今週の予想

2013年01月13日

京成杯 最終予想

まずは武豊騎手3500勝おめでとうございます!
武さんの記録は凄すぎることに変に慣れちゃっててピンと来ないですけど、年間100勝を30年やっても届かない数字ですからねぇ。

まさに天才と呼ぶのに相応しい。凄すぎです!

私といえば土曜のフェアリーSに続き、本日の日経新春杯でも本命馬が4着。しかもカルドブレッサ、かなり良い脚で追い込んで見せ場は作ったハズなのに直線の実況で1度も馬名を呼ばれることがないという盛り上がりにも欠ける外し方。

これが凡人か…。明日頑張ります。


京成杯 データ

出走するかどうか最終追いきりまで決めかねていたPO馬ラウンドワールドが出走してきた。前走は出負けした上に久々の影響か?全く直線でも全く伸びずに惨敗。
あんな馬じゃないと思っていますので、とっとと汚名を返上して欲しいとは思っていたんですが…。データからは危険な人気馬なんですよね。。

不利なデータはまるで無視して心中!するか?でかなり揺れたんですが、ここは心を鬼にして。

マイネルマエストロ。前走芝の500万下で3着以内だった馬の成績は3−1−3−4。このうちエリカ賞の勝ち馬も3、1、1、12着と好成績。脚質や走りからも中山コースに問題はなさそうでむしろ向きそうな雰囲気。前走同様楽に先手を切るようだとちょっと止まらなさそうな予感。

マイネルエストラーノ。ホープフルS連対馬の成績は8、1、1、3着。先行して粘りこむ競馬が合うタイプで差して惨敗した2走は度外視。今回も頭数的にも面子的にもすんなり2、3番手を追走できそうで、先手を切りそうな本命馬は同馬主ですから道中ガツガツやりあう事も考えられない。ペースによっては行った行ったのマイネル丼もありえそう。

ラウンドワールド。軸にはしませんが流石に4番手以下までは心情的に落とせない。前走6着以下の馬は不振なデータと前が残りそうな展開。大外枠で最後方追走が濃厚…。買える要素はポテンシャルの高さだけという危険な人気馬ですが、能力だけでなんとかして貰いたい。そんな希望も込めて。

押さえに朝日杯5着以内の馬は2、1、1、2着。データ上は一押しのフラムドクロワール。母はオークス馬ですが個人的にはあまり距離伸びて良さそうなタイプには見えないのでちょいと軽視しての△。
他では前走中山で見せたパフォーマンスが素晴らしかったフェイムゲーム。そして1、2、7、7、2、10着とポカも多いラジオNIKKEI杯5着以内の馬ですが無視はできないアクションスター

キャリア1戦は不利なデータ。兄たちの走りからも中山での好走がイメージできないリグヴェーダは気合の消し。来たらやむなし。

買い目
◎マイネルマエストロ〇マイネルエストラーノ▲ラウンドワールド
△フラムドクロワール、フェイムゲーム、アクションスター

馬連 ◎−〇▲△△△ 5点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△ 10点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△ 24点



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 18:02|この記事のURLComments(6)TrackBack(11)

2013年01月12日

日経新春杯 最終予想

う〜ん。馬券的にはクラウンロゼは拾えていましたのでウキヨノカゼさえいなければ〜というG前大興奮の競馬だったんですが…。

負けちゃいましたね、イリュミナンス。流れに乗り切れなかったか。。
週中のデータ記事でも触れましたが、このレースを使って賞金加算に失敗すると次走がほんと難しい。。連対してれば恐らくTR直行だったと思うんですが…。
賞金足りてませんからねぇ、ちょいとローテにも影響する敗戦になるかもしれません。

テイラーバートンやアドマイヤセプターのようにならないといいんですが。

では気持ちを切り替えて。明日の予想に。

日経新春杯 データ

オッズ割れまくってますねぇ。一応現時点での並びはムスカテール、ダコール、エキストラエンド、トウカイパラダイス、オールザットジャズの順。
このうちエキストラエンドを除く4頭が前走重賞で好走していた馬なんですが…。5番人気以内の馬で前走芝のG供■猫靴馬対していた馬の成績は1、6、1、10、4、2、7、着。5割の確率で連を外しています。
前走3着以下だと更に信頼度は落ち、6、7、5、14、7、6、4、8、11、15、1、4、6、2、4、10着。

前走連対のムスカテールはアルゼンチン共和国杯から2ヶ月ぶり。その他の重賞好走馬は3着以下。
一応5番人気以内の馬が毎年2頭ずつ馬券になっているというデータもあるので軽視は流石にできませんが、どれが飛んでもおかしくはない雰囲気。

折角のハンデ戦ですしね、あえて本命はハンデ戦らしい馬で勝負してみたいと思います。

カルドブレッサ。前走1600万下からは過去10年で8頭も馬券絡み。ハンデが良く効くレースのようで格上挑戦は問題なし。ここ2走2200m以上を使って好走していますが1800、2000mよりも競馬がしやすそうな感じで京都の長距離も合いそうな雰囲気。

ダコール。なかなか勝ち切れない馬ですがここまで22戦して6着以下は昨年のオールカマー1度だけという安定した成績。また京都コースは3−2−2−0と複勝率パーフェクト。コース相性もいい。前述のとおり前走重賞3着以下だった馬の成績があまり良くないのは気掛かりですが、この実績でこのハンデなら。

メイショウカンパク。15着大敗のジャパンCもアガリ3Fは33秒9とこの馬なりに走れており、調子落ちを心配する必要はなさそう。実績馬のピークが過ぎ微妙な面子だったとはいえ京都別定G兇両,素呂任垢らね!このオッズなら買わずにいられません。

△に前走重賞連対馬のムスカテール。ちょいと人気になりすぎな気もしますが京都4連対のトウカイパラダイス。京都新聞杯で3着の実績があるエキストラエンド。前走ではありませんが京都2200mの準OPで連対経験のあるカフナも面白そう。

買い目
◎カルドブレッサ〇ダコール▲メイショウカンパク
△ムスカテール、トウカイパラダイス、エキストラエンド、カフナ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 17:22|この記事のURLComments(6)TrackBack(18)

2013年01月11日

フェアリーS 最終予想

先行脚質のウインプリメーラ、イリュミナンスが内目の枠に。末脚を生かすタイプのサンブルエミューズ、スズノネイロが外枠に。

展開次第ですけども人気どころの枠順はちょいと明暗を分けた感じでしょうかねぇ。

これを踏まえて素直に行ってみたいと思います。

フェアリーS データ

すんなり先行できそうな好枠を引いた2頭から買いたいと思います。すっ飛ばして行くような馬もいなさそうですしペースもさほど速くはならないはず。
まだ内枠、先行有利の馬場だと思われますので止まらないはず。

イリュミナンス。先行して突き抜けた前走新馬戦の内容が素晴らしい。キャリア1戦馬や前走未勝利からでも勝負になるレース。今年も2勝馬は2頭のみで500万下に毛の生えたようなメンバー構成、しかもその2頭は外枠に〜であれば厳しい流れにはならないでしょうし、レース経験のなさもさほど気にはならない。好位で流れに乗ってくれればあっさり突き抜けそうな予感。

ウインプリメーラ。本命馬よりも血統的には中山に合いそうなタイプ。脚質も自在でこの枠なら今回もすんなり先行しそうな感じ。ただHペースで飛ばしそうな雰囲気もあり、久々なのでオーバーペースでぱったりなんてこともあるのかも?

カスティエル。外枠の人気の差し馬2頭の差し損ねを狙って、内の先行馬をチョイス。スピード感のある走りをするタイプの馬なので、馬場が止まらず展開が向けば見せ場以上のものがありそうな雰囲気。

△には同じく前走先行していたクラウンロゼ。ただこちらは切れる脚を使うタイプに見えるので中山替りはどうか?という気も少々。あとは前走ダートですが上手く先行できればしぶとそうなモンシュシュを。
最後に枠と脚質で嫌いましたが実績上位の2頭サンブルエミューズスズノネイロ。そして大外枠&人気も無さそうなんですが、決め手非凡のスイートサルサを穴で押さえて終了です。

買い目
◎イリュミナンス〇ウインプリメーラ▲カスティエル
△クラウンロゼ、モンシュシュ、サンブルエミューズ、スズノネイロ
×スイートサルサ

馬連 ◎−〇▲△△△△× 7点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△× 21点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△× 36点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:23|この記事のURLComments(2)TrackBack(13)

2013年01月10日

フェアリーS 過去の傾向から

いい馬が揃っちゃいましたねぇ!という表現はどうかと思うんですが、いい馬揃っちゃいました。

久々の阪神JFでは2番人気を裏切ってしまったものの牡馬相手の芙蓉Sで直線一気を決めているキョウエイマーチの孫サンブルエミューズ
デビュー戦では素質馬レッドオーヴァルを負かし続くつわぶき賞では2馬身差の圧勝のスズノネイロ。新設重賞アルテミスS3着馬ウインプリメーラ
そしてキャリア1戦で新馬戦で5馬身差の圧勝を決めたイリュミナンス

個人的には特に年末のクラシック予想で厚い印を打ったイリュミナンスの走りが非常に楽しみ!

なんですが…。何といっても枠順に有利不利がありマギレの多い中山マイル。馬場状態も馬場状態ですし実力以外のところでレースが決まりそうな予感が。。
またこのレースは微妙な時期にあるんですよね。勝って賞金加算できればいいんですけど負けてTR直行だと除外の可能性が出てきますし…。間に500万とかOPを挟むとレース間隔がタフになりますし…。

実際、このレースを人気で負けて桜花賞に進めなかった素質馬は過去にいましたからねぇ。
いい馬が揃っちゃっただけにその辺りが非常に心配。

それでは期待と不安が入り混じるフェアリーS。過去の傾向からです。
参考データはマイル戦になってからの4回分で。

上位人気馬の成績
1番人気
1、3、1、4着
2番人気
9、2、3、16着
3番人気
6、4、14、
4番人気
2、13、4、8着
5番人気
8、6、6、

僅か4回の開催で既に二桁人気馬が3頭も馬券絡み。一応4回とも3番人気以内の馬が連には絡んではいるもののいつ人気薄同士で決まっても不思議じゃない波乱の傾向。
キャリアが浅く力関係がはっきりしないのと、枠順や展開による有利不利も大きいためか人気薄の馬が人気馬に先着する“着狂い”も多いようです。人気馬から入っても着固定はせずマルチで買うほうがいいかもしれません。

前走別成績
阪神JF5着以内
8着
阪神JF6〜9着以下
1、4、
阪神JF10着以下
9、1、6着
芝のG供■猫靴韮驚絨焚
10、10着
芝のOP特別4着以下
3、5、10、14着
芝の500万下1着馬
9、3、4、5着
芝の500万下2〜5着馬
15、7、2、4、5、10、12、3、8、16着
芝の500万下6着以下
14、16、12、14、16、3、7、11、13、7、11、12、15着
芝の未勝利戦1着馬
5、6、7、11、1、13、6、15、
芝の新馬戦1着馬
2、13、2、4、6、8、9、15、14、9、13着
ダート戦出走馬
12、11、8、16着

過去4年のうち3回の優勝馬は阪神JFから。これだけ見ると重賞やOPでの実績、経験が生きるレースにもみえますが、実際は逆。新馬、未勝利から4連対と500万下ですら経験不要の重賞のようです。
中山適性や枠、展開がピタリと嵌れば前走クラスや着順も不問。中山に合いそう!という馬が見つかった場合は人気薄でも積極的に押さえて行きたいところです。
まぁ見つかれば苦労しないんですが…。

4番人気以内の馬の前走別成績
阪神JF出走馬
1、1、1
芝の500万下1着馬
9、3、4着
芝の500万下2着以下
3、4、8、16着
芝の未勝利戦1着馬
6、13着
芝の新馬戦1着馬
2、2、4、14着

阪神JFからの3勝は何れも4番人気以内の馬でした。まだサンプル数が少ないので何とも言えませんが、JF組の人気馬には敬意を払わなくてはいけないようです。またキャリア1戦で人気に支持される一見危険な人気馬も2連対と悪くありません。
むしろ危ないのは前走500万下で人気に支持されるタイプのようで、これまで7頭が出走し連対はなし。

今日のまとめ
前走阪神JF出走の4番人気以内の馬は3連勝中。中山マイルでOP勝ちの実績もありますしサンブルエミューズがデータからの一押し馬。ただ年明けてからは更に先行、内有利の傾向になっているような気がするんですよね。この馬の脚質を考えると…。
かなり枠にも影響されるように思いますので、明日枠順が発表されてからまたゆっくりと考えようと思います。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 22:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(3)

2013年01月09日

日経新春杯 過去の傾向から

明け4歳のルーラーシップ、ヒルノダムール、ローズキングダムがワンツースリーを決めた11年。そして有馬記念3着からトゥザグローリーが58.5キロで貫禄を見せた昨年。
ここ2年の日経新春杯は最強世代とも言われた10年クラシック世代が盛り上げてくれていましたが、今年はG気嚢チ実績のあるような“目玉”が不在。

ちょいと寂しい気はしますけどね、何だかいつもの日経新春杯に戻った感じもして懐かしい気分。
またあのレベルの馬が出てきちゃうと馬券的にはもうお手上げになっちゃいますからねぇ。ハンデ戦の予想を楽しむという風に考えればビッグネームの参戦がないのもまた良し!なのかも!?

ただ今年は出走頭数が多そうで当たる気がしませんが。。

とりあえず、大本命不在で混戦ムードの真冬のハンデ戦。楽しんで参りましょう!
それでは、日経新春杯。過去10年の傾向からです。
上位人気の成績
1番人気
2、1、9、3、6、4、7、2、3、1
2番人気
7、14、1、1、4、2、5、1、1、5着
3番人気
6、3、3、10、8、1、2、4、2、2
4番人気
1、6、5、6、2、11、3、7、10、4着
5番人気
4、5、7、5、1、7、15、12、6、10

5番人気以内の馬で9勝、2着7回。ハンデ戦らしく1、2番人気馬にはポカもありますし超人気薄の突っ込みもあるレースですが、意外にも上位人気馬の連絡みは多い。過去10年では4番人気以内の馬の全滅はなし。勝ち馬もあの09年のテイエムプリキュアを除くと全て5番人気以内です。また3着以内には毎年2頭以上5番人気以内の馬が入っております。
連軸は4番人気以内から。3連単は5番人気以内の馬による2頭軸が傾向からのオススメです。

5番人気以内の馬の前走別成績
有馬記念出走馬
2、3、6、5、12、1、1
その他のG欺仭馬
9、3、3
芝のG供■猫系対馬
1、6、1、10、4、2、7、
芝のG供■猫沓鈎絨焚
6、7、5、14、7、6、4、8、11、15、1、4、6、2、4、10
万葉S3着以内
1、2
その他芝のOP特別連対馬
7着
芝の1600万条件連対馬
1、3、5、1、1、2、7、2、10、5
芝の1600万条件3着以下
4着
芝の1000万条件1着馬
5、

有馬記念をはじめとした前走G欺仭馬でもポカはあり。前走がG供■猫靴任△譴仭袷連対していた馬でも連対率は5割。前走が3着以下ならかなりの確率でぶっ飛びが見込めます。
逆に前走1600万条件連対馬は非常に高い複勝率。ハンデ戦ならではといった傾向でしょうか。

6番人気以下の前走別成績
有馬記念出走馬
4着
その他G欺仭馬
4、11着
芝のG供■猫系対馬
9、14、5、12着
芝のG供■猫沓鈎絨焚
5、8、10、11、12、13、2、7、8、10、2、4、7、12、9、13、15、1、6、9、13、14、16、8、4、5、9、13、8、11着
万葉S出走馬
3、6、12、6、9、3、7、12着
その他芝のOP特別出走馬
4、12、13、10、8、12、8、16、10、11、3、7、8、11、9着
芝の1600万条件連対馬
3、8着
芝の1600万条件3着以下
9、8、2、5、5着
芝の1000万条件出走馬
11、7、10、10着
ダート戦出走馬
6、9、3、9、11、12、10、6着
障害戦出走馬
11着

人気薄で馬券に絡んだ馬の前走はG供■猫沓驚絨焚爾らの巻き返し連対が3頭。万葉Sなど芝のOP特別から3頭が3着に。そしてダートを含む条件戦から3頭が馬券になっております。
重賞、OPからは二桁着順からの巻き返しもあり、コース適性とハンデにさえ恵まれれば前走着順はさほど気にしなくて良さそうな雰囲気です。

今日のまとめ
京都コース3−2−2−0でハンデも55キロと恵まれたダコール。ただしデータからは前走G供■猫沓鈎絨焚爾稜呂呂なり危険な人気馬。。
買い材料あり、また不安材料ありの1番人気馬をどう扱うかがこのレースのポイントになりそうです。素直に考えれば買いなんですけどねぇ。素直じゃないもので…。
他では好走の多い前走準OPの連対馬カルドブレッサが面白そう。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(4)

2013年01月08日

京成杯 過去の傾向から

ジェンティルドンナ年度代表馬選出!牝馬の年度代表馬は近年珍しいことではなくなってきましたが、3歳牝馬の受賞は史上初とのこと。
また競った相手がオルフェーヴルにゴールドシップですからね!今年の受賞は一層価値が出たような気がします。

毎年このJRA賞の選出では何とも言えない投票をする方がいてイライラさせてくれるんですが、今年はそういう投票も少なく3歳牝馬と3歳牡馬は満票での選出。水を差されることもなくホッと致しました。

年度代表馬に投票が入った4頭は4頭とも今年現役続行。来年の今頃にもまたこの4頭に投票が入るような活躍をそれぞれに期待したいものです。
まぁ、もしかしたら凱旋門賞を獲って文句なし!ってな馬が1頭出てきちゃうかもしれませんけどね!

では本題を。同距離、同コースということもあり非常に皐月賞と関連が深いレース。京成杯過去10年の傾向からです。

上位人気の成績
1番人気
11、3、1、1、2、1、2、1、12、
2番人気
2、1、7、8、12、4、1、3、1、1
3番人気
5、2、8、5、1、8、7、2、14、8
4番人気
1、4、2、3、5、3、中、4、10、4

過去10年の勝ち馬は全て4番人気以内。中でも1、2番人気が4勝ずつと滅法強く、1番人気が連を外した4回は全て2番人気が連対。即ち1、2番人気が揃って連を外したことはありません。
7番人気以下が6頭馬券に絡んでいるように軽く紐が狂うことはありますが、基本的には上位人気馬が強いレース。軸は素直に人気馬から選ぶのが良さそうです。

前走成績から
朝日杯FS5着以内
2、1、1、2
朝日杯6着以下
4、6、5、16着
ラジオNIKKEI杯2歳S5着以内
1、2、7、7、2、10着
ラジオNIKKEI2歳S6着以下
3、11、10、11、5、12、13、16、6
その他の芝の重賞で5着以内
2、3
その他の芝の重賞6着以下
6、7、9、7、2、11
ホープフルS連対馬
8、1、1、3
ホープフルS3〜5着馬
5、7、2、3、9、9、10、6、1、3、8、12着
ホープフルS6着以下
4、5、7、5、10、4、5、6着
その他の芝OP特別出走馬
13、9、6、10、11、4、14着
エリカ賞連対馬
3、1、1、12
その他の芝500万条件3着以内
8、3、2、3、4、9、
その他の芝500万条件4着以下
9、4、14、15、7着
芝の未勝利戦1着馬
1、6、12、6、4、5、2、5、4、8、6、4、8、12、中、6、7、12、2、7、13、14、11
芝の新馬戦1着馬
10、8、5、8、9、11、8、10、9、15着
ダート戦出走馬
8、10、8、9、7、10、11、3、12、15、中、3、5、11、4、10、13、9、13

複勝圏内に入った30頭中28頭が前走5着以内に好走。6着以下から巻き返したのはラジオNIKKEI杯(当時たんぱ杯)8着のコスモインペリアルと東スポ杯2歳S6着のベンチャーナイン、2頭とも重賞からでした。
500万下好走馬でも特に関係なく馬券になっているので重賞、OP実績は不要なようですが、さすがにキャリア1戦の馬には厳しい感じ。未勝利組も3連対はしているものの連対率を考えると…。500万下の好走経験はあったほうが良い感じです。

4番人気以内の前走別成績
朝日杯FS出走馬
2、1、4、
ラジオNIKKEI杯2歳S5着以内
1、2、7、
ラジオNIKKEI杯2歳S6着以下
11着
東スポ杯2歳S3着以内
2、3
ホープフルS3着以内
2、8、1、1、1、3
ホープフルS4着以下
5、5、8着
その他の芝OP特別出走馬
4着
エリカ賞連対馬
3、1、1、12着
その他の芝500万下3着以内
8、3、2、3、4、
芝の未勝利戦1着馬
1、5、中、14着
芝の新馬戦1着馬
8、10着
前走ダート戦出走
7、12、4着

ポカが多い気がしたラジオNIKKEI杯組も人気馬、前走5着以内に絞ればまずまず。また同じくホープフルS組も3着以内の人気馬に絞れば上々の成績。
人気馬で疑ってかからなくてはならないのは、前走6着以下(ホープフルSでは4着以下)に負けているのに人気になっているタイプや新馬、未勝利やダート戦からの出走馬。
それ以外の人気馬はあまり逆らわないほうがいいのかも!?

今日のまとめ
私のPO馬ラウンドワールドが登録。現時点で出てくるかどうか微妙なところではあるんですが…。もし出てくるとなるとデータ上はかなり危険な人気馬に。。
前走のアレがこの馬の実力だとは思いませんし、とっとと巻き返して安心させて欲しい!という気持ちもあるんですけどね、これを見ちゃうと無理して出なくてもという気もチラホラ。う〜む。悩ましい!
逆にデータからの狙い目は朝日杯4着のフラムドクロワール。ホープフルS連対馬マイネルエストラーノ。エリカ賞勝ち馬マイネルマエストロ、ラジオNIKKEI杯4着アクションスターの4頭。
キャリア1戦馬や未勝利戦から人気になりそうなのが登録していますが、軸は上記の4頭の中から無難に選んでみたいと思います。

ラウンドワールドが出走してこなければ。ですが…。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:32|この記事のURLComments(2)TrackBack(7)

2013年01月05日

シンザン記念 最終予想

縁起物レースとかそんなものは関係ない!東西金杯は当てに行く!と宣言して豪快に外しました。

余計な宣言はしない方がいい。

年明け早々、勉強になりましたね。嘘でもいいから好きな馬から買うとか!誕生日馬券で運試し!的なことを買いときゃ良かった。

ただ今日わかったことはそれだけではありません。今年も中山も京都も馬場は荒れ荒れ。芝のレースをみるに非常に内、そして先行馬が有利。
明日のシンザン記念に向けて今日の敗戦は決して無駄にはならないはずです。この傾向を踏まえれば必ず明日は獲れるはず!

私はまた余計なことを書いているんでしょうか?

まぁ、やる前から弱気はよくありませんからね。無駄に強気で行ってみます。

シンザン記念 データ

内の先行馬を狙え!となると真っ先に目が行くのがエーシントップな訳ですが前走朝日杯FSで6着以下だった馬は1、5、1、3、4、5、7、4、5、10、2、12、13、4、11、12、14、6、7、10、4、10、12、10、15着。
4番人気以内に絞っても1、5、1、3、4、5、4、10、4、12着と結構危険な人気馬。

おまけに今年はやたらと先行馬が多い気がする…。安易にこの馬に手を出すのは罠なのかもしれない。考えすぎでしょうか?

とはいえこれだけ先行勢が揃ってると外の先行馬は枠だけでかなり不利かも?ということで好位の内で脚を溜め、終いが伸びそうな馬というのを狙うことにしました。

タマモベストプレイ。先行脚質ですが追って追ってグイグイ力強く伸びてくるタイプ。1F延長となりますしこれだけ逃げ・先行馬が揃えば無理して先行して脚を使うようなこともしないはず。恐らく中団やや前目の内で脚を溜めながら追走してくれるんではなかろうか。タフな競馬に強そうなタイプで厳しい展開も向きそうな予感。

エーシントップ。上記のデータから本命にはしませんでしたが実績では1枚上の内枠の先行馬、当然重い印で厚めに行きます。外から来られた場合は番手で脚を溜めながらの競馬もできますし、来なければそれこそマイペースでの逃げ・先行。止まりません。マイルにやや不安はありますが中京の1400mを押し切っているので京都のマイルなら持つのかなと。

アグネスキズナ。減量騎手ではありましたが先行して2着馬をコンマ7秒ぶっちぎった前走が秀逸。キャリア1戦、4キロ斤量増、距離延長と不安材料だらけではありますが、前走内容と今の京都の馬場状態を考えると夢をみたくなってしまう馬。一応キャリア1戦馬は過去10年で4頭が出走し2頭馬券絡み。キャリア1戦でも通用するレースではあります。

△は内の先行馬と言うことでアルバタックスネオウィズダムを。あとは先行馬が揃いましたので展開が思いっきり速くなった時に中団〜後方待機から1発がありそうなヘミングウェイ
最後に外枠ということで嫌いましたが実績十分の先行馬カオスモスまで。

買い目
◎タマモベストプレイ〇エーシントップ▲アグネスキズナ
△アルバタックス、ネオウィズダム、ヘミングウェイ、カオスモス

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:34|この記事のURLComments(4)TrackBack(14)

2013年01月04日

中山金杯、京都金杯 最終予想

今年最初の運試し。縁起もののレースでもありますし誕生日馬券や何かにちなんだ数字で買う方も多いかもしれません。

宝くじ気分で当たったらラッキー!的な。

ただ毎週競馬をやる人間にとってはとっとと片目、両目を開けに行きたい気持も強い。
両金杯外した上にシンザン記念も外すと開幕重賞3連敗。当然焦りも出てきます。

真面目に予想しまくっても的中率が低い私は当然当てに行きます(当たるかどうかは別として)!
とっとと初日を出したい!!

それでは。中山金杯 データ

過去10年で4番人気以内の馬が9勝。波乱含みのハンデ戦で上位人気の成績も安定していませんが、上手い具合にフォローしあい意外に人気馬は勝ち切っている。
軸は素直に人気サイドから。紐にちょろりと人気薄をぶち込んでというスタンスで買ってみたいと思います。

ダイワマッジョーレ。前走G沓鈎絨米發稜呂ら5頭が連対ということで中山適性のありそうな前走重賞好走馬をチョイス。中山得意なダイワメジャー産駒、実際中山実績も0−1−1−0と問題なさそう。前走G兇韮加紊砲覆蠅覆らも55キロと手頃なハンデというのもいい感じ。

アドマイヤタイシ。こちらも本命馬と狙いは同じ。中山に出走歴はありませんが速いペースを先行してしぶとく、力の要る馬場で結果を出しているので中山も得意そう。こちらも重賞で連続連対しているのに55キロとハンデにも恵まれた印象。

タッチミーノット。こちらも前走重賞好走、中山実績も重賞2着と申し分ない成績。ただ前走から間隔が開いたのと57キロのハンデはマイナス材料。ちょいと嫌っての3番手評価に。

△に中山といえば見た瞬間押さえなきゃいけない馬、9歳でもキョウエイストーム。能力的にはちと足りない気もしますが中山3勝のニシノメイゲツもハンデ差が生かせれば。
中山替りで復活期待のコスモオオゾラと展開嵌れば再度見せ場がありそうなタガノエルシコまで押さえて終了です。

買い目
◎ダイワマッジョーレ〇アドマイヤタイシ▲タッチミーノット
△キョウエイストーム、ニシノメイゲツ、コスモオオゾラ、タガノエルシコ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点


京都金杯 データ

前走重賞好走馬が好調。ただしマイルCSからの直行馬はポカが多く人気でも信頼度はいまひとつ。
今年は前走重賞で5着以内に好走している馬が3頭しかおらず、1頭は新潟記念から久々となるエクスペディション。もう1頭は好走した前走が17番人気の超人気薄だったキングストリート。ということで単純に残りの1頭を狙ってみます。

ショウリュウムーン。昨年、一昨年と京都牝馬Sを連続連対。京都金杯は昨年4着と京都マイルは好相性コースで冬場も走る。昨年や一昨年ほど面子も揃っていないように見えますし、この面子なら55キロでも。ただ近走は1走ごとにポカしてるのは気がかり。

サウンドオブハート。まだ底をみせていない快速4歳牝馬。桜花賞以来の競馬で古馬混合OPを勝ち切るなど成長力もある模様。前走OP特別組は人気では結果が出ておらず、1枚評価を下げた格好すがG轡譽戰襪覆蕕△辰気蠧佑抜けても不思議じゃない馬。

ニシノビークイック。前走1600万、1000万からの出走馬は4連対とハンデ差を生かして好成績。デビュー時は1800mでも連対していた馬なので距離延長にも対応できそうな雰囲気。展開が見方すれば計ハンデを武器に1発ありそう。

△にマイルCSからの直行で評価を下げましたが相手なりに走るダノンシャーク。前走重賞好走馬の2頭キングストリートエクスペディション。データからは大幅割引きもこの面子なら買わざる得ないトーセンレーヴまで押さえて終了です。

買い目
◎ショウリュウムーン〇サウンドオブハート▲ニシノビークイック
△ダノンシャーク、キングストリート、エクスペディション、トーセンレーヴ

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連複1頭軸 ◎−〇▲△△△△ 15点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList