2006年07月27日

POG指名馬紹介 ハイソサエティー

まだ、やってたのか!POG指名馬の紹介もようやく5頭目です。

既に今年の2歳も新馬勝ち馬4頭を含む5頭の馬が勝ちあがりと絶好調のフレンチデピュティ産駒。
今回紹介するのは今年のFD産駒の中でもトップクラスの良血馬ハイソサエティーです。


ハイソサエティー
(フレンチデピュティ×母父Akarad)
母はG汽凜Д襯瓮ぅ羮泙両,素魯イーンモード。半兄のSS産駒キングアーサーは社台サラブレットCで1億8000万で募集、フサイチペガサス産駒のリバースモードもセレクトセールで8500万で落札とかなり評判の高い繁殖牝馬。
兄2頭は脚元の弱さから競馬を使うまで時間が掛かりましたが、この馬は順調なら函館デビューも!と言う事で指名に踏み切りました。
まぁ函館デビューは無理でしたが…。

もうひとつの決め手は兄のリバースモードのデビュー戦を見ちゃった為、4月の中山開催でアガリ33秒7!という強烈な末脚で快勝。
この母系、順調に使える馬がいたらとんでもない馬を出すかも?

勝手な予想
当初の予定より遅れてはいるようですが順調に調教は出来ているようなので、秋あたりにデビューできるかも。
血統的にはマイル〜2000mくらいで良さそうな馬。理想としては小島太厩舎ですしお得意の札幌2歳→朝日杯FS→共同通信杯(スプリングS)→皐月賞。結果次第でダービーorマイルCというローテを希望(妄想)。

不安材料
これはやっぱり脚元。兄のキングアーサーもでかい馬でしたがこの馬も520キロを超える雄大な馬体。血統的に脚元が丈夫とは言えない母系のようですし馬体重が大きいと脚にも負担は掛かるでしょうから…。実際数を走れないんじゃないかというのが1番の不安。
また姉のシーキングマイラブを含めてPOG期間に2勝目を上げた馬がいないのも不安。
更におまけで高額で募集や落札されているこの兄弟ですが、この馬の募集額が低いのも少し不安かな。(3000万で募集、ちなみに半弟のタキオン産駒はセレクトセールで1億5000万)

まぁ、値段で走る訳じゃないですけど…。


ニューヨーク黄金時代―ベルエポックのハイ・ソサエティ

馬名の意味は上流社会や社交界という意味らしい。私にはあまりピンとこないし一生縁も無さそうな感じですが。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 16:40│Comments(0)TrackBack(3)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 小倉記念。  [ 馬風ジャパン ]   2006年07月27日 21:43
皆さんのお陰で少しずつランキング上がってます。更なるクリックお願いします。 小倉記念は・・・・・。 登録頭数: 13頭 ヴィータローザ  (57.5) キーボランチ   (55.0) コンゴウリキシオー(57.5) サイレントディール(57.0) サザンツイスター (54.0) ...
2. ハーツクライの最終追い切り  [ 万馬券的中マニュアル ]   2006年07月27日 21:47
ハーツクライがニューマーケット調教場で最終追い切りを行った。 滞在先のクマーニ厩舎の管理馬を調教パートナーに迎え、併走馬をと馬体を併せた瞬間、
3. 『2歳POG』金曜情報 第7週の出走馬確定  [ 馬券下手の「へたうま日記」 ]   2006年07月28日 14:09
第7週に行われる2歳戦の出走馬が確定していますので、みなさまにご案内申し上げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList