2012年10月

2012年10月21日

菊花賞回顧! ゴールドシップ1強に応え2冠馬誕生!

菊花賞 予想

 1着〇ゴールドシップ
 2着−スカイディグニティ
 3着△ユウキソルジャー
 4着◎ベールドインパクト
 5着−ラニカイツヨシ

 6着△ロードアクレイム
 8着△フェデラルホール
10着△エタンダール
11着▲ニューダイナスティ
12着△ミルドリーム
18着△フジマサエンペラー

恐れ入りました。ゴールドシップごめんなさい。逆らう余地は十分あると踏んでぶっ飛びOKの馬券を買いましたが見事に2冠を達成。
故障馬続出の春のクラシック実績馬でしたが、唯一出走の実績馬がクラシックの格を守ったような感じすらする菊花賞勝利。

馬券を買ってるほうからしてみれば飛ぶ可能性もあるかな?なんて気軽にみていた訳ですけど、乗ってる騎手や陣営からしてみれば負けられない相手。そして負けられないオッズでしたからねぇ。プレッシャーも相当あったはずです。
スタート後は前に付けようとしたのか?押して出して行きましたがいつも通り行き脚はつかず後方2番手の位置取り。
ペースがそこそこ流れていたので結果これは幸いしたような形でしたが、向こう正面からの早めのマクリ!これは1強じゃなかったらやっていたかどうか…。仮に直線で脚があがって差されていたら大きな批判を受けていただろう早仕掛け。
展開のマギレによる前残りは許さない!という意思を強烈に感じる強引な競馬。

実際、直線では流石のゴールドシップも一杯一杯になっていましたけどね、そこから見せたもう一伸びしての突き放しはさすがは皐月賞馬といったところでしょうか。そしてあの位置から馬の力を信じて強気に仕掛けていった内田騎手もお見事!

相次ぐ有力馬の離脱で1強に押し上げられましたが、1強に相応しい競馬内容での菊花賞制覇。天晴れですね!
これで堂々この世代の代表として古馬にも挑んでいけますし、1つ上の世代の3冠馬、同世代の牝馬3冠馬との対決も一層楽しみになったと思います。

さて、馬券の方は…。◎ベールドインパクトが見せ場十分の競馬をしてくれましたが、ゴールドシップの後から仕掛けたにも関わらず直線で力尽き4着。距離が長かったのはこっちの方だったか。力の違いもまざまざと見せ付けられちゃいましたねぇ。
それでも最後の最後まで手に汗握る熾烈な3着争いを演じてくれて盛りあげてくれたんですけど、わたしスカイディグニティを切っていたのでその激熱な3着争いも完全に蚊帳の外。

流した7頭の中にスカイディグニティさえいれば(個人的に)物凄い盛り上がったゴール前になっていたんでしょうけどねぇ。

まぁ結果外れてるんですけどね。

ただ、馬券的に盛り上がりはしなかったんですけど、もしゴールドシップが馬券圏外に飛んでいたとしたら、物凄い後悔する買い目になっていただろう。ありがとうゴールドシップ。
そしてベールドインパクトが3着に残っていたとしても物凄く凹んでいたに違いない。差してくれてありがとうユウキソルジャー(涙)。

結果的にこの着順が自分にとっては最も精神的ダメージの少ない入り方だったのかもしれない。

まぁ金銭的ダメージは相当ですけどね。

また来週ガンバリマス!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月20日

菊花賞 最終予想

富士S、3歳馬つよっ!
今年の3歳はマイル路線強いですねぇ。まぁ古馬が弱いという見方もできますけども…。
そして3歳馬たちも古馬になると…かもしれませんが。

兎にも角にも富士Sは3歳馬のワンツーフィニッシュ。富士Sらしい波乱の決着となりました。3歳馬さえいなければなぁ…。

それでは気持ちを切り替えて。
菊花賞 データ

ダービー馬の回避により皐月賞馬ゴールドシップの1強ムードになった今年の菊花賞。ダービー5着以内馬の出走もこのゴールドシップ1頭だけ。
ぶっちぎりの1番人気も頷けるほど1頭だけ実績は抜けております。普通に考えたら負けてはいけないレース。

しかしそれは2400m以下での話。

過去10年、皐月賞馬の菊花賞での成績は中、3、1、4、16、15、()着で勝った2頭は3冠馬。
またダービー5着以内で神戸新聞杯3着以内の馬の成績は
()内神戸新聞杯2000m時代
3、4、7、1、4、2、4)、1、5、5、2、1、2

3冠馬2頭を含んでこの成績。過去10年の菊花賞馬の半数以上がダービー未出走だったように2000〜2400mでの実績はさほどアテにはできない。
次走でJCを勝つジャングルポケットやローズキングダムがマイネルデスポット、ビッグウィークに負けちゃうレース。距離が合わなければ取りこぼすことは十分考えられる。
血統から長距離は合うと予想はされますが、同配合のドリームジャーニーは5着。エーシンダードマンに先着を許しています。

1強ムードだからこそ狙いは2、3着に取りこぼしての高配当。もしくは完全にぶっ飛んでの大波乱。
勝ったら勝ったでそれはそれで良し!と割り切って大穴を狙いにいってみます。

ベールドインパクト。京都の長距離は合うだろうなと思っていた馬。きさらぎ賞では早めにまくってキレ者2頭に差されましたが、非常に長くいい脚を使えるタイプで京都新聞杯でも2着に好走。ダービーは9着に敗れたもののアガリ3Fはフェノーメノと同じ33秒9。位置取りの差も大きかったと思います。
休み明けの前走を度外視、距離延長がプラスに働くと考えれば、この面子なら余裕で相手になる。

ゴールドシップ。2、3着に取りこぼしての3連単高配当を狙うため3連単では2頭軸の相手に。3連複では飛んでもOKよ!のスタイルで本命馬からの1頭軸で狙ってみます。ただこの馬京都の長距離は合いそうなんですよね…。普通に突き抜けちゃったら仕方なし。

ニューダイナスティ。1強ムードの長距離レースでゴールドシップも押して前目に付けてくるような積極策はとらないはず。中団〜後方でどっしり構えてくれていれば逃げ・先行勢が穴になる。前走の大敗でマークも緩くなるはずで京都も4戦3連対と好相性コース。とことん可愛がってくれるなら。

△は手広く。まずは3連勝で穴人気にもなっているフェデラルホールタガノビッグバン。前走準OPで早め先頭から2着に粘ったフジマサエンペラー。更にはこちらも京都の長距離は合いそうなミルドリームユウキソルジャー。そして元PO馬のロードアクエイムを。
最後にセントライト記念からエタンダールを押さえて終了です。

買い目は増えましたが夢はいっぱい。そして負けた時のダメージもいっぱい。

買い目
◎ベールドインパクト〇ゴールドシップ▲ニューダイナスティ
△フェデラルホール、タガノビッグバン、フジマサエンペラー、ミルドリーム、ユウキソルジャー、ロードアクレイム、エタンダール

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△△△ 36点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△△△△ 48点


馬連総流しも考えましたが金欠なんでやめておきます。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月19日

富士S 最終予想

ディープブリランテまで屈腱炎に。これでダービーで5着以内に入ったディープ産駒は全滅。う〜む。
これで菊花賞は完全にゴールドシップの1強ムード。これじゃ観てても盛り上がりに欠けますし、予想的にも面白くありませんし…。
おまけに個人的には嫌って買うつもりだったので馬券的にも痛い。。

まぁ菊花賞のことは一先ず追いておくとして、とりあえず明日のメインレースの予想を。
富士S データ

混戦模様でオッズも割れそうな雰囲気。現時点での前売りオッズではファイナルフォームが1番人気のようですが、3ヶ月明けで古馬重賞初挑戦の3歳馬ですからねぇ。未知の魅力もあって面白い存在だとは思うんですけど、荒れるレースでそういう人気馬を買いたくはありません。
また安田記念5着のガルボもこのレースは前走G欺仭からの休養明けは不振のレース。危険な人気馬のような気が…。

という訳で。ちょいと人気どころを軽視しつつ、人気の盲点になっていそうな馬から薄いところに流してみたいと思います。
当たったらラッキー!くらいの気持ちで。少額で大穴狙いデス!

スピリタス。過去9年で6連対の京成杯AH組から。京成杯AH組は連対馬が0−1−0−8なのに対し、3〜5着馬は3−1−1−5とチョイ負けしていた馬の方が好調。これは恐らく中山適性と府中適性の違いなのかなと思われます。という事で中山→府中替りがプラスに働きそうなチョイ負け馬をチョイス。

コスモセンサー。こちらを本命にするかで大分迷ったんですが…。オッズに目が眩みあちらを本命に。ですのでマイナス材料はないんですが、京成杯AH組が2頭揃って馬券になるのかなぁ?という気はするんですよね。。大体、私の予想は裏目に入るんでこっちが正解な気もします。

ゴールスキー。脚質が脚質なので、というか気性が気性なので展開待ちだとは思いますが、近走復調気配のマイルCS3着馬を3番手評価に。ポートアイランドS組は過去9年で5頭が馬券になっている好ステップですしね!

で、押さえに穴馬を手広く。4ヶ月明けになりますが左回りのG靴韮河対、東京ではOP勝ちもあるダンツホウテイ。同じく休み明けですが府中実績が魅力のヒットジャポット。負けていた馬からでも巻き返しのある好ステップのポートアイランドSからダローネガミキノバンジョーを。
最後に人気どころですが嵌ればあっさりのフラガラッハまで押さえて終了です。

買い目
◎スピリタス〇コスモセンサー▲ゴールスキー
△ダンツホウテイ、ヒットジャポット、ダローネガ、ミキノバンジョー、フラガラッハ

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月17日

富士S 過去の傾向から

ジェンティルドンナJC参戦ケッテーイ!
いいですねぇ。エリザベス女王杯を使うとローテ的にジャパンCはスキップして有馬記念になっちゃうでしょうからね。馬場の荒れた暮れの中山2500mよりは府中の方がこの馬には合うはず。
ただオークスで距離はこなしているとはいえ3歳牝馬同士でのもの。ペースも相手も違いますので2400mという距離はちょいと不安あり。

まぁでも斤量面でアドバンテージを貰えますからね!チャンスは十分あるんではないでしょうか。
順調に行けばオルフェーヴルと対戦かぁ〜!!!もう今から楽しみ!

さてそれでは富士Sの過去の傾向を。参考データは中山開催を除く9年分です。

上位人気の成績
1番人気
11、1、3、3、4、4、15、4、
2番人気
1、2、6、2、12、13、7、1、4着
3番人気
15、12、1、5、11、6、5、14、5
4番人気
2、3、9、6、1、1、8、8、7着

過去9年中4番人気以内の馬で7勝ですから悪くはないんですけどね…。二桁着順あり、そして2、3着が少ないせいで信頼度はかなり低め。
逆に6番人気以下の人気薄が12頭とやたらと馬券に絡み、しかもその内半数の6頭は二桁人気!2頭まとめて紐が狂うことも多く大波乱含みのレースです。2頭軸にはせず1頭軸で手広く穴まで流すのが良さそう。

前走成績から
芝のG毅誼絨米
7、4、15、8、4、8
芝のG毅驚絨焚
3、4、9、11、13、7、16、14、4、8、9、14、6、12、1、4、11、12、2、5、12、9着
京成杯AH連対馬
8、5、12、12、5、5、5、9、
京成杯AHで3〜5着
1、1、3、13、1、2、7、14、17、7
京成杯AH6着以下
7、9、12、15、2、7、10
その他の芝G供■猫系対馬
2、11、16、4、14、11、1、8、13、8着
その他の芝G供■猫沓魁腺誼
6、15、2、16、17、
15、
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
5、10、12、14、9、5、6、8、13、4、6、9、10、17、7、10、12、15、16、11、14、18、2、9、16、18、3、6、10、14、16、3、15、17
芝のOP特別で掲示板に載っていた馬(中央競争のみ)
1、2、4、5、6、3、16、17、3、1、6、11、12、14着
芝のOP特別6着以下
8、14、10、8、11、18、3、13、18、7、9、10、6、13、11、13、16着

芝の1600万条件勝ち馬
2、6、3、7、15、9、4、5着
芝の1000万条件出走馬
13着
ダート戦出走馬
18、3、10、11、

安田記念をはじめとする前走G気らの休養明け馬が多く出走してきますが、馬券になったのは3頭だけ。07〜09年では3年連続で1番人気を飛ばしている危険なステップです。人気薄ならともかく人気のG義箸ら本命をとるのはやめておいた方が良さそう。
京成杯AH組は中山と府中適性の違いか?連対馬より3〜5着馬が好走しているようです。その他の重賞組にもいえますが着順より府中実績、府中替りがプラスに働きそうな馬を狙うと良いかもしれません。

4番人気以内の馬の前走成績
G欺仭馬
4、4、6、15、8、4着
京成杯AH連対馬
12、5、5着
京成杯AH3〜5着馬
1、1、3、1、7、7着
京成杯AH6着以下
9着
その他の芝重賞5着以内
2、11、15、2、11、1、13、8、
その他の芝重賞6着以下
6、6、12、14着
芝のOP特別出走馬
1、1
芝の1600万条件出走馬
2、3、4、5着
ダート戦出走馬


上にも書きましたが京成杯AHでチョイ負けしていた馬が好成績。府中替りが良さそうな馬なら積極的に狙っていきたいところ。
それを除いた重賞組は人気で信頼できるような成績はあげれておらず。むしろOP、準OP組の方が安定。重賞組はレース間隔が開いてる馬も多いのが一因かもしれません。

今日のまとめ
まず前走安田記念5着のガルボをはじめ、中京記念1着のフラガラッハやラジオNIKKEI賞勝ちのファイナルフォームといった前走重賞好走馬が人気を集めそうですが、データからはぶっ飛んでも不思議でない。
まとめて来ちゃうかもしれませんけどね、荒れるレースですし嫌って1発狙うのがいいのかなという気がします。
データからの狙いは何故か良く来る京成杯AH3〜5着に該当しているスピリタスコスモセンサー。2頭とも府中に実績も十分。どちらかを本命にウッスイところに手広く流してみようかなというのが現時点での予想です。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月16日

菊花賞 過去の傾向から

アドマイヤグルーヴ急死。早すぎますねぇ。
母子3代制覇を賭けて1番人気で華麗にぶっ飛んだオークスも今となってはいい思い出。牝馬なのに果敢にも春の天皇賞に出走したりといろいろ話題も振りまいてくれました。残された3頭の牝馬からアドマイヤグルーヴの血が繋がっていくことを祈ります。合掌

さて気持ちを切り替えて菊花賞です。今年はもう完全にディープインパクトVSステイゴールドの図式ですねぇ。
ステイゴールド産駒は皐月賞馬ゴールドシップに加え3連勝中のフェデラルホールが既に穴人気気味で伏兵候補。
対するディープインパクトはダービー馬ディープブリランテを筆頭になんと10頭も登録!
ステイゴールド産駒が勝てば昨年オルフェーヴルが3冠を達成していますのでここ2年の牡馬クラシック6戦5勝!
かたやディープインパクト産駒が勝てば先日ジェンティルドンナが牝馬3冠を達成していますので今年の3歳3冠レースで6戦5勝!

展開、血統予想、そして騎手の駆け引きも楽しみな長距離レースですが、今年は種牡馬対決も非常に楽しみ!
それでは菊花賞、過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
中、3、7、1、4、3、1、5、2、1
2番人気
11、4、4、4、2、5、5、4、6、
3番人気
3、9、11、3、3、16、16、15、7、
4番人気
16、2、2、6、7、1、8、12、9、7

1番人気は僅か3勝のみ。しかもその内2頭は3冠馬ですので正直3冠馬がいない年の1番人気は全く信用できず。加えて2番人気は勝ち星なしの2連対、3番人気は連対なし。上位人気は信頼できません。
逆に7番人気以下の伏兵が5勝、2着3回と大暴れ。実績馬が怪しいと判断した場合はトコトン大きいところを狙っていきたいレースです。

春の実績から
日本ダービー
1着馬
3、1、4、
2着馬
4、7、3、1、16、5、2、2
3着馬
1、11、4、2、18、17着
4着馬
3、6、7、14、5、12、10着
5着馬
6、5着
6着以下
2、4、5、7、9、13、17、中、2、6、9、11、13、2、4、8、2、3、15、8、12、15、17、8、9、10、16、2、6、12、17、3、8、9、15、16、4、7、12、3、5、7、9、11
皐月賞()内東京開催
1着馬
中、3、1、4、16、15、()着
2着馬

13、9、4、4、2、14、9、7、(5)
3着馬
2、15、8、5、
4、5着馬
3、17、6、8、
6着以下
2、4、5、9、1、11、6、7、8、3、6、14、1、5、2、16、18、5、12、14、18、4、10、12、13、(3、7、11、16、17)着
ダービー5着以内で神戸新聞杯3着以内の馬
()内神戸新聞杯2000m時代
3、4、7、1、4、2、4)、1、5、5、2、1、2
ダービー5着以内で神戸新聞杯4着以下
3、1、3)、16、18、
ダービー6着以下で神戸新聞杯3着以内の馬
(中、9、)、16、
ダービー未出走で神戸新聞杯3着以内の馬
(10、16、)、1、4、1、10着

いくらG気箸い┐稗横苅娃娃躇焚爾亮太咾呂△泙螢▲討砲覆蕕覆ぁダービーで5着以内に好走し一夏越した神戸新聞杯でも3着以内と万全の体勢で挑んだ馬でさえこの連対率。距離の壁にぶち当たり4、5着という馬も多い模様。安定感はあるんですけどね…。
逆にダービーで6着以下に敗れていても距離延長を武器に巻き返してくる馬が多く、春2冠時点での力関係はあくまで参考程度にしといた方が良さそうです。
ちなみに過去10年で出走したダービー馬4頭は全て春の2冠馬。菊花賞を勝った皐月賞馬2頭はディープインパクト、オルフェーヴルの3冠馬2頭です。

セントライト記念
1着馬
5、7、4、16、3、8、12、9、7
2着馬
11、14、5、14、5、7、
3着馬
14、6、17、11、11、18、2、11、5
4着以下
7、9、8、11、10、6、7、8、6、10、15、17、10、11、14、10、16、9、17着
神戸新聞杯()内は2000m時代です
1着馬
4、1、2)、5、4、2、1
2着馬
(中、9、16、4、4)、1、5、
3着馬
(10、3、7、3、1)、16、1、3、1、10着
4着以下
1、3、6、12、13、15、16、17、1、2、5、10、13、8、2、3、12)、6、7、8、9、10、15、2、3、6、9、11、12、15、16、8、9、15、18、4、12、13、15、8、16着

セントライト記念からは4頭が馬券絡み。11年前マンハッタンカフェが4着から優勝して以来、4着以下からの巻き返しも勝ち馬も出ていません。基本紐穴まで。
主力ステップの神戸新聞杯は2400mに距離延長後、毎年3着以内の馬が1頭以上馬券になっております。2000m時代より4着以下からの巻き返しは減りましたが08年には12着馬6着馬が2、3着に入り大万馬券。
血統から狙う場合は神戸新聞杯での着順は気にせず、拾って行った方が良いかもしれません。

前走芝の古馬混合重賞出走馬
3、4、3、6、11、12、7、2、14、7、16、7着
前走芝のOP特別出走馬
11、6着
前走芝の1600万条件出走馬

8、14、6、10、17、11着
前走芝の1000万条件出走馬
8、16、17、18、1、13、15、18、9、10、13、14、16、5、9、10、4、12、13、17、18、4、10、13、17、1、17、3、5、8、14、18、4、12、13、14、15、18

前走古馬混合の重賞出走馬から3頭馬券なっておりますが今年は該当馬がいないのでスルー。デルタブルースやスリーロールスと2頭の菊花賞馬を輩出している前走1000万下組は実は出走馬が滅茶苦茶多く、殆どの馬が二桁着順に沈んでおります。
“1000万下で勝てる力があり距離さえ持てば菊は通用する”という考え方は危険で、“菊で通用した馬の前走がたまたま1000万下だった”という風に考えた方がいいのかも。

4番人気以内の馬の前走成績
神戸新聞杯3着以内
(中、3、4、9、7、1、3、4、2、4)、1、5、16、1、4、5、2、1、2
神戸新聞杯4着以下
3、16、2、3)、16、15着
セントライト記念3着以内
11、2、4、3、5、8、12、9、3、7着
セントライト記念4着以下
6着
古馬混合重賞出走馬
11、7、7着
古馬混合OP特別出走馬
6着

2400m延長後の神戸新聞杯3着以内の馬は9頭出走し8頭が掲示板を確保と安定した成績(16着にぶっ飛んだのはヴィクトリー)。ただ9頭で5連対ですから人気を考えれば嫌って勝負に言っても…とは思える数字。
神戸新聞杯4着以下、セントライト記念組、その他のレース出走馬は人気馬を軸では買いたくない成績。
この辺を狙うのであれば人気馬なら押さえ程度、基本は紐穴で狙いたいところです。

今日のまとめ
春のG擬太咾呂△泙螢▲討砲覆蕕此キングジョージ帰りからのぶっつけ、距離延長にも不安のあるディープブリランテは迷わず消し。となると自然とゴールドシップからとなるんですが、ゴールドシップもデータからは磐石までとは言い難い。走りをみるにズブく追えば追うほどって感じの馬ですからコーナーから加速していける京都は合いそうではあるんですけどね…。
皐月賞馬の成績も3冠馬を除くとイマイチ。ダービー5着以内に好走し神戸新聞杯でも好走した馬でも平気で馬券圏外に負けるのが菊花賞。
ゴールドシップさえ飛べばの気持ちで大穴を狙いに行くのもわるくないかも。仮にゴールドシップが馬券に絡んでも馬券の枠はあと2つある訳ですしね!

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月15日

タキオン最後の世代に大物候補登場!タイダルベイスン

タイダルベイスンってどういう意味なんかな?と思ってJRAの公式をみたら“ワシントン運河に築かれた入り江の名”ということ。どうやらお母さんの馬名ワシントンシティに因んだ馬名のようですね。

後の祭りですけどアグネスタキオンに因んだ馬名にしてくれたら良かったのになぁ〜なんて思っちゃうほどの、鮮やかなデビュー戦の内容。まぁ半兄のラトルスネークも初戦のパフォーマンスは半端なかったんで2戦目みるまでは何とも言えないんですけどね。
ただ牝馬ではダイワスカーレットという超大物を輩出したアグネスタキオンですが牡馬では種牡馬入りした馬は出したものの、自身やダイワスカーレットクラスの馬はまだ出てきておりません!言い切っちゃう。ディープスカイファンの方ごめんなさい。

そして、そうこうしている内に現2歳世代が最終世代!

期待したくもなっちゃうってもんです。最後にもう一華咲かせてもらいたい。


4回東京4日(10月13日)新馬 芝2000m
タイダルベイスン・・・★★★★★
ラトルスネークの半弟でアグネスタキオン産駒。最内枠から好スタートを決めましたが道中は控えて内の中団で待機。コーナーで外目に持ち出し直線に向くと直線では外からほぼ馬なりのまま一気に先団へ。そのまま追われることなく後続を突き放し最後は流して3馬身半差の圧勝。アガリ3Fは33秒5!鞍上の指示にもすんなり従いレースセンスもよさげ。そして瞬発力は半端ない切れ味!これは重賞でも楽しみな存在。

4回東京4日(10月13日)未勝利 芝1600m
キープインタッチ・・・★★
逃げ馬と2番手追走の馬がやや離しながらの逃げで縦長の展開。そんな流れを4番手の4番手から追走。そのままの大勢で直線に入ると外の馬と併せる形でジワリジワリと脚を伸ばし粘る前2頭との差を詰めていく。脚色は最後まで衰えずしっかり伸び切り、前の馬を捕らえ更には外の馬の追撃をきっちり振り切ってのゴールイン。ただ前走5着以内の馬が1頭もいないというメンバー構成&時計も平凡で…。

4回京都4日(10月13日)りんどう賞・牝馬 芝1400m
クロフネサプライズ・・・★★★
スタート直後に1番人気馬が落馬という波乱の幕開け。そんな中スタートを決めすんなりハナに立つと1馬身ほどのリードを取りながらマイペースでの逃げを打つ。道中楽ができた分、直線でも余力十分。そのまま1馬身ほどのリードで直線に向くと最後まできっちり脚を伸ばし逆に後続を突き放すようなかたちでゴールイン。いろいろと恵まれた部分もありましたが、直線で差を詰められないあたりは力のある証拠。

4回京都4日(10月13日)新馬・牝馬 芝1600m
サトノネネ・・・★★★
ディープインパクト産駒で母父はMonsun。最内枠を生かしスーッと先行、道中はインの3番手でじっと脚を溜める。ロスなくコーナーを回し直線に向くと内の狭いところに躊躇なく突っ込みあっさりと抜け出した。2着馬とはそのまま“位置取りの差”といった感じでしたが、抜け出す時の脚も速く抜け出してからの脚もしっかり。レースセンスも良さそうで上のクラスでも大崩れなく走れそうな雰囲気。

4回京都4日(10月13日)未勝利 芝1400m
ゼウス・・・★★
スタートは遅れ気味に出ましたが好枠を生かしそしてちょいと引っ掛かりながら前へ押し上げる。道中は内目の3番手を追走。4番手以下を離して直線にむくと直線では前3頭による追い比べ。直線手前で早くも手綱は動いていましたが追えば追うほど脚を伸ばし力強く前2頭を捻じ伏せた。走りをみるにあまり距離延長は向かないような感じ。また枠にもちょいと助けられた印象です。

4回京都4日(10月13日)未勝利 芝2000m
ヴァーティカルサン・・・★★★
マンハッタンカフェの産駒で母父Monsun。外枠からスタート後やや追っ付けて先行、少頭数の競馬で前4頭、後ろ4頭とで離れたため2コーナーで内に入れそのまま逃げ馬の後ろで脚を溜めながら追走する。直線で逃げ馬を交わすところで早くも外から1番人気馬に並びかけられてしまいましたが、馬体が合うと内からグイッと一伸び。勝負根性で差し返してみせた。ただこの馬が勝負強いのか?2着馬(4戦連続2着)がそういう馬なのかは微妙なところ。

4回新潟1日(10月13日)新馬 芝1200m
リシェス・・・★★
ワイキューブの娘、チチカステナンゴ産駒です。好スタートから押して先行、ハナは譲りましたが逃げ馬を外からびっちりマークするように2番手を追走。先頭に並びかけて直線に入ると直線半ばでバテた逃げ馬を交わして単独先頭へ。外から脚を伸ばした2着馬にしぶとく喰らい付かれましたが、しぶとく伸び切り最後はクビ差で押し切った。先行力あり、並ばれてからの粘りも上々ですがお母さん同様あまり距離延長は向かなさそうなタイプかも。

4回新潟1日(10月13日)未勝利 芝1600m
サンガヴィーノ・・・★★★
チアズブライトリーの産駒です。ゆったりとした一団の流れを5、6番手の外目から追走。3コーナー手前で前2頭が後続を離しにかかると連れるように前へ3番手の位置取りで直線に入る。ラスト1Fのところで楽な手応えのまま前2頭を交わすとそのまま脚を伸ばし抜け出しての3馬身差圧勝。やや前に有利に流れたのもありますが直線半ばで勝負を決めてしまった。OPでも楽しみな上々の瞬発力。

4回東京5日(10月14日)新馬 芝1600m
サクラグランレーヴ・・・★★★
母父SSのアルデバラン胸唆陲能派秉琶譴縫汽ラチトセオー、サクラキャンドルのいる血統。好ダッシュを決めスーッと好位へ3番手を追走。道中は超がつくほどのSペースで正味ラスト3Fだけの競馬。直線での瞬発力勝負では逃げて粘る内の馬を目標に脚を伸ばしジワリジワリと追い詰める。外から伸びた2着馬の
末脚もきっちり退け1馬身1/4差の快勝。位置取りの差も大きかったように思いますがレースセンスよく瞬発力も上々。

4回東京5日(10月14日)未勝利 芝1400m
リメンバーメジロ・・・★★
父メジロベイリー、母父メジロライアン祖母メジロラモーヌ!いい馬名ですねぇ。レースではポンっと好スタートを切り控えて好位の内へ。3番手から直線に向くと前2頭を目標に力強く脚を伸ばし、まとめて捻り伏せて抜け出した。速いアガリの競馬はあまり向かなさそうですが、タフな流れでしぶとく脚を伸ばしそうなタイプ。小柄ながらも力強い末脚。

4回東京5日(10月14日)未勝利 芝2000m
トーセンヤマト・・・★★★
スタート後はダッシュがつかない感じでしたがすぐさま盛り返し3番手追走。逃げ馬が5馬身ほどのリードで逃げていましたがペースは遅く前有利の展開。3番手で直線に向くと、楽をした分止まらない逃げ馬をただ1頭追い詰めて最後半馬身差で交わし去る。初戦福島で大敗も放牧とコース替りで馬が一変。人気薄でしたが内容は良く上のクラスでも通用しそうな瞬発力です。

4回京都5日(10月14日)新馬 芝1400m
ハドソンシチー・・・★★
祖母イソノルーブル、叔父にイソノウイナー、従兄弟にはモンストールがいるマンハッタンカフェ産駒。好スタート好ダッシュを決めると内の馬と2頭併走する形での逃げ。コーナーでちょいと手綱を押していましたので手応え的にはどうか?と思いましたが直線半ばでは一旦後続を突き放し、そのまましぶとく脚を伸ばして押し切った。スピードもあり先行してしぶとい伸び脚、ただ3キロ減量の恩恵も大きそうな競馬にも見えました。

4回京都3日(10月8日)新馬 芝2000m
トウシンモンステラ・・・★★★★
母父SSのキングカメハメハ産駒で叔母にはベッラレイア、全兄にカフナという血統です。この距離の新馬戦らしくゆったりとした流れで一団の競馬。道中は中団前目の馬群の中で待機。ラスト4Fから一気にペースが速くなると直線手前から手綱をしごいて加速、直線では先に抜け出したウオッカの全弟をゴール前で強襲。外から捻じ伏せてのゴールイン。瞬発力だけでなく長くいい脚を使える持久力もあり、追えば追うほど伸びる感じ。京都の中距離が合いそうなタイプです。

4回京都5日(10月14日)未勝利 芝1600m
ウインプリメーラ・・・★★★★
好スタートからダッシュも速く無理することなくスーッとハナへ。内の2番手追走馬と2頭で3番手以下を3、4馬身離しての逃げ。3コーナーで後続を一気に引き付けて脚を溜めると、直線では一旦並びかけられたものの二の脚を使ってこれを逆に突き放してみせた。結局最後は1馬身1/4差をつける逃げ切り勝ち。中団待機の前走では鋭く切れてアガリ最速。今回は一転スピード感たっぷりの逃げから二の脚を伸ばす競馬。自在性も素晴らしくどんな競馬でもできそう。

4回新潟2日(10月14日)新馬・牝馬 芝1600m
アルマシャウラ・・・★★★
アドマイヤムーン産駒で母父はDeputy Minister。道中はかなりゆったりとした流れを中団前目の馬群の中で待機。直線では横一線の先団のより1馬身ほど後ろの2番手集団から鋭く脚を伸ばし、粘る先行馬2頭をゴール前できっちり差し切った。ほぼ直線だけの瞬発力勝負をスパッと差し切る上々の切れ味。ただやや線が細そうな感じで直線坂のあるコースや力の要る馬場に対応できるかは?

4回新潟2日(10月14日)未勝利 芝1000m
インザチャーチ・・・★★
大外枠から好スタート好ダッシュ。外ラチを味方にしつつ1馬身ほどのリードをとる。ラスト2Fくらいから追い出されると更に突き放し最後は1頭迫ってきた2着馬も1馬身1/4差で退ける余裕の勝利。直線競馬で外ラチを頼れる大外枠に入ったのは大きかった模様。終始スピードで圧倒できたようにスピードはまずまず。ただ1200、1400mでの競馬をみるとスタミナ面に難がありそうで距離延長は厳しそう。
 

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月14日

秋華賞回顧 祝!ジェンティルドンナ牝馬3冠達成!!

秋華賞 予想

 1着◎ジェンティルドンナ
 2着〇ヴィルシーナ
 3着−アロマティコ
 4着−ブリッジクライム
 5着−チェリーメデゥーサ

 6着△アイムユアーズ
10着△ラスヴェンチュラス
11着▲ミッドサマーフェア
16着△ハナズゴール

凄い競馬でした。既に3度負けているヴィルシーナはスタート直後押して押してハナを叩きに行くという一か八かの負かしに行く競馬。普通に乗ってくれれば2、3着は堅いと思っていたんですけどね。
2着はもういらねぇと。1着じゃなければビリでも一緒だと言わんばかりの勝負師の競馬。でもまた2着。しかし天晴れであります。
この馬は違う年に生まれていれば3冠牝馬になれたのだろうか。全て2着。しかも同じ馬に負けての結果ですからね。
ジェンティルドンナからしてみればいいライバルに恵まれたと言えるのですが…。ヴィルシーナからしてみれば…。

どこかで大きいところを獲って貰いたい。

そしてそのヴィルシーナの“一か八かの逃げ”は伏兵チェリーメデゥーサの向こう正面での大まくりからの大逃げによって崩される。直線平坦でバテても早々止まらない京都で直線入り口ではまだ7、8馬身のリード。正直、終わったと思いました。
直線では父ディープインパクトが3冠を達成したときのアドマイヤジャパンを思い出させる強烈な大逃げ。小牧騎手もまた天晴れであります。
今年の秋華賞をイヤというほど盛り上げてくれました。変な汗でましたからね。

普通に回ってくれば大丈夫かな?と思っていたんですけど、普通の競馬にはさせてくれませんでしたねぇ。乱ペースで道中消耗もしたのか?3、4着には内枠の穴馬が入りましたし。
もう、考えられるだけのジェンティルドンナが負ける場合のタラレバが全部出ちゃったような感じです。それでも負けなかった!
着差は際どかったですけどね、負けなかったというのは凄いこと。最後のクビの上げ下げでも相手に殆ど前に出られてませんでしたからね。終わってみれば勝つべくして勝ったという印象。本当に強かった!

終わって見れば勝つべくして〜なんて言ってますけど、レース中はもう「ぎゃぁぁぁあ〜」とか「うぉぉぉおおおおお」とか「勝ったの?勝ったの?」とか。まぁなんつーか人様にはお見せできない取り乱し方でしたが。

とにかくこれで牝馬3冠達成です!

まぁ牝馬の場合は、牝馬3冠よりもウオッカ、ダイワスカーレットやブエナビスタのように牡馬相手にどこまでやれるか?で評価が決まりますんで、牝馬3冠には価値があんまりないなんていう人もいるかもしれませんけどね。
ウオッカ、ブエナビスタですら落とした秋華賞を獲ったこと。ダイワスカーレットは体調を崩してオークスに出れませんでしたが3冠全てにきっちり出走できたという事も非常に価値があると思います。
牡馬相手の実績はこのあとつくればいい話ですからね!

まぁ、今は牡馬にとんでもないのが1頭いますんで実績を残すのは簡単ではないと思いますが…。
先のことは後で考えるとして。今日のところはジェンティルドンナの、そしてヴィルシーナのレースを観返しながら3冠達成の祝杯をあげたいと思います。

馬券も取れましたしね!馬単(3倍)だけだけど…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年10月13日

秋華賞 最終予想

マイネイサベル?へぇ〜。

…。

折角といったら変ですがホエールキャプチャもマルセリーナも飛んでドナウブルーも連に絡めずなのに、よりによってそんな馬を連れてきちゃダメだろ!

がっくし。まぁでもこのがっくし。明日でじゃなくてよかったとプラスに考えようかな。自分でも気持ち悪くなるほどプラス思考。
それでは明日のメインレースです!!


秋華賞 データ

週中にブログに訪問なさった方や常連さんの方には既に本命も買い方もバレバレでしょうが、そのバレバレのとおりに予想し想像どおりの買い方で心中致します。
元PO馬ジェンティルドンナが牝馬3冠に挑むレース。
過去10年で1番人気は2勝だとか。マギレのあるコースなので着順は平気で入れ替わるとか。2、3着に負けると3連単高配当とか。

そういうのはどーでもいいんです!

POGでお世話になったのと、そして純粋に3冠牝馬誕生がみたい!という気持ちを込めて。

ジェンティルドンナ。本命理由は上に書いたとおりですが、データ上からもオークス5着以内→ローズSで3着以内の馬は3、1、1、3、(4)、4、8、1、2、2、3着という抜群の安定感。問題はありません。不安材料は走り方をみるに長い直線のコースがあってそうなので京都の内回りがどうか?くらいでしょうか。あと怖いのは大事に乗り過ぎて内から掬われることくらい。普通に乗って不利さえなければ牝馬3冠達成は確実!と信じきっております。

頭付けで心中!

ヴィルシーナ。上にあるデータはそのままヴィルシーナにも適用される訳で当然重い印です。レッドディザイアにも言えることですが同世代にあの馬さえいなければ春のクラシック2冠牝馬。2、3着とか3、3着とかの馬とは1枚上の存在として考えた方がいい馬なのかなと。
不安要素は1発逆転の奇策も狙える最内枠に入ったということ。逆転狙いで逃げを打ったりしなければここも順当に馬券にはなれるはず。

ミッドサマーフェア。ローズS組は3着以内まで、紫苑S組はほぼ用無しというデータですので当然3番手以下の狙いはクイーンS組に。前走、前々走がクイーンSで5着以内の馬ならば1−2−1−2と好成績。また6着以下からでも巻き返しのあるレースということでアイムユアーズに完敗の内容もさほど気にはなりません。配当面の妙味を考えこちらに重い印を。

△に同じくクイーンS組のアイムユアーズ。ただこの馬重い馬場が得意なタイプにもみえるので京都の馬場は合うのかというのは(2歳時に重賞は勝っていますが)??またジェンティルドンナより外枠を引いたのも乗りづらそうな感じ。
同じく△にハナズゴール。クイーンS組が好成績ということは当然札幌記念出走馬も高評価しなくちゃいけません。ただローズSを取り消した影響も考えての5番手評価。
そして最後にローズSの3着馬ラスヴェンチュラスまで。

穴があるなら内枠かなと思うのでアロマティコブリッジクライムハワイアンウインドあたりも怖いといえば怖いんですが…。
買い目を絞るために気合いの消し!!

買い目
◎ジェンティルドンナ〇ヴィルシーナ▲ミッドサマーフェア
△アイムユアーズ、ハナズゴール、ラスヴェンチュラス

馬単 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単 ◎→〇▲△△△→〇▲△△△ 20点

それでは頼むぞ、ジェンティルドンナ!そして岩田騎手!
それでは前祝いに飲んできます!!

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList