、1、4着
ダート1000万下出走馬
10着
芝のレース出走馬
3、8、3、7、

前走重賞組は人気馬に絞っても成績はさほどあがらず。特にエルムS出走馬のぶっ飛びが多いです。準OPからの人気馬は5頭出走し3勝という素晴らしい成績。「重賞実績のない馬がこんなに人気を集めちゃって!」なんて言って軽視すると頭から突っ込まれるので要注意。
例え軽視したとしても、口に出すような事だけはしないように気をつけたい。

今日のまとめ
勝ち馬だけでなく09年のマイネルアワグラスのように前走9着から巻き返して1着など兎に角1600万出走馬からの馬券絡みが多い。原因は完全に“ハンデ戦”だと思われます。今年も準OP勝ち馬が54、55キロでの出走に対し、OP特別1着グレープブランデーが58キロ。まぁグレープブランデーはJDDの勝ち馬ですので仕方ないにしてもG珪,舛垢蕕覆ち袷OP特別3着インバルコも58キロ!かなり背負わされちゃってる印象です。
ということで軸候補は1600万下の勝ち馬から。ただ3頭もいるんですけどね…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月25日

スプリンターズS 過去の傾向から

待ちに待った秋のG汽掘璽坤鵑開幕。ついちょっと前までまだクソ暑かった気がするんですけど、ここ2、3日で気候の方もだいぶそれっぽくなって参りました。

始まってしまえば終わるまであっという間。悔いの無いようにG祇鐇を楽しみたいと思います!
思えば先週大後悔しておいて良かったのかも。G気任△鵑淵轡腑奪を引きずるような馬券じゃ堪りませんからね。そしてお金も貯まりません。

ということでまずは秋のスプリント王決定戦スプリンターズS。

カレンチャンをはじめG擬太喃呂燭舛無事に夏を越し、エピセアロームという新星も登場。
そして今年も怖い怖い香港馬が参戦!
いい意味で大混戦。秋のG騎幕に相応しい、どこからでも馬券が買えそうな好面子のレースになりそうです。つまり当たる気しないのよね…。

それではスプリンターズS過去の傾向から。参考データは新潟開催を除いた9回分です。

上位人気の成績
1番人気
2、9、1、1、2、1、5、7、4
2番人気
3、2、2、8、9、2、2、5、11
3番人気
4、7、3、4、1、10、16、2、1
4番人気
5、11、9、7、4、4、12、10、5着
5番人気
1、1、11、9、3、7、13、14、7

5番人気までの馬で7勝、2着7回。6番人気以下で優勝したのは春の高松宮記念優勝馬ローレルゲレイロ(6番人気)と香港馬ウルトラファンタジー(10番人気)の2頭。2着に入ったのはフェブラリーS優勝馬のメイショウボーラー(10番人気)と昨年のパドトロワ(9番人気)。
つまり日本調教馬で6番人気以下から連対したのはG鞠呂鮟くと昨年のパドトロワのみ。3着にも良く穴馬が突っ込んでくるので波乱のイメージも強いレースですが連に関していえば比較的固めなレースな模様。
3番人気以内の馬の全滅なし。連軸は3番人気以内の馬から選びたいところです。

同年の実績から
高松宮記念()内阪神開催
連対馬
2、2、9、3、5、9、9、10、2、10、1、2、10、(7)
3〜5着馬
6、7、9、10、8、7、14、4、10、3、(13)着
6着以下
6、11、15、5、15、6、7、13、16、10、12、14、15、5、12、16、14、15、16、2、4、7、12、14、8、13、15、(11、12、14)着

まず参考にしたくなるのが同年のスプリントG宜眈承楜念の成績ですが、連対馬でもこの程度の信頼度。3着以下になるとグッーと複勝率は下がります。
高松宮記念に出走していた馬であれば連対していることが好走条件という厳しいデータになっております。

セントウルS《》内はG兄代、()内は中京開催でのものです
連対馬
2、5、6、11、7》(1、8)、2、7、12、5、4、7、3、
3〜5着馬
1、3、9、4、5、13》、3、13、3、8、13、7、11
6着以下
《13、6》(2、12、14)、13、14、16、4、5、8、10、11、1、4、9、10、14、11、8、9、10、14着
函館SS
連対馬

2、6、7、12、8、11、13、2、6、13、5、10、
3〜5着馬
1、4、16、10、5、14着
6着以下
12、14、9、9、14、12、8、9、11、12、16、2、15着
アイビスSD
連対馬

8、1、15、2、7、12、3、14、6、
3〜5着馬
9、12、10、3、8、5、5着
6着以下
7、14、5、14、15、16、12、14着
CBC賞()内は京都開催、《》内は阪神開催
連対馬
8、1、11、11、(4、13)、《11、14》
3〜5着馬
13、13、7、9、10、(5)着
6着以下
12、10、6、8、3、(11)、《10、12、13》着
キーンランドC(G珪些文紊里漾
連対馬
6、8、8、13、3、8、2、5、6、
3〜5着馬
10、11、16、2、6、11、13、10、2、15着
6着以下
6、9、12、14、14、12、14着
北九州記念(1200m戦のみ)
連対馬
12、1、9、9、10
3〜5着馬
15、3、11、3、14着
6着以下
3、1、2、11、15、8、4、12着

続いて夏場のスプリント重賞出走馬です。最重要ステップレースであるセントウルSは休み明けでの叩き台やサマーシリーズの最終戦でメイチの仕上げなど、馬によって状態やモチベーションがバラバラ。その為着順はあまり参考にならず、連対馬の成績がイマイチな一方で3着以下からの巻き返しも目立ちます。
その他のレースでは近年好走が目立つキーンランドC組と6着以下からの巻き返しがある北九州記念組に要注意。
また直線競馬ということで軽視されがちなアイビスSDの連対馬も4頭が馬券にからんでおり軽視は禁物です。

前年実績から
スプリンターズS
連対馬
2、2、2、10、4、15、12、10、14着
3〜5着馬
11、14、14、16、2、14、8、7、11着
6着以下
7、1、5、6、7、12、8、12、15、5、14、4、15、3、11、2、9、11、15、8、12、14着

前年のスプリンターズS出走馬の成績はこんな感じ…。連続連対したのはビリーヴとデュランダル(2回)のみ。1年飛ばして連対したキンシャサノキセキのような馬もいますが、基本的にスプリンターの全盛期はさほど長くはなく昨年好走したから〜といった狙い方は危険な模様。
まぁ既に秋・春スプリントG気鯱覇しているカレンチャンは“例外的な馬”の部類に入ると思いますので関係なさそうですが…。

5番人気以内の馬の前走成績
国内G欺仭馬
2、1、3、9、9、12、
海外レース出走馬
2、11、4、7、16、4着
セントウルS5着以内
1、2、3、5、9、11》(1、8)、2、3、7、5、7、5、7、11着
セントウルS6着以下
4、10着
その他の芝1000、1200mのG系対馬
1、7、1、2、5、
その他の芝1000、1200mのG沓魁腺誼綰
2、13、10着
芝1000、1200mのG沓驚絨焚
9、1、14着
京成杯AH出走馬
4着
1600万条件1着馬
4着

セントウルS好走馬が近年ぶっ飛び多く要注意。特にG蕎些文紊虜綽棲催になってからは人気馬を多く飛ばしており、昨年は叩いて良化が見込まれたサンカルロ。既にセントウルS前に一叩きされ万全かと思われたダッシャーゴーゴーも撃沈しています。
人気馬に絞ったデータでいえば、セントウルS組よりもサマースプリントSで連対して人気になっているタイプの方が安定感があるようです。

今日のまとめ
セントウルS組があまりアテにならず。。カレンチャンは別格と考えるとしても、ロードカナロアエピセアロームの2頭はぶっ飛んでもおかしくない気はする。当然切るのは危険な馬ですのでバッサリとは行けませんが、軸ではなく紐として考えたいところ。
データ的に面白そうなのはセントウルS以外のスプリント重賞連対馬。前年スプリンターズS好走馬があまり好結果ではないのは気になりますが、近年本番での活躍が多いキーンランドCの連対馬パドトロワ。3度目の挑戦でもまだ5歳馬で衰えはなさそうなダッシャーゴーゴー。この2頭にカレンチャンを加えた3頭が軸候補です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月24日

ゴールデンジャックの娘が無傷の2連勝でききょうSを勝利!

ゴールデンジャックの娘といっても若い競馬ファンの方だとピンと来ないのかしら?サイドワインダーの半妹といった方がわかりいいのかもしれませんね。

母ゴールデンジャックはチョウカイキャロルが勝ったオークスの2着馬。当時マル外に開放されていなかったのでこの時のオークスにはヒシアマゾンは出ていませんがヒシアマゾンとも同期。
牡馬クラシックでナリタブライアンが3冠を達成した年でもありますので、ブライアンとも同期ということになります。

つまり結構歳なんですが…。晩年になってからもこういう強い馬を出してくれるのは当時を知るファンからしたら嬉しいものです。
ゴールデンジャックと一緒に走った馬、同年代の馬のことなんかも思い出せますしね!
是非、クラシック路線に乗って貰いたいところ。

また先週はPOGではドラ1レベルの超評判馬ネオウィズダムが2戦目で勝ちあがりました。ただレースっぷりは賛否両論ありそうな内容。恐らくOP、重賞を使うことになる次走である程度わかるとは思うんですが…。わかってからアレコレ買いても面白くありませんからねぇ。
私は今回の内容にはちょいと辛めで評価をつけてみました。

4回中山6日(9月22日)新馬・牝馬 芝1200m
ワンツーステップ・・・★★★
母父オジジアンのスウェプトオーヴァーボード産駒、叔母にブロンコーネがいる血統。縦長の展開を道中は中団で待機。4コーナーで外に持ち出し追い出されると、直線に入って早々に一気に加速。直線半ばであっさり前を捕らえるとそのまま楽々と押し切った。勢い的には突き放して勝ちそうな加速の仕方でしたがあまり持続力はないのか?押さえたのかは?とにかく加速力は素晴らしい。

4回中山6日(9月22日)未勝利 芝1800m
サングブルー・・・★★★
外枠から好スタートを決め2番手を追走。速い流れでしたが3コーナーから積極的に逃げ馬に並びかけにいくと2頭併走で3番手以下を3馬身ほど引き離して直線へ。直線で併走相手のバテた逃げ馬を引き離すと最後は一杯になりながらもしぶとく伸び切り2馬身差での快勝。前走馬券になっているのがこの馬だけという恵まれた面子でもあり、差してこれるような馬がいなかったとういう意地悪な見方も少々残る。

4回中山6日(9月22日)未勝利 芝1600m
ステラビアンカ・・・★★
道中はちょいとテンションが高めなこともあり中団馬群の中にいれて待機。コーナーでは大外から回して直線に入ると、直線一気の末脚で外から差し切った。ここも面子レベルが微妙でおまけに2キロの減量騎手と恵まれた面はあるものの、前走、前々走では33秒台のアガリを使っているように末脚は確かな馬。上のクラスでも瞬発力は通用するはず。

4回阪神6日(9月22日)ききょうS 芝1400m
プリンセスジャック・・・★★★★
ゴールデンジャックの娘がデビューから2連勝!好スタートを切りましたが道中は無理せず控えて中団内で待機。抜群の手応えで直線に向くと力強く脚を伸ばして伸びる先行勢を差し切った。前走は早め先頭から長くいい脚を使っての押し切り勝ちでしたが、末脚を生かす競馬にも十分対応できる模様。早めスパートなら長くいい脚を使え、溜めても上々の切れ味。更には好位を楽に追走するスピードもあり。レースに合わせていろんな競馬ができそうなタイプです。

4回阪神6日(9月22日)新馬 芝1200m
エイユーモモチャン・・・★★★
叔父にビッグゴールドがいる母父フジキセキのサクラバクシンオー産駒です。ゲートは良くも悪くもといった感じ。ダッシュは速そうでしたが他馬が先行してきた為に無理せず中団内で待機。コーナーで徐々に外に持ち出し直線入り口で上手く馬場の真ん中に出されると、先行して伸びていた前2頭を外からジワリジワリと追い詰めて交わし去る。一気にスパッと切れる感じではありませんがスピード感のあるパワフルな末脚です。

4回阪神6日(9月22日)未勝利 芝1800m
ネオウィズダム・・・★★★
スタートは遅かったものの最内枠を利用し積極的に前へ、ハナを奪う。この時期の2歳戦にしては速い流れでしたが道中の手応えは良く、後続もこの流れを追走。直線では各馬に目標にされながらもしぶとく伸び切り、最後は2着馬の猛追も3/4馬身残して初勝利。タフな流れを終始目標にされながらの逃げ切りは価値がある。ただドラ1レベルの評判馬として見るとまだ凄みみたいなものは感じません。使いつつ良くなってくる感じでしょうか。

4回中山7日(9月23日)新馬 芝1600m
レオハイタッチ・・・★★★★
レオアクティブの半弟、タニノギムレット産駒です。前2頭がすっ飛ばす縦長の流れを道中は中団馬群の中で待機。直線では馬群を捌きつつ外に持ち出されるとラスト1F過ぎから一気に加速。あっさり前を捕らえるとゴールまでは抑える余裕もみせる素晴らしい末脚の切れ味。父は替わっても決め手の破壊力は代わらず。兄同様マイル前後で末脚を武器に活躍しそうな予感。

4回中山7日(9月23日)新馬 芝1200m
アポロオラクル・・・★★★
アポロキングダム産駒で母父ウォーニング。好枠からダッシュを決めて好位の内を先行。4番手で直線に向くと外に出さずに前3頭の狭い隙間に突っ込んで抜け出した。抜け出してからは脚色が一緒になり引き離すまではできませんでしたが、きっちり最後まで伸び切り押し切った。狭いところに躊躇なく突っ込める気性と抜け出す時の脚の速さは良い感じです。

4回中山7日(9月23日)未勝利・牝馬 芝1200m
バーニングハート・・・★★
コース替りが効いたのか?距離短縮が効いたのか?それとも雨が降り稍重の馬場が嵌ったのか?前2走新潟で大敗していた馬が一変。スタートを決め2番手に取り付くと直線早め先頭から力強く伸び切り後続を突き離した。最後まできっちり伸び切っており人気薄でも内容的には強い競馬。ただ今回どの条件が嵌ったのかわかりませんが好走条件が合わないとどうなることか…。

4回阪神7日(9月23日)新馬 芝1600m
マジェスティハーツ・・・★★★★
スタートはちょいと遅れて後方からの競馬になりましたが持って行かれ気味に前へ進出。3番手からの競馬。先行してからは折り合いもスムーズで手応え良く直線へ。直線では馬なりのまま先頭に立ち追い出しをギリギリまで我慢する余裕たっぷりの競馬。追い出されると内から伸びてきた2着馬をきっちり突き放してのゴールイン。ドスローの瞬発力勝負なのでペースがあがった時にどうか?ですが上でも楽しみな瞬発力。

4回阪神7日(9月23日)未勝利 芝1200m
プレイズエターナル・・・★★★
アドマイヤムーン産駒、半兄は昨年の福島2歳S1着馬エクセルシオールという血統。スタートはちょいと出負けしましたが追っ付けられて直ぐに追いつくとそのままの勢いで徐々に前へ進出。4、5番手の位置取りで直線に向くとパワフルな末脚でジワリジワリと加速し3馬身突き抜けた。兄同様スピード感たっぷりの馬で距離延長は微妙な雰囲気。短距離路線で活躍しそう。

4回阪神7日(9月23日)未勝利 芝1400m
ラシーマ・・・★★★
ポンと好スタートを切るも行く気はなく道中は中団の外目で待機。コーナーは大外をぶん回し直線に向くとスパッとは切れないもののジワリジワリと堅実に脚を伸ばし先行勢をきっちりと差し切った。ここまで2着3回、3着2回と勝ち切れないながらも好走してきた馬ですがついに6戦目にして順番が回ってきたという感じ。上のクラスでも決め手不足に悩まされそうですが堅実に好走を繰り返しそうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月23日

神戸新聞杯、オールカマー 回顧

猛反省であります…orz

神戸新聞杯 予想

 1着◎ゴールドシップ
 2着−ロードアクレイム
 3着×マウントシャスタ
 4着▲ユウキソルジャー
 5着△ローセンケーニッヒ

 7着×ヒストリカル
 8着〇ミルドリーム
 9着△カポーティスター
10着×ベールドインパクト

買い目は◎ゴールドシップを頭に固定した3連単で相手7頭の42点買い。本命馬はばっちり頭で入り、その流した相手7頭は綺麗に10着までに入っているという“ほぼ”完璧な馬券。
ただその“ほぼ”の部分が大問題。肝心な2着馬が抜けてんだなぁ〜これが!ハハハ…

しかもですよ?その問題の2着馬。なんと私の元PO馬!

頭おかしくなりそうです。2着抜けの見本のような馬券。なんかの雑誌に送ったら即採用されそうなほど完璧。そしてこれ以上後悔することはもうないんじゃなかろうか?というほど後悔で一杯の結末。

ロードアクレイムめ〜!涙でキーボードが叩けぬ!

ダメですね。例え外れても後悔するような馬券の買い方そしては。身にしみました。さて、レースの方はというとゴールドシップ!貫禄ですねぇ。これで菊花賞はステイゴールド産駒2頭+ダービー馬の3強ムードになるのかな?
ただディープブリランテの方は使っても恐らく直行。また距離不安が常に囁かれてる馬ですので、もしかしたらステイゴールド産駒が1、2番人気を占めるのかもしれません。

一方の宝塚好走により2強ムードになっていたもう1頭マウントシャスタは3着に。前が詰まったところもありましたが最後は伸びも一息で。。やはりこの馬にとっては距離が微妙に長いのかも。
それでも3着確保は地力の高さなんでしょうけども。権利はとりましたが菊はいくんでしょうかね?ただ天皇賞は賞金足りないでしょうし…。

またダービー6着以下から直行の2頭は掲示板に載れず惨敗に。ヒストリカルの方は間隔開いたダービーでも好いところなく…でしたし休養明けは走らないのかも。
ベールドインパクトも脚あがってましたしね。こちらも敗因は休養明けじゃないかなと思われます。2頭とも叩いた効果は絶大だと思いますし、特にベールドインパクトの方は京都の長距離がベストと思える馬。
これで評価を落とすでしょうし本番改めて狙いたいと思います。

そしてロードアクレイム。次は必ず買います。ごめんなさい。

オールカマー

 1着◎ナカヤマナイト
 2着▲ダイワファルコン
 3着△ユニバーサルバンク
 4着〇ルルーシュ
 5着△コスモファントム

 9着△ダコール
11着△ヒットザターゲット

悲劇は神戸新聞杯だけでは終わってなかった!の巻。3連単は◎〇の2頭軸フォーメーション。馬連は買ってなす!!

という訳でですね。ボロ負けであります。

重賞初挑戦の前走OP特別1着馬がこの人気は〜などと文句を言いつつも結局2頭軸にしちゃった自分に腹が立つ。
ただ近年稀にみる薄い面子ですから、OP特別組や準OP組を狙うというスタンスは間違えではないとは思うんですけどね、実際これまで馬券絡みのなかった前走G沓驚絨焚爾稜呂2着に入ってるようなレースでしたし。

しかしOP特別勝ちで1番人気というのを考えると…。軸にしたのは大反省。

終わってみれば1着馬は実績最上位のナカヤマナイト。2着に中山巧者のダイワファルコン。そして3着は唯一の前走重賞5着以内馬のユニバーサルバンク。別定G兇砲靴討魯Ε奪好ぬ婿劼任靴燭韻彪覯未禄転渕太喃呂上位独占。前走重賞組でのワンツーフィニッシュとなりました。
散々OPみたいな面子とか言ってましたけど、終わってみればオールカマー(面子の薄い年の)って感じなんでしょうか?

ルルーシュに関しては底を見せていない戦績で過剰人気になっていましたが、重賞初挑戦ということを考えれば好走している部類なのかもしれません。
もっと強いハズだからこんなんで好走とか言われると困る!という見方もあるとは思いますけどね、これまでの戦績を見ても連勝するようなタイプではないようですし、今回重賞を使ったことが次の機会に生きていくのかなと。
なのでルルーシュにはガッカリだぁ〜!なんて言って次軽視するようだと…。二次被害を受けそうな気も。

さて。終わってしまったものは仕方ない!しっかり反省して次回に活かす。
実際は反省どころじゃないほど、ショックで力が抜けてるんですが反省してると書いておこう!

反省、反省。ハァ…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月22日

神戸新聞杯、オールカマー 最終予想

データからは両レースとも例年とはちょいと面子が違うようなので、何かとんでもない馬が突っ込んできそうな感じもチラホラ。

とりあえず阪神の方から行ってみます。

神戸新聞杯 データ

データからはダービー上位入着馬が非常に強いという傾向が出ているんですが、今年はなんと1〜4着馬が不在という異例の事態。
ということで例年では用無しのような他の路線の馬からの突っ込みも十分考えられます。そんな大穴が紐に突っ込んできての高配当狙いで勝負!

ゴールドシップ。“ダービー5着”という実績はここではそれほど有利なデータではないんですが皐月賞馬の成績が素晴らしく、今回の面子では1枚も2枚も上の存在。1頭突き抜けた人気になっても不思議じゃない馬ですが、宝塚記念5着マウントシャスタのお陰で“2強ムード”に。1本被りじゃないのならこの人気でも美味しいと考えていいのかなと。

ミルドリーム。前走1000万下組というのはセントライト記念では良く絡むんですが、面子の厚い神戸新聞杯では例年用無しの存在。ただ今年のようなセントライト記念レベルの面子であれば、チャンスは十分にあるのかなと。ポカもある馬ですが嵌った時の末脚は素晴らしい馬。こういう人気なら厚めに張っておきたいところ。

ユウキソルジャー。同じく前走1000万下から。ダービー組と比較しても1000万下が上!なんて事は間違っても言えないんですが、向こうは休み明けでポカも考えられますし、何よりオッズが違う!ということで3番手も1000万下組から指名です。

△にまたまた1000万下組から青葉賞で2番人気の評価に支持されたこともあるカポーティスター。追い込んでさえくれれば一変あるかものローゼンケーニッヒ。あとは人気でもマウントシャスタ…。ただ個人的にはこの距離長いような気もするんですよね。宝塚は斤量面で恩恵ありましたし。あと同厩のワールドエース、トーセンホマレボシがもしここに出てこられていたとしたら、果たしてゴールドシップと同等のオッズになったかと思うと…?押し上げられての過剰人気気味なのもイヤ。
最後にダービー組のヒストリカルベールドインパクトを押さえて終了です。

買い目
◎ゴールドシップ〇ミルドリーム▲ユウキソルジャー
△カポーティスター、ローゼンケーニッヒ、
×マウントシャスタ、ヒストリカル、ベールドインパクト

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単 ◎→〇▲△△×××→〇▲△△××× 42点


オールカマー データ

こちらも今年は例年よりも面子が薄く…。春のG宜チ馬は不在。札幌記念、新潟記念の連対馬も不在。それどころか前走重賞で掲示板に載った馬がユニバーサルバンクだけというG兇箸呂い┐覆ぬ婿辧
前走OP特別の重賞初挑戦馬がこんなに人気なら、軽視もしたくはなるんですけどね…。今年の面子なら仕方ないのかな。。

ナカヤマナイト。仕方ないのかな、と言いつつも前走G欺仭馬に本命を打ったのは、私のちょっとした意地みたいなものなのかも。そう簡単に別定G兇魍佑蕕擦舛礇瀬瓩世蹐εな。ちょいと頼りない感じもしますが皐月賞、ダービーで掲示板確保。中山4戦4連対のこの馬が壁となって立ちはだかるのを妄想。

ルルーシュ。上り馬が嫌いという訳では決してないんです。むしろここを勝って天皇賞に参戦すれば盛り上げに一役買ってくれる存在になるなとも思うんです。
ただちょいと別定G供天皇賞のステップレースにしては面子が薄く、なんかこう素直に応援できないところもあるんですよね。
なので勝つならとんでもない強い勝ち方でお願します。

ダイワファルコン。前走重賞6着以下の馬は思いっきり買いづらいデータが出ているんですが…。今年の面子なら&中山実績、更には元PO馬ということで過剰に期待を賭けてみる。

△にとりあえず唯一の前走重賞5着以内馬ユニバーサルバンク。ここ2走の内容があまりにも良くないのが気掛かりですが好ステップ札幌記念経由のヒットザターゲット。中山金杯で2度馬券になっているコスモファントム
そして相手なりに走れる馬ダコールを押さえて終了です。

買い目
◎ナカヤマナイト〇ルルーシュ▲ダイワファルコン
△ユニバーサルバンク、ヒットザターゲット、コスモファントム、ダコール

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△△△
     ◎〇→▲△△△△→◎〇 20点


どっちかが勝つ!というよりも他の馬があまり頭でくるイメージがわかず。ちょいと買い目を絞って。
でもトーセンダンディが逃げ切ってるレースではあるんですよね…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList