2012年09月

2012年09月10日

開幕週の馬場を後方から牛蒡抜き!メイケイペガスター

先週から秋の中央開催がスタート。1200mの夏の2歳重賞も終わったということで今週からは芝の短距離戦、ダート戦をちょいと省いてレビューしていきたいと思います。

で。先週の新馬なんですが、まずは日曜阪神5Rのメイケイペガスター!開幕週の馬場を直線最後方付近から牛蒡抜き。初っ端からいきなり楽しみな馬が出てきた感じですねぇ。
続く6Rではディアデノビアの娘ディアデラマドレが余裕たっぷりの競馬でデビュー戦を勝利。さすがは開幕週といったところでしょうか。いい馬が揃ってますねぇ。

ちなみに今週は私のドラ1アドマイヤキンカクがついに!というかようやく!!というかデビュー予定。ほんとはもっと早くデビューするハズだったんですけどね。。ゲートが…。橋口先生の評判馬カレンバッドボーイとも激突予定ということで必要以上に力が入ります!

ドラ1クラスの評判馬同士が初戦から豪華にぶつかりあうのもPOG、そして2歳戦の醍醐味。終わってみるとアレレ?なんてことも良くあるんですけどね。
そうならない事を祈って週末を待ちたいと思います。


4回中山1日(9月8日)アスター賞 芝1800m
ミヤジタイガ・・・★★★★
逃げた1番人気馬が速いペースで飛ばし縦長の展開。そんな流れを好スタートを決め離れた3番手からの追走、距離延長で追走も楽。コーナーで逃げ馬と2馬身ほどにリードを縮めて直線に入ると、Hペースで逃げても直線脚色が衰えない2着馬を外からジワリジワリと追い詰めて捻じ伏せた。あのペースで逃げて粘った2着馬も相当ですが、自ら捕まえに行き長く良い脚を使ったこの馬もまた相当。ネオユニヴァース産駒らしい力強く長く良い末脚が使える馬です。

4回中山1日(9月8日)新馬 芝1200m
ワンダービリーヴ・・・★★★
ディープインパクト産駒で従兄弟にはカネヒキリがいる血統です。スタート後は中団で待機すると3コーナーから抜群の手応えで押し上げ前へ、4コーナーは内からまくり直線入り口では2、3番手の位置取り。直線では2頭の間を割って抜け出し早め先頭に立つと、後続の追撃も余裕たっぷりに退けた。レースセンスが良く抜け出す脚も速い。走りからは距離は伸びても良さそうな雰囲気。

4回中山1日(9月8日)未勝利 芝1600m
ガチバトル・・・★★★
母父ミルジョージのオレハマッテルゼ産駒という渋い血統。内枠から好スタートを切ると外の馬を行かせて好位の内から追走。インから回したため直線入り口で外からスムーズに回してきた1番人気の2着馬に先に抜け出されちゃいましたが、力強く脚を伸ばし差を詰めに行く。1〜2馬身ほどの差をジワリジワリと追い込み最後はアタマ差で捻じ伏せた。さほど大きくはない馬ですが非常にパワフル。

4回阪神1日(9月8日)新馬 芝1200m
ドリームマークス・・・★★
フサイチリシャール産駒、これが中央産駒初勝利です。好スタートを決めると3頭が併走して逃げる形の2番手を先行。1頭脱落し逃げ馬と併走しながら直線へ。手応えが抜群に良く直線途中まで追い出しを我慢するほどの余裕がありましたが、追われてから一気に抜け出し突き放すまではできず。ただ力強い末脚を最後まで持続し追い込んできた2着馬の追撃も振り切った。切れよりスピードの持続力で勝負するタイプかも。

4回阪神1日(9月8日)新馬 ダ1400m
スリーフォスター・・・★★★
スズカマンボ産駒です。スタートで大きく出遅れ道中は4、5馬身ほど離れた最後方。途中先行馬群からは7、8馬身も離されたようにも見えましたが…。コーナーで徐々に追い上げ直線に向くと外から1頭まるで違う脚色で鋭く追い込み、まとめて交わし突き抜けた。減量騎手で3キロ差&先行勢がバテて展開的にも嵌った感は否めないもののあまりにも鮮やかな末脚。ダートの短距離は省きますといったにも関わらずレビューしたくなっちゃうパフォーマンスです。

4回阪神1日(9月8日)未勝利 芝1400m
ワキノブレイブ・・・★★★
マイネルラヴ産駒、叔父にはフロンタルアタックがいる血統です。好スタートを決めると内枠も活かして無理することなく好位へ。直線までじっくりと脚を溜めながら内で待機。直線入り口で外に持ち出し抜け出すときっちりと脚を伸ばして押し切った。手応え的にはもっと派手に突き抜けてもという感じもしますが、レースセンスが良く堅実な末脚。上のクラスでも大崩れしなさそうな感じ。

4回中山2日(9月9日)新馬 芝1600m
スマートルピナス・・・★★★★
ゆったりとした流れを好スタートから好位の内目で待機。4コーナーで馬群が詰まったため外に持ち出すことはできず、直線では窮屈な位置取りで行き場を無くした感じになりましたが…。前の馬が抜け出してくれたお陰で進路ができるとそこから外に持ち出し一気の伸び脚。完全に抜け出していた2着馬をゴール前で強襲してみせた。外に出してからの加速がとんでもなく速く瞬発力はOP、重賞レベルでも通用しそうな破壊力。

4回中山2日(9月9日)未勝利 芝1200m
モンマックス・・・★★★
サクラバクシンオー産駒です。外枠から好スタートを決めると内の馬を行かせ、これを併走しながらピッタリマークする形。コーナーで完全に並びかけると、そのまま2頭併走しながら直線へ。直線に入っても手応えは楽のまま、マークしていた逃げ馬がバテるとそのまま楽々押し切った。ここまでデビューから2戦連続2着。今回は相手にも恵まれスピードの違いをみせての順当勝ち。

4回中山2日(9月9日)未勝利 芝1800m
クレバーユニバース・・・★★
母父エルコンドルパサーのネオユニヴァース産駒で祖母にノースフライトという血統です。好枠から好スタートを決め緩いペースを内から先行。コーナーでもそのまま内から回すと直線は窮屈な位置取りになりましたが、内ラチの沿いと前の馬との狭いところを突いて力強く伸びてきた。抜け出してからもジワジワと後続を突き放し結局最後は2馬身差をつけてのゴールイン。やや枠と展開に恵まれた印象も狭いところを突ける根性は素晴らしい。

4回阪神2日(9月9日)新馬 芝1600m
メイケイペガスター・・・★★★★★
フジキセキ産駒で母父ブライアンズタイム、叔母にペニーホイッスルという血統。一団となってゆったりとした展開を道中後方2番手からの競馬。直線入り口では最後方というスローの瞬発力勝負では致命的な位置取りにみえましたが…。追い出されると馬群の中に突っ込み前を捌きながらグングン加速。先に抜け出していた2着馬を余裕たっぷりに交わし突き放しながらのゴールイン。アガリ33秒フラットの驚異的な瞬発力、窮屈なところにも躊躇なく割り込んでいける勝負根性も凄い!!開幕週から大物候補が登場。

4回阪神2日(9月9日)新馬 芝1400m
ディアデラマドレ・・・★★★★
ディアデラノビアの娘、キングカメハメハ産駒です。スタートは悪くなかったものの直ぐに控えて中団後ろの外目を追走。楽な手応えで徐々に前との差をつめ先頭とは2馬身ほどの位置取りで直線へ。直線でも終始余裕たっぷりの抜群の手応えで軽く仕掛けただけでグーンと加速、一気に抜け出し2着馬に1馬身半差をつけてのゴールイン。小柄ながらも牝馬らしくスパっと切れる末脚はお母さんソックリ。距離延長は問題なさそうですし血統からも牝馬路線を盛り上げてくれそうな1頭です。

4回阪神2日(9月9日)未勝利 芝1600m
テイエムイナズマ・・・★★★★
ブラックタイドの産駒で母父はDanzig。行き脚がつかず道中は後方からの競馬になりましたが、3コーナーから早めにマクリ4コーナーでは先頭に並びかける積極的な競馬。直線に入ると最後まできっちり伸び切り後続をジワリジワリと引き離していく。長く長く良い脚を使い2着に1馬身半差、3着以下は更に3馬身半突き放してのゴールイン。京都の長めの距離が合いそうなタイプです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月09日

セントウルS、京成杯AH 回顧

セントウルS 予想

 1着△エピセアローム
 2着〇ロードカナロア
 3着−アンシェルブルー
 4着△カレンチャン
 5着−サドンストーム

 6着◎エーシンヴァーゴウ
11着▲マジンプロスパー

とても前哨戦らしい結果となりました。4着カレンチャンはなんと+22キロ。デビュー以来最高となる500キロ台まで馬体重を増やしての出走。
この暑い夏のあいだ何を食ってきたんだとツッコミの1つも入れたくなる馬体重でしたが…。
それでも勝ちに行く競馬をしての4着は負けて強しの一言。ホント強いですねぇ!この馬。スプリントG毅穫覇に向け視界は良好といっていいんじゃないでしょうか?
ロードカナロアの方も6月に一叩きされていたとはいえ2ヶ月振りの競馬で前哨戦。ここは100の仕上げではないでしょうし、ゴール前で強襲され勝ち星をさらわれましたが悲観するような内容でもないのかなと。

どうやら秋のスプリント王決定戦も安田厩舎が中心になるのは間違いなさそうですね。

一方で2番人気に支持されながらも11着に沈んだマジンプロスパーは…。まぁ1着と凡走を交互に繰り返していますので順番どおりといえばそれまでなんですが、7月頭に1度使われていながら直線半ばでバテての失速は何とも…。
本番は大丈夫なんだろうか?勿論順番からして次は大丈夫でしょ?という楽観的な買い方はできるんですけどね。

最後に勝ったエピセアローム。前哨戦らしい勝ち馬といってしまえばそれまでですけど、年齢的なアガリ目と2、3着ではなく最後勝ち切ったことに本番でも怖さを感じます。
この面子に勝ったことで人気になるかもしれませんし、前哨戦だからこその勝ち馬と考えれば次は狙い目じゃないんでしょうけどね…。本番でもちょいと買いたくなってきた1頭です。

3強ムードとはいえ3頭とも完全に次を見据えての出走でしたし、1頭は自爆しての凡走ですから6、12番人気に割り込まれての3連単378,500円も出るべくして出たのかなといった感じはします。

まぁ出るべくして出ても取れませんけどね…。

京成杯AH

 1着△レオアクティブ
 2着−スマイルジャック
 3着△スピリタス
 4着〇コスモセンサー
 5着−ファイアーフロート

 6着△ネオサクセス
 7着△エーシンリターンズ
 8着△レインボーペガサス
10着△ドリームバスケット
12着▲キョウエイストーム
14着◎マイネルロブスト

前走、前々走でNHKマイルCに出走していた馬が近年やたらと絡むぞ!ということでマイネルロブストに本命を打った訳ですが…。来たのはレオアクティブ

あぁ、こっちの方ねと。

まぁ人気をみてもマイネルロブストは外枠の9番人気に対してレオアクティブは内枠の2番人気。むしろ何故お前はあっちを狙ったのかと。
なんかこうひらめいちゃったというかですね…。
過去10年でマイルC直行から馬券に絡んでいる馬は2頭いるんですが、それがどちらもマイネルだったもんで…。なんかこう3匹目のドジョウ的な…。

3匹目のマイネルはいませんでした(涙)

という経緯はさておき。ゼロスがいて開幕週ですから展開はめちゃんこ速くなると思ってた。展開が速くても逃げ・先行馬が残りやすいのがこの京成杯AHですが、その反面展開嵌っての差し馬もまた良く絡んでくるレース。

展開的な狙いからも差し馬というのは悪くはなかったとは思うんですけど、内が良すぎて外が用無しに。。

昨日もそうでしたし今日の2歳戦なんかもそうだったんですが、今開催の中山は内の好位で脚を溜めて直線も内を捌いての抜け出し勝ちが殆ど。
そしてこの京成杯AHも上位3頭は内を回してのもの。バカみたいに速い勝ち時計を見てもわかるとおり、速すぎて前が止まらない馬場ですんでコーナーで外を回すようなロスをした馬はまるで出番なし。

う〜ん、春の東京開催で終わりかと思っていたのに、中山もそうなのか。。
今開催は阪神もえらい速いですしね…。

まぁ馬場が速すぎるという文句は、もうこれ以上は書きません。ただ馬券的な対策を練らないと負けが込む一方ですからね。何とかしなければ。
今の中山の馬場は超Hペースで、面子がG轡譽戰襪任盂虻垢靴脇呂ない。

来週のセントライト記念に活かします。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月08日

セントウルS、京成杯AH 最終予想

セントウルS データ

一叩きされたロードカナロアが1番人気。2番人気に高松宮以来となるスプリント女王カレンチャン。ちょいと離れた3番人気にマジンプロスパー。
この3頭が抜けた人気で3強ムード。実力的には過剰人気でも何でもなく全く異論はございません。

ただ前走芝1200mのG系対馬の成績は(2、6)、4、7、9、6、7、7、3、4、6、3、6、11着。まぁこの2頭は夏の上り馬とかではなく一叩きされた実績馬なのであっさりこういうデータはぶっ壊す可能性の方が高いんですが、一応データからは不振。
また前走国内の古馬短距離〜マイルG気暴仭しここが休み明け初戦だった馬というのは以下のとおり。

安田記念出走馬
11、4、8、6、14、4着
高松宮記念出走馬
(11)、9、2、11着

スプリント女王ですからね、こういうデータもあっさりな可能性はありますが…。前哨戦は前哨戦らしく逆らってみるのもアリなのかもしれない。。

エーシンヴァーゴウ。このレースは何故かアイビスSDとの相性が良く前走、前々走アイビスSDで好走していた馬が大活躍。前々走で3着というのは狙えるギリギリのところなんでしょうけど、今年はこの馬しかいないんだからしょうがない。昨年の勝ち馬ということでコース適性に問題なし。あとは2度叩かれ昨年のデキにあるかどうかと相手関係だけ。

ロードカナロア。上にあるように前走芝1200mの重賞連対馬はあまりデータ的には良くないんですが…。この馬の場合はG擬太咾發△蠅泙垢薫戝,された上積みも見込めるということで必要以上に軽視なんてすることもないのかなと。切ったら外れそうですしね…。

マジンプロスパー。対抗馬と同様の理由で。むしろ阪神実績を考えるとこちらなのかもしれない。ただ1走ごとに1着と着外を繰り返してるのが気になるんですよね。まぁここで着外になるようだと逆に本番楽しみになって来るわけですけど。

△にカレンチャン。実力はもう疑う余地はありませんがここはあくまで前哨戦。そういう仕上げでしょうし、実際高松宮の時は叩き台で負けてますからね。仕上げは全然違うかもしれませんが。逆らうのはここくらいしかできませんし軽視!

3頭揃って飛ぶ可能性はほぼないと思いますし飛んでも1頭かなと思っているので相手はこの3頭でいい気もするんですが、成長著しい秋の3歳馬。スプリント適性も高そうなエピセアロームまで押さえて終了です。

買い目
◎エーシンヴァーゴウ〇ロードカナロア▲マジンプロスパー
△カレンチャン、エピセアローム

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単1頭軸マルチ ◎軸で相手〇▲△△ 36点


京成杯AH データ

このレースは関屋記念組が人気でよく飛ぶレース。出走数が多いので馬券に絡む馬は結構いることはいるんですが、4番人気以内に絞ったデータは以下のとおり。
4番人気以内で関屋記念5着以内の馬
3、10、4、2、8、6、3、9、9、3、5着

期待値は低めであります。特に馬連で考えると地雷に近い感じ。波乱含みの難解なレース。どうせ外すのであれば狙いに行って外したい。

マイネルロブスト。前走NHKマイルCからは過去10年で2頭が3着と馬券絡み。率で考えると正直低くて狙いにいけるようなもんではないんですが、前々走出走馬も含めるとここ6年で5頭もNHKマイルに出走しています。その5頭のマイルCでの着順は17、10、8、9、5着。まるで勝負になってなくても問題なし。
コース適性さえあれば通用する模様。ということで中山G毅加紊猟賣呂亡待!

コスモセンサー。4番人気以内で前走安田記念の出走馬は14、1、14、1、5着で勝率、連対率ともに4割。おまけに複勝率も4割。1番人気ということを考えると嫌って勝負という手もアリだとは思うんですが…。人気馬が全くアテにならないこのレースで連対率4割というのはむしろ高い気がしてきたんで厚めの対抗評価で。ただ3連単2頭軸なんてのはやりませぬ。飛んでもOKな買い方でいきます。

▲に中山の鬼キョウエイストーム。前走が1年3ヶ月あけだろうと有馬記念だろうと中山のレースに出るからには買わなくちゃいけない馬。一叩きされてこの人気なら当然ぶ厚く狙いたい。

押さえは手広く。まず率では悪いものの出走数が多いので絡んでくる可能性も高い関屋記念組からは人気のスピリタスエーシンリターンズとダービー卿で3着の実績があるネオサクセス、開幕週ということで前残りも期待して昨年の3着馬レインボーペガサスを。
他の組からは中山コース1−0−2−1のレオアクティブ。中山10戦8連対のドリームバスケットといった中山巧者を押さえて終了です。

買い目
◎マイネルロブスト〇コスモセンサー▲キョウエイストーム
△スピリタス、エーシンリターンズ、ネオサクセス、レインボーペガサス、レオアクティブ、ドリームバスケット

馬連 ◎−〇▲△△△△△△ 8点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△△ 28点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月06日

セントウルS 過去の傾向から

さて秋競馬開幕ですが早速です!G汽好廛螢鵐拭璽今咾料鮎ダ錺妊后

今年はキーンランドCの1、2着馬パドトロワ、ダッシャーゴーゴーが本番でもかなりの人気を集めそうな雰囲気ですが、こちらはこちらで高松宮記念の1、2、3、5着馬が登場!やはりG供ちょいと面子が違いますねぇ。
順当な結果であれば本番1番人気はこちらから出ることになると思います。

ただG蕎些文紂∈綽棲催のセントウルSでは1番人気馬はまだ勝ち星なし。逆に二桁人気馬が3頭も馬券に絡んでいる波乱のレースなんですよね…。

面子だけみれば逆らう気は起きませんが、本番を見据えた前哨戦だと思えば付け入る隙は十分にありそうです。
“順当”に決まった方が本番盛り上がるのかもしれませんが、馬券的には狙ってみるのもありなのかも?

それではセントウルS過去の傾向を。参考データは中京開催を除いた9回分です。

上位人気の成績()内はG兄代のものです
1番人気
1、2、1、3)、3、8、2、6、
2番人気
3、1、3、2)、9、9、4、1、1
3番人気
(4、4、2、4)、5、1、7、4、6
4番人気
(7、3、9、5)、10、7、14、1、4着

G兄代は出走馬の能力差がかなりあったため1、2番人気が圧倒的に強かったんですが、G恭幣紊恩紊魯汽沺璽好廛螢鵐肇轡蝓璽困料論澆發△蟆鴇譴離好廛螢鵐判転泙充実。出走馬の能力差も少なくなり人気薄の突っ込みが増えたように感じます。
また実績馬たちには斤量を背負っていたり、休み明けでの叩き台であったりと付け入る隙が多いためか着狂いも多い印象です。

前走成績から
安田記念出走馬
11、4、8、6、14、4着
高松宮記念出走馬
(11)、9、2、11着
その他の芝G欺仭馬
(5)、3、15、2、2、14
アイビスSD3着以内
)、1、11、
アイビスSD4着以下
(11、10)、5着
芝1200mのG系対馬
2、6)、4、7、9、6、7、7、3、4、6、3、6、11
芝1200mのG靴韮魁腺誼
2、14、16、4、10、15、7、8、1、5、9着
芝1200mのG靴韮驚絨焚
)、1、6、10、12、15、16、2、5、10、12、13、3、5、8、9、1、9、10、13、14、7、15
芝1400m以上のG供■猫沓鈎絨米
(4)着
芝1400m以上の芝G供■猫沓潅絨焚
3、10、12、7)、13、5着

前走G気らの休養明け初戦は次を見据えた仕上げであることと、実績馬であれば斤量も背負わされるためやはりポカが多い模様。ちなみにその他のG気ら連に絡んでいる2頭は香港馬です。
夏場のスプリント重賞組は馬場、コース適性やハンデにも大きく影響されるため着順はアテにならず。前走連対馬はぶっ飛びも多く、逆に6着以下からの巻き返しも期待できます。ただ何故かアイビスSDとは結果が良くリンクするようでG蕎些文紊癸娃検■娃糠のカノヤザクラ、アルティマトゥーレが前走アイビスSD3着以内から優勝。07、11年には前々走でアイビスSD1着だったサンアディユ、エーシンヴァーゴウが優勝しています。
あまり成績がリンクするようには見えないんですけどねぇ。何故?

芝のOP特別連対馬
(4、9、10、1、5、7、10、2、3)、3、12
芝のOP特別3着以下
(7、7、9、11、13、1、26、8、9、11、12、1、4、6、8、9)、12、15、8、12、13着
芝の1600万条件1着馬
1、4)、8、14、11、10着
芝の1600万条件2着以下
(5、8)着
芝の1000万条件1着馬
2、6、8、5)、13着
ダート戦出走馬
(12)着

前走が重賞ではない馬の成績はこんな感じ…。()内のG兄代にはOP特別組の活躍も目立っていたんですが。。近年は夏場の重賞も充実していますので最低でも重賞に出走するレベルじゃないと厳しいのかも。

4番人気以内の馬の前走成績
安田記念出走馬
8、14、4着
高松宮記念出走馬
9、
その他のG欺仭馬
(5)、
アイビスSD3着以内馬
)、
アイビスSD4着以下
5着
芝1200mのG系対馬
)、9、7、7、4、6、3、6着
芝1200mのG沓鈎絨焚
)、10、4、1、1
芝1400m以上のG供■猫圭仭馬
3、4)着
芝のOP特別出走馬
(4、7、1、1、2、9、2、3、4)、
芝1600万条件1着馬
)着

前走スプリント重賞連対馬のコケっぷりが半端ない。これに安田記念や高松宮記念からの休養明け組が加わって人気馬が飛ぶというパターンが増えている模様。前走だけではどのステップを狙うべし!というような事は言えませんが、とにかく前走1200mの重賞連対馬やG気らの休み明け組が人気になってる場合は(というか人気になるんですが)要注意!

今日のまとめ
まずカレンチャンですが血統的にも戦績的にもスリープレスナイトとダブる馬なので大丈夫じゃないかという気もするんですけどね…。データ的には前走高松宮というのはかなりのマイナスポイント。次を見据えた仕上げで56キロを背負い、夏場ガンガン走っていた馬との対戦は本番よりも厳しい状況にすら思える。
という訳でデータ的に好相性のアイビス組を狙って行きたいんですが、今年連対馬いないんですよね…。前々走でアイビスSD3着のエーシンヴァーゴウがいるくらい。
かといって他の重賞連対馬は成績よくないですし…。どうしたものか。
とりあえずここは本番ではありませんので、前哨戦っぽい馬券を買ってみるつもりではいます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月05日

京成杯AH 過去の傾向から

今週からいよいよ秋の中央開催開幕!なんですけど、土曜に阪神で朝日CCがないと何だかしっくりきませんねぇ。
今年の変更は金鯱賞といい特にそういうのが多い気がする…。

そのうち京成杯AHもオータムなのに冬にやったりするんでしょうか。別定戦で。そうならないことを祈るばかりです。

では京成杯AH。夏競馬が難しすぎる!と文句を言い続け待ちに待った秋競馬なんですけど、京成杯AHも中山のハンデG靴任垢らねぇ。超がつくほど難解なレース。正直当たる気なんてしませぬ…。
まぁ、焦って変に当てに行って外すよりも、これくらい訳ワカメなら開き直って宝くじ気分で買えますからね!逆にいいのかも?

という事で京成杯AH。参考データは02年新潟開催を除いた9年分です。

上位人気の成績
1番人気
5、3、6、14、3、6、9、9、5
2番人気
7、1、10、3、1、3、1、4、
3番人気
14、8、1、4、8、1、3、5、
4番人気
16、6、2、10、2、15、4、1、8着
5番人気
6、2、8、9、11、12、11、3、4着

1番人気が過去9年で連対なし…。代わりに2〜4番人気が過去9年で7勝2着2回と健闘しており、4番人気以内の馬が揃って複勝圏外に消えたのは03年の1度のみ。ただ上位人気馬が強いレースではなくハンデ戦らしく7番人気以下の人気薄が8頭も馬券に絡んでいます。
傾向的には2〜4番人気の馬を軸に3連複で6番人気以下に手広く流すのがいいかもしれません。

前走成績から
前走安田記念出走馬
14、1、14、1、
前走NHKマイルC出走馬
12、4、6、8、3、3、12着
その他のG欺仭馬
2、4着

関屋記念連対馬

3、2、6、9、9、3、5着
関屋記念3〜5着馬
3、10、4、12、2、4、8、3、
関屋記念6着以下
6、11、16、4、5、2、3、11、9、9、11、13、8、10、6、10、14着
その他の芝G供■猫靴馬対していた馬
5、5、
その他の芝G供■猫靴韮魁腺誼綰
7、13、14、3、9着
その他の芝G供■猫靴韮驚絨焚
4、8、13、15、2、9、1、6、7、15、5、6、7、12、15、16、3、7、13、15、5、15、2、6、13、2、7、13
芝のOP特別連対馬

6、13、10、1、4、9、10、14、8、1、4、11着
芝のOP特別3着以下
9、7、12、11、2、7、7、11、12、13、16、4、12、14、6、8、10、12着
芝の1600万条件1着馬
8、14、5、
芝の1600万条件2着以下

芝の1000万下1着馬
7、10、8着
ダート戦出走馬
1、9、1、5、10、11、16、11着

OP、準OPからも連対馬が出ておりハンデ戦らしくなんでもありのレースです。前走春のG欺仭馬は馬券絡みは多いものの大敗も多くアテに出来ず。主力ステップの関屋記念は馬場コースの違いからか勝ち馬は出ていません。5着以内に好走していたような馬でも僅か2連対のみ。
その他の重賞組も結果がリンクすることは少なく、むしろ中山替りによる変わり身に要注意。夏場のレースは調子の良い馬を狙いたくなるものですが、あまり前走成績はアテにせずコース適性や展開重視で馬を選ぶほうがいいのかもしれません。

4番人気以内の前走成績
安田記念出走馬
14、1、14、1、5着
NHKマイルC出走馬
6、3、
ダービー出走馬
4着
関屋記念5着以内
3、10、4、2、8、6、3、9、9、3、5着
関屋記念6着以下
16、
その他の芝重賞5着以内
5、
その他の芝重賞6着以下
3、15着
芝のOP特別5着以内
6、10、1、4、
芝のOP特別6着以下
8着
芝1600万条件1着馬

芝1000万条件1着馬
7、8着
ダート戦出走馬


上にも書いたとおり馬場の所為かとにかく関屋記念好走馬はアテにならず、同じマイル重賞の出走馬を狙うのであればG義箸鯀世辰進がまだ良さそう。ただ、それでも5割の確率でぶっ飛ぶんですけどね…。

今日のまとめ
とりあえず関屋記念組は信頼度に欠けるため軸候補から外して考えます。問題はマイルG気僚仭馬の成績。4番人気以内なのに複勝率5割というのを低いと考えるのか。京成杯AHの軸馬を5割の確率で当てられるのなら高いと考えるのか?
今年登録してきた前走マイルG欺仭馬は3頭。単純に4番人気の中に2頭入れば、どちらかは複勝圏に入る計算ではありますが…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月04日

こちらも無傷の2連勝!小倉王者はマイネルエテルネル

まずはちょいと情報が古いんですが…。トーセンホマレボシ引退(涙)
そしてダービー1番人気馬ワールドエースも屈腱炎で戦線離脱…。

トーセンホマレボシの方は私の昨年度のPOGドラ1馬。脚質も菊花賞向きで血統も晩成型。ダービーはまだ早くても菊花賞ではと思い続けてきた馬。
ダービー終わった直後から菊で大勝負すると決めていたのに…orz

府中の馬場の速さに故障を心配していた方も多かったと思いますが、出ちゃいましたね。。
馬場の速さと故障の因果関係を証明するのは不可能でしょうけど、逆に関係ないととも言い切れない。常識的に考えて固すぎる馬場が脚の負担にならないはずがないですしねぇ。
先日の札幌2歳Sを勝ったコディーノをみても32秒、33秒前半のアガリなんて使わなくても十分強く見えるんです。もうちょいとソフトな馬場をお願いしたいと切に願います。

ちょいと出だしがズレましたが、土曜の札幌王者に続き日曜小倉の2歳王者もデビューから無傷の2連勝でマイネルエテルネルが勝利!
この馬、英ダービーに登録があるようなんですよね。個人的には将来一流のスプリンターに育つんだろうなという感じでみてるので、2400mどころかマイルもどうなんだろ?という感じなんですけど、どうなるんでしょうね?
暮れの朝日杯FSでどういう結果を残すのか?楽しみになってきました。

2回札幌6日(9月2日)すずらん賞 芝1200m
シーギリヤガール・・・★★★
一団のまま進む流れを道中は中団前目の内で待機。勝負どころの3〜4コーナーで馬群は更につまり差し・追い込み各馬は外を回して前との差を詰めにいっていましたが…。この馬は内から一気にすくって2番手へ。直線では逃げて突き放しにかかる2着馬を外から豪快に差し切り2馬身突き抜けた。コーナーで内を突けたことが最大の勝因でしょうが、直線での末脚はかなりのモノです。

2回札幌6日(9月2日)未勝利 芝1500m
ニシノレゾネ・・・★★
スタートは決まりましたがごちゃつく先行勢には参加せず、控えてこの先行勢をみるような形で中団を追走。3〜4コーナーで外を回して捲っていくと2番手まで押し上げて直線へ。速いペースを早めに捲ったので最後は脚が一杯になりましたがしぶとく伸び切り押し切った。こういうアガリの掛かるタフな馬場でのタフな競馬が合ってるのかもしれません。ダートで走りそう。

2回札幌6日(9月2日)未勝利 芝1200m
クリノタカラチャン・・・★★★
母父マンハッタンカフェのアドマイヤコジーン産駒です。ゲートはさほど速くはなかったもののダッシュが抜群でやや引っ掛かりながらスッと先行、2番手で折り合いをつける。3コーナーから逃げ馬に並びかけに行くと抜群の手応えで直線へ。直線ではあっさりと突き抜けスピードの違いを見せ付けた。スピード感たっぷりで気性も前向きのため距離延長に融通はあまりきかないかも。

2回小倉12日(9月2日)小倉2歳S 芝1200m
マイネルエテルネル・・・★★★★
1番人気エーシンセノーテが逃げ馬だった為に速い流れ。そんな流れを先団の後ろから追走。直線手前で外を回したため、ちょいと置かれましたが外から鋭い伸び脚をみせ前との差を詰めに行く。2着馬が抜け出しかけたところを外から豪快に捻じ伏せてのハナ差勝利。スピード能力抜群で追われてからの末脚も素晴らしい。ただスピードがありすぎる感じで距離延長は微妙な感じも。将来はスプリント路線で大活躍しそうな馬ですがこの先のPOG期間での活躍となると?

2回小倉12日(9月2日)新馬 芝1800m
タガノエンブレム・・・★★★★
ウォーエンブレム産駒。母キャッチザゴールドはステイゴールドの全妹という良血馬。スタートでは無理せず一団になって進む流れを中団から進む。3コーナー手前から徐々にペースが速くなると連れて外から進出。4角では大きく外を回されながらも直線では鋭く脚を伸ばしG前で一気に2着馬を強襲した。早めにレースが動いた分、他の馬はラスト1Fで脚が止まったか。逆にこの馬は長く長く良い脚を使えるようです。

2回小倉12日(9月2日)未勝利 ダ1000m
ララガニエ・・・★★
スタート後、押して押して押しまくってハナを主張。それでも単騎逃げにはならず2着馬と併走する形での逃げ。そのまま直線に向くとあっさり追い比べで遅れを取りましたが内からしぶとく喰らいつき差し返す。ゴール前でまた差し返されそうになったもののギリギリ凌いでアタマ差でのゴ−ルイン。もうちょっと長ければ差し返されてたような勢いなので盛り返した勝負根性が素晴らしいとも言えず…。ただ非常にしぶとい馬ではあります。

3回新潟8日(9月2日)新馬 芝1800m
サトノジェミニ・・・★★★★
ネオユニヴァース産駒、叔母にスティルインラブがいる血統。好スタートを決めると2番手からの競馬。直線入り口で真ん中に出し追い出されると、内の4着馬と馬体をぶつけながらの激しい叩き合い、更には外から併せてきた2着馬とも追い比べに。ゴール前までもつれるかと思いきや追うごとにグングン加速。結局最後は2馬身突き放しての勝利。エンジンの掛かりは遅めも追えば追うほど伸びる感じ。勝負根性も凄い!

3回新潟8日(9月2日)未勝利 ダ1200m
アースゼウス・・・★★
最内枠から好スタート好ダッシュを決めてハナへ。縦長の展開でレースを引っ張る。抜群の手応えのまま直線に向き追い出されると後続をグングン突き放しての5馬身差の圧勝。単純にこの面子とはスピード能力が違った模様で危なげなく逃げ切った。かなりのスピードがありますが芝で通用するかとなるとまだ?また短距離馬らしいスピードがあるということで距離延長も?POG的には辛めの2つ星。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月03日

クラシックの主役候補誕生!コディーノ2連勝で札幌王者に

今週から秋の中央開催も始まりますし、まだまだこれから評判馬たちが続々とデビューしてくると思いますので、まずは1頭という感じですかね。

ただキャリア1戦で1800mの札幌2歳Sを勝った馬はこれでジャングルポケット、サクラプレジデント、ロジユニヴァースに次いで4頭目。
まだまだこれから素質馬がデビューしてきますよ!とはいえども前3頭のクラシックでの活躍をみると…。まずは1頭!なんて悠長なことを言っていられないのも事実。

暫くの間は、このコディーノがクラシック路線の大本命として回っていくとは思いますが、1頭でも多くコディーノと比較される馬、肩を並べる馬が出てくることを祈ります。勿論、ラウンドワールドの巻き返しにも期待!

そういう馬が出てこないと…。POGいくら持って行かれるんだろうか…。


2回札幌5日(9月1日)札幌2歳S 芝1800m
コディーノ・・・★★★★★★
スタート良く好位の内から先行。コーナーでもロス無くまわし直線手前で外に持ち出し直線へ。直線では外から追い込んできた2着馬に迫られるとスっと突き放し1馬身3/4差でゴールイン!こう書くと位置取りコース取りの差で勝ったようにも見えますが、速い流れで他の先行馬は垂れておりキャリア1戦でこのペースを難なくこなしたのは異常。前走見せた瞬発力もホンモノで豪快に追い込んできたラウンドワールドを楽に突き放している…。これは凄い馬になりそうですね。。

2回札幌5日(9月1日)新馬 芝1500m
ビリオネア・・・★★★
カブトヤマ記念勝ちタフネススターの娘、母父ラグビーボールのタニノギムレット産駒です。好スタートを決めて前へ、ちょいと持って行かれ気味なところもありましたが直ぐに折り合い2番手からの競馬。絶好の手応えで直線に向き先頭に立つと最後まできっちり伸びて押し切った。1頭になっても末脚はしっかり、2、3着馬に最後まで差を詰めさせなかったのは立派。小柄ながら力強い走りです。

2回札幌5日(9月1日)未勝利 芝1800m
ダンツアトラス・・・★★★★
祖母は桜花賞馬チアズグレイス、母はチアズガディス(元PO馬)という血統のバゴ産駒。平均ペースを一団の流れ、道中は外目の5番手あたりを追走。4コーナーで外から追い上げて直線に入りましたが…。このペースが他馬には速かったのか?バテた他馬を尻目に終いまできっちりと伸びて3馬身半差での圧勝。他の馬がさっぱり伸びないペースを先行して押し切れるスタミナがありタフな流れに強そうなタイプ。

2回札幌5日(9月1日)未勝利 ダ1700m
ドコフクカゼ・・・★★
スタートがちょいと合わなかったこともあり中団やや前目からの競馬。3コーナーから前が4頭併走するような激しい競馬になりましたが、それには参加せずその直後の外目を追走。まさにドコフクカゼ。直線に入ると外から脚を伸ばし、厳しい競馬になった先行勢を難なく交わし去る。漁夫の利てきな流れではありましたが、外を回しながらも長くいい脚を使いきっちり伸びた。

2回小倉11日(9月1日)未勝利 芝1200m
プリムラブルガリス・・・★★★
最内枠からスーッと押し上げてハナへ。マイペースの逃げでレースを引っ張る。4コーナーで外から豪快にまくって来た馬に一旦は交わされたものの、慌てることなく自分の走り。直線ではそのマクってきた馬はバテて失速、後続馬も追走で手一杯になり伸びず。それらの馬を尻目に直線でもバテずに伸び切り結局3馬身差で楽々と逃げ切った。この相手とはスピードが違った感じです。

2回小倉11日(9月1日)未勝利 芝1800m
ピンポン・・・★★
向こう正面から逃げ馬が大逃げを打つ展開を好位の内から追走。3コーナーから外に持ち出し2番手集団の先頭に並びかけるような形で直線に向くと、先行馬同士の追い比べを制しバテた逃げ馬を交わして抜け出した。早めに追いかけにいった所為でゴール前で強襲されましたが、一緒に追いかけて行った馬がバテてる中でよく最後まで粘り込んだ。

3回新潟7日(9月1日)新馬 芝1400m
ジョアンシーピン・・・★★★
母父SSのサクラバクシンオー産駒。最内枠からスーッと先行すると緩いペースを好位の内で折り合う。そのまま3番手で直線に向くとあっさり前を捕らえて先頭に立ちそのままグングン後続を突き放した。ただペースが遅かったわりに他の先行馬はバテておりレースレベルはちょいと疑問。3馬身半差の圧勝という着差は鵜呑みにできない感じも…。

3回新潟7日(9月1日)未勝利 芝1600m
モオプナツヨシ・・・★★★★
楽にハナも切れそうな絶好のスタート。外の馬を行かせて離れた2番手集団の内目で脚を溜める。直線では瞬発力勝負になりましたが先行して33秒9の脚であがれば後続はどうすることもできず。伸びイマイチの先行勢を突き放しての4馬身差での圧勝です。レースセンスよく好位で脚を溜められるスピードもあり。前走1200mからの距離延長で大幅良化。

3回新潟7日(9月1日)未勝利 芝1000m
サンマルマズル・・・★
ダッシュが速くスーッと前へ外目に進路を取りながら先行。3頭での追い比べでは一旦遅れを取ったものの、ゴール前でよく盛り返しクビ差で接戦を制しての初勝利。短距離向きの先行力はありますが、終いは一杯一杯でちょいと距離に融通が利かなさそうなタイプ。デビューから2戦は1200mでも大敗しており…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年09月02日

新潟記念、小倉2歳S 回顧

いやぁ見事なまでにダメダメ。
午前中、嫁さんの買い物のお供にお出掛けしたら土砂降りの雨。まぁ天気予報は知っていたんで多少降られるのは覚悟の上だったんですけど、予想以上にびしょ濡れに。

帰ってきてようやく競馬だと思ったらこのありさま。

昨日のラウンドワールドのショッキングな敗戦をそのまま引きずるどころか、更に輪をかけて悲惨な1日でした。まぁこういう日もあるよね…。しかし土日に特に多い気がするのは何故だろう。

新潟記念 予想

 1着−トランスワープ
 2着△タッチミーノット
 3着△アスカクリチャン
 4着−エクスペディション
 5着−ムスカテール

 7着▲トーセンラー
 8着△ケイアイドウソジン
 9着◎トウカイパラダイス
10着〇ナリタクリスタル
11着△メイショウカンパク
17着△マイネイサベル

ハンデ戦らしいゴール前の大接戦は見応えありましたねぇ。まぁ、私には全く関係なかったんで写真判定の最中、既に最終レースの馬柱みてましたけど。とにかくこれぞローカルハンデ戦の醍醐味というやつでしょうか。

勝ったのは前走函館記念を制していたトランスワープ。予想記事の方でも書いたとおりこのレースは前走重賞連対馬が不振傾向にあるんですが、見事に重賞連勝です!
勢いに乗ってといえばそれまでなんですが前走で函館の重い洋芝を勝ってきた馬ですし、これまでこの馬がアガリ最速〜アガリ2番手、3番手を出したレースは大体アガリ35秒前後。33秒台のアガリなんてこれまで1度しか使ってない馬。
おまけにファルブラヴ産駒ですので完全にそういう馬場、流れ向きの馬なのかなと思っていたんですけどねぇ…。

今日出したアガリはなんと32秒3!読めませんて。。

ただレース数も7歳にしては少ないですし遅ればせながら本格化したということなのかも!?そういう重い馬場でも軽い馬場でも結果を出したということは相当強い馬なのかもしれません。
戦績みてもムラっぽい負け方はあるものの、底を見せてる感じじゃないですしねぇ。もしかしたら秋に入っても連勝は続いていくのかも…?

ちょっと注目してみてみたいと思います。


小倉2歳S

 1着−マイネルエテルネル
 2着△クラウンレガーロ
 3着−ラヴァーズポイント
 4着〇エーシンセノーテ
 5着−スイートドーナッツ

 7着△クロフネサプライズ
11着△ジェネクラージュ
12着▲メジャーミノル
17着◎マイネヴァイザー

キャリア1戦の馬が不振というデータから人気のキャリア1戦馬は買わないというスタンスで予想に入ったのでオッズだけで切ったマイネルエテルネルの好走は仕方なし。
ただキャリア1戦の馬でワンツースリーを喰らうとは思わなかった。おまけに自信満々で本命にしたマイネヴァイザーは+12キロが響いたのかビリ。

こんな結果じゃ恥ずかしくて回顧が書けないじゃないか!

ただ終わってみれば未勝利組で人気になってる馬はマイネヴァイザーしかおらず、フェニックス賞組も2着以下は離されていたのでほぼ出番なし。その勝ち馬エーシンセノーテは1番人気の逃げ馬ということで絡まれて失速。
こう考えるとキャリア1戦の馬で上位独占というのも、なんだかわかる気はしないでもないんですけどね。。う〜ん。

そういや昨日の札幌2歳Sもキャリア1戦の馬が勝ってますしね。。最近の2歳馬はもしかしたらそんなにキャリアを気にして買わない方が逆にいいんですかねぇ…?
何だか来週だけでなく、この後のそして来年の2歳重賞の予想にも影響を与えそうなショックな結末。

ただこんな状態の時っていうのは、今自分にやれることをしっかりやるしかないんですよね。いま自分にできる精一杯のことは…。

そう飲んで忘れること。

飲んだくれてやる(涙)

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
MyblogList