2012年12月10日

サトノキングリー 3冠馬全弟との激しい叩き合いを制す

先週は2歳女王決定戦がありましたが、それは先日の回顧で触れていますのでここでは割愛。

ここで触れとかなくちゃいけないのは何といっても日曜新馬のサトノキングリーでしょうね!
サトノキングリー自身もハイアーゲームの半弟ということで十分良血なんですが、叩き合った相手はなんとドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟にあたるリヤンドファミユ。今年のPOGの目玉の1頭であります。
まぁこれだけ今年もステイゴールド産駒が活躍しましたし、上が上なのでPOGをやってない方も注目されていた1頭かもしれません。

そのサトノキングリーとリヤンドファミユによる直線入り口からゴールまで続く長い長い叩き合い!
G汽譽戰襪任發△鵑覆膨垢っ,合いなんてそうそう見られない。普通はどちらかが捻じ伏せられちゃいますからね。
それがゴール前、捻じ伏せたら差し返すという、まさに火花が散るデッドヒート。勝負が付かないままゴールになだれ込んだといった感じでした。凄い!

この2頭が将来G気良饌罎燃萍することになれば後々語り継がれる新馬戦になるんじゃないかなと。まだ観られてない方は是非要チェックです!


5回中山3日(12月8日)黒松賞 芝1200m
モグモグパクパク・・・★★★
今回も道中は無理することなく中団で脚をため末脚を活かす競馬。内目の枠でしたが外に持ち出しての追走。コーナーでもかなり外目を回していましたが直線での末脚はまるで鈍らず。外から力強く脚を伸ばすと中団から良く伸びていた2着馬を捻じ伏せるようにして差し切り2勝目をゲット。ここ2走は馬券に絡めていませんでしたが末脚は高いレベルで安定しておりこの相手ならといった印象です。

5回中山3日(12月8日)新馬・牝馬 芝1600m
カスティエル・・・★★★
ストーミングホーム産駒で母父はMark of Esteem。外枠からダッシュ良く先行、2番手の位置取り。マイル戦のメイクデビューにしては淀みのないペースでしたが、そのペースを楽な感じで追走できるスピード感たっぷりな走り。直線に入ると早々も先頭に立ち押し切り態勢。最後はちょいと差を詰められましたがきっちりと伸び切り半馬身差で押し切った。距離延長は微妙な感じですがこのスピードは上のクラスでも大きな武器になりそうな予感。

5回中山3日(12月8日)未勝利 芝2000m
ブリリアント・・・★★★
スタートで遅れ行き脚も全くつかず、そして追いつく気もなく…。1コーナーまででいきなり馬群と10馬身ほど離れた衝撃的な最後方。これを向こう正面で2馬身ほどまで差を詰めましたが、コーナーではマクリ切れず結局後方3番手で直線へ。しかしこの後方待機で脚はめちゃんこ溜まっていたようで、直線ではグイグイとクビを使いながら大外一気の末脚!まとめて差し切ってしまった。展開も嵌った感はありますが序盤のあの大差をひっくり返すのだから大したもの。次回も展開が嵌れば…?

5回阪神3日(12月8日)新馬 芝1400m
シンデレラボーイ・・・★★★★
母父リンドシェーバーのマンハッタンカフェ産駒、母はファルコンS勝ちのルスナイクリスティ。スタートは出負け気味でしたがダッシュは速く、また枠にも恵まれスッとハナを奪い1馬身ほどのリードでレースを引っ張る。4コーナーで外から並ばれましたが手応えは抜群!コーナーワークで再び引き離し直線で追い出されると、逆に後続をちぎりながらのゴールイン。素晴らしい道中のスピードに加え追われてからの末脚も迫力十分。距離はあまり持たなさそうな感じですが上のクラスでも楽しみな好素材です。

5回阪神3日(12月8日)未勝利 芝1800m
アルバタックス・・・★★★
叔父叔母ににヒシアトラス、ルミナスハーバーのいる母父フジキセキのキングカメハメハ産駒です。外枠から好スタート、序盤はちょいと掛かり気味でしたがコーナーではきっちり折り合い外目の3番手を先行。速いペースで他馬の脚色が鈍る中、直線では馬場の真ん中から力強く脚を伸ばして押し切った。やや頭の高い走法、クビを上手く使えるようになると更に上昇しそう。

5回阪神3日(12月8日)未勝利 芝1600m
レッドアリオン・・・★★★
全兄にリディル半兄にクラレント、叔母にはエリモシックという良血馬。スタートを決め序盤は3番手の外目を先行していましたが、3角手前から突如ハナを奪いに行き2馬身ほどのリード、速いペースでの逃げを打つ。そのままのリードを保ち直線に向くと、やや脚はあがり気味でしたが2着馬との差は最後まで詰めさせず。結局そのまま2馬身半差で押し切った。今回は速いペースで後続の脚を潰した格好。ただこの競馬が上でも通用するかとなると…?ポテンシャルは高そうなんですがまだ上手にレースで出し切れていない印象です。

3回中京3日(12月8日)つわぶき賞 芝1400m
スズノネイロ・・★★★★
今回も道中は中団馬群の中で待機し脚を温存。コーナーでペースが緩み馬群がつまると直線入り口では一塊、末脚勝負に突入。直線ではやや馬群を捌くのに手間取りましたが、狭いところを強引にこじ開けるようにして進路を確保すると、あとは初戦同様強烈な末脚で他馬を圧倒。一気に前を捕らえて瞬く間に2馬身突き抜ける。血統からは距離延長は微妙も走りを観るとある程度は対応できそうな雰囲気。是非ともクラシック路線に乗って欲しい。

3回中京3日(12月8日)未勝利 芝2000m
レッドルーラー・・・★★★★
母父Garde Royaleのキングカメハメハ産駒です。一団の流れ、外枠だったこともあり道中はのんびり後方外目で脚を溜める。4コーナーで更に馬群が詰まると、この馬も外から差を詰め先頭集団を射程に入れて直線へ。直線では各馬横一線になっての瞬発力勝負になりましたが、大外から一気に前を捕らえるとあとは突き放す一方。最後は3馬身差をつけての大楽勝。かなり切れる脚を使える印象。これなら中央場所の上のクラスでも互角以上に渡り合えそう。

5回中山4日(12月9日)新馬 芝2000m
ロジキング・・・★★★★
キングカメハ産駒で母父アグネスタキオン。叔母にはフサイチエアデールという血統です。前半は中団外目で待機していましたが、少頭数でドスローの流れに嫌気がさし向こう正面で一気に先頭、ぺースをグッと上げ後続を4、5馬身離した逃げを打つ。そのまま5馬身ほどのリードで直線に向くと最後まで脚は衰えず。ラスト5Fのうち4Fで11秒台を叩き出すという長く長くいい脚を使い後続を楽々完封した。展開は嵌りましたが持久力はかなり高そうでタフな流れにも強そうなタイプです。

5回中山4日(12月9日)新馬 芝1800m
ヒカルペガサス・・・★★★★
母父トニービンのアグネスタキオン産駒です。スタート後に直ぐに控えて後方待機。流れは緩く3、4コーナーでもペースが上がらなかったため、コーナーから外を回って前との差を一気に詰めに行く。先頭と5馬身ほどの位置取りで直線に向くと馬場のど真ん中からスッと加速。内から脚を伸ばした2着馬には抵抗されましたが、これもゴール前で余裕を持って交わしてクビ差の勝利。レースセンスが良く直線での加速もかなりのもの。

5回中山4日(12月9日)未勝利 芝1600m
エスユーハリケーン・・・★★
好枠から好スタート好ダッシュを決めるも直ぐに控えて中団馬群の中で待機。末脚を活かす競馬。コーナーで外に持ち出し直線に入ると馬場の真ん中から力強く脚を伸ばして抜け出した。ただあまりスパッと切れるような強烈な決め手はないようで抜け出してから2、3着馬に追い込まれゴール前は際どい態勢に。上のクラスでも前走、前々走のように好走するも決め手の差で…という競馬が続くのかも。

5回中山4日(12月9日)未勝利 芝1800m
ダイワポライト・・・★★★
ダイワメジャーの産駒です。好枠から控えて内の中団から1コーナーでやや折り合いを欠きましたが、直ぐに折り合いもつき馬群の中で待機。4コーナーの勝負どころで一気に外に持ち出し直線に入ると、牝馬らしい軽快な末脚で脚を伸ばす。良く伸びていた2着馬をゴール前できっちり交わしてゴールイン。一叩きされて一変、次走も楽しみになる好内容での勝利です。

5回阪神4日(12月9日)阪神JF 芝1600m
ローブティサージュ・・・★★★★+
久々&キャリア1戦、おまけに距離不足とも思われた前走で2着しただけあって能力は相当。一叩きされ距離延長、好枠にも入った今回は上がり目も十分である意味納得の巻き返し。道中は内の中団でじっくり脚を溜めると直線馬群を割って力強い末脚。前が残る馬場で最後まで粘り切った2着馬、内を突いて伸びた3着馬を外から捻じ伏せた。ただ4〜7着馬とは“通った馬場の差”という感じでまだ勝負付けは済んでないような感じも。

5回阪神4日(12月9日)エリカ賞 芝2000m
マイネルマエストロ・・・★★★★
行きたがる馬もおらず最内枠だったこともあり押し出されるようにハナへ。脚を溜めながらゆったりとしたペースで逃げを打つ。前走は中団から豪快な末脚を使ってるように末脚が伸びる馬。楽なペースで脚を溜めながらの逃げなら直線でも止まりません。コーナーワークもあり1馬身ほどのリードで直線に向くと半ばでは一旦引き離すような脚色。最後まできっちりと伸び切り差を詰めさせずに押し切った。

5回阪神4日(12月9日)新馬 芝1800m
サトノキングリー・・・★★★★★
ハイアーゲームの半弟でダイワメジャー産駒。ややペースは速かったものの1頭抜かしてほぼ一団の流れ。道中はその一団の最後方付近で待機。コーナーを外目から回して直線に入ると、そこで並んだオルフェーヴルの全弟内のリヤンドファミユとゴールまで続く激しい叩き合いに突入!2頭で併走しながら他馬をガンガン追い抜いて行き、G前でも差しつ差し返されつの激しい攻防。最後はどちらが捻じ伏せた訳でもないクビのアゲサゲによるハナ差の勝利。3冠馬の弟に全くヒケを取らないパワフルな末脚と素晴らしい勝負根性。これは大物の予感。

5回阪神4日(12月9日)未勝利 芝1400m
ルゴス・・・★★★
大外枠から好スタートを決め押してハナを主張。人気もないため絡まれもせず1馬身リードの軽快な逃げ。ペースは遅くありませんでしたがマイペースで行けたこともあり手応えは抜群。そのまま1馬身リードで直線に向くと半ばまで追い出しを我慢するほどの余裕をみせ、いざ追われると後続を突き放してのゴールイン。相手のレベルは微妙ですが、強い内容での逃げ切り勝ち。

3回中京4日(12月9日)新馬 芝2000m
タガノトネール・・・★★
ケイムホーム産駒で母父はキングカメハメハという血統。ペースはさほど速くありませんでしたが逃げ馬が1頭離して逃げる展開。そんな流れを中団馬群の中から追走。3、4コーナーで一気に馬群は詰まり一団となって直線での末脚勝負へ。外からジワリジワリと脚を伸ばしゴール前で内の先行勢を交わしてゴールイン。末脚にあまりインパクトはありませんでしたが、堅実に自分の力は発揮でそうなタイプです。

 3回中京4日(12月9日)未勝利 芝1200m
オメガファイター・・・★★
サクラバクシンオー産駒で母父クロフネ。これまでダートで3戦してきた馬ですが芝替りで初勝利。好スタートから先行、道中は4、5番手の位置取り。そのままの位置取りで直線に向くと力強い脚色であっさり抜け出し2馬身差で快勝。相手にも恵まれましたが芝に替わって一変の強い競馬。血統からも走りからも短距離専門になりそうですが、中央開催の上のクラスでも通用しそうな走りです。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:21│Comments(0)TrackBack(2)POG12〜13 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 朝日杯フューチュリティステークス 2012 予想の段取り 妙味穴オッズ 傾向と狙い方のデータですよ。   [ 『競馬ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆』                    レース回顧は最強の予想法  ]   2012年12月10日 22:28
にほんブログ村 競馬ブログトラコミュ第64回 朝日杯フューチュリティS(GI)朝日杯FS(2012)第50回 愛知杯(GIII)愛知杯(2012)競馬の 予想 や勉強をするなら、競馬番組や競馬新聞を 眺め ...
2. 朝日杯フューチュリティステークス 2012 予想の段取り 妙味穴オッズ 参考レース東京スポーツ杯2歳Sのレース回顧ですよ。  [ 『競馬ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆』                    レース回顧は最強の予想法  ]   2012年12月12日 22:04
にほんブログ村 競馬ブログトラコミュ第64回 朝日杯フューチュリティS(GI)朝日杯FS(2012)第50回 愛知杯(GIII)愛知杯(2012)競馬の 予想 や勉強をするなら、競馬番組や競馬新聞を 眺め ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList