2012年04月29日

天皇賞(春)回顧 オルフェーヴル惨敗で大波乱

暴走のあとは凡走ですか…。

天皇賞(春) 予想

 1着−ビートブラック
 2着△トーセンジョーダン
 3着△ウインバリアシオン
 4着−ジャガーメイル
 5着△ギュスターヴクライ

 9着〇ナムラクレセント
11着◎オルフェーヴル
15着△ローズキングダム
16着▲ケイアイドウソジン
18着△クレスコグランド

何でこんなことになっちゃったのか!?
レース後のコメントでは馬場を敗因の1つに求めていましたが、馬場ではない気がする。覇気というか荒々しさというか、元気が全くなかった。変に楽〜に折り合ってもいましたし。

これはあくまで個人的な見解ですが…。敗因は普通に回って来てさえいれば恐らく数馬身差の大楽勝だった阪神大賞典。逸走さえしなければ最後は流していたように思います。しかし、逸走したことにより休み明けの馬体で目一杯走ってしまった。この反動が出ちゃったんじゃないかなと。前走も休み明けにしては結構きっちり仕上げていましたしね…。
宝塚記念からのぶっつけで秋の天皇賞を好走した馬が次走のJCで大惨敗することが良くありますけど、そんな感じになっちゃったんじゃないのかなと。

ただ、これはあくまで状態面での話。

いつもの極上の末脚を発揮できなかったことにより影に隠れていますが、仮にいつも通りの鬼脚で差して来てても恐らく良くて2着まで。頭までは届かなかったように思います。ビートブラックの勝ち時計は3分13秒8。これに対しオルフェーヴルは1秒8遅い3分15秒6で入線していますので、差し切るには最低でもアガリ32秒2が必要。
今回ウインバリアシオンがアガリ最速となる33秒5の脚を使っていますが、昨年のダービー、神戸新聞杯、菊花賞をみても流石にウインバリアシオンより1秒3も速いアガリを使うようには到底思えない。3コーナーでちょい前から仕掛けに行ってますが、あの時点ではもう手遅れだった可能性が高いです。

いつかのエリザベス女王杯もそうでしたが、断然人気馬が後ろでどっしり構えていると他の馬は動くに動けない。。
ましてやオルフェーヴルが断然抜けた存在だったからこそ、他馬が一か八かで打ったこの大逃げ。3番手、4番手以下が鈴をつけに行ってよ!というのはお門違いですし、たとえ折り合い面に難があるとしても向こう正面では自分から捕まえに行かなくちゃいけない立場。なんてったって1.3倍の4冠馬ですからねぇ。

ということで、2つ目の敗因は騎乗ミスじゃないでしょうか。

まぁでも、こういう展開面や騎手の駆け引きなんかを予想をするのも長距離レースの醍醐味。オルフェーヴルの末脚が不発に終わっちゃったのでドッチラケになっちゃいましたが、レース中は大逃げをみて凄く楽しめました。
ただ勝ったビートブラック&石橋修騎手にはごめんなさいですけど、どうせオルフェーヴルが負けて馬券も外れるならウインバリアシオンかトーセンジョーダンが自ら勝ちに行って勝ち切って欲しかったなぁ…。

特にウインバリアシオン。。折角4度目の対決でようやく先着したというのに3着じゃ…。いつになったらG犠,討襪里茵

やっぱりG気脳,狙擇譴覆で呂辰討いΔ里呂い弔砲覆辰討眈,狙擇譴覆い發鵑覆里諭△覆鵑道廚辰討燭藕畊舛ルーラーシップが勝った。
そういやオルフェーヴルの父でもあるステイゴールドもG犠,辰燭里蝋畊舛世辰燭辰院

ウインバリアシオン、年末は是非香港へ…。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 23:29│Comments(10)TrackBack(7)レース回顧 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今週は稼ぐぞ!先週の結果&レース回顧  [ わがまま♪新馬券生活!! ]   2012年04月30日 07:21
なぜかPATにログインできなくなった。 そんな訳で、画像が間に合ってません。 ログイン出来次第追記する予定です。 青葉賞 【○注−】【11−】着候補 天皇賞・春 【−▲× ...
2. 天皇賞・春と青葉賞(単勝的中)の回顧  [ 【血統フェスティバル】blog ]   2012年04月30日 08:45
【天皇賞・春】京都芝・外3200m1〜5着馬の血統は左の表のようになっております。
3. 天皇賞結果  [ 浪花のクマさん 穴馬券 ]   2012年04月30日 13:24
逸走、そして今回は惨敗だ!オルフェ
4. 天皇賞・春レース回顧  [ ネタ日記(仮称) ]   2012年04月30日 20:34
遅くなりましたが天皇賞・春のレース回顧です。 ■京都・天皇賞・春(G1) ◎フェイトフルウォー・・・13着 ○殴ルフェーヴル・・・11着 ▲クレスコグラン ...
5. 大波乱の春の天皇賞!オルフェーヴルまさかの惨敗。  [ 日刊魔胃蹴 ]   2012年04月30日 22:58
ゴールデンウィーク2日目を迎え、昭和の日だった4月29日は、京都競馬場春の古馬?1決定戦「第145回天皇賞・春」(GI・芝3200m)が行われました。阪神大賞典でまさかの大暴走で2着に敗れた?オルフェーヴルが、5冠目のGIタイトル獲得なるか期待が集まりました。オル...
6. 天皇賞・春週結果  [ 臥竜の目覚め ]   2012年05月02日 02:01
青葉賞(GII)・結果 1着 4枠07番 フェノーメノ  蛯名 2着 6枠12番 エタンダール  松岡 3着 5枠10番 ステラウインド 北村宏 天皇賞・春(GI)・結果 1着 1枠01番 ビートブラック...
7. 天皇賞・春週回顧  [ 理のミスディレクション ]   2012年05月02日 08:26
JUGEMテーマ:競馬青葉賞(GII)・結果1着 4枠07番 フェノーメノ  蛯名2着 6枠12番 エタンダール  松岡3着 5枠10番 ステラウインド 北村宏 天皇賞・春(GI)・結果1着 1枠01番 ビートブラック   石橋脩2着 8枠16番 トーセンジョーダン 岩田3着 6

この記事へのコメント

1. Posted by S.O   2012年04月30日 12:14
こんちは!

オルフェーヴルが突っ込んでもこないなんて想像できませんでした。
道中後ろ過ぎたのはあると思いますが、池添騎手としては3コーナーあたりから捲っていく作戦だったのではないでしょうか。でも全然上がっていかなったですから、体調面が本物ではなかったと自分ではみました。結果論ですけどね。
ただ、三冠馬なので馬場を敗因にしてほしくはなかったです。

前行った馬が残るのは予想できましたが、その馬がまさかビートブラックになるとは…。ビートブラックがあんなに行ってなければゴールデンハインドが残っていたでしょうね。
石橋脩騎手の好判断には天晴れであります。

最後に今年のG気裡曳嵜裕い良埒兇気になります。
2. Posted by きょう   2012年04月30日 12:47
こんにちは♪

天皇賞は残念な結果でした。
圧倒的な一番人気が折り合い専念で後方に控え、先行馬有利な馬場!
三角では前には届かない?思った通り!

四角で先頭ビートブラックが完勝♪
人気無い、逃げ先行馬はやっぱりコワイ。
敗因は展開とamurouさんと同じく阪神大賞典の激走だと思います。

負けてはいけない馬があっさり負け、、
何か悲しい天皇賞観戦に(+_+)残念です。
3. Posted by amurou   2012年04月30日 13:40
S.Oさん、こんちは!

やはりあれは馬場だけじゃないですよねぇ。仰るとおり3角からあがって行くときの反応が凄く悪い。
あとは仕掛けのタイミング。池添騎手はここ1番で大事に乗りすぎちゃったかなと。普通の流れであれば3角前からのマクリで行けるんでしょうけど、今回の流れでは4Fじゃ足りなかったように思います。ああいう気性の馬なので早い段階から出していくのも勇気がいりますし可哀想といえば可哀想なんですが…

ゴールデンハインド。単騎で行けてればでしたね!3頭との比較で切っちゃった自分が恥ずかしい…。結果オルフェーヴルが飛んでるのでどちらにせよ外れてましたが、逃げそうな馬は全部押さえておくべきだったとレース後反省しました。。
石橋騎手はGI初勝利!そして一か八かの勝ちに行く競馬お見事です^^

G気裡曳嵜裕い蓮帖0導虻戦のマイルCあたりであっさり勝ちそうな気も?
4. Posted by amurou   2012年04月30日 13:51
きょうさん、こんにちは^^

ブエナビスタが負けたエリ女の時もそうでしたが、後ろにいる馬は前が見えづらい京都。乗ってるとわからないんでしょうねぇ。
実況では向こう正面で“まだ動かない”なんて言われちゃうほどですし、外から見てると何やってんだ!なんですけど。。

勝たなくちゃいけない馬が勝ち続けることの難しさを感じました。オルフェーヴルが居なければ、ジョーダンあたりは早く動いてたでしょうし、離れた3番手以下ももうちょい差を詰めて追走してたかも?
これが長距離レースの怖さ、そして面白さなのかもしれません。。
5. Posted by WP   2012年04月30日 15:17
こんにちは。

一晩考え今回は事故と思う事にしました。
まぁ〜2戦続けて事故る馬というのも如何かと思うのですが、次こそと期待したいです。

今回は好タイムで勝ったビートブラックを褒めたいですね!
6. Posted by amurou   2012年04月30日 17:12
WPさん、こんにちは^^

普通に走れば勝ち負け間違えなしと言っていいほど力が抜けてた馬。その馬が普通の状態で走れなかった。。
人気馬を疑ってかかるのも大事ですけど、これほど抜けた馬を常に馬券で軽視するのもアタリが遠くなりますからね。
事故で片付けちゃった方が後々の馬券を考えるといいかもしれませんよね。

僕も一晩飲んですっきり忘れました^^
恵まれた展開と馬場ではありましたが、他の逃げ先行勢を考えると、ビートブラックの逃げは素晴らしかったと思います。
菊花賞3着は伊達じゃなかったですねぇ。作戦も含めて天晴れでした。
7. Posted by へんこ   2012年04月30日 19:18
三(四)冠馬オルフェーブルはディープ級、めちゃ強いと思っていたけど考えると同世代のレベルが案外高くないのかも知れません。有馬記念を勝ったけど古馬とのハンデ差2Kの割に着差はなかったし、ブエナは本調子ではなかったし、はまったと言う感じ。勝ち方や負け方(前々走)が見ていて衝撃的なので力以上に強い馬と思われているだけかも知れないです。強いのは間違いないけど超スーパーホースではないと思う。宝塚記念も勝つ可能性がやや高い有力馬の1頭という評価です。
8. Posted by amurou   2012年04月30日 20:56
へんこさん、こんばんは。

僕はまだ古馬を含めても抜けて強いと思ってはいるんですが、今回のように他馬がオルフェーヴルを意識した乗り方をした時にそれを跳ね返せるほど強いのか?となると…。付け入る隙はあるのかなと感じました。
有馬記念もドスローなのに後方に陣取っていましたからねぇ。先行勢が残ったら仕方ないといった感じで。やはりこの先も気性面から来る自在性のなさがネックになってくるのかなと。
ディープとルドルフは負けない競馬をしていましたがそれが今後できるかどうかですよね。

相手にどんな競馬をされても負かす競馬をしてきたこの2頭はやはり3冠馬の中でも特別な存在なんだと思います。
9. Posted by へんこ   2012年05月01日 22:37
こんばんはamurouさん

ルドルフ!懐かしいです。強い馬でした。ルドルフ以降、ナリブー、ディープ、オルフェの三冠馬以外でも牡牝問わず強い馬は沢山いました。オルフェーヴルは歴史的な名馬になれるのでしょうか?三冠達成で有馬も勝ったし十分名馬と言えますが、考えると本当に強い馬はデビュー初戦から殆ど負けてない気がしますし、ドカ負けもなかったと思います。オルフェの皐月賞までの敗戦レースは何戦か見ましたが、特に光るものは感じませんでした。だから余計に皐月賞以後のレースに衝撃を感じます。成長とともに急に強くなる馬も稀にいますのでそれほど驚きは有りませんが、もしかしたら同世代の他馬が・・・かも?と前走を見て思ってしまいました。しかし実は晩成型で真に強い馬なのか?前走はただの事故だったのか?はたまた型にはまらない規格外の馬なのか?
その答えは今後のオルフェーヴルのレースでわかることでしょう。

10. Posted by amurou   2012年05月01日 23:22
へんこさん、こんばんは^^

安定して力を出せるっていうのも才能なんでしょうね。仕上げ方、乗り方もあるかもしれませんけど。あとは100%の力を出せなくても勝っちゃうほど抜けてるというか。やはり負けない馬と言うのは凄いと思います。
一方である一定の条件だと物凄い強かったサイレンススズカであったりウオッカであったり。オルフェーヴルはそういう個性的なタイプの名馬なのかもしれませんね。
この先また大惨敗をするかもしれませんけど、嵌った時は海外のビッグレースも勝っちゃうとか。
この先負けない馬になるのか?それとも掴みどころのない馬になるのか?はたまたミスターシービーみたいになっちゃうのか…?
どんな馬に育つか楽しみにしています^^
ただ馬券上では厄介な存在になりそうですよね(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList