新馬レビュー06〜07

2012年10月06日

毎日王冠 最終予想

う〜ん。メイケイペガスター?どうしちゃったんでしょうか。。
どっちに転ぶかわからないキャリア1戦馬とはいえあんな負け方をするような馬じゃないと思ってたんですけど。
故障じゃなきゃ良いんですけど…。というか故障じゃなくあんなに負けたらそれはそれで…。

ほんと2歳戦は難しい。。

ちなみに明日は私のPOG指名馬ダービーフィズのデビュー戦。なんか随分とデビューが前倒しになりましたが大丈夫なんだろうか。。

それでは毎日王冠の予想を。データ

4番人気以内の馬で前走が宝塚記念だった馬の成績は6、11、1、5、3、5、11、1、6着。
安田記念だった馬の成績は1、7、13、6、1、2、2、4、9、2、8着。

両レースとも意外にポカが多い。

ただ信頼はしづらいものの、東京コースで行われた過去10年の連対馬18頭のうち13頭が前走G気らの休み明け。G欺仭組が強いのも確か。
1、2頭の出走でその2頭に思いっきり人気が被ってるのなら嫌って勝負という選択肢もあるんですが、これだけ前走G欺仭馬がいるとなると人気馬が2、3頭飛んだとしても普通に上位を独占するのかなという気が…。

エプソムCの2頭が結構この面子でも人気を吸ってくれてもいますしね。あえて捻らず。G擬太喃呂ら入ってみます。

カレンブラックヒル。前走G義箸縫櫂が多いのは休み明けで開幕週の超高速馬場を走るのが原因と思われます。そして今年の古馬勢も何だかポカしそうな馬ばっかり。。まぁどの馬も本番は次走以降でしょうから仕方もないんですけど。
この馬はコースを問わず無傷の4連勝をしたように安定感ばっちり。叩き台とはいえま土がついてない馬ですから、初戦からそれなりの仕上げで臨むはず。
また3歳馬が昨年、一昨年で3連対と好調。連勝が繋がるかは?ですけど最悪馬券圏内には入ってくれるかなということで。

リアルインパクト。安田記念組は連対馬のポカが多い一方で6着以下からの巻き返しがある着順があまりアテにならないレース。しかもレコード決着を2番手から先行して6着に粘ったのなら内容的にも十分。東京コースは6戦して2−2−1−1と大得意。府中でこの人気なら思いっきり狙いたい。

ストロングリターン。脚質的に開幕週がどうか?と安田記念連対馬にポカが多いという不安材料はありますが、前日9倍台の単勝オッズっていうのはいくらなんでも舐められすぎじゃないのかと。抜けた1番人気であればちょいと軽視することも考えたんですが、当日もこういうオッズだったとしたら逆にぶ厚く行きたいところ。

△に2年連続で毎日王冠人気薄で好走中のエイシンアポロン。エプソムCの内容からはむしろこっちを買いたいダノンシャーク。そしてポカの多い宝塚組ということで評価を下げましたがエイシンフラッシュを。
最後に叩き良化型だと思うので全く買う気がなかったグランプリボスも…。あまりにも人気がないので買おうかなと。

トーセンレーヴはこの馬がここを勝つと血統からもかなり盛り上がるんでしょうけど、まだこの面子相手にこういうオッズでは買いたくなす。気合いの消し。

買い目
◎カレンブラックヒル〇リアルインパクト▲ストロングリターン
△エイシンアポロン、ダノンシャーク、エイシンフラッシュ、グランプリボス

馬連 ◎−〇▲△△△△ 6点

3連単2頭軸マルチ ◎〇軸で相手▲△△△△ 30点

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:34|この記事のURLComments(6)TrackBack(14)

2008年01月14日

新馬レビュー またまたGアリュール産駒に大物候補!?

ここまで10頭が勝ちあがり芝・ダート問わず大物感のある馬を多く輩出しているゴールドアリュール産駒。

ただ大物感あるものの2勝目をあげた馬はスマートファルコン1頭だけ。1年目のアグネスタキオン産駒のような傾向ではありますが、それでもタケミカヅチ、ゴールドストレインが重賞でも好走、年明けにはジュニアCをワンツーフィニッシュ。まだまだ勢いは衰えてない模様です。

そんなゴールドアリュール産駒からまたまた大物感ある勝ち方をした馬が登場!京都のダート1800mを豪快に差し切ったスリーアリストです。
同じようにダートの新馬戦を強烈な末脚で制したスナークファルコンは4戦目初芝のジュニアCを制覇。
ダートで活躍したゴールドアリュールですが産駒はえらい芝で切れる馬が多いですからねぇ。この馬ももしかしたら。。
まぁ仮に芝が駄目だとしてもダートで活躍できるでしょうし、ローテを含めて今後が楽しみな1頭です。


1回中山3日(1月12日)9R 呉竹賞(牝馬) ダ1200
リバティープリント・・・★★
先行態勢からジワーっとハナへ。内の馬に食いつかれ行ききるまでに時間が掛かりましたがマイペースに逃げて直線へ。直線では先行から並びかけてきた1番人気の馬との一騎打ち。並ばれてからもしぶとく粘りそのまま押し切った。初戦の芝もしぶとく粘る走り、ダートは向いている模様。

1回京都3日(1月12日)9R 飛梅賞 ダ1800
ピエナエイム・・・★★+
今回も中団待機で末脚を生かす競馬。4コーナーでも中団馬群の中と厳しい位置取りにみえましたが、直線入り口で外に出されると素晴らしい末脚。ゴール前で豪快に差し切った。この馬にとっては重馬場も味方した模様ですが、成長しこういう脚を使える今なら芝に戻しても面白そう。

1回中山3日(1月12日)3R 新馬(牝馬) ダ1200
モモカ・・・★★
ワカオライデン産駒。外枠から好スタートを決め先行、3番手を追走。4コーナーで逃げ馬に一旦並びかけるものの、コーナーワークで突き放され直線では1馬身ほど追走する形に。脚色一緒、そのままゴールかと思いきやしぶとく食い下がりゴール前で半馬身抜き去った。なかなかスピード感ありしぶとい走り、やはりダートの短距離向きでしょうか。

1回京都3日(1月12日)4R 新馬 ダ1800
スリーアリスト・・・★★★★
ゴールドアリュール産駒で母父トワイニング。ダッシュもさほど速くありませんでしたがスタート後挟まれたようで最後方から。ダートの新馬で後方からと厳しい展開も3〜4コーナーでは外から強烈なマクリをみせる。直線でも全く脚色は衰えず、パワフルでスピード感抜群の末脚を披露し豪快に突き抜けた。芝でもと思わせる強烈な内容。

1回中山3日(1月12日)5R 未勝利(牝馬) 芝1600
サマーターゲット・・・★★★
好スタートから先行4番手を追走。4コーナーで並びかけに行き3頭横一線で直線へ。400キロもない小さな馬ですが、追って追って追われるとグイグイと加速し馬場のど真ん中から抜け出した。これでデビューから2走連続二桁人気で連対し万馬券。こういう馬は上のクラスでも穴をあける気がする。

1回京都3日(1月12日)3R 未勝利 芝1600
シングライクバード・・・★★★★
シングライクトークの娘で父シンボリクリスエス。道中は中団やや後ろの外で待機。3〜4コーナーで押し上げると直線では重馬場にもかかわらず鋭く伸びて突き抜けた。2戦連続で重馬場で鋭い決め手を披露、馬場が向いているのか?良ならもっと切れるのか?何にせよ力のいる馬場では要注意。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年12月27日

新馬レビュー ホープフルS姉弟制覇!マイネルチャールズ

近年の勝ち馬はクラシックではなかなか活躍できていないホープフルSですが過去にはウイニングチケットやエアシャカールを輩出、昨年は2着サンツェッペリンが皐月賞で2着に入る活躍をみせました。

そんなホープフルSの今年の勝ち馬はマイネヌーヴェルの全弟マイネルチャールズ。まさに中山が大得意!といった血統です。

お姉さんはここを勝利後フラワーCを制覇、クラシックは惨敗に終わりましたが、牡馬は牝馬と違い中山でクラシックがありますからねぇ。
そういえば今年の皐月賞を勝ったのはBT産駒でした。もしかしたら2年連続BT産駒の皐月賞制覇もあるかも!?
例えTRで惨敗しても、本番に出走してくるならば押えておきたい1頭です。


5回中山8日(12月23日)6R ホープフルS 芝2000
マイネルチャールズ・・・★★★★
少頭数にしては結構道中から動きがある競馬でしたが、焦らず中団でじっくり待機。4コーナーで馬群の中からひとマクリすると、同じように外からまくった2着馬との激しい追い比べを力強く捻じ伏せた。BT産駒らしくパワフルで豪快な末脚。あまり速いアガリの勝負になるとどうかですが、タフな流れには滅法強そうなタイプ。

5回阪神8日(12月23日)6R 500万下 芝1600
リトルアマポーラ・・・★★★+
道中は控えて中団で待機し直線で外から追い込む形。重馬場で内の先行勢が良く粘るところを外から1頭まるで違う脚色。シッポを立てながらあっと言う間に並び一気に突き抜けた。初戦も切れる脚を使いましたが、1回使われて更に切れが増した印象。これは重賞でも楽しみ。

5回中山8日(12月23日)4R 新馬 芝2000
ステルスソニック・・・★★★★★
またまた出ましたタニノギムレット×母父SSの大物候補。スタートで遅れたために後方からの競馬。それを3コーナーで外から一気にマクリ単独先頭で直線へ。先行、内が強い今の中山でまるで正反対の競馬、直線でどーなる事かと思ったら5馬身も突き放してしまった。相当長くいい脚が使えそうです。

5回阪神8日(12月23日)5R 新馬 芝1400
ルールプロスパー・・・★★★
ダイタクリーヴァ産駒、母はファンタジーS2着のグロウリボン。外枠から好スタートを切り押してハナを主張。スピード感溢れる逃げでレースを引っ張る。直線に入っても脚色は衰えず、逆に気合いを入れられると二の脚を使い後続を突き放しての勝利。人気はありませんでしたが、恵まれた展開での逃げ切りではなくスピードで押し切った好内容。

3回中京8日(12月23日)2R 新馬 ダ1700
エーシングッチーフ・・・★★
エーシンピーシーの半弟でMr. Greeley産駒。道中は前7、8頭が一団となって飛ばすHペース、その一団の5番手を追走。3コーナー前から1頭、また1頭と脱落する厳しい流れの中、4コーナーから前を捕らえにいった。直線では残りの馬も脱落、最後まで残ったこの馬が1馬身1/4差をつけて勝利。タフな馬です。

5回中山8日(12月23日)3R 未勝利 芝1800
ニシノシュテルン・・・★★★
内枠からダッシュをきかせ先行、縦長の流れを5番手の位置取りで進める。3コーナーすぎから徐々に前に並びかけて行くと、直線ではその並びかけた先行馬との叩き合いを力強く制し、差してきた2着馬の追撃もクビ差凌いでゴール。ひと叩きされ一変。まだまだ上積みも見込めそう。

5回阪神8日(12月23日)3R 未勝利 芝1800
ミスズオペラ・・・★★★★
押して中団からの競馬、重馬場で1000m通過が59秒8という速いペースでしたが道中は徐々にポジションを押し上げ3番手の位置取りで直線へ。他の先行馬がバテバテになる中直線でもしぶとい伸びを見せ、内から2着馬が伸びてくると更にもうひと伸びしぶとく押し切った。かなりのスタミナがありそうな感じ。オペラハウス産駒ですしこれから更に良くなるハズ。

3回中京8日(12月23日)4R 未勝利 芝1200
キヲウエタオトコ・・・★★★
好スタートから先行、逃げ馬をマークするように2番手を追走。直線に入っても手応え良く、早めに逃げ馬を交わすとそのまま悠々と押し切った。ようやく順番が回ってきて8戦目での初勝利ですが、短距離ならコースを問わず相手なりに走れそうな雰囲気。

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:09|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年12月11日

新馬レビュー ゴスホークケンが朝日杯FSを逃げ切り勝利!

内枠、先行馬有利といわれる中山マイル。近年ではメイショウボーラーが逃げて2着に粘ったり、昨年もオースミダイドウが3着に入ったり。
過去の優勝馬をみてもアイネスフウジン、ミホノブルボンがいたりするんで、さっっぱりピンとこなかったんですが、朝日杯を逃げ切った馬を調べていたらグレード制導入後では恐らくこの馬が初めてという事に気付きました(間違ってたらごめんなさい)。
アイネスフウジンもミホノブルボンもこのレースでは先行してるんですよね。

ゴスホークケンやるではないか。

まあ前有利ということですし、逃げ切った馬がいなかったのはたまたまな可能性もありますが、何にせよ初ということはメデタイ!
一応珍しいものを見たぜ〜!ということで馬券で負けたことは忘れてしましましょう。


5回中山4日(12月9日)11R 朝日杯FS1着 芝1600
ゴスホークケン・・・★★★★★
最内枠からポーンと抜群のスタートを決め、いきなり1馬身ほどのリード。そのままハナを切り終始絡まれることなく自分のペースで引っ張る。枠、馬場、展開に恵まれたことは確かだと思いますが、アガリ最速を使い最後は突き放してレコードにコンマ1秒差の圧勝。距離延長には不安が残りますがダートも強そうな馬、将来クロフネみたいになって欲しいなと妄想中。

5回中山4日(12月9日)11R 朝日杯FS2着 芝1600
レッツゴーキリシマ・・・★★★+
スタート良く好位の内でじっくりと待機。4コーナーでごちゃついても勝ち馬の後ろでじっくりと待機しロスなく回って直線へ。結局勝ち馬には突き放されてしまったため、外に出す必要もなく内ラチ沿いで一杯に粘りこんで2着を確保。重賞レベルでは決め手に欠ける印象ですが、安定感あり相手なりに走れる馬。ローレルゲレイロになれるかも。

5回阪神4日(12月9日)7R 500万下 芝1400
ラベ・・・★★★
今回はダッシュがさほど良くなく9頭立てとはいえ最後方からの競馬。直線入り口でもまだ最後方でしたがそこから素晴らしい末脚を披露、8頭まとめて差し切った。これで無傷の2連勝!今後が楽しみになる瞬発力でしたが母系が早熟、短距離型の血統。距離延長と成長力がやや不安。

5回中山4日(12月9日)5R 新馬(牝馬) ダ1200
コスモミネルヴァ・・・★★
スタートで遅れましたがダッシュをきかせ直ぐに内から中団まで挽回。4コーナーでは大外に持ち出しての進出と、道中で脚も使ったし距離ロスもあったと思いますが、直線での末脚は鮮やかであっさりと先行馬を差し切った。人気はありませんでしたが強い内容。ダートの短距離なら上でも通用しそうな感じです。

5回中山4日(12月9日)6R 新馬 芝1800
スマイルオンザラン・・・★★★
ブライアンズタイム産駒で母スマイルトゥモロー。ダッシュ良く楽に2番手につけ、緩い流れを好位からの追走。直線では逃げた2着馬に一旦突き放され万事休すかと思われましたが、ゴール前でグイーンと加速し一気に突き抜けた。ややエンジンの掛かりが遅いようですが、掛かってからの伸びは素晴らしい。

5回阪神4日(12月9日)6R 新馬 芝1200
オリジナルフェイト・・・★★★★
スタートは良くなかったものの、二の脚が速くスーッと3番手につける。ゆったりとしたペースを抜群の手応えで進み直線へ。直線で軽く追い出されるとあっさりと先行馬を交し6馬身も差をつける大楽勝。ただ他の先行馬はバテバテで相手のレベルに疑問も。。6馬身の差は展開のアヤかもしれませんが、スピード感あり上のクラスでも楽しみ。

3回中京4日(12月9日)3R 新馬 ダ1000
ノーブルマン・・・★★
押してハナを主張しましたが、終始横にぴったり付かれ併走する形での逃げ。直線に入ると併走していた馬はバテましたが、今度は3番手待機の2頭に並びかけられる。終始横に馬がいる厳しい展開でしたが、ゴール前でもう一伸びし振り切った。派手さはありませんが根性は抜群かも。

5回中山4日(12月9日)3R 未勝利 芝1600
アサクサダンディ・・・★★★
フジキセキ産駒でヘルスウォールの息子、2戦目での初勝利。やや縦長の展開を中団の外で待機。ペースは遅くありませんでしたが3〜4コーナーにかけて一気に外からマクる積極的な競馬。直線での伸び脚も上々で楽〜に前を捕らえあっさりと抜け出した。更に上積みあるようならマイル前後のOP、重賞でも活躍できそう。

5回中山4日(12月9日)4R 未勝利 芝2000
マイネルジュレップ・・・★★★
母父SSのタニノギムレット産駒、叔父にナリタタイシンがいる血統。このクラスにしてはやや速めのペースでしたが今回も先行し3番手からの競馬。直線では4コーナーから併走してきた2着馬との一騎打ちをしぶとく伸びて捻じ伏せた。血統イメージとは逆にあまり切れる脚が使えない馬なのでアガリが掛かる展開も向いた様子。

5回阪神4日(12月9日)3R 未勝利(牝馬) 芝1600
マルティンスターク・・・★★★
好スタートを切りましたが控えて中団内で脚を温存。4コーナーではコーナーワークで先団に取り付き直線へ。余裕たっぷりの手応えで追い出されると直線半ばでエンジン全開。外から鋭く伸びてきた3着馬との追い比べを制しよく粘っていた内の先行馬もキッチリ捕らえてゴール。なかなか鋭い瞬発力。

5回阪神4日(12月9日)5R 未勝利 芝1800
テイエムチーター・・・★★
シンボリクリスエス産駒で母父Sadler's Wells。ポーンと抜群のスタートを切り楽にハナを奪う。そのままマイペースで運び直線へ。直線で追い出されるとあっちにフラフラこっちにフラフラしていましたが伸びは上々。そのまま半馬身押し切った。これで6戦目ですが、まだまだ若さ全開の走り。上では?

3回中京4日(12月9日)4R 未勝利 芝1200
アクアブルーマーチ・・・★★★
タイキシャトル産駒で半姉にテイエムオーシャンがいる良血馬。楽にハナを奪うとゆったりとしたペースでの逃げを打つ。楽な展開で手応え良く直線に向くとそのまま危なげなく押し切った。使われつつ徐々に良くなっているようですが、まだまだ良血馬らしいインパクトはレースからは感じられず。次走更に成長しているようだとこの先も楽しみですが。。

3回中京4日(12月9日)5R 未勝利 芝2000
メローマズルカフェ・・・★★
大型馬が一叩きされ−16キロ、一変。道中は中団で待機し3〜4コーナーで一気に外からマクって先頭へ。仕掛けが早かった分、最後は一杯気味になり2着馬に詰め寄られましたが、馬体を併せてからがしぶとくなんとか頭差で押し切った。次走は2回使われて更に良くなるかも?長くいい脚を使えるタイプ。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年04月16日

3歳馬レビュー BT産駒5年振りのクラシック制覇!

POGをやってますと種牡馬成績というのがやたらと気になるんですが、私、てっきりブライアンズタイムはもう終わったものだと。
SS、TB、BTも孫の時代に来ているもんだと。そう思っておりました。

というのもここ数年のBT産駒はダート化、短距離化が進み重賞勝ちも04年以降はダートばかり。クラシック出走馬もめっきり減っていましたので。
こういう決め付けが良くないんでしょうね。。

何はともあれタニノギムレット以来5年振りのクラシック制覇。ブライアンズタイム産駒全盛の時代に競馬をやっていたものとしては嬉しい勝利。
そして鞍上のカッチーも15年振りのG祇覇とこれまた嬉しい勝利。

ヴィクトリー。ライバルのPO馬じゃなかったら最高だったのになぁ…


【日曜】
3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞1着 芝2000
ヴィクトリー・・・★★★★+
ペースが遅いと見るや1コーナーで無理に押さえずハナヘ。1000m通過59秒4と速めのペースも気分よく楽に逃げられた。直線では直後を追走していた2着馬に並びかけられたもののしぶとく差し返し僅差で押し切る。ホウオーが猛追してきた事を考えれば直線併せる形になったのもプラスに働いた模様。Hペースを押し切る高い能力を証明しましたが、距離延長は気性面がやや不安。

3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞2着 芝2000
サンツェッペリン・・・★★+
3番手以下を離して2頭で別のレースを走っているような競馬。逃げるヴィクトリーを見ながら楽に進める事ができた。直線で並び掛けに行き一旦交わしたようにも見えたが、最後は差し返され際どい2着。このレースの中で1番展開が向いたとは思いますが、それでも2着に突っ込むとはビックリ。

3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞3着 芝2000
フサイチホウオー・・・★★★★★★
最内枠が災い。包まれるのを嫌ってかスタート直後に下げたが、3番手以下のペースが落ち着いてしまった。前残りの競馬、そして4コーナーで外に膨れながらも豪快な追い込みで前2頭を強襲し僅差まで詰め寄ったのは流石の一言。普通に考えればダービーの最有力候補ですが、久々をマイナス10キロで激走した反動は心配。

3回中山8日(4月15日)11R 皐月賞4着 芝2000
アドマイヤオーラ・・・★★★★+
道中はフサイチホウオーをマークするような位置取りで、それが裏目になってしまった。ただアガリ最速タイの末脚を披露しましたが外に行ったホウオーに対しこちらは内を突いてのモノでゴール前の脚色もホウオーより劣っていた。コース適性の差が出た可能性もありますが、対ホウオーで考えると嫌な負け方。

3回中山8日(4月15日)5R 500万下 芝1200
エフテーストライク・・・★★
ブラックタキシード産駒のマル地馬。中央移籍後ダート2戦で大敗していましたがなんとビックリの初芝で一変。7頭立てと少頭数のレースを最後方から追走し直線勝負。展開が嵌ったのもあるんでしょが外から一気に差し切った。小さい馬体で芝の方が向いているのは確かですが、今回はレースレベルに疑問。

2回阪神8日(4月15日)9R はなみずき賞 芝1800
キングスデライト・・・★★★
スタートは速くありませんでしたが二の脚が速く押してハナへ。人気もなかったせいかマークが緩く2馬身ほどのリードを保ち楽な逃げ。手応え十分でリードを保ったまま直線に入ると、直線半ばで更にリードを広げそのまま楽に押し切った。展開も味方しましたがなかなか強い内容。

【土曜】
3回中山7日(4月14日)9R 山藤賞 芝1800
ゴールデンダリア・・・★★★
道中は後方3番手を追走、4コーナーから外を回り進出し、直線も外から力強い伸び脚。ややエンジンの掛りが遅かったようにも感じますが、ゴール前でグイッと加速し断然人気にキッチリ応えた。末脚がしっかりしており、どんな展開でも大崩れしなさそうな安定感。ただ血統からは距離延長は微妙かも。

2回阪神7日(4月14日)9R れんげ賞 芝1200
アルシラート・・・★★★★
9月の新馬勝ち以降ずっとOPを使ってきた馬ですが結果が出ず。ただ使われてきたレースの距離も長かったように思う。距離短縮、自己条件の今回は力の違いを見せ付けるような凄い末脚。後方待機のまま直線に向くと他馬とは1秒以上違うアガリを繰り出し12頭をごぼう抜き。OPでもスプリント戦なら勝ち負け可能な瞬発力。


超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX




競馬blogランキング
TOPへ戻る 


newtype777 at 18:03|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2007年04月10日

3歳馬レビュー 桜花賞はアグネスタキオン産駒が制覇!

SS産駒不在の今年のクラシック。まずその初戦を制したのはアグネスタキオン産駒のダイワスカーレットでした。
これで初年度から2年連続のG犠〕。ポストSSとしての地位を確立しつつあると言えるかもしれません。

そのタキオンと繁殖馬を分け合ったもう1頭のポストSS候補ダンスインザダークは土日で大爆発。
忘れなく草賞でザレマ、アザレア賞でナタラージャ、500万条件ではミルクトーレル、未勝利戦でも2つ勝利し桜花賞でもカタマチボタンが3着。3歳馬だけでも5勝の固め打ち。
晩成血統らしくようやくエンジンが掛かってきた模様。
ただ今週の皐月賞では1頭も登録馬がいない寂しい状況、これがダービーで何頭に増えるのか注目デス。



【日曜】
2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞1着 芝1600
ダイワスカーレット・・・★★★★★★
前走は瞬発力勝負を挑み完敗。その敗戦を活かすように今回は相手を待たずに突き放しに行った。デビュー戦でラスト5F全て11秒台で走ったように元々は長くいい脚を使う持久力がこの馬の最大の武器。早めに動いても最後まで全く脚は衰えず楽々と1馬身半差を付け押し切った。ダイワメジャーの半弟でタキオン産駒なだけにオークスは距離延長にやや不安アリ。

2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞2着 芝1600
ウオッカ・・・★★★★+★★
相手に上手く乗られた格好ですが、前走見せていた馬なりでスーッと上がって行くような手応えは今回は感じられず直線でもヨレるような仕草。アガリ最速の脚も使えず本来のデキではなかったのかもしれない。ただ例え万全だったとしても、今回は交わせなかったかもと思わせるほど勝ち馬は強かったのも事実。次走でのリベンジ期待ですが、更に調子落ちしそうで心配。

2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞3着 芝1600
カタマチボタン・・・★★★+
内枠から好スタートを切り好位を追走。4コーナーでは勝ち馬の内にいましたが、直線に入ると瞬発力の差かあっさり突き放されてしまった。ただ突き放されてもそこから長くいい脚でジワリジワリときっちり伸び、最後はバテた前2頭を交わし3着を確保。勝ち切るには決め手に欠けますがG気任眤臺れなく好走。

2回阪神6日(4月8日)11R 桜花賞4着 芝1600
ローブデコルテ・・・★★★+★★
この馬はやはり脚を溜める競馬があっている模様。ペースが遅く展開は向きませんでしたが直線後方から素晴らしい末脚を使い3着馬を強襲。ハナ差届かなかったもののオークスの出走権を確保。ただレースが終わってから突っ込んできたように1、2着馬とはこの距離では力の差を感じる。血統的には微妙ですが、案外距離はもちそうな雰囲気。オークスでも末脚に賭ければ見せ場があるかも。

2回阪神6日(4月8日)9R 忘れな草賞 芝2000
ザレマ・・・★★★+
ダンスインザダーク産駒らしくスタミナ豊富な牝馬。今回も道中は好位で待機、4コーナーで早めに前に並び掛けると直線でも力強い脚を見せ押し切った。やや決め手に欠けるところがありますが、長くいい脚を使うタイプで大崩れなさそうな走り。距離延長は歓迎でオークスでもスタミナを活かせる展開になれば面白そう。

2回阪神6日(4月8日)5R 500万下 芝1400
ミルクトーレル・・・★★★
初戦勝ち以降なかなか勝ちきれない馬でしたが、前日から続くDD産駒大活躍の馬場も味方してか力強い伸び脚で直線一気に差し切った。いつもそれなりの脚を使う馬ですが、京都、小倉ではいいとこなかったように上のクラスで勝ち切るには前が止まってくれるような馬場や展開が必要かも。

3回中山6日(4月8日)9R 山吹賞 芝2200
ダノンヴィッター・・・★★★★
控えて中団からの競馬。4コーナーでは馬群の中から押し上げ、直線でも馬群を割るというレースセンス溢れる走り。抜け出すときの脚が力強く強烈な決め手であっさり前を交わすとそのまま捻じ伏せた。叔父にジャングルポケットがいるスペシャルウィーク産駒、ダービーに向けて面白そうな良血馬が1頭OP入り。

【土曜】
3回中山5日(4月7日)11R ニュージーランドT1着 芝1600
トーホウレーサー・・・★★+★★
使われつつ徐々に良化しダートで2勝してきた馬ですが、芝でも素晴らしい走り。昨年暮れとはまるで別馬に急成長。速いペースを3番手からの競馬。直線に入るとあっさりと抜け出し楽々と押し切った。差し馬が上位を独占する流れを強い競馬で押し切るのだから大したもの。人気はありませんでしたが強い内容。

3回中山5日(4月7日)11R ニュージーランドT2着 芝1600
マイネルフォーグ・・・★★★
マイル重賞では既に頭打ちかと思われていた馬ですが、3着にも短距離馬が突っ込んでくる流れが味方したのか、中団待機から直線よく脚を伸ばし混戦の2着争いを制した。また血統から中山コースもあっていた模様。ただ、こういう流れのNZTの時は特にマイルCに直結しないんですよね…。狙いは秋の中山開催かな??

3回中山5日(4月7日)11R ニュージーランドT3着 芝1600
ワールドハンター・・・★★★+
前走、初芝のスプリント戦でアガリ最速で突っ込み5着。今回も中団から脚を伸ばし400mの延長にも難なく対応して見せた。流れは向いたかもしれませんが、能力も相当。ただこの馬も1200〜1400mがベストのような気がするので府中のマイルは気持ち長い気も。

2回阪神5日(4月7日)9R アザレア賞 芝2000
ナタラージャ・・・★★★★★
初戦勝ちのレビューで菊花賞で楽しみと書いた大物候補。前走は手応えほど伸びませんでしたが、今回は好位からきっちりと捻じ伏せ押し切った。どうやら一瞬でスパッと切れる脚はなさそうですが、その代わり長〜くいい脚を使えるタイプ。次走は青葉賞のようですが、菊の前にもう1走京都でみたかった。

1回福島3日(4月7日)10R 雪うさぎ賞 芝1200
ワンダースター・・・★★★
叔母にワンダーパヒュームがいる良血馬でヘクタープロテクター産駒。やや速めのペースを外の4、5番手から追走。直線で前に並び掛けると力強く脚を伸ばして抜け出しそのまま1馬身1/4差を付けて押し切った。ローカル替り、そして芝替りでの連勝ですが、どちらが良かったのかは不明。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:26|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

2007年04月03日

3歳馬レビュー オークスの穴馬候補?トウカイオスカー

まだ桜花賞前だっていうのにオークスの穴とか気が早いですね…。ただ桜花賞、皐月賞に賞金が足りない馬はもう次を目指して賞金稼ぎをしないと仕方がない。
今週はその次に向けて楽しみな馬が続々と勝ち上がりました。

まず牝馬では桜花賞TRで権利が取れなかった2頭がキッチリと巻き返しに成功。ミモザ賞を勝ったトウカイオスカーはこれで2000m戦を2勝とオークスに向けて楽しみな距離実績。おまけにびっくりするほどの半端ない決め手を披露。
まだ賞金的に微妙なのでもう1走挟んでくると思いますが、是非オークスでみたい1頭。きっちり賞金加算or権利確保を希望です。

またルミナスハーバーも見事に復活勝利。皮肉にも桜花賞の1週前に賞金が足りてしまいましたが、流石に連闘はないと思うので次はマイルCでしょうか?
う〜ん、それにしても万全の状態で桜花賞を走る姿を見たかった。。今更ですがほんと残念。

そして最後に中山の500万下を勝ったハイソサエティー。4ヶ月ほどの休養を経てすっかりとパワーアップ。久々もなんのそので強い勝ち方を見せてくれました。なんと今週連闘でNZTに登録。
ボロボロになっている今年のPOGですが、最後の最後で希望の星が出現。もうちょっと長く希望を持ちたい!勝てとはいわない(勝って欲しいけど)権利をお願いします。


【土曜】
3回中山3日(3月31日)6R 500万下 芝1600
ハイソサエティー・・・★★★+
休養を挟んで大幅に力を付けて帰ってきた。以前はややずぶいイメージでしたが、今回は行き脚も速く楽〜にハナへ。マイペースの逃げを打ち直線では豪快に突き放しての完勝。勝負根性と力強さは初戦で証明済み、スピード感も備わり大物感が出てきた。一叩きされての更なる上昇も期待。

2回阪神3日(3月31日)7R 500万下 芝2400
ブラックシャンツェ・・・★★+
少頭数の長距離戦で当然のようにスローな流れ。そんな流れを後方2番手でじっくりと脚を溜めると直線大外から脚を伸ばして強襲した。やや決め手不足なところがある馬ですが、距離延長と坂も味方した模様。ただ人気馬2頭を差し切ったというより、人気馬2頭が思ったよりも伸びなかった印象が強い。

【日曜】
3回中山4日(4月1日)9R ミモザ賞(牝馬) 芝2000
トウカイオスカー・・・★★★+★★
前走は久々、キャリア1戦、そしてマイル戦と不安材料が重なりいいとこなしでしたが、今回は初戦で見せた以上の豪快な決め手を披露しゴール前強襲。スローの瞬発力勝負でしたので2〜4着馬も直線良く伸びた訳ですが、そんなのは一切お構いなしの素晴らしい瞬発力。府中でもこの脚が使えればオークスでも!そう思わせるほど強烈なインパクト。

2回阪神4日(4月1日)10R マーガレットS 芝1400
ルミナスハーバー・・・★★★★★★
好スタートも控えて中団を追走。手応え良く直線に向くと最後までキッチリと伸び、差してきた2着馬の追撃をハナ差退けての勝利。馬体減で暮れ爆走した反動もようやく復調気配で素晴らしいスピードが戻ってきた。ただ最後詰め寄られてのはまだまだ良くなる余地があると見るべきなのか?それとも坂の所為なのか?

2回阪神4日(4月1日)7R 500万下 芝1600
ビンチェロ・・・★★★★
道中は中団で待機、直線に入ると外のレースドールと併せながらグングン脚を伸ばし差してきた。長い長い競り合いでしたがゴール前でハナ差捻じ伏せての快勝。2戦目以降瞬発力勝負でいいとこなく負けていましたが、今回は追い比べでキッチリ先着。やや時計の掛かる馬場と直線併せる形になったのも良かった模様。

1回福島2日(4月1日)10R ひめさゆり賞 芝2000
ホクトスルタン・・・★★★
好スタートからハナを切るとHペースで飛ばしアガリの掛かる展開に持ち込む。1000m通過59秒3というペースでしたが、逃げてる本人は余裕の手応え。3馬身ほどにリードを広げ直線に入るとあとは突き放す一方、最後は6馬身の差を付けてゴール。気分良く逃げてスタミナ勝負に持ち込めればダービーTRでも面白い存在。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:36|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2007年03月27日

3歳馬レビュー ナムラマース毎日杯を制し皐月賞へ

先週で新馬戦も終了したため、このコーナーも3歳馬レビューに名前を変えてリニューアル。まぁリニューアルというか規模縮小なんですけど。ダービーに向けてラストスパートです。

西のクラシック最終便毎日杯ですが、今年毎日杯を制したのは既に賞金面では十分足りているナムラマース
前走は京都で33秒台の末脚を見せたものの、展開にも泣かされ勝負どころで置いていかれと不安の残る内容での2着でしたが、今回はその不安を一掃する強い内容で快勝しました。
そしてやっぱり京都よりも阪神や中山のようなコースの方があってるようですね。

ここ10年で7頭もクラシック連対馬を出しているのがきさらぎ賞の連対馬。藤岡騎手との皐月賞での走りが楽しみです。


【土曜】
2回阪神1日(3月24日)11R 毎日杯1着 芝1800
ナムラマース・・・★★★★+★
速い流れでしたが道中は縦長の展開、中団の後ろでじっくりと脚を溜めると、後方待機馬たちとの瞬発力勝負を楽々と制す。勝負どころで置かれるところがある馬ですが、今回はスムーズに加速し早めに抜け出す事に成功。これなら本番でもと思わせる走りでした。力のいる馬場にも強く中山コースも合うハズ。楽しみな1頭。

2回阪神1日(3月24日)11R 毎日杯2着 芝1800
ヒラボクロイヤル・・・★★★★
パワー満点のこの馬にとって馬場が渋ったのも味方したと思いますが、重賞でも相手なりに走れる事を証明。前走で速いアガリの競馬にも対応しましたが、勝ち馬にあっさりと突き放されているように、重賞での瞬発力勝負では分が悪かったようです。ただ重賞を使われた上積みもありそうですし、次は更に良くなりそうな雰囲気。思いっきり雨でも降れば面白いかも。

3回中山1日(3月24日)9R 山桜賞 芝1800
マイネルランページ・・・★★+
外枠から好ダッシュを決め2番手へゆったりとした流れを抜群の手応えで進む。3コーナーから逃げ馬に並び掛けに行くと直線でも力強い伸び脚を見せ、あっさりと抜け出した。やや相手に恵まれたレースですが、何があったのか?前走で馬が一変。スピードと力強さを兼ね備えた中距離タイプの馬に進化した模様。


【日曜】
3回中山2日(3月25日)6R 500万下 芝1200
モルトグランデ・・・★★★
距離短縮が効いたようであっさり。道中は好位の3番手を抜群の手応えで追走、直線に入ると力強い末脚でグイグイっと抜け出し、最後の坂で更に突き放した。初戦で3着に入ったようにダートもこなせるパワフルな馬で、中山コースも合っている。ただ距離はあまり融通が利かなさそうなスプリンター。

2回阪神2日(3月25日)9R 君子蘭賞(牝馬) 芝1400
エイシンイチリン・・・★★+
大外枠から好スタート。当初は控える構えを見せましたが、ペースが遅いとみるや3コーナー手前から一気にハナを奪いマイペースの逃げに持ち込む。抜群の手応えで直線に向くと早めに抜け出し、そのまま悠々押し切った。スピードとパワーで押し切るタイプでマイルより1200、1400mが向いていそうな雰囲気。

1回中京8日(3月25日)9R はなのき賞 芝1200
ユーチャリス・・・★★+
好スタートからハナへ。ピッタリと横に付けられる厳しい流れでしたが、お構いなく速いペースですっ飛ばす。直線で内をすくった2着馬に一旦詰め寄られたものの、ゴール前でまた突き放し1馬身1/4差の完勝。芝、ダート不問の短距離馬で馬場が渋ったのも味方しましたが、それにしても相当しぶとい。

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList