2013年01月

2013年01月20日

AJCC回顧と京成杯の最終予想

分けてやれよ!って感じですけどね。今日の回顧と明日の予想を一緒にやっちゃいます。
理由はなんつーか、その、飲みに行くからなんですけどね。相手は昨晩のリヤンドファミユのPOです…。

それではまず回顧の方から。
AJCC 予想

 1着▲ダノンバラード
 2着−トランスワープ
 3着◎アドマイヤラクティ
 4着△サトノアポロ
 5着−マカニビスティー

 6着△マルカボルト
 7着△ルルーシュ
 9着〇ゲシュタルト
10着△トップカミング

前走有馬記念出走馬は危険な人気馬。ということで軽視し押さえに回したルルーシュはある意味思惑どおり7着に沈んでくれた。昨年ほぼ休みなく使ってますし前走が大一番の有馬記念でメイチ。中山コースも苦手なのかもしれませんので敗因は特定できませんが、見えない疲れもあったのかもしれない。
しかし折角軽視した1番人気が飛んだのに2着に無印トランスワープに突っ込まれ…

なんですがっ!そんな私の馬券回顧などどーでもいいほどの事象が起きましたねぇ。

あれで降着にならないのか!?新基準は。

海外の主要国の基準を参考にし導入された今回の降着制度。レース中に走行妨害があった場合、「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬より先入線していたかどうか」が判断ポイントになります。なんて書いてある。

今回のケースで言えば、内からトランスワープが並びかけに行ったところで進路をカット。ブレーキを踏みエンジンを掛けなおすほどの不利を受けてる訳でして、あの不利がなくても先着は無理…なんてことは簡単には言い切れないはず。

ましてやダノンバラードは重賞では2、3、4着が多い勝ちきれない馬。内から馬体を併せられたら捻じ伏せられる可能性もあったのでは?
方や、トランスワープの方は天皇賞(秋)こそ大敗したものの、その前2走はアガリ最速で重賞連勝の勝ち切れる馬。今回もあれだけの不利がありながらもアガリ3Fはダノンバラードとコンマ1秒差。
仮に不利なくアガリ最速である35秒9で駆け抜けていたとしたら、勝ち時計では並ぶ計算。
まぁどっちが先着したかわかりませんし、過去の戦績なんて関係ないんでしょうけどね(逆にあったら問題)。

ただ1つ言えるのは、トランスワープの馬券を1銭も買ってない私ですらこんな判定は納得できん!!だって、不利さえなければ併せ馬でクビの上げ下げまで持っていけたんじゃないかと思えるんですから。

あのプレーが許されるのならば、やったもん勝ちになっちまう。もし1馬身1/4差というのが降着にならない大きな要因だとしたら、不利が大きければ大きいほど加害馬が有利じゃないか。

あとですね、パトロールビデオですが「最後の直線走路コースで3番が内側に斜行したため5・6番の進路が狭くなりましたが、降着・失格はありません」だけで済まそうとするんじゃない!
時間が経ってもいいからきっちりと説明すべき。

と、まぁ最終レースもケンするほど頭に来ちゃったんですけどね、明日の京成杯も掛け金減らして自分なりの抗議行動に出ようかとも思ったんですけど、減らしたときに限って当たりそうな気がするので普通に買います。

それでは京成杯データ

既に先週予想記事を書いてますし、ほぼ変わってませんので簡単に。
先週の予想はこちらからです→予想

ラウンドワールドが回避、枠順も変わりましたが本命、対抗は先週とは変えません。◎はマイネルマエストロ。対抗にマイネルエストラーノで。

いなくなった▲ラウンドワールドの代わりにフラムドクロワールを繰り上げ、押さえも先週同様にフェイムゲームアクションスターを。
▲馬の回避により買い目に余裕ができたので、押さえにケイアイチョウサンを追加したいと思います。
時計の掛かる今の中山も合ってる気がしますし、差しも先週より効いてきた印象なので。久々は気になりますが、前走内容は未勝利ながらも強いの一言。馬場が嵌れば1発があるかも?ということで。

買い目
◎マイネルマエストロ〇マイネルエストラーノ▲フラムドクロワール
△フェイムゲーム、アクションスター、ケイアイチョウサン

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点


それでは今日もまたちょろっと飲みに。リヤンドファミユのことよりも、今日の裁定についての話題になりそうですが…。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月19日

AJCC、東海S 最終予想

ハナズゴール快勝。3着には対抗馬ベストクルーズが突っ込み、3連単は1、3、4着…。
いくら前走重賞連対馬の成績がイマイチでも、3連勝中の重賞勝ち馬切っちゃダメですよね。。
何をやってんだろうか、全く。

若駒Sはリヤンドファミユが飛ぶほうに賭けアドマイヤオウジャから買ったら、アドマイヤオウジャが飛んでリヤンドファミユが勝った。。

何だかリズムが良くない気もしますけど、幸か不幸か今週はまだ重賞が3つもある!巻き返すチャンスは十分ですが重賞4連敗も見えてきたぞと。。
何とか明日1つでも当てときたい。

ではまずはAJCCから。データ

登録段階ではナカヤマナイトで間違いなしと思ってたら故障で回避になってしまった(泣)
現在1番人気は有馬記念8着馬のルルーシュ。しかし有馬記念6着以下の馬は10、4、5、5、6、1、2、着とポカも多い危険な人気馬。走った2走がG気硲猫兇箸呂い┝尊歟羯骸太咾錬亜檻亜檻亜檻押C羯嚇性があるのかないのか微妙な感じ。昨年はほぼ1ヶ月周期で休みなく使われ前走が大一番となるG欺仭。そろそろ疲れもあるかもしれない。
データ通り危険な人気馬と判断し馬券上では思いっきり軽視。△で押さえたい。

◎はアドマイヤラクティ。一昨年9月から11戦連続複勝圏内という安定感抜群の成績で中山コースも2戦2勝。重馬場にも強く冬の中山の荒れた馬場も得意そうなイメージ。中山金杯を除く前走重賞出走馬は不振というデータがありますが、そのデータも5番人気以内の馬に絞れば1−1−1−3で6着以下は1頭だけという安定した成績。ここも勝ち切れないかもしれませんが2、3着にはいる気がします。

ゲシュタルト。中山の重賞はコース適性重視。このAJCCも非常にリピーターが多いレースです。昨年の3着だけでなくオールカマー2着、スプリングS2着と中山G兇杷老瑤砲覆辰燭海稜呂離魁璽硬性に賭けてみたい。久々になりますが同じく久々のネコパンチがあの人気ならば、狙いは断然こっちかなと。

ダノンバラード。前走8着でやや人気を落としてるようですが、こちらもデビューから16戦し掲示板を外したのは僅か2回という安定感。相手なりに走る馬なので3、4着が多く馬連の軸にする気はありませんけど、3連複、単では当然筆頭です。

押さえは別定戦のため日経新春杯ほどは準OPからの馬は狙い難いものの、中山4戦3勝のコース相性と近走の勢いからサトノアポロ。 中山6戦3連対、ディセンバーS2着馬のマルカボルト。ディセンバーSの内容から展開嵌れば見せ場がありそうなトップカミングも中山金杯は巻き返しのあるレースなので押さえておきたいところ。この3頭に最初に軽視をしたルルーシュを加えて終了です。

買い目
◎アドマイヤラクティ〇ゲシュタルト▲ダノンバラード
△サトノアポロ、マルカボルト、トップカミング、ルルーシュ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


続いては東海Sデータ
参考データは昨年までの平安Sのものを仕様しています。が、、アテになるのかどうかは不明。

しかし面白い面子になりましたねぇ。ジャパンCダートで掲示板にのった馬2頭に、屈腱炎を乗り越えダート馬として復活した素質馬ハートビートソング、6歳にして本格化気配のグランドシチー。このあたりが人気どころのようですが、他にもダート重賞に実績のある馬が多数登場。
面白いんですが、何が勝っても不思議じゃないようなメンバー構成で非常に難解。
上でアテになるかどうか…と書いた平安Sのデータですが他にすがるもののありませんしね。移設して第1回目のレースということで一応そのデータを重視して予想したいと思います。

サイレントメロディ。前走JCダートの馬はG気硲猫気隆屬離譟璽垢箸いΔ海箸把汗阿難しいのか?案外人気でのポカが多い傾向。サンプル数は少ないですが1700m以上の重賞連対馬が好成績というデータを信じて、ダートではまだ底が見えないこの馬に本命を。

ホッコータルマエ。前走OP特別連対馬は5番人気以内の人気馬でも複勝率5割を切る信頼度の低さ。ですが、この馬の場合前々走がJCD3着で前走のOPはまるで東京大賞典のような使われ方。東京大賞典組の成績は悪くありませんので、JCD後に1走挟んでいるというローテはここを走るにあたってプラスに働きそうな感じです。フェブラリーSにはマイナスに働くかもですが…。

グランドシチー。上記のとおりあまり信用ならないOP特別出走の人気馬ですがJCD3着馬を2馬身半突き放した末脚は魅力たっぷり。OP特別組とはいえ重賞での実績もありますし、軽視しすぎると逆に痛い目に合いそうな予感。

△にグレープブランデー。上でJCダート出走馬は危険と書いたばかりなんですが、一応前走5着以内の馬は3、2、8、着。サンプル数少なく勝ち切れてもいませんがまずまずの成績。更にはここ2走からは買いづらい状態ですが対抗馬を東海S、日本テレビ盃で負かしているソリタリーキング
そして順調なら芝でも大きいところを狙えたかも?の素質の高さに期待してハートビートソングまで。

買い目
◎サイレントメロディ〇ホッコータルマエ▲グランドシチー
△グレープブランデー、ソリタリーキング、ハートビートソング

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点


それではクソ寒いんですけどちょっくら飲みに。
友人がリヤンドファミユについて熱く語り合いたいらしいので…

logランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月18日

京都牝馬S 最終予想

今週から中京が加わり3場開催。更に降雪の影響で中止になった代替競馬が月曜に行われるので変則3日開催に。

うーん、騎手のスケジュールとか馬の調整とかを考えると土曜に持って来るのは難しいのでしょうし仕方ないんでしょうけどねぇ。

重賞が仕事で見れぬ。。

まぁでも憂鬱な週初めの仕事。競馬があると考えれば少しは楽しくもなるのかも?プラス思考で行きましょうか!

それでは全然当たる気がしない京都牝馬Sの予想です。データ

ハナズゴールが1番人気になるだろうなとは思っていましたが、前日の買われ方をみると1頭抜けた感じの1番人気になりそうですねぇ。
まだアテにならない金曜売りなので何とも言えませんが、相手は結構割れそうな雰囲気が。

相手選びが難解なレースですが絞らないと儲からないでしょうし…。予想も難しければ買い方も難しいレースになりそうです。

ハナズゴール。説明不要なポテンシャルの高さ。チューリップ賞以降では初めてといっても良いほど万全の状態、適距離で出走できる今回の重賞。ハンデ戦で酷量を背負わされてるならまだしも別定戦なので54キロ。斤量面でも恵まれました。OP特別組は勝ち切れていないデータがあり、馬場状態も読めないので取りこぼしはあるかもしれませんが、相手関係から複勝圏内は外さない気がする。

1強ムードですので馬券的には取りこぼしての2、3着。着が狂っての高配当狙いをしてみたいと思います。
なので相手は無理して絞ってみました。

対抗には、前走準OPで馬券圏内に入っていれば十分勝負になるという過去の傾向から京都巧者のベストクルーズをチョイス。京都実績は1−2−3−3で掲示板を外したのはG欺華賞のみ、2歳時には京都で重賞連対実績もあります。斤量53キロで1発を期待!

▲にアスカトップレディ。人気ではアテにならない重賞組ですが6着以下からの巻き返しが多く人気薄でもよく絡んでいます。あまり人気がなさそうな上に京都実績2−2−3−1は魅力的。またこのレースは3年連続馬券絡みのザレマや2年連続連対のヒカルアラマンサス、ショウリュウムーンなどなど2年連続好走が非常に多いレース。昨年の3着馬狙わずにはいられません。

△に人気馬でも人気薄でも良く絡む前走1600万条件出走馬サクラクローバー。昨年の阪神牝馬Sで大穴をあけたクィーンズバーンはその後の芝2戦でもヴィクトリアMが3馬身半差、前走も12着とはいえ2馬身チョイと着順ほどは負けていません。展開次第でもう1発は十分あるはず。

買い目
◎ハナズゴール〇ベストクルーズ▲アスカトップレディ
△サクラクローバー、クィーンズバーン

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単1頭軸マルチ ◎軸で相手〇▲△△ 36点


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月17日

京都牝馬S 過去の傾向から

ラウンドワールド京成杯回避。個人的にはあまり使って欲しくないレースだったのでちょっとホッとしました。
悩みに悩んだ京成杯もPOGの贔屓目抜きで予想できますしね!1回仕上げちゃったのと大雪の中での輸送により状態面は心配ですけど、しっかりケアして次走に向かって欲しいと思います。

では京都牝馬Sを。このレースは何といってもハナズゴールが注目でしょうねぇ。桜花賞回避から狂った歯車。NHKマイルCはチューリップ賞からのぶっつけ、そして中1週でオークス。秋は秋でローズSを感冒で取り消し、札幌記念からぶっつけとなった秋華賞では16着に大惨敗。次走巻き返しに選ばれたレースは何故かスプリント重賞…。

札幌記念は休み明けですから、チューリップ賞以降は万全の状態、適距離で重賞を走ったことが1度もないんでは…なんて思ってた。
それが今回ついにです。前走OP特別を快勝した勢いに乗って入る牝馬限定G掘どういう競馬をするんでしょうか?非常に楽しみです。

それでは京都牝馬S、過去10年の傾向です。
上位人気の成績
1番人気
6、6、3、5、1、4、3、1、2、2
2番人気
1、3、6、4、9、1、14、3、14、
3番人気
4、11、2、6、3、11、6、7、7、
4番人気
8、4、1、1、4、10、5、10、10、7着
5番人気
5、2、10、2、8、13、10、4、1、4着

別定戦ですが賞金毎の斤量加算があるためハンデ戦並に斤量差が出るレース。その為か上位人気馬に取りこぼしや惨敗があり人気薄の突っ込みも多い。一応4番人気以内の馬が全て複勝圏外に飛ぶ全滅はありませんので、軸は5番人気以内から。着狂いもあり紐が2頭狂うこともあるので3連複1頭軸で!というのが傾向からのおすすめです。

5番人気以内の前走別成績
芝のG気韮誼絨米
6、14着
芝のG気韮驚絨焚
1、5着
芝のG供■猫系対馬
5、3、4、6、1、7、7着
芝のG供■猫靴韮魁腺誼綰
4、6、11、1、6、8、1、4、1、10、2、2、3、7着
芝のG供■猫靴韮驚絨焚
10、2、4、5、4、13、14、3、4、
芝のOP特別連対馬
2、2、3、10、3、10着
芝のOP特別3着以下
3、11、10着
芝の1600万条件1着馬
1、6着
芝の1600万条件2着以下
4着
芝の1000万条件1着馬

芝の1000万条件2着以下
8着
ダート戦出走馬
9着

上に書いた斤量差もやはり影響あるんでしょうか?前走重賞連対馬の成績があまり良くない。重賞組の前走成績はまるでアテにならず3〜5着馬の巻き返しが多く、6着以下からの挽回もあり。ただこれ5番人気以内の馬に絞ったデータなんですよね。そう考えると前走重賞組は着順に関わらずあまり信頼できないといってもいいのかもしれません…。
OP特別連対馬は勝ち切れないながらも6頭中4頭が複勝圏内と3連複の軸としてはなかなかの好成績。斤量差があるレースなので1600万下などの前走条件戦出走の人気馬も軽視は危険です。

6番人気以下の前走別成績
G欺仭馬
8、13、5、6、11着
芝のG供■猫靴韮誼絨米
12、4、13、12、1、8、14、9着
芝のG供■猫靴韮驚絨焚
3、7、11、14、16、5、7、8、9、10、14、7、12、2、6、7、15、16、8、13、2、7、9、11、12、13、4、5着
芝のOP特別連対馬
5、8、14、
芝のOP特別3着以下
10、13、15、16、14、7、11、15、11、14、3、7、4、11、13、6、6、11、12、13、15、16、10、12、14、16着
芝の1600万条件3着以内
2、1、12、9、2、3、5、9、13、15着
芝の1600万条件4着以下
9、13、12、2、12着
芝の1000万条件出走馬
9、11、9、5、10、12、8、15、8、8着
ダート戦出走馬
15、15、10、16、13、6、9、5着

人気薄でも前走重賞5着以内の馬はあまり良くなく…。まぁでも前走重賞から4頭が穴をあけてる訳で、配当妙味を考えると積極的に狙っていってもいいのかも。重賞組は人気馬よりむしり人気薄を狙うべし!といった感じでしょうか。
人気薄で最も注意が必要なのが前走準OP出走馬。こちらは人気馬でも良く来てますしね。見かけたら買うべしくらいのつもりでも良さそうです。

今日のまとめ
注目のハナズゴールは前走OP特別連対と軸としてはまずまずのデータ。ただ何故かOP特別組は勝ち切れていないので、あえて2、3着づけで高配当を狙うのも面白いかも。
逆に3連勝でG薫γ稜佞鮴覇と勢いに乗るエーシンメンフィスはデータからは危険な感じが…。切るまでは行きませんが軽視して条件戦出走馬に厚めに流してみたい。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月16日

東海S(平安S) 過去の傾向から

今年から東海Sが1800mになって1月に移動。代わりにそれまで1月のダート1800m重賞としてフェブラリーSのステップレースにもなっていた平安Sは追い出されるように5月へ。

実質コースが替わっただけのようにも見えるこの変更ですけど、東海SがG兇里泙洌榮阿靴討ていますので、この時期のダ1800m重賞として考えればG窟G兇悗離好謄奪廛▲奪廖
この変更により今後はフェブラリーSへの叩き台にする実績馬が増えるかもしれませんね。

データの方は5月開催の改修前のダート2300m戦のものを使用しても何も役に立たないと思われるので、昨年までの平安Sのものを仕様したいと思います。出走してくる馬のステップはさほど変わらないと思いますので…。

ただコースはガラリと変わりますからね。。参考程度になればいいんですが。

それではちょいと紛らわしいんですが、東海Sを予想するための平安S過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
4、3、3、5、6、2、2、2、5、
2番人気
12、11、11、2、9、9、8、8、1、8着
3番人気
3、6、14、6、2、7、1、6、2、7着
4番人気
5、5、1、4、8、4、7、4、3、10着
5番人気
11、1、5、1、5、3、3、1、15、4

何故か1番人気が勝ち切れない傾向。2〜4番人気馬もそれぞれ1勝ずつと勝ち切れておらず着狂いが多いレース。一応4番人気までの馬で3勝、2着7回と10連対していますので軸は人気馬から選んでも良さそうな感じですが、着固定は危険。マルチで好配当を狙っていくか?手を広げて3連複で紐穴を引っ掛ける買い方が良さそうです。

前走から
前年ジャパンCダート5着以内
3、2、8、
前年ジャパンCダート6着以下
1、5、5、14、9、4、1、7着
東京大賞典5着以内
4、3、5、10、11、15、2、1
その他ダートG欺仭馬
7、11、16着
芝のレース出走馬
12、9、16、15着

前走G義箸賄豕大賞典組にポカが多く不安。ジャパンCダート組も6着以下だった馬は惨敗が多く、前走G気老觜輯躙韻淵蹇璽董璽轡腑鵝
ただ東海Sに変更されG兇砲覆辰燭海箸砲茲蝓斤量面から実績馬は走りやすくなるはず。ちょいと変わってくるかもしれません。

前走距離1700m以上
ダートG供■猫系対馬
6、2、3、3、4、
ダートG供■猫靴韮魁腺誼綰
5、6、15、1、9着
ダートG供■猫靴韮驚絨焚
2、14、15、16、14、11着
ダートOP特別連対馬
3、4、11、1、2、4、8、4、5、8、10、2、3、6、7、2、5、4、10
ダートOP特別3〜5着馬
2、8、7、12、7、6、7、1、14、5、10、11、3、8、4、5、16
ダートOP特別6着以下
9、1、10、14、15、9、11、12、14、12、12、9、12、14、16、5、6、9、3、6、10、11、12、14、6、11、12、13着
ダート1600万条件1着馬
15、12、10、13、1、6、1、3、8、9、5、10、11、15、4、2、8、3、14

前走距離1600m以下
ダートG供■猫圭仭馬
10、13、11、13、5、13、16、8着
ダートOP特別出走馬
4、7、8、13、7、10、7、9、13、16、15着

前走1700m以上の重賞で好走していた馬が好成績。前走6着以下からの巻き返しはOP特別からもありますが、基本的には前走好走馬がよく馬券に絡む前走成績がアテにしやすいレースです。
レースの格に関わらず前走1800(1700)m以上の距離で好走していた馬を手広く狙いたいところ。
コース替りによりこの傾向が通用しない可能性もありますが、前走1600m以下だった馬はご覧のとおり悲惨の一言。

5番人気以内の馬の前走成績から
芝のレース出走馬
12、15着
前走マイル以下のレース出走馬
11、5、7、8着

前走距離1700m以上
ジャパンCダート出走馬
5、5、3、14、2、9、8、4、1、2、7着
東京大賞典出走馬
4、3、5、2、1
その他ダートG欺仭馬
11着
ダートG供■猫系対馬
2、3、4、
OP特別連対馬
3、11、1、4、5、2、3、7、2、5、4、10着
OP特別3〜5着馬
6、8着
OP特別6着以下
1、6、
1600万条件1着馬
1、6、8、9、
交流重賞を除く地方ダート競争出走馬
6着

前走で消耗しきってるのか?それとも次走を睨んだ仕上げなのか?やはりジャパンCダート組はポカが多く不振傾向。また前走OP特別組の出走が多いため、OP特別連対馬が人気を集める傾向にありますが、複勝率は5割を切っております。
人気馬の中で安定した成績を残しているのは東京大賞典組と前走G供■猫靴力対馬。ちなみに前走G供■猫系対の4頭のうち3頭が交流重賞でのものでした。

今日のまとめ
G兇砲覆螢魁璽垢眤悗錣辰討匹Ψ晃が変わるのかはまだ何とも言えませんが、前走JCダート組のソリタリーキンググレープブランデーミラクルレジェンドはちょいと疑ってかかりたい。
流石に切れませんけどね。。軸にはしない予定デス。
ただデータからは危険な人気馬はみつかるんですけど、軸にできるような馬が見当たらないんですよね。思い切ってとんでもない馬を狙ってみようかしら。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月15日

AJCC 過去の傾向から

日経新春杯と同様にこちらもG犠,素呂里茲Δ淵咼奪哀諭璽爐了伽錣呂△蠅泙擦鵝と書こうと思ったらサンテミリオンが登録してた。。サンテミリオンごめん。

とはいえあのオークス以降まるで良いところのないサンテミリオンが中心馬になるはずもなく…。どうやら有馬記念の7、8着馬が中心になりそうな1月のG兇蕕靴ぬ婿劼箸覆蠅泙靴拭

ちょいと寂しいですけどね。。ただこのレースは過去10年でマツリダゴッホ、トーセンジョーダン、ルーラーシップがその後G汽Εぅ福爾法という何気に出世レース。同じく出世レースであるアルゼンチン共和国杯を勝ってる馬もいますしね。もしかしたら今年G気蚤膤萍する馬が出てくるのかも!?

そんな期待を込めながら観てみようかなと思っております。

それではAJCC過去10年の傾向デス。

上位人気の成績
1番人気
1、7、1、4、4、5、8、11、1、1
2番人気
3、1、5、2、1、1、2、6、4、
3番人気
2、2、2、5、5、7、6、3、3、5着
4番人気
8、4、6、3、10、12、1、4、6、
5番人気
10、6、3、1、2、8、11、1、11、10

1番人気がちょいと勝つか飛ぶかで両極端なんですが、勝ち馬は全て2着馬も7頭が5番人気以内からという上位人気馬が強い傾向。頭数も少なめなので仕方ないかもしれませんが、6番人気以下の馬が2頭同時に3着に以内に入ったのはフルゲートになった08年の1度だけ。
3番人気以内の馬が揃って馬券圏外に飛んだこともなく、軸は人気サイドから選ぶのがよさそうです。

前走から
有馬記念5着以内
2、8、4、1、1
有馬記念6着以下
10、4、5、5、6、1、2、
その他の芝G毅誼絨米
1、2、11着
その他の芝G毅驚絨焚
5、8、8、2、5、12、4着
中山金杯連対馬

7、1、1、3、
中山金杯3〜5着馬
2、1、7、8、15、1、4、6着
中山金杯6着以下
3、6、7、4、6、8、9、11、6、7、2、5、7、5、9、5、7、11
その他の芝G供■猫靴之納板に載っていた馬
4、11、2、5、4、8、9、10、
その他のG供■猫靴韮驚絨焚
10、1、7、6、9、10、16、9、13、8、2、9、6
芝のOP特別5着以内
9、3、7、12、3、2、5着
芝のOP特別6着以下
3、5、10、4、11、12、7、7、11、9着
芝の1600万条件1着馬
2、1、3、3、13、10、11、13、6、10
芝の1600万条件2着以下
9、11、13、10、6、12、13、8、9、14、10、8着
ダート戦出走馬
12、3、6、10、8着
障害戦出走馬
4着

有馬記念出走馬が多いんですが激戦の疲れからか結構ポカも多い模様。今年人気になりそうな2頭は有馬記念7、8着馬。もしかしたら同時に来る可能性は低いのかも?
また中山金杯を除く芝のG供■猫靴韮誼絨米發帽チしていた馬も9頭走って1連対と不振。こちらも人気を集めそうなアドマイヤラクティが該当。
過去10年で4勝している中山金杯組は今年は不在。上位人気馬の“ポカ”次第では大波乱の決着もあるのかも?

5番人気以内の馬の前走別成績
有馬記念5着以内
2、8、4、1、1
有馬記念6着以下
10、4、5、5、6、1、3
その他のG気韮誼絨米
1、2、11着
その他のG気韮驚絨焚
8、2、5着
中山金杯連対馬
7、1、1、3、4着
中山金杯3〜5着馬
2、1、8、1、6着
中山金杯6着以下
3、4、6着
その他の芝G供■猫系対馬
5、4、
その他のG供■猫沓鈎絨焚
2、1、10着
芝のOP特別出走馬
3、7、12、11、2、5着
1600万条件1着馬
2、1、11、6、10着
1600万条件2着以下
6着
ダート戦出走馬


人気馬に絞っても、というかほぼ人気に支持されるんですが有馬組はポカが多く危険な人気馬。中山金杯組が5番人気以内に絞るとそこそこ安定しているようにも見えるんですが、上にも書いたとおり今年は不在。
他のステップは可もなく不可もなくといった感じで、強調できるローテはありません。逆に言えば有馬記念出走の2頭の内1頭でもポカしてくれれば、残りは何でもアリ。馬券もそういう狙い方が面白そうです。

今日のまとめ
恐らく3番人気以内の馬はナカヤマナイトルルーシュアドマイヤラクティ。どの馬もローテ、前走成績からはポカが見込めるデータ。3頭によるワンツースリーはないと決め込み1頭、2頭ぶっ飛び狙いの紐荒れ好配当を狙ってみたい。
中山の重賞はコース適性が非常に重要でどのレースもリピータが多い傾向。このレースもエアシェイディ、ネヴァブションといった中山巧者が数年に渡り結果を出しております。となると狙いは1頭ベタですがナカヤマナイトを狙ってみたい。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月14日

レッドオーヴァル 次元の違う末脚で紅梅S勝利! 

本来なら京成杯の回顧をやるところですが、降雪の影響でレースが中止に。。

ですので、代わって毎週月曜日にやっている新馬レビューを前倒しにして更新しようと思います。

京成杯にはPO馬ラウンドワールドが出走予定だったんですが、今の中山の湿った馬場で追い込みが効くようにも思えませんので、中止になってくれてよかったのかも!?
ただ代替競馬が来週月曜日とのことですから、調整やレース後の方に影響がでないか心配ですけども。。

まぁ、それはさて置き。今週は牝馬限定G轡侫Д▲蝓治咾行われましたが、勝ち馬はキャリア1戦のロサード産駒クラウンロゼ。このレースは実際キャリア1戦の馬でも好走できる傾向にありますので、必要以上に持ち上げるのも次走以降危険な気がしますが戦績から楽しみな馬になったのは確か。

さらに日曜新馬ではあのディープインパクトの半妹トーセンソレイユがデビュー勝ち。流石に兄ほどのインパクトのある内容ではありませんでしたが、血統が血統ですからねぇ。こちらも次走次第では楽しみな1頭になるのかも?

そしてそして本日の紅梅Sを勝利したレッドオーヴァル!牝馬クラシックに滅法強いディープインパクト産駒からついに最有力候補が出てきたかな?といった印象。このパフォーマンスだと仮にTRをすっ飛ばして桜花賞に直行したとしてもかなりの人気になりそうですねぇ。

1回中山3日(1月12日)フェアリーS 芝1600m
クラウンロゼ・・・★★★+
好スタート、好ダッシュからスッとハナを奪うと1馬身ほどのリードで逃げを打つ。3〜4コーナーで2番手追走の人気のサンブルエミューズに早くも並びかけられると2頭で後続を2馬身ほど離して直線へ。直線入って早々に交わされたものの、しぶとく喰らいついて行きゴール前で内から差し返す。追い込み勢にもG前で強襲されましたが何とかクビ差残してのゴールイン。前残りの馬場、枠にも恵まれましたが人気馬に早めに来られる厳しい展開を久々&キャリア1戦で差し返すのですから大した勝負根性。

1回中山3日(1月12日)未勝利 芝2000m
エバーブロッサム・・・★★★★
エイジアンウインズの半妹でディープインパクト産駒。道中は縦長の展開を中団外目から追走。3〜4コーナーから早めに追われてマクリ気味に先頭との差を詰めると直線ではクビを使った重心の低い走りで脚を伸ばし、内の2着馬を力強く捻じ伏せた。長く長くいい脚を使えるタイプ、勝負根性もありそう。久々&牡馬相手の2000m戦ということで人気薄でしたが新馬戦では1番人気に支持されていた馬。レース振りも良く血統からも大注目!

1回京都3日(1月12日)白梅賞 芝1600m
コパノリチャード・・・★★★★+
ダッシュが速く無理なくハナへ。道中は他馬に絡まれることなく1馬身ほどのリードでマイペースの逃げ。ただしこの馬にとってのマイペースは他馬にとっては速い流れのようで…。1馬身半のリードで直線に向くと、このペースで垂れた先行勢を尻目にグングンと脚を伸ばす。直線半ばではもう独走態勢、終始スピードで圧倒し後続を5馬身ちぎり捨てた。重賞レベルでも展開次第では楽々押し切りそうな抜群のスピードの持ち主。これだけ楽に行かせてくれれば止まりませぬ。

1回京都3日(1月12日)新馬・牝馬 芝1600m
ナンヨーユナ・・・★★★
芦毛のジャングルポケット産駒。母父SS、叔父にはナリタタイシンがいる血統です。道中は好位馬群の中で待機、流れは緩く序盤はちょいと掛かり気味に追走。直線手前で外に持ち出し追い出されると、直ぐに2番手まで浮上。抜け出していた2着馬をあっさり捕らえて1馬身1/4突き抜けた。ややクビが高い走りですが加速は速く、抜け出してからもしっかりとした末脚。

1回京都3日(1月12日)未勝利 芝1800m
フロアクラフト・・・★★★
フジキセキ産駒で母父はHalling。道中は中団やや前目の内で待機、コーナーでも内からロスなく回して直線へ。直線入り口でやや膨れましたが、進路を内へ取り直すと馬群の中からスルスルと抜け出した。馬群を苦にしない気性でレースセンスもよさげ。ただ背が高くクビの高い走法、実際前走沈んでますが荒れた馬場は苦手かも?

1回中山4日(1月13日)新馬 芝1600m
アラマサウイン・・・★★
ウインラディウス産駒、母父はGone Westです。ポーンと好スタート、好ダッシュを決めると1馬身ほどのリードでマイペースの逃げを打つ。追走馬の手綱が動く中、4角でも手応えは抜群。そのまま1馬身のリードを保ち直線に向くと、手応え通り後続を引き離しに掛かりましたが…。最後はちょいと坂でバテたんでしょうか?差して来た2着馬と一旦は突き放した先行馬にクビ、クビまで迫られてのゴールイン。時計を見る展開に助けられたようにも…?

1回中山4日(1月13日)未勝利 芝2200m
シャイニーリーヴァ・・・★★
ダイタクリーヴァ産駒、マーメイドSを勝ったブライティアパルスの全弟になります。逃げ馬がちょいと離して逃げるような展開を道中は外目の5番手から追走。3コーナーでレースが動いた時に不利があったか?気持ち置かれ気味になりましたが結果的にはこれも幸いした模様。直線ではバテた先行勢を交わし一気に抜け出すと、鋭く追い込んで来た2頭に追撃も振り切ってのゴールイン。速いアガリの決着よりもアガリが掛かる展開、馬場が向きそうなタイプです。

1回京都4日(1月13日)新馬 芝1800m
トーセンソレイユ・・・★★★★
父ネオユニヴァース、母ウインドインハーヘア。ディープインパクトの半妹であります。道中は外枠から好ダッシュを見せ2番手を追走、緩い流れでも折り合い良く脚を溜めながらの先行策。4角で先頭に並びかけると直線に入って早々に先頭に躍り出る。外から差して来た3着馬は一旦は並ばれながらも突き放し、内から盛り返してきた逃げ馬もゴール前できっちり捻じ伏せてのゴールイン。着差は僅かながらも余裕はたっぷり。兄ほどの圧倒的な瞬発力はなさそうですが勝負根性が素晴らしく混戦に強そうな雰囲気。

1回京都4日(1月13日)未勝利・牝馬 芝1600m
カレンケカリーナ・・・★★★
アカンサスの半妹、ハーツクライ産駒。スタートではちょいと遅れた感じですが二の脚が速く、好枠にも恵まれて難なく2番手へ。楽な手応えで直線に入ると粘る逃げ馬との追い比べ。ゴール前で力尽きた逃げ馬を突き放し差してきた2、3着馬の追撃も振り切ってのゴールイン。追い込んでも競馬ができるタイプですが、決め手を考えると前に行った方が良さそうな雰囲気。レースセンスが良いので上でも安定した成績を残せそう。ちなみに鞍上武豊騎手はこの勝利がJRA通算3500勝目でした!

1回京都5日(1月13日)紅梅S 芝1400m
レッドオーヴァル・・・★★★★★
今回は五分のスタートを切りましたが行き脚は遅く、また無理して前につける気もなくあっさりと後方待機。手応え良く外目から追走すると4コーナーでは外を回してまくるように進出を開始。コーナーワークと他馬のペースもあがった為、直線入り口ではまだ後方3番手くらいの位置取りでしたが、そこからスーッと脚を伸ばすと一瞬で前を捕らえ3馬身も突き抜けた。他馬とはまるで次元の違う瞬発力。道中の追走も距離が伸びれば楽になるはず、世代トップレベルの決め手があり桜花賞馬の有力候補の1頭です。

1回京都5日(1月13日)未勝利 芝2200m
ナリタパイレーツ・・・★★★
ジャングルポケット産駒で母父フジキセキ。外枠からダッシュ良くハナを奪うとゆったりとしたペースに落とし込みマイペースの逃げを打つ。4コーナーからペースを上げ、コーナーワークで3番手以下を引き離して直線へ。直線では2番手追走の2着馬に一旦は並ばれたものの、ラスト1Fで突き放してゴールイン。重馬場にしては速いペースだったのか?他馬に馬場適性がなかったのか?とにかく後方の良血馬たちは一切伸びず、アガリ最速で逃げ切った。1つ言えるのはこの小柄な馬が重馬場めちゃんこ得意なのは確か。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年01月13日

京成杯 最終予想

まずは武豊騎手3500勝おめでとうございます!
武さんの記録は凄すぎることに変に慣れちゃっててピンと来ないですけど、年間100勝を30年やっても届かない数字ですからねぇ。

まさに天才と呼ぶのに相応しい。凄すぎです!

私といえば土曜のフェアリーSに続き、本日の日経新春杯でも本命馬が4着。しかもカルドブレッサ、かなり良い脚で追い込んで見せ場は作ったハズなのに直線の実況で1度も馬名を呼ばれることがないという盛り上がりにも欠ける外し方。

これが凡人か…。明日頑張ります。


京成杯 データ

出走するかどうか最終追いきりまで決めかねていたPO馬ラウンドワールドが出走してきた。前走は出負けした上に久々の影響か?全く直線でも全く伸びずに惨敗。
あんな馬じゃないと思っていますので、とっとと汚名を返上して欲しいとは思っていたんですが…。データからは危険な人気馬なんですよね。。

不利なデータはまるで無視して心中!するか?でかなり揺れたんですが、ここは心を鬼にして。

マイネルマエストロ。前走芝の500万下で3着以内だった馬の成績は3−1−3−4。このうちエリカ賞の勝ち馬も3、1、1、12着と好成績。脚質や走りからも中山コースに問題はなさそうでむしろ向きそうな雰囲気。前走同様楽に先手を切るようだとちょっと止まらなさそうな予感。

マイネルエストラーノ。ホープフルS連対馬の成績は8、1、1、3着。先行して粘りこむ競馬が合うタイプで差して惨敗した2走は度外視。今回も頭数的にも面子的にもすんなり2、3番手を追走できそうで、先手を切りそうな本命馬は同馬主ですから道中ガツガツやりあう事も考えられない。ペースによっては行った行ったのマイネル丼もありえそう。

ラウンドワールド。軸にはしませんが流石に4番手以下までは心情的に落とせない。前走6着以下の馬は不振なデータと前が残りそうな展開。大外枠で最後方追走が濃厚…。買える要素はポテンシャルの高さだけという危険な人気馬ですが、能力だけでなんとかして貰いたい。そんな希望も込めて。

押さえに朝日杯5着以内の馬は2、1、1、2着。データ上は一押しのフラムドクロワール。母はオークス馬ですが個人的にはあまり距離伸びて良さそうなタイプには見えないのでちょいと軽視しての△。
他では前走中山で見せたパフォーマンスが素晴らしかったフェイムゲーム。そして1、2、7、7、2、10着とポカも多いラジオNIKKEI杯5着以内の馬ですが無視はできないアクションスター

キャリア1戦は不利なデータ。兄たちの走りからも中山での好走がイメージできないリグヴェーダは気合の消し。来たらやむなし。

買い目
◎マイネルマエストロ〇マイネルエストラーノ▲ラウンドワールド
△フラムドクロワール、フェイムゲーム、アクションスター

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList