MY競馬

2006年03月31日

皐月賞の出走状況

騎手問題、出走状況などが大体決まってきたようなのでまとめてみました。

注目の武豊騎手はアドマイヤムーンで参戦。フサイチジャンクは岩田康騎手に正式決定。

【優先出走権】
アドマイヤムーン(武豊)
グロリアスウィーク(柴田善)
ディープエアー(?)
メイショウサムソン(石橋守)
フサイチリシャール(福永)
ドリームパスポート(デムーロ?)
フサイチジャンク(岩田康)
キャプテンベガ(安藤勝)

サクラメガワンダーに内田騎手を取られたディープエアーの鞍上は不明。過去3戦手綱を取ってる池添騎手かな?
ドリームパスポートは短期免許を更新したデムーロ騎手が乗る可能性大。

【賞金順】
3200万 ジャリスコライト(横山典)
3100万 マルカシェンク(?) 回避予定
2900万 アドマイヤメイン(?) 状態次第で回避
2800万 ゴウゴウキリシマ(中館)
2400万 サクラメガワンダー(内田博)
2400万 ステキシンスケクン(藤田)
2000万 ショウナンタキオン(田中勝)
2000万 スーパーホーネット(四位)
1950万 イースター(?) 回避
1750万 ナイアガラ(後藤)
1750万 フラムドパシオン(?) 回避
1750万 エイシンセイテン(?) 回避
1650万 インテレット(?)
1250万 モエレソーブラッズ(?) 不明

1200万 トウショウシロッコ(吉田豊)
1200万 トーヨーエーピー(?)
1200万 ニシノアンサー(?)
1150万 ダイアモンドヘッド(幸)

アドマイヤメインが出走、鞍上ともに未定。目標はあくまでダービーとの事で状態次第で出走。モエレソーブラッズは情報見てないので良くわからないのですが、恐らくマイルC。2頭とも出走した場合は1200万の3頭は抽選すらならずに除外。
現状ではダイアモンドヘッドの出走は厳しい状況。

おまけ
【ダービーTR出走予定馬】
マツリダゴッホ(青葉賞)
エフセイコー(プリンシパルS)
ダイアモンドヘッド(青葉賞、ベンジャミンS、京都新聞杯)
ホーマンアラシ(青葉賞)
リメインオブザサン(京都新聞杯)
ト−ホウアラン(京都新聞杯)
ヴィクトリーラン(京都新聞杯)

エイシンテンリュー、マイネルポライトもTRから。アグネスサージャンは自己条件からTRを使いダービーを目指すようです。


ダービータイム2006

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 12:57|この記事のURLComments(20)TrackBack(5)

2006年03月29日

勝手に3歳馬番付表 改訂版

続いては牡馬の改訂版です。

こちらも前回同様ダービー>皐月賞で評価をしています。
前回の番付表はこちらです。

          東               西
横綱  ジャリスコライト          サクラメガワンダー
    
大関
    アドマイヤムーン  フサイチジャンク  

張出大関 フサイチリシャール マルカシェンク       

関脇    メイショウサムソン  キャプテンベガ

小結    マツリダゴッホ     ショウナンタキオン 

前頭一   ドリームパスポート   アドマイヤメイン

前頭二   グロリアスウィーク   ナイアガラ

前頭三   アグネスサージャン  ステキシンスケクン

前頭四  ディープエアー      インテレット

前頭五  エイシンテンリュー   ト−ホウアラン

前頭六  マイネルアラバンサ   アエローザ


前回から1回も走っていないジャリスコライトの評価は変わらず横綱。弥生賞で4着に負けたサクラメガワンダーを西に落としましたが2頭の高い評価は変わらず。2頭とも順調とはいえず皐月賞は怪しい気もしますが、ダービーではの期待も込めて。

アドマイヤムーンは予定(希望)通り弥生賞に勝利。皐月賞に有力候補になりましたが、ダービー重視の番付けなので大関のまま。
2連敗してしまったフサイチリシャールの評価を少し下げ代わりに4連勝中のフサイチジャンクを大関にしました。

ただあまり上位陣は前回と変わってないです。私にとってはほぼ予定通りのTRの結果だったと言えそうです。

小結に東の最終兵器マツリダゴッホを入れたくらいでしょうか。

前頭以下は皐月で穴を開けそうな馬とダービーに間に合ったら面白そうな馬を数頭入れてみました。

さてどうなる事やらです。

ダービー馬をつくろう!5

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 12:17|この記事のURLComments(22)TrackBack(0)

2006年03月28日

勝手に3歳牝馬番付表 改訂版

TRも終わったという事で以前やった番付表を手直ししてみました。
前回のTR前にやった番付表はこちらです。

一応前回同様オークスまで見据えてつけてみましたが、相変わらずTRが終わっても混戦模様…。自信はあまりないです。


        東               西
横綱 アドマイヤキッス    サンヴィクトワール
      
大関
     テイエムプリキュア       

張出大関 フサイチパンドラ    キストゥヘヴン

関脇    シークレットコード    ラッシュライフ

小結    タッチザピーク      シェルズレイ

小結    ダイワパッション    

前頭一   アルーリングボイス    コイウタ

前頭二   アサヒライジング     ユメノオーラ

前頭三   アイスドール       パーフェクトジョイ

前頭四  ニシノフジムスメ     プリムローズヒ

前頭五   ハネダテンシ      カワカミプリンセス

前頭六   グレイスティアラ    ウインシンシア



前回横綱にしたサンヴィクトワールがフィリーズレビューで大敗。馬体重がずっと減っていたように使い減りしてたようで、桜花賞は回避。オークスに絞って調整される事になりました。
1回の大敗で横綱に指名した馬をガクっと下げるのもアレなんでオークスでの復活を信じてそのまま高い評価のままで。

東の正横綱にチューリップ賞を勝った私のPO馬アドマイヤキッスを抜擢。かなり希望も入ってますが、前走は強い内容。上手く行けば春の2つ持って行けるかもと思っております。

残りは前回のをベースに数頭増やした程度でそんなに変えていないつもりです。


なんだかここにいない馬が桜花賞とか勝っちゃったらどうしよう。今年の場合普通にありそうで怖い…。

後は、このままオークスまで変更無しで行く予定。結果が楽しみのような楽しみじゃないような…。複雑な気分です。

女たちのジハード

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 20:10|この記事のURLComments(16)TrackBack(6)

2006年03月27日

ドバイワールドC 回顧

前回な記事は回顧というより観戦しながらの“速報”といった感じでしたので、今回は回顧、というか感想を。

9頭で6レース走り2勝。今年のメンバーなら2つは勝てるかなと思いと最悪0勝も頭にあったので大満足の結果。良く頑張ってくれたと思います。

ただ残念なのは9頭も出走したのはいいのですが、橋口厩舎2頭、角居厩舎3頭、森厩舎3頭、そして河野厩舎と厩舎でみると4厩舎しか参加していないという事。

もうちょっと他の厩舎も…。積極的に参加してくれると面白いんですけどね。毎年同じ厩舎だけで何頭も出せる訳じゃないのですから。

レースの感想はというと芝は世界でもトップレベルにあるといって良いのではないでしょうか?
日本国内なら世界のトップホースとも互角以上に戦えるのはジャパンCで証明済み。向こうで世界のトップホースを倒すのも数さえ送れば時間の問題な気がします。その最大のチャンスが今年。
ハーツクライディープインパクトには是非ロンシャンで走って貰いたい!もしかしたらワンツーも夢じゃないのでは?

逆にダートは…。日本のダートで圧倒的な強さを見せていたカネヒキリが5着。レベルが違うというよりダートの質が違うように感じます。
ダート2000Mのレコードが2分切ってますからね…。日本のダート馬じゃ厳しいのかもしれません。
トゥザヴィクトリーのように芝のG気鮠,討襯好圈璽匹ないと連対はできないのかも。というかドバイ最先着のトゥザヴィクトリーはフェブラリーSでは3、4着と連対すら出来てない馬。連れて行く馬を間違ってるのかもしれません。

健闘すれば今度は勝ってるところを見たいと欲が出てくるもの。
今年は9頭の出走馬がでましたが、来年はそれ以上の質と量で挑戦してくれる事を願ってます。

海外競馬完全読本―世界の競馬の仕組みが詳しく分かる


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 21:23|この記事のURLComments(26)TrackBack(5)

2006年03月26日

ドバイワールドC

この記事はレースを観ながら更新。付け足していったものです。
飲みながら興奮しながら書いたので読み返すとかなり乱文。あとでまた時間があったらきっちり回顧しますので。


ゴドルフィンマイル
ユートピア・・・1着!いきなり逃げ切り圧勝!!

うわ。興奮してきた。お次はフラムドパシオン。結果次第ではケンタッキーダービーに行くとの事です。

UAEダービー
フラムドパシオン・・・3着 良く頑張りましたが…。勝った馬が強すぎました。
ちなみに勝ったのはドバイのディスクリートキャットという馬。

ドバイゴールデンシャヒーン
アグネスジェダイ・・・6着? 大健闘なのかな??この距離はまだ世界との壁を感じます。良く盛り返したんですが…。

ドバイシーマクラシック
ハーツクライ・・・1着! まさかの逃げ!それでも直線の手応えは抜群!余裕を持って突き放す大楽勝。さすがグランプリホース!もう酒が旨いのなんの。

さてあと2つとも貰っちゃいましょうか!

ドバイデューティフリー
ハットトリック・・・多分12着 orz
アサクサデンエン・・・多分ビリ orz  そう甘くはなかった模様。デンエンは2番手から4コーナーで既に手応えなし。ハットトリックは後方からさっぱり伸びず…。
恐らく2頭とも仕上がりきってなかったようです。残念。

いよいよ最後はカネヒキリ!有終の美を飾ってもらいましょう!

ドバイワールドC
カネヒキリ・・・5着 理想的な競馬はできたと思う。しかし直線伸び切れずに惨敗。勝ったのはゼンノロブロイの勝ちもかっさらったエレクトロキューショニスト。この馬にはどっかで借りを返したいですね。

カネヒキリでも5着。この結果は正直ショック。

日本のダートと世界のダートの“質”が違うのを再確認しました。このレースを勝つにはバリバリの芝のチャンピオンホースを連れて行かないと無理なのかもしれません。

そうなると日本のダートの存在意義に疑問が…。ちょっと難しい話になってきましたので寝ます。

ただハ−ツクライ、ユートピアが結果を出してくれましたし日本のレベルの高さは世界で通用するものだと再確認できました。

挑戦する事に意味がある。来年もドバイも勿論、今年もまだ始まったばかり積極的にトップホースに海外挑戦して欲しいと思います。

ガンバレ日本!

競馬blogランキング
TOPへ戻る


2006年03月21日

ガンバレ!日本。

昨晩、日曜分に新馬レビューを書こうと思ったのですが…。友人が夜飲みにきたので2時半まで飲んじゃいました。

ちょっと更新遅れそうです。ん?野球があるんですね。かなり更新遅れます。申し訳ありません。

野球もW杯(かなりおそ松くんですが)みたいな事をやっていますが、今週は競馬もワールドカップ。

土曜の深夜ドバイワールドカップが行われます。

日本からは今年は9頭の馬が出走予定!

個人的な見解を言うとシーマクラシック(G機⊆韮横苅娃娃蹇砲ハーツクライは勝ち負け。

デューティフリー(G擬韮隠沓沓沓蹇砲ハットトリックアサクサデンエンもどっちかは上位に食い込むように思います。

メインレース、ドバイワールドC(G汽澄璽硲横娃娃娃蹇砲カネヒキリスターキングマンが出走。
注目は日本のダート最強馬カネヒキリが4歳という絶頂期に世界のダートでどれだけの競馬を見せる事ができるのか?
相手はエレクトロキューショニストブラスハットでしょうか?かなり強いとは思いますが、ここでいい競馬ができないようだと、日本のダート馬じゃあと10年は勝てないような気がします。
芝の最強馬を連れて行けばわかりませんが…。

ここ10年くらいで日本のダート競争もかなり盛り上がってきました。それが世界に通用しないとなると…。なんだかガックリきちゃいますよね。
砂質が全く別物ですし、輸送もあるので厳しいとは思いますが是非好走を期待したいところです。

最後にG気任呂△蠅泙擦鵑UAEダービー(G競寸隠牽娃娃蹇フラムドパシオンの走りに期待。
父クロフネは無事ならドバイワールドCでも勝てたと信じてた馬。その子供がドバイで走る。ドラマを感じさせます。
日本で走ったダートの2戦はいずれも同世代の馬を子供扱いする大楽勝。

もしかしたらこの馬が今回のドバイで1番勝利に近いかも??
ただ勝つだけでなく世界を相手に大楽勝するような競馬が見てみたい。そんな事まで期待できちゃうポテンシャルです。
ライバルに指名されてる可哀想なPOさんには申し訳ありませんが、ブッチギリの勝利を希望します!


では日本の勝利を祈って、野球の応援モードに入ります!

ガンバレ日本


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 11:17|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)

2006年03月18日

夢破れる。ジャンク1着ベガ2着。

完敗です。PO馬キャプテンベガは権利は取れたものの末脚勝負で屈し2着。馬券も当然ボロ負け…。

フサイチジャンク派の皆様はおめでとうございました…。

後ろからぴったり付けられたとか、いろいろ敗因はあるのでしょうが馬場状態を考えれば前にいれば交わされないと思っていたのでショック。
今回は認めたくありませんが力負けでしょう。

まだ成長途上と考えれば本番での逆転も考えられますが、着差以上に力の差があったようにも感じました。

レース経験を積んで血統的にもベストと思われるダービーでの逆転を目指して欲しい。ただ現状では賞金が足りないので皐月賞で4着以内かTRで権利を取らなくてはなりませんが。

一方勝ったフサイチジャンクはこれでデビューから無傷の4連勝。良馬場では33秒9のアガリを出していますし、今回のような時計の掛かる力のいる馬場でもきっちり差せる。ホント強い馬です。
これで皐月賞でも堂々主役の1頭として出走する事になるでしょう。

武豊騎手はアドマイヤムーンとどっちに乗るんでしょうか?

そしてキャプテンベガの鞍上は誰????

ハァ〜。期待も大きくそれなりに自信もあったので立ち直れない。
ちょっと1杯引っ掛けて明日の予想に入ります。

酒は飲んでも飲まれるな―ストレス社会を生きるアルコールと健康

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 16:48|この記事のURLComments(11)TrackBack(3)

2006年03月15日

予想大会に参加しよう

ダイオライト記念がヒットしました!
予想記事の最後に書いた通り若葉Sのキャプテンベガフサイチジャンクの馬単に全額投入します。

正直こんなに払い戻しがあるとは想定の範囲外。せいぜい6000円〜1万円くらいの払い戻しだと思っていたので若葉Sでコロガスと書いたんですが1万8500円かぁ。大勝負になっちゃいましたね…。

宣言したので有言実行。無かった金と割り切ってぶち込みます。当日笑いに来て下さい。

では本題へ。
普段交流のあるブロガーさんが予想大会なるものをいくつか開催していますので紹介したいと思います。
当然私もフル参加。興味があればみなさんも参加してみて下さい。

まずは前大会で私がビリを取ったRunAweyのヤスさん主催のプラチナカップ。前回ビリのため優先出走権のない私は早速登録してきました。
こちらはブロガーさんしか出れないようなので、ブログを持っていない方は…。今すぐブログをつくるべし!
詳細はこちらから→プラチナカップ


お次は3連複の真髄のハットリさん主催の予想コンテスト。こちらは今週の3重賞の2着を当てるというもの。
詳細はこちらから→予想コンテスト【賞品あり】

詳細を見て頂けるとわかるとおり、1位の賞品はかなり豪華!「武豊×オリビエ・ぺリエ −勝つには理由がある−(文庫本)」←これは凄いんでない?
また菊花賞レーシングプログラム。これも高く売れそ…いや違う。当日競馬場に行けなかった方にはヨダレもの。
今すぐ参加の意志を伝えるべし。


最後のトリは勝つまで負けるtuumooさん主催のシルバーカップ。こちらは春のG祇鐇で2着の馬を当てるというものです。
ちょうど上の2つを足したような感じでしょうか。普通に予想しても軸馬が2着になっちゃう人には持って来いの大会です。

参加者は20名限定の先着順という事ですので急いで参加して下さい。またtuumooさんのところでは既にクイズ大会も開催中。こちらもまだ参加者募集中との事ですのであわせてどうぞ。
詳細はこちらから→シルバーカップ



武豊Xオリビエ・ペリエ 勝つには理由がある

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:06|この記事のURLComments(4)TrackBack(1)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList