2012年11月05日

コレクターアイテム重賞V オツウ新馬V ハーツクライ牝馬が熱い!

新設重賞アルテミスSはコレクターアイテムが1番人気に応えて勝利!無事に行けば阪神JFでも1、2番人気は確実と思われるパフォーマンスを見せました。

そして翌日の京都では同じくハーツクライ産駒のオツウが新馬勝ち。これはちょっと大物かもしれないですねぇ。デビュー時期がデビュー時期ですので、ひょっとしたら阪神JFへ直行(ただその場合は恐らく抽選)する可能性もある馬。
仮にそうなった場合は観ておかないと予想になりませんからね!まだチェックされてない方は是非自分の目ん玉でチェックしておくことをオススメ致します。

昨年、今年と世代牝馬路線はディープインパクトの独壇場。現時点で阪神JFから秋華賞までディープインパクト産駒が4連勝中という状況ですが、この連勝街道をストップさせるのは現役時代同様ハーツクライなのかも。

自身初のG汽織ぅ肇襪ディープの連勝を止めた有馬記念だったように、産駒初のG汽織ぅ肇襪皀妊ープ産駒の連勝を止めるものだとしたら…。ちょいとニヤリとしちゃうかも。
そういうのも含めて競馬は面白い!2歳女王決定戦まで約1ヶ月。楽しんで参りましょう!


5回東京1日(11月3日)アルテミスS・牝馬 芝1600m
コレクターアイテム・・・★★★★+
今回も当然末脚を活かす競馬で後方待機。3角手前から徐々に内を突いて前へ進出すると直線でも最内を突き一気に前へ。3番手くらいまで追い上げたところで今度は外に進路をとり前2頭を交わしにかかる。馬群を捌いてるところで外から一気にきた2着馬に馬体を併せられましたが進路が取れれば問題なし。そこから再加速し最後は逆に突き放すようにして追い比べを制した。末脚の破壊力は世代トップクラス。一気に2着馬に差を詰められたのはエンジンの掛かりが遅いからか?進路変更の所為なのか?は微妙なところ。

5回東京1日(11月3日)新馬 芝1600m
トウショウプライド・・・★★
ローセングリン産駒で母父はジェニュイン。叔母にシーイズトウショウがいる血統です。好ダッシュから前へ一団でゆったりとした流れになり途中から押し出されるようにしてハナに立つ。2頭にピッタリ真横に付かれていましたがコーナーワークで振り切ると直線早めにリードを広げ押し切る態勢に。最後は2着馬に際どく追い詰められましたがハナ差で何とか押し切った。なかなか長くいい脚を使えるようで最後までしぶとい粘り。

5回東京1日(11月3日)新馬 芝1400m
ワキノキセキ・・・★★★★
スタートでやや遅れましたが二の脚が非常に速く難なく盛り返し先行。道中の手応えは抜群で4コーナーで前に並びかけるようにして直線へ。直線に入っても余裕たっぷり、馬なりのまま先頭に並びかけて追い出されると力強い末脚でグイグイ抜け出し最後は2馬身突き抜けた。道中楽に盛り返し抜群の手応えで追走できるようにスピードの絶対値が高そう。距離もマイルあたりならこなせそうな感じですがスピードが活かせる1200、1400mあたりが向いてそうな雰囲気。

5回東京1日(11月3日)未勝利 芝1800m
ダイビングボード・・・★★★
ダンスインザダーク産駒で母父ノーザンテースト。叔母にチャペルコンサート、ムードインディゴがいる血統です。前2頭が離して逃げる展開でしたが道中はのんびり後方2、3番手で待機。3〜4コーナーで馬群がつまり直線での瞬発力勝負に。前の3頭が横一線で追い比べている1馬身ほど後方からジワリジワリと差を詰めに行き、何とか並びかけたところがゴールイン。際どい差でしたので運も向いた感じでしたが、あの位置から並びかけた根性は素晴らしい。

5回京都1日(11月3日)秋明菊賞 芝1400m
タマモベストプレイ・・・★★★★
道中は無理することなく中団後ろの外目を追走。4コーナーで大外を回しながら前との差をつめ直線に向くと、前走同様力強い末脚でグングン加速!一気に前を捕らえて抜け出した。1番人気の追い込み馬が最後勢い良く突っ込んできましたが時すでに遅し。危なげなく半馬身差で押し切っての2連勝。追えば追うほど伸びそうな末脚でタフな流れにも強そう。重賞でも楽しみですが距離延長はあまり良くなさそうな気も…。

5回京都1日(11月3日)新馬・牝馬 芝1600m
オツウ・・・★★★★★
母父トウカイテイオーのハーツクライ産駒、叔父にはトウカイポイントという血統です。道中は無理することなく中団やや後ろの外めを追走。3〜4コーナーでは抜群の手応えで外から徐々に前へ進出する。4番手で直線に向くと道中の手応えどおりの素晴らしい末脚!殆ど追われることなく前3頭を交わし去りそのまま楽々と2馬身半突き抜けた。レースセンス良く末脚は素晴らしい切れ味。これは大物の予感。

5回京都1日(11月3日)未勝利 芝1800m
オーキッドレイ・・・★★★★
シェルズレイの息子です。父はディープインパクト。大外枠から好スタートを切るも控えて中団後方に、内に入れて待機。4コーナーでは馬群の中から追い上げ今度は徐々に外へ持ち出し直線へ。2馬身ほど前の1番人気馬を目標に追い込みを開始すると、この母系ならではのパワフルな末脚でグイグイ脚を伸ばして捻じ伏せた。叔父のブラックシェルもあまり速いアガリは使えないタイプでしたので33秒台のアガリ勝負になるとどうなるかは?ただ厳しい流れには滅法強そうです。

3回福島1日(11月3日)未勝利 芝1200m
クリノチョモランマ・・・★★
好スタート好ダッシュを決めると4頭併走する形の逃げに加わる。3角手前からは内の2頭をびっちりとマークするように外から併走、そのまま手応え良く直線へ。直線ではバテた内の併走馬2頭を難なく交わし抜け出すと後続の追撃も楽に押し切り見事5戦目での初勝利。ただ相手のレベルも微妙で上でもとなると…?ちなみに同世代の牝馬にクリノチョモラーリという馬がいるので間違えないように注意。

3回福島1日(11月3日)新馬 芝1200m
ベラベラ・・・★★
アサクサデンエン産駒、近親にはファイングレインがいる血統。ペースはさほど…なんですが新馬戦らしくバラつき縦長の展開。そんな流れを中団外目からの競馬。4コーナーで外から徐々に前との差を詰めにいくと5、6番手で直線へ。直線では先行勢の脚がなくなったところを外から一気に脚を伸ばして捻じ伏せた。強い内容でしたが時計平凡で前が勝手に止まっただけという見方も…。

5回東京2日(11月4日)百日草特別 芝1800m
レッドレイヴン・・・★★★★★
スタート後は直ぐに控えて待機、頭数も少なく馬群も詰まっていたのもありますがスローの瞬発力勝負を後方3番手で脚を温存。直線に入り追い出されると直ぐに前を射程に捕らえ、ラスト1Fすぎからグイーンと加速。一気に抜け出しそのまま悠々と突き抜けた。4ヶ月ぶりの競馬でもまったくお構いなし。上位5頭がアガリ33秒台の決め手勝負を余裕たっぷりに差し切れる瞬発力は重賞クラスの相手になってもトップレベルのハズ。益々今後が楽しみになるパフォーマンスです。

5回東京2日(11月4日)新馬・牝馬 芝1600m
ウキヨノカゼ・・・★★★
父オンファイア、母父フサイチコンコルド。叔父にはダノンカモンがいる血統。スタート直後は控えて中団外目で待機。ほぼそのままの位置取りで直線に向くと外から長くいい脚を使いジワリジワリと前との差を詰めて行く。先行勢を交わすとそのままの勢いで2馬身半突き抜けた。一瞬の切れ味というよりも長く平均的に良い脚を使うタイプに見えます。小回りコースより直線長めのコースが良さそう。

5回東京2日(11月4日)未勝利 芝1400m
サクラディソール・・・★★★
父ダイワメジャーで母父はエルコンドルパサー、叔母にアグネスラズベリ。好スタートからスーッと先行好位の外目3番手から抜群の手応えで追走。1400mですがペースは緩く直線での決め手勝負に。直線に入っても手応えは衰えず、ラスト2Fまで追い出しを我慢する余裕の展開。いざ追い出されるとグイっと抜け出して1馬身差の完勝。展開面でも恵まれましたが8月の新潟以来久々の競馬でしっかり結果を出すのは力のある証拠。距離もマイル辺りは持ちそうな雰囲気。

5回東京2日(11月4日)未勝利 芝1600m
マイネルイルミナル・・・★★★
メジロベイリー産駒です。スタート後ガシガシ追われるもダッシュは効かず5、6番手を先行。4コーナーから逃げた1番人気馬が更に引き離し先頭と2馬身ほどの差で直線へ。直線でもかなり早めからガンガンに追われていましたが、バテることなくジリジリと脚を伸ばして行く。G前で逃げ馬を捕まえ、差して来た2頭の追撃を凌いでゴールイン。細身ですかなりズブい馬、追って追ってしぶとく脚を伸ばすタイプのようです。

5回京都2日(11月4日)新馬 芝1800m
サトノプレステージ・・・★★★★★
ディープインパクト産駒で母父はデインヒル産駒のDanetime。先行勢が一塊となって平均ペースで飛ばす流れを道中は中団内で待機し脚を溜める。コーナーでも内からコースロスなく回して直線へ。直線でも最内を突き先行勢を内から交わし去ると、今度は外に持ち出し伸びる3頭との追い比べに参加しましたが…。これを軽く追っただけ、エンジンが掛かってからは殆ど追うことなくスーッと引き離してしまう。ディープインパクト産駒らしい素晴らしい瞬発力!大物感たっぷりで重賞でも非常に楽しみ。

5回京都2日(11月4日)新馬 芝1400m
コパノリチャード・・・★★★★
母父トニービンのダイワメジャー産駒です。ダッシュが速く軽く押しただけでスーッとハナへ。軽快なペースでレースを引っ張り縦長の展開に。他馬が追走で苦労する中、そのペースを作り出したこの馬は終始余裕たっぷりの手応え。直線手前から早めに追い出されると直線ではもう独壇場。2着馬を2馬身突き放し3着以下は更に3馬身ちぎりすてての勝利。道中スピードで圧倒しながら自身はダイワメジャー産駒らしい長く良い脚を使いバテずに伸び切るという他馬には付け入る隙がない完勝です。

5回京都2日(11月4日)未勝利・牝馬 芝1400m
セトノフラッパー・・・★★
祖母マルカコマチ。母父フレンチデピュティのタイキシャトル産駒です。先団に馬が殺到しかなりごちゃつく展開。ただペースはさほど速くはなく先行集団やや後ろの外目を追走。かなり外を回して直線に向きましたが直線での脚色は良く、外からジワリジワリと脚を伸ばして逃げた2着馬を差し切った。ペースと位置取りは向かなかった印象なんですが先行勢の脚も止まってくれて何とか届いたという印象。

5回京都2日(11月4日)未勝利 芝1600m
グリーンラヴ・・・★★★★
ステイゴールド産駒です。スタート後は無理せず中団後方からの競馬で脚を溜める。4コーナーに入ると外から脚を伸ばし横に広がった先行勢に並びかけるようにして直線へ。2馬身ほどの差まで詰め直線に向くと、早々に前を捕らえて並ぶ間もなく交わし去る。最後は流すようにして2着馬に2馬身半、3着以下を更に3馬身半も突き放す圧勝。1番人気馬が逃げ集団に加わった為、展開面での恩恵はありましたがそれにしても鮮やかな末脚です。

3回福島2日(11月4日)未勝利・牝馬 芝1200m
ホオポノポノ・・・★★
1800m→1500mと使われ今回は1200mでの初勝利。スタート後は無理することなく控えて内へ入れ脚を温存。コーナーでも内から回し直線手前から徐々に外目に持ち出していく。道中の末脚温存が効いたのか、距離短縮がきいたのか?はわかりませんが、外からきっちりと伸び切り先行していた1番人気馬を差し切った。上のクラスでも!と言えるほど派手なパフォーマンスではありませんが使いつつ力は付けている模様。

3回福島2日(11月4日)未勝利 芝2000m
オリバーバローズ・・・★★
最内枠から好スタート、すぐさま出鞭をくれて激しく追うもダッシュは遅くハナに立てずに3番手からの競馬。かなりズブイ。ただスピードに乗ってからの追走はスムーズで内から逃げ馬をみるように追走すると直線では馬群を割って逃げ馬を捻じ伏せ、最後は差して来た2着馬の追撃も際どく凌いでゴールイン。強烈な決め手はありませんがしぶとい末脚。ただ最内枠だからこそあの位置に付けられた訳でしてあのダッシュの遅さをみると外枠ではどうなっていたことか…。

3回福島2日(11月4日)未勝利 芝1200m
ケントヒーロー・・・★★★
こちらもメジロベイリー産駒。外枠からスタートを決めると押して押してハナを主張。1、2馬身ほどのリードをとっての逃げ。3〜4コーナーに入ると更に軽快に飛ばし後続とのリードを広げにかかる。3馬身ほどのリードで直線に向くと、直線でも更に脚を伸ばして独走態勢。最後までスピードで圧倒し最後は4馬身差をつけ逃げ切った。強い内容でしたが相手面子は過去馬券になったことがある馬が3頭とちょいと低レベル。またレース振りからは距離延長も微妙な感じ。

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:39│Comments(0)TrackBack(0)POG12〜13 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList