2007年10月22日

新馬レビュー ホウオー全妹、トールポピー2戦目で勝ち上がり!

フサイチホウオーの全妹トールポピーが牡馬相手を相手に2000mのレースを勝利。着差はハナと僅かで正直危ない競馬でしたが、休み明け、展開、斤量差を考えると仮に負けていたとしても負けて強しの内容。
同厩のポルトフィーノとの比較でオークス向きといわれる当馬。長めの距離で結果を出したのはさすがといったところ。

2戦2勝で引退したロスマリヌスの仔ロスペトリュスが人気薄ながらも強烈な瞬発力を見せつけ見事に新馬勝ち。お母さんは2戦目でダイタクリーヴァに完勝している素質馬。この馬の3戦目4戦目を観たかったファンも多かったハズです。
その子供がそんな夢の続きを見せてくれるかもしれません。

また元PO馬アサクサゼットキの妹アロマキャンドルがOP特別勝ち。。指名しておけばよかった…orz
嬉しいやら、悲しいやら。。


4回東京6日(10月20日)9R いちょうS 芝1600
アロマキャンドル・・・★★★
今回も好スタート。逃げ馬が離していきましたが、無理して追いかけず2番手を追走。ただ1頭飛ばして逃げる展開でしたが、さほどペースは速くなく直線では瞬発力勝負に。2番手から鋭く伸びて逃げ馬を交わすと、差してきた2頭の追撃もクビ、クビ差で凌ぎ切った。2、3着馬とは位置取りの差が出た感じですが、センスよく末脚も安定。

4回東京6日(10月20日)4R 新馬 芝1800
ロスペトリュス・・・★★★★
母父SSのタイキシャトル産駒で叔父にノーリーズン、母は2戦2勝で引退したロスマリヌスという血統の良血馬。調教動かずで人気薄も稍重で33秒9という素晴らしい瞬発力を初戦から披露。人気馬が勝手に自滅したようにも見えましたが、スローの瞬発力勝負を中団後ろから差し切るのだから大した物です。これは大物の予感。

4回京都6日(10月20日)5R 新馬 芝1400
ブラッシュアップ・・・★★★
バブルガムフェロー産駒で母父トニービン。スタートはそんな良くなかったものの、好ダッシュをみせ内からスーッと先行3番手の位置取り。直線では力強く長くいい脚を使いジワリジワリと抜け出すとそのまま押し切った。ダートもこなせそうな血統と力強い走り。

3回福島1日(10月20日)2R 新馬 芝1200
ラピッドガール・・・★★★
Seeking the Gold産駒で母父Danzig、叔父にはDynaformerがいる良血馬。好スタート、好ダッシュで楽にハナを奪いマイペースの逃げ。直線に入っても余力十分そのまま楽に押し切った。なかなかスピードがありそうな走り、今回は福島の重馬場でしたがもっと時計の速い馬場でもみてみたい。

4回東京6日(10月20日)2R 未勝利(牝馬) 芝1400
ピエナプリンセス・・・★★
デヒア産駒で母父SS。好スタート、最内枠をいかしてハナを主張。マイペースの逃げを打ち、脚を上手く溜めながら1馬身ちょっとのリードを取り直線に入るという絶好の展開で、直線でも最後までよく伸びリードを守りきった。先行していい脚を使える馬ですが、今回はかなり展開に恵まれた感じも。

4回東京6日(10月20日)3R 未勝利 芝2000
マイネルレギメント・・・★★★★
前走はドスローの瞬発力勝負を後方から行って届かずでしたが、今回は馬場も考えれば速めの流れを先行、積極的な競馬。直線では手応え抜群で追い出しを我慢する余裕アリ。追い出した直後はやや反応が鈍く見えましたが、2着馬に馬体を併せられるとスーッと突き放した。スローで切れる脚アリ、厳しい流れでも押し切る脚アリ。強い。

4回京都6日(10月20日)2R 未勝利(牝馬) 芝1200
コスモランゲル・・・★★★
ダッシュがつかず後方からの競馬。4コーナーでも外を回し直線でも後方2番手の位置取りと勝つには絶望的な競馬に見えましたが…。直線では1頭他馬とまるで違う末脚で突っ込んできた。小柄ながらも豪快な末脚で迫力十分。初勝利まで7戦かかりましたが安定感のある成績。末脚勝負になれば上でも大崩れしないハズ。

4回京都6日(10月20日)3R 未勝利 芝2000
トールポピー・・・★★★★
重馬場で前半1000m通過61秒5という速いペースを道中は先行5番手の馬群の中で待機、3〜4コーナーから早めに動き先頭に並びかけるように直線へ。厳しいペースを早めに動いたにもかかわらず、直線での脚色はしっかりしており力強く抜け出した。最後ハナ差まで詰め寄られましたが、展開と斤量差を考えれば仕方なし。久々で牡馬相手にこの競馬、さすがは評判馬。

3回福島1日(10月20日)1R 未勝利 芝1200
サマーシルフィード・・・★★
ムタファーウエク産駒で母父はNorthern Dancer。押して押して内からハナを主張。4コーナーから並びかけてきた3着馬との長い叩き合いを粘りに粘って退けそのまま押し切った。時計の掛かる馬場を逃げてしぶとく粘りこむ競馬が向いていそうで重馬場も見方した印象。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 競馬会   2007年10月22日 21:00
個人的には牝馬路線はトールポピー・ポルトフィーノ・ブーケフレグランスの3強で穴はカイゼリン・オディール・エアジャメヴー・スカーレット・ヴェルザンディ・サトノフタバ・ダイワスピリット・アルスノヴァ 評判馬ばっかですね。
2. Posted by amurou   2007年10月22日 23:38
競馬会さん、こんばんは!

あげて頂いた馬は3頭以外全部仲間内で指名されています。全部走ったらチョコがとんでも無い事になりそうですが、走らないのもまたつまらないモノ。盛り上がりに欠けますからね!

ちなみに僕の◎はヴェルザンディ!今年のドラ1デス^^
3. Posted by 競馬会   2007年10月22日 23:45
あと個人的に蛯名騎手が好きなので、エフティマイアも頑張ってもらいたいですね。
4. Posted by 競馬会   2007年10月23日 00:06
話が変わりますが。
菊花賞は四位騎手の好判断の騎乗がさえわたりましたね。最後アルナスラインに差されそうになりましたが。四位騎手はアサクサキングスの粘り腰を知っているので道中はいい位置に着けて直線は少しふらふらして(まぁ後ろに馬が居なかったですが)ヒヤッとしました。そう言えば審議になりましたよね、あれって結局対象馬はフサイチホウオーだったんですかねぇ〜。
5. Posted by amurou   2007年10月23日 12:47
競馬会さん、こんにちは。
四位騎手は上手く乗りましたね!クラシックで一旦手元を離れた馬の再依頼。なんとかして期待に応えたかったという気持ちも強かったと思います。
ちなみに審議の対象馬はコートユーフォリアです。この件で川田騎手に過怠金がでたハズ。

エフティマイアは次走京王杯のようですね^^
勝てば無傷の4連勝でJFへ。
僕も好きな血統の馬なんで期待しています!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList