2012年12月

2012年12月31日

来年の勝手なクラシック予想 牡馬編

今年も1年ありがとうございました。
当たらない予想を更新しているのにこうして続けていられるのも、訪問してくださる方がいるからこそ。感謝、感謝であります。

今年はPO馬のジェンティルドンナで大興奮の1年でしたが、その興奮もブログをやってたお陰で2倍、3倍にもなったような気がします。
来年はオルフェーヴルの現役続行に加えジェンティルドンナ、ゴールドシップと明け4歳馬のラインナップも強烈。
今年以上に大興奮の1年になるかもしれません。

また、来年も1年一緒に競馬を楽しんで行けたら幸いです。

それでは、今年最後の更新。
昨日に続き今日は牡馬路線のクラシック予想です。今年以上に競馬が盛り上がる為にも、明け3歳世代からも上の3頭に肩を並べる凄い馬が出てきて欲しいところ。そんな願いも込めて。

皐月賞
朝日杯FSでコディーノに土が付き、3強ムードで沸いたラジオNIKKEI杯では2強が連を外した。3頭の巻き返しはもちろんあると思いますが、中心は完全にエピファネイアになったと言ってもいいと思います。
京都の2戦ではアガリ33秒台の切れる脚を披露。加えて暮れの阪神では時計の掛かる馬場も苦にしないパワフルな走りと勝負根性を見せ付けた。前にも付けられる脚質なので中山コースも問題なさそうな気がする。PO馬ということで贔屓目も入ってるとは思いますが、3冠レベルの活躍を期待!

対抗候補は前走敗れたとはいえ、それまでの3戦が強烈だったコディーノ。ただ1800m戦を3走した後にマイル戦を使ったことはマイナスに働く可能性はあるのかも?また前走中山で敗戦&厩舎が厩舎ですので皐月賞はスキップするということもあるかもしれません。
またラジオNIKKEI杯で3着に敗れたキズナもまた巻き返しは十分。前走の敗因はペースと位置取りもあったと思いますし、このレースは負けてる馬からも活躍馬だしてますしね!この馬もまたパワフルな走りができるの中山は非常に合いそうな雰囲気です。
△にはグラスワンダーの甥にあたるレッドレイヴン。東スポ杯ではコディーノに1馬身ちょいの差を付けられましたがアガリは最速。道中の位置取りが後方すぎた印象。末脚の破壊力は上の3頭も凌ぐほどのインパクト。もうちょい前目につけれるようになれば…。もしくは皐月賞で展開がズバリと嵌ればまとめて差し切っても不思議じゃない馬。
1勝馬の中にも面白そうな馬がたくさんいるんですが、特に中山適性が高そうで勝負根性も素晴らしいダイワメジャー産駒のサトノキングリー、中山大好きネオユニヴァース産駒のヘミングウェイも勝ち切れないながらも安定した成績。使われつつ力を付けてきたら面白そうな雰囲気。

◎エピファネイア〇コディーノ▲キズナ
△レッドレイヴン、サトノキングリー、ヘミングウェイ


NHKマイルC
こちらは毎年出走馬すら読めず…。全然当たらないのでやめようかとも思ったんですが一応。
どういうローテを組むのか?ですが速いペースを先行しても末脚が鈍らず。高いマイル適性を感じさせる2歳王者ロゴタイプ。TRや皐月賞で仮に惨敗してたとしても、ここに出るなら中心視しなくちゃならない存在だと思います。既に府中マイルでも実績残してますしねぇ。ただ春の府中は例年めちゃんこ時計が速いので、高速決着に対応できるか?というのは1つ鍵になりそうな気もします。
続いてはディープ産駒のキレ者を。万両賞で直線殿一気という離れ業をやってのけたアドマイヤオウジャ。この馬は当然クラシックでという逸材ですので、ここに出てくるかは?なんですが、前走のように道中のんびり後方で構えているような競馬だと中山2000mは向かない。一応マイルも使ってますし、そういう意味でこちらを選択してくる可能性があるのかなと…。
もう1頭は既にホープフルSで中山が合わないと証明しちゃったカミノタサハラ。全兄のマウントシャスタもマイルC2番人気で出走していますし、出てくる可能性は十分。またキャリア1戦ですがアドマイヤムーンの甥ケイティープライドも素晴らしい瞬発力があり府中で滅茶苦茶切れそうな雰囲気。

他では本命馬と同じローエングリン産駒で朝日杯FSで3着に突っ込んだゴッドフリート。既に新潟では32秒台のアガリも使っており高速決着にも強そう。
最後にいかにも皐月賞を経由してマイルCに挑みそうなラブリーデイを挙げておきます。

◎ロゴタイプ〇アドマイヤオウジャ▲カミノタサハラ
△ケイティープライド、ゴッドフリート、ラブリーデイ


日本ダービー
距離延長は全く問題なくスパッと切れる脚も使えるので府中替りもまるで問題ない。皐月賞で期待どおりの結果になっていればここもエピファネイアが中心になっているはず(願望)。
上で3冠レベルの活躍を〜と書いていますしね!当然ここもこの馬を本命にしたいと思います。
対抗は皐月賞の時にも馬名を挙げましたが、府中に替わってより瞬発力が活きそうなレッドレイヴンを指名。コディーノは先行脚質ということと血統から2400mにもやや不安。ダービーはアガリ最速付近を叩き出す馬が勝ち負けするイメージなのでちょいと評価を下げました。
そういう意味ではNHKマイルCのところで名前を出したディープ産駒の3頭アドマイヤオウジャカミノタサハラケイティープライド。あとは、ハッピーモーメントも面白いかも。

ただ忘れていけないのが近年クラシックを勝ちまくってるあの配合。オルフェーヴルの全弟リヤンドファミユ。まだ前走、前々走あたりは迫力不足にもみえましたが、兄もここからグーンと良くなった成長力溢れる血統。ダービーの頃には馬が違ってる可能性も大。既に切れる脚は使えてますしね。
最後に前走が…でしたが切れる脚が使える私のPO馬ラウンドワールドも名前を挙げておきます。巻き返しに期待!!

◎エピファネイア〇レッドレイヴン▲アドマイヤオウジャ
△リヤンドファミユ、ラウンドワールド、ハッピーモーメント


それではちょいと実家の方に顔を出してまいります。
みなさん、良いお年を!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月30日

来年の勝手なクラシック予想 牝馬編

東京大賞典は安い配当でしたが無事的中。でもあの組み合わせであの配当なら御の字ですよね。
今年最後のG気鯏中で〆られたのは何より。

さて。ブログの方の〆は一応毎年恒例になっている来年の春のクラシック予想です。今日は牝馬編。明日は牡馬編を更新しようと思います。

ただ今年の牝馬路線は非常に難解。例年だと2歳女王が1枚抜けた感じになるんですけどねぇ。今年の阪神JFは個人的にはかなり内外の馬場差が大きく枠順&展開にも大きく影響された結果になったように思われます。
内を回しきっちり上位に喰い込んだ馬たちを評価するべきか。それとも外差しで結果が出なかった馬たちを評価するべきなのか…?

外から突き抜ける馬がいてくれたら予想も楽だったんですけどね。。そういう馬がいなかったということで阪神JF未出走の馬にも大チャンスとみるべきなのか?

それではとりあえず。ちなみに現時点で1勝以上している馬を対象にしています。

桜花賞
キャリア1戦ということで次走以降どうなるか?は不明ですが、初戦の勝ち方が非常に強く、新馬レビューのコーナーでも今年の牝馬唯一となる6つ星をつけたマンハッタンカフェ産駒のイリュミナンスを本命にしたいと思います。フラガラッハの半妹ですがイメージとは違いレース運びは上手。それでいて末脚のインパクトは兄を彷彿とさせる破壊力。走り方なんかをみるとまだまだ末脚に磨きが掛かりそうですしね!次で思いっきり期待ハズレ!って可能性もあるとは思いますが、もしかしたら凄い馬になるかも!?そんな期待も込めて。

対抗は阪神JFから勝ち馬のローブティサージュを。久々&キャリア1戦、さらに2Fの距離短縮で挑んだファンタジーSでも2着に好走。阪神JFでは内を上手く立ち回りきっちりクビ差の勝利。JFは人気薄と接戦、ファンタジーSもコンマ5秒差ということで、ちょいとパンチ力というかインパクトに欠ける面もあるんですがレースセンスが非常に良く、全体的な能力はかなり高そうな雰囲気。桜花賞でも有力どころが外を回している中、内からスルスルと〜なんていう前走の再現は十分ありそう。
単穴にその阪神JFで1番人気に支持されたハーツクライ産駒のコレクターアイテム。1番人気ということと末脚に絶対の自信があったようで阪神JFではちょいと大事に乗りすぎた印象。ホエールキャプチャのような差して届かず…のタイプになりそうな気もチラホラしますが、瞬発力は間違いなく世代トップレベルですからね!展開向けばあっさり突き抜けて圧勝!なんてことまであると思います。
△に阪神JFで外差し不発に終わったアユサン。そして中京の未勝利戦でとんでもない末脚を使ったレッドオーヴァルの牝馬クラシックに滅法強いディープインパクト産駒の2頭。そして前走万両賞では1番人気に応えられませんでしたがオツウの巻き返しにも期待。

まだまだ1勝レベルにもいい馬がたくさんいるんですが、10頭も20頭も出す訳にもいかないので6頭に絞ります。

◎イリュミナンス〇ローブティサージュ▲コレクターアイテム
△アユサン、レッドオーヴァル、オツウ


オークス
例年、桜花賞はオークスに直結するレースですので桜花賞の予想がほぼオークスにも当て嵌まる訳ですが…。同じ馬を同じ順番で挙げて行くのも芸がありませんからねぇ。距離延長が見方しそうな馬を上位に入れ替えて。また桜花賞で△にした馬もそのままだと面白みに欠けるので、あえて全部入れ替えてみました。

まず本命はコレクターアイテム。母系からは決して距離伸びてこそというタイプではないんですが、脚質的に距離延長はこの馬に見方しそうな予感。ただ桜花賞で差し損ねたのでオークスでは先行策とか、逆に溜めすぎて人気薄の前残りを許したりとか。。そんな雰囲気もちょろりと感じさせる馬。
個人的にはハーツクライ産駒のG欺蘋覇というのをこの馬かオツウでみたいので、上に書いた予想は外れて欲しいんですが…。

対抗にイリュミナンス。まぁ桜花賞のところで本命に挙げてますので当然桜花賞と結果がリンクしやすいここでも重い評価に。この馬がオークスの頃どんな評価になっているのか?そもそもオークスに出ているのだろうか?この先の結果が今から楽しみ。
3番手評価には牡馬相手に2000mの新馬戦を快勝したディープ産駒のラキシス。この距離の新馬戦らしくドスローに流れて極限の瞬発力勝負になりましたが、その決め手勝負を1馬身チョイも抜け出す強烈な末脚。これも府中に良く合いそう。デビューが2000mなのでどういうローテで来るのかは?ですが速いペースでもパフォーマンスが落ちなければ当然桜花賞でも有力候補になれるはず。
△に府中2400mに滅法強い2歳女王ローブティサージュ。その阪神JFで外枠からアガリ最速で5着に追い込んだハーツクライ産駒のカラフルムロッサムも距離延長で逆転がありそうな感じ。
最後に穴っぽいところでステイゴールド産駒のウインプリメーラを。追い込んでよし。逃げてはしぶとい二の脚と脚質自在。コレクターアイテムに既に2度先着を許していますがオークスまでの成長と距離延長、あとは展開面などが嵌れば…。オークスの頃まで面白い存在になってくれてたら嬉しいです。

◎コレクターアイテム〇イリュミナンス▲ラキシス
△ローブティサージュ、カラフルブロッサム、ウインプリメーラ


予想した馬たちが1頭でも2頭でも多く来春のクラシックで活躍してくれることを祈ります。ただ自分のPO馬が1頭もいないというのが寂しい限り…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月28日

東京大賞典 いきなり最終予想

今日は仕事納め。ゆっくりする間もなく明日は家の大掃除、そして東京大賞典。

まぁ、昨年あたりから大掃除にはあまり期待されてないようですし、ちょろりと力仕事だけやってあとは友人でも誘って競馬場に出陣しちゃおうかなぁ〜なんて目論んでおります。

しっかし、家族のみんなが掃除でクタクタになってるところを、顔真っ赤にして手ぶらで帰る訳にも行きませんからねぇ。それこそ例えボロ負けであっても、勝ったふりしてケーキの1つくらい買って帰らないと…。

当ててもない馬券を自慢しながらケーキを食べる私。

想像しただけで惨めな気持ちでいっぱいであります。明日は何が何でも当てないといけない戦いがそこにある!

東京大賞典

それでは簡単にですが。


ワンダーアキュート。ここ2戦の内容からも今回の面子なら最右翼。ただ不可解な大敗もあったり大事なところで勝ち切れない印象もある馬なので頭固定にはせずに買いたいところ。一応本命にはしましたが着狂っての好配当を密かに希望。

ローマンレジェンド。能力に関しては疑いようはありません。連勝時の走りに戻っていればあっさり巻き返してくる予感。問題は前走の敗因が疲れからきたものだとすると…。まだ調子が戻らず前走の再現もあるのかなと。

エスポワールシチー。オーバーペースで散った前走は度外視。地方の砂ならまだまだ主役を張れるはず。また気持ち長い2000mという距離、前走の大敗、年齢からも人気を大きく下げている模様。交流重賞でこの馬をこのオッズで買えるのは美味しすぎる!厚めに勝負。

△に久々も買わずにはいられないフリオーソ。来たら泣くに泣けませんからね。そして前走で復活の兆しをちょろりと見せたハタノヴァンクール。ただ配当的に厚くも買いづらく…。来たら恐らくトリガミに。

トランセンドは前走も全く行き脚がついてませんでしたしねぇ。。そのままいいとこなく大敗。JBCクラシックではそれでも3着に入りましたが面子的に今回は厳しそうな予感。消しちゃいます。

買い目
◎ワンダーアキュート〇ローマンレジェンド▲エスポワールシチー
△フリオーソ、ハタノヴァンクール

3連単 ◎〇→◎〇→▲△△
     ◎〇→▲△△→◎〇 12点


安くてもいい、終わり良ければ全てよし。当てて今年のG気鯆めくくりたい!
外れた場合は大晦日まで大井を当たるまでやり続ける予定。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月27日

京都金杯 過去の傾向から

えーと。まだ東京大賞典も終わってませんし、年賀状も書いてませんし、気分は全然年末ムードなんですが、ここで京都金杯の過去の傾向を更新しようと思います。

理由はですねぇ。毎年、毎年正月に入ると飲みまくりの堕落した毎日。ギリギリまで怠けてしまい毎年毎年アップアップになりながら金杯の記事を書いているから(涙)
ようやく気づきましたよ、データぐらいは先に更新しておくべきだと。何年掛かったんだ!全く。

まぁ、また来年(再来年?)はアップアップになりながら正月書いてるかもしれませんけどね。
とりあえず今年は年末に。京都金杯。過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
5、2、1、9、6、2、4、2、4、5
2番人気
9、5、9、6、3、10、3、5、3、2
3番人気
1、4、4、4、13、1、2、14、2、1
4番人気
2、10、12、10、4、4、7、13、6、4着
5番人気
4、7、7、12、5、13、9、1、11、16着

ハンデ戦らしく勝ち馬の頭数は上位5番人気以内で5勝、6番人気以下が5勝と人気馬と人気薄で半分ずつ。複勝圏内に入った馬を数えても5番人気以内と6番人気以下はちょうど15頭ずつ。いい感じにハンデが効いているレースになっているようです。
ちなみに3番人気以内の馬が10年中9年で馬券になっていますので、3番人気以内の馬を軸に紐荒れ狙いの3連複というのが良いかも?

5番人気以内の前走成績
マイルCS5着以内
4、9、6、5、
マイルCS6着以下
2、5、10、2、7、9着
その他の芝G欺仭馬
6、4着
芝のG供■猫系対馬
1、3、4、13、1、13、3、2
芝のG供■猫沓魁腺誼綰
2、9、5、2、14、2、5、16着
芝のG供■猫沓驚絨焚
4、12、1、4着
芝のOP特別連対馬
5、7、4、4、9、10、6着
芝のOP特別3着以下
10、7、4、13、1、4着
芝の1600万条件1着馬
1、12、11、

人気馬の前走はマイルCSからの直行馬が取りこぼし多く危険な感じ。実績馬の場合はハンデも背負いますからね。ポカも多いもののG供■猫靴之納板に入っている馬の成績が良く8頭が馬券絡み。
準OPからはハンデ差も活かし2頭が連に絡んでいるものの、何故かOP特別組は不振です。前走OP特別連対馬はあまりハンデを貰えませんからね。。その辺りが原因なのかも?

6番人気以下の前走成績
マイルCS5着以内
なし
マイルCS6着以下
12、13、11、7、16、9、12着
その他の芝G欺仭馬
8、8、7、16、5着
芝のG供■猫系対馬
なし
芝のG供■猫沓魁腺誼綰
3、1、3、5、10、11、1、8、7、9、10着
芝のG供■猫沓驚絨焚
6、7、6、9、11、6、11、1、7、9、10、15、3、5、8、15、10、11、12、14、15、16、3、4、8、10、11、15、8、13、14、15、3、7、8、10、11、14、15着
芝のOP特別連対馬
10、12、2、3、14、14、1、1、12着
芝のOP特別3着以下
8、11、14、15、16、13、14、15、8、13、14、15、5、15、16、12、6、9、5、6、8、6、12、7、13着
芝の1600万条件1着馬
16、2、12、6着
芝の1000万条件1着馬

ダート戦出走馬
13、3、16、14、11、16、13、9着

6番人気以下の人気薄でも基本傾向は一緒。マイルCSからの直行馬に1発はなくG供■猫形箸ら穴をあける馬が多くでています。特に前走3〜5着に好走しているのに人気がない場合は積極的に紐に加えておきたいところ。
また人気馬だと不振だったOP特別連対馬も人気薄で4頭が馬券圏内に。3着以下だった馬はご覧のとおりなのでOP特別組は基本軽視でいいと思うんですが…。人気薄で前走連対しているような馬であればといった感じでしょうか。
条件戦からは人気薄からも2頭が連対しており、重賞実績がまるでなくても注意が必要です。

今日のまとめ
相変わらず登録数がめちゃんこ多いので正直何が出て何が出ないのかもわからず。現時点ではどの馬が〜とは言えないんですが、データからはマイルCSからの直行馬を軽視。前走G供■猫傾チ馬から狙って行きたい。
ただ前走マイルCS組軽視と書いたんですが前々走マイルCSを走ってる馬は結構来てるんですよね。フィフスペトルシルポートが前走の大敗で人気を落としているようならちょいと狙ってみたいなと思いました。
年末年始に飲みすぎて忘れそうなのでちゃんと馬名も書き込んだ。これで大丈夫!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月25日

エピファネイア無傷の3連勝で出世レースを制覇

3強ムードに沸いたラジオNIKKEI杯を制したのはエピファネイア。残りの2強が連を外し、朝日杯FSではコディーノに土が付いたため、これでクラシック戦線の主役争いを1歩リードした形になりました。
まだ2歳暮れのこの時期に来春G気亮臾鬚力辰鬚垢襪里呂舛腓い帆瓩さい發垢襪鵑任垢…。
とはいえ普通に考えれば本番まであと1戦。恐らくTRを叩いて皐月賞へでしょうから、次も勝つようだとかなりの確率で皐月賞1番人気。
2着に負けても恐らく上位人気に入ってくると思われます。勢力図がちょいと見えてきた感じでしょうか?

一方で先週はオルフェーヴルの全弟リヤンドファミユが勝ち上がり。まだ末脚の迫力は兄たちに及びませんが、オルフェーヴルもこの時期から春にかけてグンっと良くなりましたからねぇ。使いつつこの馬も急成長を見せるかも。
また、万両賞を勝ち2戦2勝としたアドマイヤオウジャも相当のポテンシャルを感じさせる馬。これレース観てない方は是非見てみて下さい。おったまげます!

一応実績面ではエピファネイアが1歩抜け出した印象ですが、まだまだ重賞未出走馬の中にも大物感溢れる馬が盛り沢山。
4ヵ月後はどのような勢力図になっているのか?楽しみにしたいと思います。

5回中山7日(12月22日)クリスマスローズS 芝1200m
モグモグパクパク・・・★★★
OP特別とはいえ1勝馬が多くまるで勝って同条件のような組み合わせ。今回も道中は中団の外目で待機して直線での末脚勝負。直線入り口で大きく外を回しましたが直線では力強くグングン加速し内の先行勢をまとめて交わした。末脚は安定していますが特に中山1200mとの相性が抜群の模様。距離延長や他のコースにも対応できるようになれば重賞でも楽しみです。

5回中山7日(12月22日)新馬 芝2000m
サトノテイオウ・・・★★★
叔父にアイルラヴァゲイン、リアルインパクト。母父フジキセキのキングカメハメハ産駒です。外枠からスーッと先行し道中は5、6番手の位置取り。4コーナーで一気に押し上げ早め先頭で直線へ。直線で豪快に追われると力強く脚を伸ばして抜け出した。最後はやや一杯気味になりましたがクビ差残してのデビュー勝ち。血統から距離は長そうでしたが稍重の中山2000mを押し切ったのは力のある証拠。距離短縮で一気にパフォーマンスを上げそうな雰囲気。

5回中山7日(12月22日)未勝利 芝1600m
カフェリュウジン・・・★★★
マンハッタンカフェ産駒で母父Stravinsky。土砂降りの中の競馬、好スタートから外目の5番手を追走。直線手前から前を捕らえに行くと直線に入って早々に抜け出した。2着馬の追撃には最後まで差を詰めさせずそのまま1馬身半差でゴールイン。良発表でしたが4角は泥が飛ぶほど荒れた馬場で時計は参考外。馬場の割りに道中の流れが速く、持久力勝負をパワーとスタミナ。そして積極策で押し切った。力の要る馬場が得意そうな印象です。

5回阪神7日(12月22日)ラジオNIKKEI杯 芝2000m
エピファネイア・・・★★★★★★
外枠からスッと3番手。末脚自慢のバッドボーイが1000m通過66秒の超ドスローで脚を溜めならの逃げ、これをマークするキズナを更にマークするような形でレースを進める。直線手前で前2頭に並びかけて直線に入るとスッと交わして先頭に。ペースがペースなので突き放すまでは行きませんでしたが、キズナを競り落とし盛り返してきた2着馬も最後まで交わさせず。半馬身差で押し切った。着差以上に余裕のある競馬。無傷の3連勝を達成!

5回阪神7日(12月22日)新馬・牝馬 芝1600m
イリュミナンス・・・★★★★★★
マンハッタンカフェ産駒で母父トニービン、フラガラッハの半妹です。好スタートから控えるかたち、内の馬を行かせて3番手を手応え良く追走。前2頭に並びかけて直線に入ると、馬場のど真ん中に持ち出し一気に抜け出した。抜け出してからもムチを入れられるとスイスイ加速。瞬く間に後続を突き放し最後は5馬身差の大楽勝。推進力が凄まじく観た目ではさほどスピードは出ていない感じにもみえるんですが、グングンと突き放していく。これは相当な器の予感。

5回阪神7日(12月22日)未勝利 芝1400m
ジェネロシティー・・・★★★
フジキセキ産駒で母父はKingmambo。ここまでダートで2戦惨敗していましたが芝替りで一変。好枠からスタートを決め道中は中団馬群の中で脚を溜める。各馬が動いて行った4角でも馬群の中でじっと待機し、直線に入ってから馬場の良い大外に持ち出して追い込みを開始。仕掛けをワンテンポ遅らせたことも良かったのか?外から軽快に脚を伸ばして一気に先行勢を差し切った。いろいろ嵌った感はあるものの上のクラスでも楽しみな瞬発力。

5回阪神7日(12月22日)未勝利 芝1800m
リヤンドファミユ・・・★★★★
ドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟。今年のPOGでも最注目の良血馬です。バラついたスタートで目立ちませんでしたがスタートは結構遅め。道中は後方馬群の外目で待機。3〜4コーナーから大外を回して徐々に前へ接近すると、直線では内の3着馬、外の2着馬と併せながら伸びて来た。外の2着馬には最後まで抜かさせず、きっちり内の馬を捻じ伏せてのゴ−ルイン。流石にまだオルフェーヴルほどの迫力はありませんが、バネが効いた走りで加速が速く勝負根性も上々。兄たちのように使われつつドンドン力を付けてくるのかも。今後が楽しみです。

5回中山8日(12月23日)ホープフルS 芝2000m
サトノネプチューン・・・★★★+
最内枠からのスタートでしたが控えて中団で待機。道中は内々をロスなく回しきっちり脚を溜めて直線へ。馬群の中から力強く脚を伸ばすと内から抜け出していた2着馬を外から捻じ伏せるようにしてゴールイン。終始内を回せたのも大きかったですが、前走同様素晴らしい勝負根性、そして馬群も苦にせず狭いところも平気で割って入れる気性の良さ。パワフルな走りから中山コースは相性抜群な模様。

5回中山8日(12月23日)未勝利 芝1800m
ポップジェムズ・・・★★★
ポップロックの半弟、母父SSのジャングルポケット産駒です。内枠からポンと好スタートを切ると直ぐに控えて馬群の中で待機。徐々に外目に持ち出しつつ中団やや前目を追走。直線に入ると馬場の真ん中から軽快に脚を伸ばして抜け出した。馬体重の割にはかなり線が細くみえる体型で中山の馬場はどうか?とも思ったんですが…。躍動感のある走りで難なく対応。レースセンス良く大崩れもなさそうで上のクラスでも楽しみです。

5回阪神8日(12月23日)新馬 芝1400m
エーシンショーモン・・・★★★
マンハッタンカフェ産駒で母父はRed Ransom。叔父にエーシンジーラインがいる血統です。好スタートから軽く押してハナへ。後続を引き付けながらゆったりとしたペースの逃げを打ち、1馬身ほどのリードで直線へ。道中でしっかり脚も溜まっていたようで直線では逆に後続をジリジリと引き離す。2着馬には最後ちょいと差を詰められましたが悠々1馬身1/4差で逃げ切った。展開にも恵まれましたが先行してしぶとい脚を使えそうなタイプ。距離延長にも対応できそう。

5回阪神8日(12月23日)未勝利 芝1600m
ヘミングウェイ・・・★★★★
ネオユニヴァース産駒で母父Machiavellian。ここまで4戦連続2着、5度目の正直で初勝利。かなり縦長の展開を道中は先行馬群の中から追走。そのまま馬群の中で折り合い直線に向くと、追い出してから前3頭が壁に…。完全に行き場を無くし脚を余してる状態になりましたが、1頭タレて進路ができるとそこから急加速!先行して抜け出していた2着馬をゴール前で余裕たっぷりに捕らえてゴールイン。着差も僅かギリギリ間に合ったという結果ですが、着差以上に力差を感じる強い内容。重賞でも楽しみな存在です。

5回中山9日(12月24日)新馬 芝1600m
コスモマートレット・・・★★★
マイネルラヴ産駒で母父はブラックタイアフェアー。隣の馬と2頭で馬群から1馬身ほど抜ける絶好のスタート。勢い的には負けたましたが押してハナを主張すると1馬身のリードを取って軽快な逃げを打つ。そのままのリードで直線に向くとコーナーワークと早めの追い出しで2馬身ほど突き離した。最後は差を詰められたものの危なげなく半馬身差の逃げ切り勝ち。スタートセンス良くマイペースでいけるとしぶとい脚を使えそう。

5回中山9日(12月24日)未勝利 芝2000m
セクシイサウンド・・・★★★
ブラックタイド産駒。大外枠から好スタート好ダッシュを見せ1角までにハナを奪い切る。半馬身ほどのリードの逃げでレースを引っ張ると、コーナーワークでリードを1馬身に広げて直線へ。早い段階で3着馬に並びかけられましたが、ジワリジワリと差は詰まるものの最後まで抜かせないしぶとい走り。最後に差して来た2着馬の追撃もクビ差で凌ぎ、大接戦を勝負根性と粘り強い走りで制した。

5回阪神9日(12月24日)万両賞 芝1600m
アドマイヤオウジャ・・・★★★★★
久々&キャリア1戦で人気を落としていましたが、初戦は少頭数ながらも大物感溢れる競馬をみせていた馬。スタート後は直ぐに控えてのんびり後方2番手からの追走。コーナーでまくる素振りもなく最後方で直線へ。直線で大外に持ち出されると外からグングン脚を伸ばし2着馬と並びかけたところでゴールイン。1頭ずば抜けた末脚で直線だけで17頭を牛蒡抜き。もっとゆったり流れる距離の方が競馬もしやすそうで距離伸びて良さそう。クラシックが楽しみになる好素材です。

5回阪神9日(12月24日)新馬 芝1800m
リグヴェーダ・・・★★★★
ゴールドアリュールの半弟、ディープインパクト産駒。ハナを切りそうなほどの好スタートから控えて道中は中団馬群の中で待機。コーナーもやや外目の馬群の中から押し上げて直線へ。追い出し直後はちょいとフラつきましたがエンジンがかかると外から鋭い伸び脚。横一線に広がっての追い比べを1馬身1/4差できっちり抜け出してのデビュー勝ち。兄たちと比べると馬体も小さく、いかにも芝向きといった感じの切れのある末脚。

5回阪神9日(12月24日)未勝利 芝2000m
アドマイヤスピカ・・・★★★★
アドマイヤテンクウの半弟、母父SSのキングカメハメハ産駒。スタートでやや遅れ大外枠なこともあり道中は後方を追走。そのまま後方6番手付近で直線に入ると大外から3着トルストイを目掛けて鬼脚炸裂。加速が素晴らしく一気にトップギアに入るような素晴らしい決め手。離れた内にいた逃げた2着馬とはきっちり差し切ったというよりも、結果差せていたという感じでしたが見える位置にいたらこれも違っていたのかも?1回使われて明らかに良化、重賞レベルでも即通用しそうな瞬発力。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月24日

阪神C 最終予想

遅くなりました。こっそりと更新。

阪神C データ

中央競馬締めの重賞だというのに冗談みたいに難解。最後くらいにっこり笑えるように、7頭立てくらいのもっと当てやすいレースというのを配置して貰いたいところ。

まぁ土曜の7頭立ての重賞は外してますけどね…。

最後くらいは当てときたいけど現実は少額で。有馬記念ですったお金を取り戻すためのレース。1発狙いで行きたいと思います。

レオアクティブ。マイルCS組が5年で8頭馬券絡みと主力ステップ。ただし着順はリンクしづらく人気もアテになりません。狙いはマイルCSステップの馬ですが着順は度外視、阪神1400mが合いそうな馬をチョイスしたい。この馬はマイルにも実績はありますが、どちらかといえばベストは1400m。直線坂のあるコースに強く、コース替りも距離短縮も魅力的。

サンカルロ。阪神1400mといえばこの馬。阪神Cでも09年3着、昨年優勝とレース相性も抜群。秋4戦は結果が出ていませんが、スプリンターズSでは2馬身、京都の2戦も3馬身前後の着差と着順ほどは負けてなく、まだ年齢的な衰えはなさそうです。

ブライトライン。タフなコースに生まれ変わった中京1400mのファルコンSを勝利。マイルもこなせますが1400mの方が得意そうというのも本命・対抗の2頭とも被る。休養明けの前走では7着とはいえ末脚が切れてますし、一叩きされた上積みがあれば1発あるかも。

△に過去3頭の連対馬を輩出している京阪杯からアドマイヤセプター。京阪杯はスワンS好走馬が不振のレースなんですが、この馬は連続好走に成功。かなり高いスプリント能力がありそうな予感。あとは7着オリービンも阪神替りがプラスに働きそうな雰囲気。
マイルCS組からは昨年の3、4着馬フラガラッハマルセリーナ。案外1400mも合うかもしれないファイナルフォームまで押さえて終了です。

買い目
◎レオアクティブ〇サンカルロ▲ブライトライン
△アドマイヤセプター、オリービン、フラガラッハ、マルセリーナ、ファイナルフォーム

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△△ 36点


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月23日

有馬記念回顧! 2冠馬ゴールドシップがグランプリ制覇!

いやぁ面白かったですね!いきなり盛り上がりましたからねぇ。

うちのブログでは本来なら今日阪神Cの予想をして、明日有馬記念の回顧という並びなんですけども。
有馬記念観たあとに回顧を翌日に回すなんて私にはできません。

今日回顧して余韻に浸り。阪神Cの予想は明日のお昼ごろにでもこっそり更新致します。
それでは。

有馬記念 予想

 1着△ゴールドシップ
 2着−オーシャンブルー
 3着△ルーラシップ
 4着▲エイシンフラッシュ
 5着△スカイディグニティ

 7着〇ナカヤマナイト
 8着△ルルーシュ
 9着△ビートブラック
10着◎ダイワファルコン
13着△トレイルブレイザー
16着△トゥザグローリー

ゴールドシップは出脚がつかず。ルーラーシップは出遅れる恐れ。小回り中山、面子的にもSペースになりそうだし…。そう思って1、2番人気を軽視した私にとって最大の見せ場はスタート後1秒でやってきた。

誰もが想像していたであろうルーラーシップの出遅れ。しかし恐らく殆どの人があんなに出遅れるとは思ってなかったはず。
ゲートが開いても暫く出ない黄色い帽子。その黄色い帽子がぽよよ〜んと飛び上がるように出てきた時、私は小さくガッツポーズをした。

「間違いねぇ!奴がやっちまったんだ!」

しかもそのちょいと前で押しながらも全然前に付けれない芦毛の馬。あれはまさしくゴールドシップ!!よし、1、2番人気はもう来ない。

あとはスローにスローに流れてくれることを祈りつつ本命にしていたダイワファルコンの位置取りを確認。ちょいと外な気もしましたが手応えもよく位置取りはいい。4コーナーで外目から絶好の手応えで上がってきた時には、もう声が出ないほどドキドキしていた。

ここまでが今年の私の有馬記念であります。

そこからゴール前まではもうね、あんま覚えてません。いつの間にか芦毛のお馬さんがゴールを過ぎてガッツポーズをしており、致命的な出遅れをしたはずのあの馬もお約束の3着を確保。
2着にちょいと人気薄が入り有馬記念らしい好配当に。

いやぁ、面白かったですねぇ。個人的には盛り上げてくれた2頭には感謝したいです。しかし、あんな出遅れをしたのにあそこまで追い込んだルーラーシップはまともに出ていたらどうなっていたのか?という素朴な疑問は残っちゃいましたけどね。
そして勝ったゴールドシップもお見事!有力馬の故障が相次いだ1強ムードの菊花賞をきっちり勝ち切り。今度はジャパンC連対馬不在の有馬記念もきっちりと勝ち切った。もしこの馬がいなければ、菊花賞はスカイディグニティ。有馬記念はオーシャンブルーの勝利。2頭には悪いですが、この2頭が勝っていたら相当タラレバは出たと思います。
G鞠呂箸靴藤猫気硫礎佑鮗蕕襪茲Δ覆海裡伽錣侶秡。ほんと天晴れ!

これでG犠〕は3勝目。今回未対決となってしまったジャパンC1、2着馬との対戦でも堂々肩を並べて対決できる。
この馬が勝ったことで来年の競馬が非常に楽しみになったと思います。

オルフェーヴルとはどこで初対戦するのか?
ジェンティルドンナとは恐らく宝塚記念。ここで3強が出揃うのか?
そして走るたびに酷くなるルーラーシップの出遅れは来年どうなっちゃうのか?

それでは、そんなことをツマミにしながらちょいとお酒を飲んでまいります。明日は祝日ですし今日は飲みまくっちゃおうかな。

二日酔いでクリスマス・イヴに競馬してたら嫁さんにぶん殴られそうですけど。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2012年12月22日

有馬記念 最終予想

ラジオNIKKEI杯でPO馬エピファネイアが勝利!ラウンドワールドと馬券の方は残念な結果に終わっちゃいましたが、1頭勝ってくれましたからね!

いい気分で明日の有馬記念に臨みたいと思います。

馬券の方は有馬記念で!と言いたいところですが…。今年は思うところあって大穴狙いで勝負!!

有馬記念 データ

前日1番人気は2冠馬ゴールドシップ。しかしこの馬、菊花賞でもスタート後押して押して出していったにもかかわらず最後方追走。エンジンの掛かりがめちゃんこ遅い。菊花賞では1強状態だったために強引とも言える向こう正面からのマクリを打ちましたが、このメンバーではそこまで力が抜けていないように思える。皐月賞では異常な馬場状態のため内がぽっかり開きましたが、小回り中山で後方からの大外ぶん回し。ペース次第では出番すらないかも?押さえまで。

2番人気は最近出遅れ癖がついてきたルーラーシップ。道中の位置取りも不安ですが、この馬の最大の不安要素は秋G毅伽錣靴身莽度。天皇賞(秋)、JCと連続好走した馬はシンボリクリスエス、04年ゼンノロブロイと好走例もあるものの、05年ゼンノロブロイ(8着)、07年メイショウサムソン(8着)。そして昨年のトーセンジョーダン(5着)、ブエナビスタ(7着)のようにポカも多い。こちらも押さえまで。

また3番人気エイシンフラッシュも5番人気以内で前走JC4着以下の馬は4、7、12、5、11、8、12、13、4、7、8着。宝塚記念6着以下の馬はここ10年で連対なしという厳しいデータ。こちらは買い材料も多いので押さえにはしませんが、あっさり飛んでもおかしくありません。

能力的には上記3頭で決まっても何ら不思議じゃありませんが、3頭とも自爆が見込める危険な人気馬。仮にこの3頭を居ないものと仮定すると、残りの13頭は何が来てもおかしくないG兇里茲Δ淵瓮鵐弌執柔。
ここ10年ではコイントスやアドマイヤモナーク、エアシェイディ。古くはマイネルブリッジ、ダイワテキサス、アメリカンボスなど“中山2500mのG兇覆蘿磴┐舛磴η蓮匹箸いΔ里鯀世辰討い海Δ隼廚い泙后

ダイワファルコン。人気の2頭は恐らく後方待機。衰えをみせるアーネストリーは近走ハナを切れておらず恐らくビートブラックの逃げ。大逃げを打つのか溜めて行くのかはわかりませんが、恐らくさほど速いペースでは逃げないだろう。ということで狙いは中山巧者の前残り。中山コースは8連対と大得意、弥生賞3着、金杯2着、オールカマー2着と重賞でも3度馬券になっています。G擬太喃呂亮爆&展開が嵌れば出番はあるように思える。

ナカヤマナイト。こちらは5戦5連対の中山巧者。中山適性、重賞実績でいえば本命馬よりも上。ただこちらは思いっきり後ろから行くこともあるので、そうなった場合人気どころとの差し比べではちょいと分が悪いのかなと。先手を取りに行きづらい枠に入っちゃいましたしね…。すんなり中団か中団より前目に付けられれば…。

エイシンフラッシュ。上であっさり飛んでもと書いた馬ですが同年秋の天皇賞勝ち馬は()、1、1、6、3、8、2、5着。またリピーターの非常に多いレースということで前年連対しているのも好材料。買い材料とぶっ飛び材料が混在しておりどっちに出るか?なんですが…。前走の惨敗がいいガス抜きになったとしたら巻き返しはある気がする。

△は本命が本命なので超手広く。まずは上記の1、2番人気の2頭にオールカマーでは4着に敗れてますが中山は得意そう、前からも競馬ができるルルーシュ。そしてドスローでの大逃げで展開がズバリと嵌る可能性のあるビートブラック。中山得意なゼンノロブロイ産駒で実際2500mでも勝ち星あり、海外G亀△蠅睇垉ぬなトレイルブレイザー。菊花賞2着馬で中山G兇任癸加紊帽チしているスカイディグニティ。そして3年連続3着もあるんでないか?のトゥザグローリーまで。

買い目
◎ダイワファルコン〇ナカヤマナイト▲エイシンフラッシュ
△ゴールドシップ、ルーラーシップ、ルルーシュ、ビートブラック、トレイルブレイザー、スカイディグニティ、トゥザグローリー

馬連 ◎−〇▲△△△△△△△ 9点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△△△ 36点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△△△△ 48点


人気薄から買い目も絞らずトコトン点数を広げちゃいました。まぁお祭りレースですからね!
でも今のうちに月曜分入金しとこうかしら…。

では有馬記念、楽しんで行きましょう!


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList