MY競馬

2006年12月30日

来年の勝手なクラシック予想 牝馬編

昨年もやりましたが来年のクラシックの勝手な予想です。

ちなみに昨年の記事はこちら。各レース5頭ずつ選んでいるんですが皐月賞、ダービー、NHKマイルCは勝ち馬を、桜花賞、オークスは2着馬の名が。
牝馬クラシックの勝ち馬2頭はまだこの時期未勝利でしたので、我ながら結構いい予想だったんじゃないかとニヤニヤしております。

という事で調子に乗ってまた今年も。今日は牝馬編です。

昨年のこの時期は中心馬不在で混沌としていた牝馬路線ですが、今年は既に核となりそうな有力馬が数頭登場。
桜花賞もオークスもこのままの勢力図のまま本番まで行きそうな雰囲気。


桜花賞
牡馬の評判馬相手に中京2歳Sを勝ったダイワスカーレットと2歳女王ウオッカの2頭が中心。スケールのでかさでは前者が上だと思いますが、実際同コース、同距離のG気廼い勝ち方をしたウオッカを上に取りました。

2頭以外にも伏兵と呼ぶにはあまりにも失礼な素質馬が多数スタンバイ。阪神JF組からは、馬体を減らしながらも逃げて見せ場を作ったルミナスハーバーや距離不安を囁かれながらも早め先頭から押し切りに行ったアストンマーチャン
出遅れ癖が気になるも末脚鋭いハロースピードなど。

また最近デビューした馬の中ではニシノマナムスメアルティマトゥーレもかなりの能力を感じさせます。2頭ともお母さんが短距離〜マイル路線で活躍した馬。順調に行けば逆転もあるかも。

いい馬が多すぎて絞るのが難しいのですが。

◎ウオッカ○ダイワスカーレット▲ルミナスハーバー
△ニシノマナムスメハロースピード

桜花賞はウオッカVSアグネスタキオン産駒になる予感。


オークス
桜花賞で中心に取ったウオッカ、半兄タニノベリーニがある程度距離をこなしているもののお母さんは1200、1400mで活躍した馬なので、2400mは正直微妙な感じも。まぁ、牝馬同士ですしオークスはあまり距離適性が問われないレースなんで気にしなくてもいいのかもしれませんが一応1枚評価を下げます…。

という事でオークスは
ダイワスカーレット
。松国厩舎も府中は大得意ですし能力で押し切っちゃいそう。
問題があるとしたら、変なローテを使ってオークス未出走とかが普通にありそうだという事。同厩舎にホウオーがいるのでダービー出走はないと思いますが、結構ビックリするローテをぶちまける厩舎なので。。

他は桜花賞でも名前をあげた馬の中からはルミナスハーバーハロースピード。府中の2400mならということではハイアーゲームの半妹ダノンフローラも面白そう。

◎ダイワスカーレット○ウオッカ▲ダノンフローラ
△ルミナスハーバーハロースピード


有力牝馬の血統をみるとタキオン産駒ばかり。来年の牝馬クラシックはアグネスタキオン一色になるかもしれません。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 17:40|この記事のURLComments(10)TrackBack(2)

2006年12月07日

香港国際競争を楽しんでみる

今年の香港国際競争は例年以上に日本馬の面子が素晴らしい。国内の国際G汽譟璽垢乏こ按感鞠呂集まらないので複雑な心境ではありますが、G毅艦⊂,眩世┐舛磴Δ鵑犬磴覆いと思わさせるほど充実したメンバー。折角なので大いに楽しんじゃいましょう!


まずは15時00分発走予定の香港ヴァーズ
日本馬は菊花賞馬ソングオブウインドとダービー2着馬アドマイヤメインの強力3歳馬2頭が出走予定。
レベルが高いと言われる今年の3歳馬が世界の舞台でどれほど通用するのかが非常に楽しみデス。ライバルは当然昨年の優勝馬でJCでも3着に好走した女傑ウィジャボード。この馬をぶっちぎればかなりの国際レーティングを貰えそうな予感。
エルコンドルパサーの仔が海外のG気農こΔ龍豪と戦う日が来るとは。ここを勝って来年は凱旋門賞へ!そんな夢を見させて欲しい。

お次は16時10分発走の香港スプリント
日本馬はダートのG鞠メイショウボーラーとサマースプリントシリーズの優勝馬シーイズトウショウが出走予定。
強敵は日本で日本の馬をいいようにボコってくれた2頭テイクオーバーターゲットサイレントウィットネス。そしてアズベイユドロンシャン賞の勝ち馬デザートロード
このレース日本の馬は芝が合わないのか?行ってもやられっぱなしですが今年の2頭はダートでG犠,辰燭蝓⇒亮任得意だったりと結構パワフル。
やられたらやり返す。敵地でのリベンジに期待!

ここからはGCでもライヴ放送。17時20分発走の香港マイル
日本馬の出走は1頭のみですがマイルG毅仮,ダンスインザムードが登場。もしかしたらこれがラストランになるかも?という事なので、是非有終の美を念願の海外G気脳って欲しいものです。
相手は今年の安田記念をかっさらっていった強敵ブリッシュラック。ただこの馬その後の2戦はやや精彩を欠いているようなので地元とはいえ付け入る隙は十分。
昨年のハットトリックに続いて日本勢で2連覇と行って欲しいものです。


そして最後に18時00分発走のメイン競争香港C
ここには元PO馬のアドマイヤムーンと銅メダラーディアデラノビアが出走予定。ムーンには悲願のG欺蘋覇が、そしてディアデラには6走連続3着がかかる大事なレース。
凱旋門賞2着のプライドや昨年、一昨年の優勝馬ヴェンジャンスオブレインアレクサンダーゴールドランなど強敵が揃いましたが、きっとやってくれるはず。G汽曄璽垢砲覆辰撞△辰討てくれアドマイヤムーン!

それにしてもホント香港のレースはいい馬が揃いますよね…。このままじゃ殆ど同時期に開催しているJCが廃れる一方。
殆ど出走馬が被らないエリザベス女王杯、マイルCSをJCの日に持ってきちゃってもいい気がするんですがどうなんでしょう。京都と府中で2レースずつ同じ日にG機E貔召箸發棒垢蠑紊ると思うんですけど。

まぁ1日に4RもG気笋辰燭蕕海辰舛里金が足りない訳ですが…。

儲かってるんだから少しくらい売り上げが落ちてもいいじゃないか!JRA!日本の競馬ファンにもドバイや香港、アメリカのBCのようなお祭り騒ぎを体験させて下さい!


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 20:06|この記事のURLComments(10)TrackBack(3)

2006年09月25日

ディープインパクトいよいよ凱旋門賞に挑戦!

いよいよですね。今週は待ちに待ったディープインパクトの凱旋門賞挑戦です。3歳の頃から楽しみにしていた方も多いハズ。
古馬になったら…、来年は…、海外へ。そんなプランを立てながらも怪我やピークを過ぎて出走しなかった馬も多く、ここまで陣営の思惑どおりに事が進む馬はかなり珍しいのではないでしょうか。
ディープインパクトが走ってから1年以上経ったのもあり、だいぶ観ている側もマヒしてきましたが、まるでゲームの世界のような馬。

ここまで来たら、ゲームのようにあっさり勝って貰いましょう。


実力は十分足りていると考えると、1番の強敵は天気。というか馬場。
瞬発力が最大の武器であるディープにとってエルコンドルパサーの時のように2分38秒もかかると厳しい気がします。
逆に良馬場になれば断然有利。最大の強敵ハリケーンランの3敗の内2敗は良馬場でのものですし、実際キングジョージでみる限りは結構なパワー型。
もう1頭の強敵シロッコもどうやら時計が掛かる馬場で実績があるようです。

天気さえ良ければあっさり圧勝もあるかも!?

まぁ、そんなに簡単なものじゃないとは思いますが。ここま痛い目に合い続けてきた日本馬の凱旋門賞挑戦、もうそろそろが合ってもいい頃です。
無敗の3冠を達成し、現在シンザンに並ぶ5冠馬、そしてサンデーサイレンスの最高傑作。そのそろそろにこれ以上相応しい馬はいないのではないでしょうか?

競馬の神さま!今週の競馬は全部外れてもいい。そのかわりディープインパクトが凱旋門賞で勝ちますように!



ちょっとメルヘン入っちまいました。昨日、酒飲みすぎたかも…。

ディープインパクト 2007年 カレンダー

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年07月28日

キングジョージを予想してみる。

いよいよ明日の夜ですか。キングジョージ此クイーンエリザベスダイヤモンドS。
過去の勝ち馬の中にはリボーニジンスキーミルリーフダンシングブレーヴラムタラなどなど。
ここ10年の勝ち馬を見渡してもスウェインデイラミモンジューガリレオなどヨーロッパのスターホースたちがズラリと並ぶ英国の大レース。

今年はそんな勝ち馬の中に日本の馬が入るかもしれないビッグチャンス。折角なのでキングジョージを楽しみながら応援しましょう。

まず2、3日前から2頭減って6頭立てという事ですが、このレース過去10年で8頭立てが4回、7頭立て、9頭立てが1回ずつ。あまり頭数が多くなる事はないキングジョージの中でも今年は特に少ない頭数になりました。

ただ6頭立てといっても昨年の凱旋門賞勝ち馬9戦7勝2着2回のハリケーンランをはじめキングジョージ5勝のS.スルール厩舎が2頭出し、3勝のM.スタウト厩舎が1頭とかなり濃い面子。
よりレースを楽しむために各馬どんな馬なのか軽〜く調べましたので馬券は買えないにしても遊びで予想をしたいと思います。

馬番1、5番ゲート チェリーミックス 牡5
(Linamix×母父Quiet American)
17戦4勝。一昨年の凱旋門賞2着馬ですが昨年は凱旋門賞12着、香港ヴァーズ9着などジョッキークラブ大賞勝ち以外は不振気味。
ただここ10年で4勝2着5回のS.スルール厩舎ですので軽視は禁物かも?

馬番2、1番ゲート エレクトロキューショニスト 牡5
(Red Ransom×母父Arazi)
11戦8勝。昨年の英インターナショナルSでゼンノロブロイを叩きのめし、今年のドバイWCではカネヒキリを楽に追い抜いた日本でも御馴染みの馬。かなりの強敵ですが3回負けたうちの2回が2400m戦。この距離なら負かせるかも!?
この馬もS.スルール厩舎。

馬番3、2番ゲート エンフォーサー 牡4
(Efisio×母父Zilzal
25戦5勝。コロネーションCでシロッコの3着に入ったようですが6頭立てですし評価微妙。その後2戦は少頭数のG兇任眈,討彩世蕕に格下馬。
申し訳ないがビリ候補。

馬番4、3番ゲート ハーツクライ 牡5
(サンデーサイレンス×母父トニービン)
17戦5勝。有馬記念、ドバイシーマクラシックとG杵⊂|罅4袷瓦頬楹焚修靴唇象。既に時計の掛かる馬場でも結果を出しておりレースに自在性が出てきたのも大きい。問題は起伏が激しいコースと遠征疲れ。力を出し切れればチャンスはあるハズ。

馬番5、4番ゲート ハリケーンラン 牡4
(Montjeu×母父Surumu)
9戦7勝。愛ダービー、凱旋門賞の勝ち馬。父は凱旋門賞でエルコンドルパサーを下したモンジューと言う事もあり実績からも血統からも日本の競馬ファンにとってはこれ以上ない最大のライバル。前走の取りこぼしと主戦騎手ファロンが八百長で騎乗停止なのが不安材料。

馬番6、6番ゲート マラーヘル 牡5
(Alzao×母父Nashwan)
19戦5勝。昨年の英オンターナショナルSでゼンノロブロイと走り3着。その後も英チャンピオンS、香港CとG毅鈎紊2度。G僅⊂,農いはありそうですがG気任呂舛腓辰搬りない感じも。ちなみにドバイWCでは6着とカネヒキリに負けている。3着候補。

結論
◎ハーツクライ○ハリケーンラン▲マラーヘル
△エレクトロキューショニスト

馬券にどんな種類があるのかわからないので日本の馬券で買い目予想。
馬単 ◎→○

3連単 ◎○→◎○→▲△ 


歴史的瞬間が観られますように!頑張れハーツクライ!!

世界の種牡馬

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年07月05日

体調不良

W杯観戦のため寝不足が続いた所為か、北朝鮮がミサイルを発射したせいか?
すこぶる体調が悪いので本日の更新はお休みさせて頂きます。

いつも楽しみにご訪問されている方、申し訳ございません。

尚、明日の早朝フランス−ポルトガル戦は気合いで観戦する予定です。
それではお休みなさい。


newtype777 at 19:43|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月18日

お知らせ

ニュータイプ的競馬に来て頂いてるみなさまこんにちは。
日頃、コメントやTBを頂いてる常連さまや他ブロガーのみなさまに感謝、感謝であります。

いきなりですが、試験的に掲示板を設置してみました。いつもの気まぐれなので、あまり評判が良くなかったらすぐにやめるつもりですが。

ありがたい事に普段からかなりのコメントを頂いておりますが、もっと気楽にそして気軽に訪問して頂いている皆様にレスを付けて頂いたら幸いです。

勿論、こちらのブログのコメント欄は残しますので今までどおりこちらにコメントして頂けたらこちらで返信致します。

で掲示板のタイトルですが

ニュータイプ的掲示板!

はい、そのまんまであります。何も捻ってなくてすみません。

とりあえず2つ程スレッドを作成しました。また誰でも気軽にスレッド作成できますのでドンドン作って頂けたらと思っております。

それでは、今後とも宜しくお願いします^^

競馬blogランキング


newtype777 at 20:22|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月08日

ディープインパクト凱旋門賞へ

ディープインパクトの海外遠征プランが正式に決まったようです。キングジョージは回避し凱旋門賞へとの事。

前々から海外は1戦と決めたいたようなので、どっちかと言ったら私もキングジョージよりは凱旋門賞でみたい。
ただ本音を言わせて貰うと両方見たい!!なんで1戦なんでしょ?

ただハーツクライはキングジョージの後は凱旋門賞に向かうプランもあるようなので再戦はロンシャンで実現するかもしれませんね。

日本馬は過去6頭が凱旋門賞に出走しエルコンドルパサーの2着が最高着順。

スピードシンボリが10着、メジロムサシが18着、シリウスシンボリが14着、マンハッタンカフェが13着、そしてタップダンスシチーが17着と残りの5頭は二桁着順に敗れるという日本の競馬ファンにとってはツライツライ歴史がありますが、今年は無敗の3冠馬と既に海外で実績を残しているグランプリホースの2段構え。
かなり期待しまくっちゃってもいいんじゃないでしょうか??

またアップダウンの激しいと言われるキングジョージのアスコット競馬場よりは下り坂から直線平坦になるロンシャンの方がディープにとっては競馬がしやすいはずです。こう考えると凱旋門賞で正解なのかな??

と言っても日本の馬場より格段に重いんでしょうし、向こう場面では上り坂もあるのでタフなコースには違いはありません。
おまけに斤量が3歳馬56キロに対し古馬59.5キロ。3.5キロの斤量差は大きい。過去10年の勝ち馬を見ても3歳馬が勝ちまくってますし…。

かなり厳しいレースになるのは間違えないでしょう。ひとつ疑問なのはディープは宝塚記念に出走するようですがその後は凱旋門賞に直行するのでしょうか?

唯一2着に健闘したエルコンドルパサーでも欧州初戦は2着。いきなりは厳しい。また長期滞在の間に日本にいる時とは走り方が変わって来たといいます。深いヨーロッパの芝に対応できるよう順応したのでしょう。

できればフォワ賞あたりを叩いて欲しい気もしますが、最低でもタップダンスシチーのように直前までこっちにいるのではなく、早めに向こうに行って調整してくれればなと思っております。

高原だってかなり前からドイツでスタンバってますしね!

エルコンドルパサーを見て近い将来日本馬が凱旋門賞を勝つと予感しましたが早7年。やはり早々訪れるチャンスではないようです。
どうか私の生きてる内に勝てますように!


エルコンドルパサー

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:37|この記事のURLComments(10)TrackBack(9)

2006年04月24日

ディープインパクト4冠馬へGO!

もしかしたら国内最後のレースになるのでしょうか?今週はディープインパクトが4冠目を目指し天皇賞(春)に出走します。

前走を見る限り不安材料はまるで見当たりません。何だか掛かっても勝っちゃいそう。強引に不安材料を探すなら休養明けなのに馬体重が2キロしか増えていなかった事くらいでしょうか?


相手も強敵らしい強敵も見当たらず、過去2回1番人気に推されながら13、6着とさっぱりなリンカーンが相手筆頭に指示されそうですがここでディープに勝つようなら過去2回でとっくに勝ってるでしょう。怖いのは横山典騎手が鼻歌歌った時だけ。
それも今回は前走大逃げのトウカイトリックがいますし、2番手からの積極策もアドマイヤジャパンで1回あわやのシーンを作っちゃってますから今回は徹底マークされそうな気もします。

恐らく負ける事はないでしょう。と言うかこのメンバーに負けて欲しくない。


幸い2番手以下は大根戦。…だと思う。ディープを頭で固定したとしても3連単なら結構つくんじゃないでしょうか?甘いかな?
ここはスッキリ勝って貰って、馬券でも勝たせて貰う!そして競馬の本場イギリスでハーツクライと再戦!


と言う事で明日から相手探しの旅に出ます。現時点ではリンカーンデルタブルースも対抗にする気はさっぱりなし。
どこでも相手なりに走るストラタジェムが対抗候補。頼むぞ!ボス!ん!?ボス??ボスって誰?


競馬blogランキング
TOPへ戻る


競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList