今週の予想

2013年02月09日

京都記念、共同通信杯 最終予想

取りこぼしての2、3着狙いを狙っていたコレクターアイテムは思いっきり取りこぼしての9着…。
調整が難しいのでは?なんて不安材料はあげてはいたんですが、まさかあそこまで沈むとは。

位置取りも良くはなかったですけどねぇ。う〜む。

桜の有力候補だった馬がここに来て大きく1歩後退。また2番人気イリュミナンスは3着に。こちらは賞金加算にも失敗して桜花賞出走自体に黄信号。

代わりに浮上してきたのは勝ったウキヨノカゼ。これで3戦2勝、2着1回。その2着もキャリア1戦で挑んだ重賞ですからねぇ!
恐らくこれで桜花賞直行になると思われますが、本番でも面白い1頭になりそうです。

それでは明日の予想へ。まずは京都のメインから。

京都記念 データ

ジョワドヴィーヴルは現在3番人気の模様。なかなか売れてますね〜!と言いたいところですが売れてるのは単勝だけ?馬連や3連複・単ではいい配当をつけてるようです。
単勝で応援はするけど馬券の本線ではちょっと…という方が多いのかも。

私の場合は逆にこれだけつくのなら押さえてもいいのかなぁなんて気にもなってきましたが初志貫徹。やっぱり消し。
馬券に絡まない程度で次走買いたくなっちゃうような内容の競馬を期待です。

ジャスタウェイ。有馬記念組にポカが多く、その他のG気ら来る馬は香港遠征組ばかり。更にはG狭チ馬も不振の傾向。ということで好データのG傾チ馬を狙ってみたいと思います。相手関係は強化されますがコース的にも斤量面からも前走より競馬はしやすいはず。おまけに今の京都は外が伸びますしね!少頭数でペースも落ち着きそうなので距離も持つはず。

ショウナンマイティ。この寒い時期に宝塚以来の出走ということで仕上がりが気になるところ。まぁでも多少緩い仕上げであっても、スローの瞬発力勝負で正味800mの競馬になるならなんとかなっちゃうのかなと。そういう意味ではビートブラックがどういうペースをつくるのかは気になります。

サクラアルディート。前走1600万からは過去10年で10頭出走し連対したのは1頭だけ。基本的には軽視のステップなんですが、Sペースのアガリ勝負になると考えるならば、この馬の末脚は非常に魅力的。人気どころにポカが見込めるメンバー構成ですしオッズ的にも押さえて置きたい1頭です。

△はデータからは割引きも京都の長距離が得意な3頭ベールドインパクトトーセンラーカポーティスター
頭数的には何か1頭切ろうと思っていたんですが、前日売りをみると3連単でガミはなさそうなので全部いっときます。切った馬に限ってきますからね…。

買い目
◎ジャスタウェイ〇ショウナンマイティ▲サクラアルディート
△ベールドインパクト、トーセンラー、カポーティスター

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点


続いては共同通信杯 データ

PO馬ラウンドワールドが出走!しかも前日オッズでは1番人気。ただ週中のデータ記事でも書きましたが、データからはかなり危険な人気馬に見える…。
先週は京成杯を取り消しているリグヴェーダがいいとこなく惨敗。そして今日は同じく末脚自慢のコレクターアイテムが外から伸びきれずに沈んだ。

正直いやな予感はプンプンします。でもね、PO馬が出世レースの重賞に1番人気で出走。この状況で心中しないなんて私には考えられません!
潔く心中致します。頼んだぞ!岩田騎手。

ラウンドワールド。前走ラジオNIKKEI杯組はポカが多く信頼度はイマイチ。おまけに内容も良くはなかった。内は少し荒れては来たものの以前として前が止まらない東京の馬場でこの脚質も不安。例え万全の状態であってもこれだけ不安があるというのに、臨戦過程にまで不安が残る…。
でも末脚の破壊力は世代トップレベルのはず(願望)!能力の高さで何とかして貰いたい。

ゴットフリート。前走朝日杯5着以内の馬は2、1、2、4、3、1着。新潟で鋭い決め手を使っているように東京替りも問題なさそう。流れ次第では好位からの競馬もできそうで死角らしい死角は見当たらない。非常に強敵。

マンボネフュー。ベゴニア賞ではロゴタイプは捕まえられませんでしたがアガリは最速、3着以下を4馬身も突き放した。中山でのパフォーマンスが目立つ馬ですが東京コースで評価を下げる必要はなさそうです。5番人気以内の前走500万下勝ち馬は1、2、3、6着。ステップも悪くありません。

押さえはデータから勝ち切れないものの2、3着が多い朝日杯、ラジオNIKKEI杯以外の重賞で5着以内に好走していた馬たち。
今年該当する京成杯の3、4、5着馬ケイアイチョウサンクロスボウマイネルマエストロに流して終了。
初戦の内容からメイケイペガスターが超怖いんですが、資金の関係でいないことにします。

買い目
◎ラウンドワールド〇ゴットフリート▲マンボネフュー
△ケイアイチョウサン、クロスボウ、マイネルマエストロ

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


2013年02月08日

クイーンC 最終予想

ここ2年の勝ち馬ホエールキャプチャ、ヴィルシーナは牝馬3冠レース全てで馬券に絡む大活躍。また牝馬3冠では勝てずともコイウタ、リトルアマポーラが後にG汽Εぅ福爾砲覆蠅泙靴拭
何気に過去10年の勝ち馬の中にG鞠呂4頭もいるんですねぇ。03年は中山開催でしたのでこれを除くと9頭中4頭。昨年のヴィルシーナも手が届きそうな感じですし、もしそうなれば勝ち馬がG鞠呂砲覆覲領┐呂覆鵑硲騎筌ーバー!

桜花賞を勝てないイメージが強いクイーンCでしたけど実は出世レースだったのか。ただこれまで2着馬からはG汽Εぅ福爾禄个討い覆ぬ詫諭帖

今年はコレクターアイテム、イリュミナンスといったクラシックでも人気になりそうな素質馬が激突しますが、ここでの1着と2着以下の差は後々大きな差になるのかもしれませんねぇ。大注目!

それではクイーンC データ

今年は前走500万下勝ち馬とOP特別の連対馬が不在。データからも阪神JFのコレクターアイテムVSフェアリーS組という図式。
阪神JF組はポカも多いんですが4番人気以内の馬に限れば12、5、3、3、2、1、2着。2、3着が多く勝ち切れないところもありますがまずまずの安定感。馬券では取りこぼしての高配当も狙いつつですが、本命は素直に選んでみました。

コレクターアイテム。阪神JFの1番人気馬。レース内容も内が伸びる馬場で外を回しての届かず4着。決して力負けではなかったように思います。500万下勝ち馬もOP特別連対馬もいない今年の面子で馬券圏外に外れることはないと見込んで本命に。
ただ微妙にレース間隔も開き、本番はあくまで次。賞金も足りてる身ですからねぇ。脚質的にも2、3着に取りこぼすことはありえそう…。

イリュミナンス。4番人気以内の馬で前走が阪神JF以外の芝の重賞5着以内だった馬の成績は1、1、1、3、6、9着。本命馬を負かして勝ち切るポテンシャルの高さも初戦、2戦目の内容から十分あるように思います。ただここ2年フェアリーS経由の人気馬が6、9着に沈んでるのがちょいと気掛かり…。

スイートサルサ。先行・内有利、前残りのフェアリーSを鋭く追い込み5着。東京コースでの2戦ではアガリ33秒台の末脚を繰り出しており、府中替りもプラスに働きそうなイメージ。好枠を引きましたし上手くスタートを決めて先行できれば、勝ち切っても不思議じゃないはず。

500万下で負けていた馬や前走未勝利戦出走馬はデータから軽視なんですが…。今年の面子の場合他に狙える馬がいませんしね。。
押さえの1番手は▲馬に初戦、前走と先着しているウキヨノカゼとグイグイ力強く脚を伸ばし東京コースが良く合いそうなオーキッドレイ
狭いところに突っ込んでいける根性と末脚の持ち主ミラクルラヴィまで押さえて終了です。

買い目
◎コレクターアイテム〇イリュミナンス▲スイートサルサ
△ウキヨノカゼ、オーキッドレイ、ミラクルラヴィ

馬連 ◎−〇▲ 2点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

3連単 ◎→〇▲→〇▲△△△ 
     〇▲→◎→〇▲△△△ 
     〇▲→〇▲△△△→◎ 24点 


珍しく3連単はフォーメーションで。人気馬が勝ち切っているデータから△3頭の頭はないと決め込んで買い目を絞ってみました。
まぁ大体裏目に出ますよね、こういうのって。。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 22:07|この記事のURLComments(4)TrackBack(8)

2013年02月07日

クイーンC 過去の傾向から

戸崎圭太騎手、中央騎手免許合格ですかー!
これで益々、地方競馬出身騎手の猛威が!?

大井出身の戸崎騎手の応援はもちろんしますけど、中央生え抜きの騎手にも頑張って貰わないといけませんね。
まぁでも私に心配されちゃお終いか。大人しく自分の馬券の心配をしときます。

ということで土曜のメイン、クイーンCへ。
注目は何といっても阪神JFで1番人気に支持コレクターアイテム。そしてフェアリーSの1番人気馬イリュミナンスの激突!
2頭とも前走は4着と人気を裏切る敗戦となってしまいましたが、どちらも枠、そして展開に泣かされた格好。評価を下げるのはまだ早い。
レッドオーヴァルトーセンソレイユの台頭でやや影が薄くなってきた感もありますが、ここで汚名を返上するような好パフォーマンスを見せてくれれば、桜花賞はいい意味での混戦模様になるハズです!

ただ勝つのは1頭ですからねぇ。どっちが勝ってどっちが負けるのか?それとも2頭とも…?

それではクイーンC過去の傾向から。参考データは中山開催を除く9回分です。

上位人気の成績
1番人気
1、1、1、2、1、4、1、6、
2番人気
9、12、5、3、4、2、3、1、1
3番人気
2、4、8、1、7、8、5、4、9
4番人気
15、3、6、6、3、1、7、3、14着

1番人気が5勝!2〜4番人気馬で合わせて4勝していますので、過去9年の勝ち馬は全て4番人気以内から。
ただし上位人気馬が上位ど独占しているわけではなく2着馬には5頭、3着馬にも4頭5番人気以下の馬が絡んでおります。軸は4番人気以内から選ぶとしても、相手はやや手広く流した方がいいかもしれません。

4番人気以内の前走別成績
阪神JF出走馬
12、5、3、3、2、1、2
その他の芝重賞5着以内
1、1、1、3、6、9
その他の芝重賞で6着以下
8着
芝のOP特別連対馬
1、2、4、1、8、4、7、
芝のOP特別3〜5着馬
1、14着
芝の500万1着馬
3、2、1、4、7、4、
芝の500万2着以下
15、6、5着
芝の新馬戦1着馬
9着
芝の未勝利戦1着馬
6着

人気の阪神JF組は7頭が出走し5頭が複勝圏内に。まずまずの成績ですが頭で来たのは11年ホエールキャプチャ1頭だけ。差し損ねを狙っても面白いかも?
阪神JFを除く重賞からは3勝、OP特別からも3勝、そして500万下1着馬から2勝と成績にさほど差はなく、500万下で勝つ力があれば特に前走クラスは気にする必要はなさそうな雰囲気。
危険な人気馬は500万下で負けていた馬や新馬、未勝利から参戦してくるタイプ。人気で軸にするメリットはなく買っても紐までにしておきたいところ。

5番人気以下の前走別成績
阪神JF出走馬
13、7、14、10、11、7、15、2、4、12着
その他の芝重賞5着以内
2、13、15、12、9、4着
その他の重賞6着以下
6、3、13、9、7

芝のOP特別連対馬
12、13、14着
芝のOP戦3〜5着馬
11、8、11、4、9、11、5、9、14、
芝のOP特別6着以下
7、16、2、6、16、6、10、11、12、16着
芝の500万1着馬
4、12、10、8、5、10、9、7、8着

芝の500万2着以下
9、7、10、8、9、13、14、15、16、8、11
芝の新馬戦1着馬
3、14、14、13、2、11、6、10、3、13着
芝の未勝利戦1着馬
13、6、16、5、16、12、13、6、10、15着
ダート戦出走馬
5、8、10、14、16、5、7、10、15、3、15、16、4、11、12、15、12、8、14、5、11、15、16、5着

5番人気以下で馬券になったのは阪神JFを含む重賞組から3頭、OP特別から2頭。人気馬同様に重賞、OP組には注意が必要。
芝の500万下からは5番人気以下の馬が馬券になったことがないので前走500万下出走馬を狙うときは人気で前走1着馬を狙うのが良さそうです。
また前走新馬を勝ったばかりのキャリア1戦の馬も3頭が馬券絡み。人気で軸にはできませんが、人気薄であれば押さえておいた方がいいかもしれません。

今日のまとめ
阪神JF組は来ても2、3着が多く取りこぼしが多いという傾向。レース間隔も開きますし次も見据えなくてはならない難しい調整。取りこぼしが多いのは何だかわかる気もする。。
賞金が足りない馬の場合はメイチの仕上げでくることも考えられますが、今年のコレクターアイテムは賞金も足りてますしねぇ。余裕残しで久々の1戦。ポカあるんじゃないでしょうか?
軸にして2、3着に取りこぼしての3連単高配当を狙うべきか?馬券圏外に飛ぶことまで想定して他の馬から行くべきか?
明日の最終予想までじっくり悩みたいと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:43|この記事のURLComments(2)TrackBack(3)

2013年02月06日

京都記念 過去の傾向から

宝塚後に疲れが出てしまい秋のG義患戮箸覆辰討靴泙辰ショウナンマイティがついに戦列に復帰。
古馬中長距離路線は強いのが3頭もいますけど、もし割って入れるとしたらこの馬でしょうか?

強い馬は1頭でも多いに越したことはないですからねぇ。もしこの馬が昨年秋はしっていたならば?なんていうタラレバを後々言いたくなっちゃうような活躍を今年して貰いたいところ。

そして一昨年の暮れ、僅かキャリア1戦で2歳女王に輝いたジョワドヴィーヴルも骨折休養から帰って参りました。
いきなり混合G兇濃脇阿箸いΔ里蓮⊂鐚韻嚢佑┐襪箸舛腓い噺靴靴ご兇犬任垢韻彪貪が血統ですからねぇ。
この馬もタラレバが聞こえてくるような1年にして欲しいものです。

まぁでも初戦は切りますけどね…。

注目はこの2頭でしょうが、他にも面白い面子が揃い馬券的にも楽しめそうな今年の京都記念。
ジョワドヴィーヴルが過剰気味な人気になることを祈りつつ。過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
13、1、10、1、2、1、2、1、1、2
2番人気
5、6、1、2、1、6、4、3、3、6着
3番人気
12、2、8、5、3、4、1、2、4、
4番人気
10、7、9、4、9、2、5、10、7、4

4番人気以内の馬で計15連対、中でも1番人気が8連対と抜群の成績を誇っております。
前走1200mのOP特別で1着だったローマンエンパイアが1番人気に支持された03年こそ大波乱の決着になりましたが、その03年を除く9回は全て6番人気以内での馬連決着。別定戦のG兇蕕靴基本人気馬が強い傾向になっております。ただし3着馬は比較的荒れる傾向。馬連は堅く行き、3連複・単は3着馬の紐荒れ狙いで高配当を狙うのもいいかもしれません。

前走から
芝のG毅誼絨米
8、10、1、1、2、16、1、2、3、1、6、2、4、6着
芝のG毅驚絨焚
5、6、5、3、11、5、3、5、13、6、1、4、2、4、7、1、3
芝のG僅対馬
12、1、4、7、4、9、5、11、
芝のG僑魁腺誼綰
4、8、9、10、12、7、2、3、10、4、6、10、8、11、9着
芝のG僑驚絨焚
1、7、9、11、14、3、8、1、4、4、12、3、8、9、12、8、9、9、12、10、8着
芝のG系対馬
10、7、14、1、2、2、
芝のG沓魁腺誼綰
2、2、8着
芝のG沓驚絨焚
15、11、9、7、13、15、3、5、11、12、11、13、12、7着
芝のOP特別出走馬
13、13、5、6、12、6、11、14、6、7、4、5、8着
芝の1600万条件出走馬
6、14、2、9、10、7、10、7、5、5着
芝の1000万条件出走馬
10着
ダート戦出走馬
3、16、8、6着

連対馬20頭中19頭が前走重賞出走馬です。G沓驚絨焚爾らは巻き返し連対はなく、連軸は前走G機■猫興仭馬+G沓誼絨米發稜呂ら選びたいところ。
ただしG狭チ馬、特に年明けの日経新春杯、AJCCの好走馬はポカが多く信頼度はイマイチ。
この2レースは日経新春杯14着→3着のタガノマイバッハ、日経新春杯9着→1着のナリタセンチュリー、AJCC10着→3着のシルクフェイマスなど6着以下からの巻き返しも目立ちますので、あまり着順をアテにしないほうがいいレースなのかもしれません。

4番人気以内の馬の前走成績
有馬記念5着以内
8、10、2、1、3、1
有馬記念6着以下
5、5、3、6、1、4、4、7、
その他のG毅誼絨米
1、1、2、2、4、6着
G僅対馬
12、1、7、4、9、
G僑魁腺誼綰
2、4、10着
G僑驚絨焚

G沓誼絨米
10、2、1、2、2
G沓驚絨焚
5着
OP特別出走馬
13着
1600万出走馬
6、9着

前走有馬記念組はポカが多く特に6着以下だった馬は危険な人気馬。今年はビートブラックが該当しますが、京都に替わって!なんて考えてると痛い目にあうかも!?
その他のG欺仭馬は4連対と好成績ですが、この連対した4頭は全て香港のレースの出走馬でした。ですので宝塚以来のショウナンマイティには当て嵌まらず。データ的には未知数です。
G響箸録裕で呂帽覆辰討發海里箸り…。逆に好成績なのは前走G沓誼絨米發稜蓮▲如璽燭らはジャスタウェイが良さそうです。

今日のまとめ
ジャスタウェイ
を狙ってみたい。ビートブラックジョワドヴィーヴルショウナンマイティも人気を集めてくれるでしょうから配当妙味も多少はありそうな予感。
まぁ、3頭揃って飛ぶということはなかなか無いのかもしれませんけど、2頭でも飛んで1頭薄いところが入ってくれれば…。
そんな馬券を狙ってみるつもりです。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(3)

2013年02月05日

共同通信杯 過去の傾向から

きさらぎ賞ほどコンスタントにクラシックの活躍馬を出している訳ではありませんが、過去にはナリタブライアン、エルコンドルパサー、ジャングルポケット、アドマイヤムーンといった年度代表馬を勝ち馬から輩出。

そして昨年は連対馬2頭がクラシックを制覇!

こういうレースにPO馬が出走するとなると胸が躍るというもんです。出走するのはラウンドワールド。ラジオNIKKEI杯がアララの内容で、京成杯は降雪のため延期し出走取りやめ。
何だかこうリズムがあまり良くはないんで、ここは仕切りなおし立て直すための大事な1戦。何とか良い内容でクラシックシーズンに入って欲しいものです。

ただこのレースは前残りのイメージが強いんですよねぇ。脚質的に大丈夫かしら??

それでは共同通信杯。過去10年の傾向を。参考データは中山開催を除く9回分です。
上位人気の成績
1番人気
2、1、2、1、5、1、3、9、
2番人気
8、4、1、4、7、2、2、4、
3番人気
5、5、4、3、9、9、1、1、3
4番人気
1、3、3、7、6、5、4、6、4
5番人気
3、2、7、2、2、10、11、3、6着

勝ち馬9頭中8頭までもが4番人気以内の馬。また複勝圏内に入った27頭中23頭が5番人気以内の馬でした。頭数も落ち着きやすくクラシック候補も参加するレースだけあって人気馬が強い!ちなみに唯一6番人気の馬が勝ったのはフルゲートで行われた08年でこの年は3着にも11番人気の人気薄が入っています。頭数が落ち着きそうな今年は無理して穴を狙うのではなく、同じ無理するなら点数を絞る!そういう方向で予想するのがいいかもしれません。

前走成績から
ラジオNIKKEI杯1〜3着馬
1、1、5、9、2、9、
ラジオNIKKEI杯4着以下
4着
朝日杯FS5着以内
2、1、2、4、3、1
朝日杯FS6着以下
5、12、13着
その他の芝重賞連対馬

その他の芝重賞3〜5着馬
3、3、4、2、2、3、
その他の芝重賞6着以下
4、9、6、9、4、11、16着
芝のOP特別連対馬
7、5、7、4、6、7、2、10、12、1、3、1、2、
芝のOP特別3着以下
6、5、5、9、8、7、8、3、9着
芝の500万下1着馬
1、2、3、1、10、12、6、7、5
芝の500万下2着以下
10、6、7、8、3、14、7、9、11、4、10、3、4、6、8、11着
芝の未勝利戦1着馬
8、8、13、6、10、8、7着
芝の新馬戦1着馬
中、11着
ダート戦出走馬
5、8、9、8、10、11、6、7、13、15、6、14、9、12、13、5、11、10着

ラジオNIKKEI杯組のポカの多さは気になりますが、朝日杯FS好走馬を中心に前走重賞組が活躍。OP特別連対馬からも5頭馬券になっており、重賞、OP実績重視のレースです。
500万下出走馬は前走1着馬だけが連対。2着以下だった馬は紐まで。新馬、未勝利からの馬券絡みはなく、ダート出走馬は論外とかなりわかりやすい傾向が出ているようです。

5番人気以内の前走別成績
ラジオNIKKEI杯2歳S5着以内
1、1、5、9、2、9、
朝日杯出走馬
2、1、2、4、3、1、5着
その他の芝重賞5着以内
3、3、4、2、2、2
芝のOP特別連対馬
5、4、6、7、2、10、1、3、1、4着
芝のOP特別3着以下

芝の500万下1着馬
1、2、3、6着
芝の500万下2着以下
7、9、4、3、4、6着
芝の新馬戦1着馬
11着
ダート戦出走馬
5、8、7着

少頭数の競馬も多い関係で前走500万下で負けていた馬やダート戦出走馬が5番人気以内に入ったりすることがありますが、この辺りは普通に軽視。
重賞、OP実績のある馬で疑って掛かりたいのは、OP特別連対馬とラジオNIKKEI杯組…orz
あとはその他の重賞好走馬は何故か2、3着が多く勝ち切れていないのも特徴です。

今日のまとめ
データからはポカの多いラジオNIKKEI杯組のラウンドワールドは危険な人気馬。臨戦過程も危なっかしいですし、前走内容も…。非常に残念なことに絵に描いたような危ない人気馬になりそうです。。まぁ、私は心中ですけども!
逆にデータからの一押しは安定感抜群の朝日杯組ゴットフリート。あとは500万下勝ちのマンボネフューが頭候補。
あとは勝ち切れないその他の重賞組、京成杯3〜5着馬の3頭がここでも2、3着候補といった感じでしょうか?
う〜ん!楽しみにしてたんですけどねぇ。胃が痛くなってきた。。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:44|この記事のURLComments(1)TrackBack(9)

2013年02月02日

きさらぎ賞、東京新聞杯 最終予想

いやぁ、走りますねぇ。トーセンソレイユ
牝馬の出世レースであるエルフィンSをデビューから2連勝で制覇。このレース出身の活躍馬は挙げればスペースが足りなくなるほどいる訳で、ディープインパクトの半妹という血統からもクラシックで注目存在になりそうです。

一方の私のPO馬も本日インナーアージが未勝利戦で勝利を収めようやく今シーズンの牝馬初勝利!もう2月なんですけどね。。
ちなみにもう1頭本日出走したディオジェーヌの方は放馬して出走取り消し…。

桜花賞とはもういえない。オークスに何とか1頭でも出走して欲しい。。

それでは明日の予想です。まずは牡馬の出世レースでもある京都から。

きさらぎ賞 データ

1頭取り消し8頭立て。今年はちょいと寂しい面子になっちゃいましたねぇ。ただ8頭立てとはいえオッズは割れていますし、頭数が頭数なので買い目も絞らないといけません。
ちょいと予想も馬券の買い方も難しいレースになりそうです。

バッドボーイ。前走ラジオNIKKEI杯5着以内の馬は11、1、2、10、1、4着、ポカもあるステップですが3番人気以内に絞ると1、2、1、4着。まぁちょいと3番人気以内に入るかどうか微妙な前日売りですけど…。きんもくせい特別では3着に敗れはしたもののアガリ3Fは32秒台。続く東スポ杯でもアガリは2番目に速い33秒9。前走は脚を溜めながらの逃げを打ち、勝ち馬には交わされたものの2番人気キズナの末脚は完封してみせました。
世代トップレベルの馬たちと互角に渡り合える堅実な末脚。ここ2走に比べると相手関係も楽。この頭数なら不利や展開によるポカもないでしょうし素直にこの馬を本命に。

マズルファイヤー。回ってきただけでコンマ7秒2着以下に差をつけた前走が圧巻。長く脚が使えるタイプで京都も良く合いそう。少頭数ですし早仕掛けからのロングスパートで出し抜けを食らわせるなんてことも出来そうな予感。前走新馬戦からのキャリア1戦馬は不振というデータが出ていますが未勝利からは過去10年で5頭も馬券絡み。頭数的にも実績不足が問題にはならないと思います。

ラストインパクト。レースセンス良く瞬発力も上々。前走は勝ち馬に上手く乗られましたが力負けではなくまだ底は見せていません。外差しが決まるようになった今の京都に替わるのもプラスに働きそうな予感。前走500万下で敗れていた馬でも5頭が巻き返し馬券になっているレース、前走の敗戦も気にならない。

△に▲馬と同様に前走500万下から決め手はありませんが相手なりに走れるアドマイヤドバイ。スプリント戦でも結果を出していますが、溜めて切れる脚があり距離延長がプラスに働きそうなクラウンレガーロまで押さえて終了です。

この頭数。何かしら勝負しないといけませんからねぇ。実績上位もデータからポカが見込めて距離延長も良くなさそうなタマモベストプレイ
素質は高そうですがキャリア1戦はやはり軽視ということでリグヴェーダを気合いの消し。
名指しで切ると碌な結果にならないんですけどね…。

買い目
◎バッドボーイ〇マズルファイヤー▲ラストインパクト
△アドマイヤドバイ、クラウンレガーロ

馬連 ◎−〇▲△△ 4点

3連単 ◎→〇▲△△→〇▲△△ 12点


東京新聞杯 データ

7番人気以内の前走G欺仭馬は
3、8、7、4、5、13、6、7、1、7、6着
同じく7番人気以内の前走G供■猫系対馬は
3、4、1、10、6、7、6、11、13、6、5、8着

G気世蹐ΔG供■猫靴力対馬だろうが平気な顔してぶっ飛ぶのがこの東京新聞杯。逆にOP特別や準OPからの馬券絡みが多いレース。時期的な問題で調整も難しいのかもしれません。
結構豪華な面子になりましたがデータからは何が飛んでもおかしくない。飛んでも不思議じゃないと思っている人気馬から買うのは嫌なので、強引に穴を狙いに行きます。

ブライトライン。ダービー以来久々の競馬となったキャピタルSでは7着に敗れたもののアガリ33秒5の末脚で勝ち馬とはコンマ4秒差の競馬。阪神Cでは勝ち馬には離されたものの2着馬とはクビ、クビ、クビ+半馬身差の6着。ここでも人気のクラレントとも差のない競馬をしています。今日の府中は10Rこそ前で決まりましたが、だいぶ外からの差しもきいてる模様。人気どころに前から競馬する馬が多いので、展開嵌れば1発あっても良いんじゃないかと。

まぁ、ぶっちゃけ本命にした1番の理由はオッズなんですけどね!

クラレント。前走重賞組は連対馬より3〜5着馬が好成績。前走は距離やコースが合わなくてチョイ負けしていた馬の府中替りでの巻き返しというのを狙ってみたいところ。阪神C出走馬は08年に4着ローレルゲレイロが優勝、11年には5着馬ゴールスキーが3着。昨年は6着馬ガルボが中山のOPを挟んで優勝と3〜6着とちょい負けしてた馬の巻き返しが多い。重賞勝ちのある府中マイルに替わっての巻き返しに期待です。

レッドスパーダ。好ステップであるニューイヤーSの4着馬。ニューイヤーS組は3着以内だった馬の好走が目立つレースなので着順的には微妙なんですが、
1年1ヶ月振りで4着ならば3着以内の馬と同等の評価をしてもいいのかなと。
久々を1度使われての上積みがあるのか?久々で激走したことの反動があるかは何ともいえないところ。

押さえはダイワマッジョーレガルボトライアンフマーチの前走重賞好走馬と差し馬の展開になった時1発がありそうなキングストリート。そして人気でも無視はできないマウントシャスタ
不振の前走G欺仭馬ですが本命が本命なのでドナウブルーも一応押さえて終了です。

買い目
◎ブライトライン〇クラレント▲レッドスパーダ
△ダイワマッジョーレ、ガルボ、トライアンフマーチ、マウントシャスタ、ドナウブルー

馬連 ◎−〇▲△△△△△ 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△△ 21点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 18:26|この記事のURLComments(8)TrackBack(19)

2013年01月31日

東京新聞杯 過去の傾向から

波乱含みというか大波乱含みといった方がいいかもしれません。そんな東京新聞杯。
今年も出走面子みてまず最初の感想は全然わかんねー!でした。

実績馬もいますし、前走好走馬もいますし、荒れるレースということを考えると前走着外の馬も簡単には切れない。。

出ている馬全てにチャンスがありそうなそんなメンバー構成です。

まぁ幸い京都の方は当てやすそうな頭数ですので馬券の方は京都で頑張って、こちらは当たったらラッキー!程度で構えた方がいいのかな?

当てに行くと大火傷しそうですからね。。

それではやる前から何とも弱気ですが、東京新聞杯の過去の傾向からです。参考データは中山開催を除く過去9年分で。

上位人気の成績
1番人気
4、1、3、1、4、6、2、7、5
2番人気
6、4、2、2、7、13、1、3、7着
3番人気
12、8、4、12、8、15、6、11、13
4番人気
13、3、6、11、6、11、7、6、

4番人気以内の馬は3勝、2着4回、3着3回。ハンデ戦並の酷さ。4番人気以内の馬総崩れも9年のうち3度もあり、人気馬は疑ってかかって吉。
代わりに5〜7番人気の馬が4勝、2着3回、3着4回と頑張っており、上位人気馬を上回る成績。
7番人気くらいまでは成績にさほど差がないと考えて、軸も紐も手広く選びたいところです。

軸馬選び?
7番人気以内の馬に絞った前走別成績です。
G欺仭馬
3、8、7、4、5、13、6、7、1、7、6着
芝のG供■猫系対馬
3、4、1、10、6、7、6、11、13、6、5、8着
芝のG供■猫沓魁腺誼綰
2、7、4、1、1、9、4、4、3、7、13着
芝のG供■猫沓驚絨焚
6、2、6、7、3、4、8、15
芝のOP特別3着以内
13、4、10、2、9、1、2、3、9、2、3
芝のOP特別4着以下
12、11、12、
芝の1600万条件1着馬
1、2、3、16、1、11

何かと人気になりやすい前走G義箸任垢、寒い時期にレース間隔が開くことで仕上がりは今ひとつなのか?あまり成績が良くありません。
また前走重賞組もコース相性か距離適性か?あまり目立った成績は上げておらず、特に前走連対していた馬の成績は悲惨。
代わりにOP特別好走馬や1600万下勝ち馬が好成績。格より、実績よりも“調子”重視で予想をした方がいいかもしれません。

穴選び
こちらは8番人気以下の馬の前走別成績です。
G欺仭馬
9、10、3、10、15着
芝のG供■猫系対馬
5、12、12、4着
芝のG供■猫沓魁腺誼綰
11、11、11、16、10着
芝のG供■猫沓驚絨焚
5、10、14、15、9、8、5、6、9、2、3、5、7、12、16、10、14、15、8、16、9、10、12着
芝のOP特別3着以内
1、15、
芝のOP特別4着以下
9、6、11、12、13、5、12、13、14、8、10、13、13、15、2、5、9、12、4、5、13、14、11、14、16着
芝の1600万条件1着馬
11、14、8着
ダート戦出走馬
7、8、15、14、14、16、8、15着

こちらも7番人気以内の馬と似たような傾向でOP特別好走馬は要注意。特にニューイヤーSとの相性が抜群に良く、人気馬でも人気薄でもニューイヤーS組には警戒が必要です。
重賞組は5着以内の馬からの1発はまだありませんが、二桁着順からの巻き返しも平気であるレースですので買い目に余裕があれば手広く流しておきたいところ。

今日のまとめ
今年も人気になりそうな前走好走馬が多くいますが、データからはどれが飛んでも不思議じゃない危険な人気馬。
せっかくこういう傾向が出ていることですし1発を狙いに行きたい。理想としてはニューイヤーSの好走馬を狙いたかったんですが、今年は3着以内の出走はなし。ただ4着のレッドスパーダは東京実績も良く、実際この東京新聞杯も優勝経験のある馬。
軸にするか、紐に回すかの判断はまだできませんが、何れにせよ厚く狙ってみたいと思ってます。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:03|この記事のURLComments(2)TrackBack(3)

2013年01月30日

きさらぎ賞 過去の傾向から

アンカツさん引退ですか。。残念ではありますけど年齢的なことを考えれば残念というよりも、お疲れ様でした!になるんでしょうね。

アンカツさんがいたからこそ、地方在籍のまま中央のクラシックに騎乗できるようになったんだと思いますし。中央移籍の流れも1回目の筆記試験で落ちたからこそ、現行の移籍ルールになりました。
そして中央移籍後にもあれだけの活躍をしたからこそ、後に続く地方騎手が増えたといっても過言じゃないと思います。

そういう意味で、この方がいなかったら昨年のジェンティルドンナ、ゴールドシップの鞍上は違う騎手だったのかも!?なんてことまでありえるのかも??

ちなみにきさらぎ賞ではドリームパスポートに騎乗しメイショウサムソンを負かしてるんですが、次走で他の騎乗馬との兼ね合いもありクラシックで手綱をとることはありませんでした。
もしドリームパスポートがアンカツさんとのコンビでクラシックに出走していたら…?
今日くらいはそんな妄想に耽るのもいいかもしれません。

それではきさらぎ賞。過去10年の傾向です。

上位人気の成績
1番人気
3、2、3、2、4、7、1、2、4、
2番人気
2、10、1、1、2、6、2、5、3、3
3番人気
1、1、4、8、1、4、4、4、1、4着
4番人気
10、11、9、5、3、5、5、6、6、

3番人気以内の馬で8勝、2着6回と14連対!出世レースといわれるだけあり人気馬が強い傾向。ただし少頭数になることが多いせいか4番手以下が手薄になることが多く、上位陣がポカした場合は紐荒れになることも多い。
人気どころに不安がある場合には、紐荒れ狙いをしても面白いかも。

前走別成績
朝日杯FSで5着以内
4、5着
朝日杯FS6着以下
6、3、5着
ラジオNIKKEI杯5着以内
11、1、2、10、1、4着
ラジオNIKKEI杯6着以下
9、
その他の芝の重賞連対馬
2、3、10、4、4、6、3、10着
その他の芝の重賞3〜5着馬
11、6、7、5、4、7、8着
その他の芝の重賞6着以下
7、14、8、9、11、12着
芝のOP特別連対馬
4、2、2、1、2、6、
芝のOP特別3着以下
8、6、9、5、5、5、15、6、10、9着
芝の500万下勝ち馬
1、1、1、8、8、7、2、4、5、
芝の500万下2着以下
5、12、5、8、12、3、9、10、12、2、9、11、3、8、9、10、11、1、6、7、10、2、11、13着
芝の未勝利戦1着馬
7、14、13、6、7、11、3、5、8、1、3、7、9、2、3
芝の新馬戦1着馬
3、7、8、4、12、4、6着
ダート戦出走馬
6、10、13、4、14、9、7、1、13、8、12着

ラジオNIKKEI杯組を筆頭に前走重賞組はポカが多い。5着以内に好走していた馬でさえ平気で着外に飛んでいます。
ステップとしてはOP特別や500万下出走馬に好走馬が多く狙い目。特に500万下組は2着以下の馬でも馬券に絡む馬が多く要注意です。
未勝利戦からも馬券絡みはあるので、基本的には重賞、OP実績は不要なレースですが、さすがにキャリア1戦だとちょいと厳しい模様。

上位3番人気の前走別成績
朝日杯FS出走馬
4、5着
ラジオNIKKEI杯2歳S5着以内
1、2、1、4着
その他の芝重賞5着以内
2、3、10、4、3、4着
芝のOP特別連対馬
2、1、2、6、
芝の500万下1着馬
1、1、1、8、7、2、4、
500万下2着以下
3、1
未勝利戦1着馬

新馬戦1着馬
4、4着

3番人気以内の馬であれば、あまりステップ成績は関係ないのかも!?なんて思っちゃうデータ。ただラジオNIKKEI杯以外の重賞組はちょいと怪しい感じはしますが…。
今年でいうとタマモベストプレイは危険な感じかなと。

今日のまとめ
基本人気馬が強いレースなのであまり捻らず買おうとは思うんですが、上にも書きましたがタマモベストプレイはちょいと危険な香り。レース振りをみてもあまり距離伸びて良さが出るタイプにもみせませんしねぇ。またキャリア1戦リグヴェーダ、朝日杯組のクラウンレガーロも上位人気に支持されるなら軽視したい存在。
人気になりそうなところでは上の3頭を気持ち軽視して。あとは素直に予想したいと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:26|この記事のURLComments(4)TrackBack(7)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList