新馬レビュー06〜07

2007年03月20日

勝手に3歳馬番付け

リクエストを頂いていた勝手に3歳馬番付です。大変遅くなりました。
いつもながら、中身の方はかなり勝手な内容となっております。ちなみに昨年のほぼ同時期に書いた番付はこんなんです→昨年 牝馬


勝手に3歳馬番付け

 



※東西は番付上のもので、所属ではありません。


【牡馬】
当然皐月賞、ダービーで好走が期待できる馬を上位に。マイルCは殆ど考えずに決めました。
という事で、ここまで直接対決が多かった所為もあり結構すんなりと決定。面白味のない番付になってしまったかも。

個人的にはホウオーが頭1つ抜けた存在だと思いますが、皐月賞が直行のためアドマイヤオーラも横綱に。
大関、関脇にも1発が狙えそうな馬で固めてみました。それより下はダービーまでに成長すれば面白そうな馬も少々混ぜて。
特に昨年のアドマイヤメインのような馬が出る事を期待して毎日杯組に期待。

【牝馬】
こちらは桜花賞とオークスの距離に開きがあるのでかなり悩みましたが、能力的に1枚以上じゃないかと睨んでいるウオッカの1頭横綱にしました。
大関には例年なら桜花賞1番人気でもおかしくないダイワスカーレット。そして上手く行けばオークスでウオッカを脅かす存在になりそうなベッラレイア。桜でこけてもマイルCでセカンドチャンスがありそうなアストンマーチャンの3頭。
そして間に割って入りそうな2頭を小結に。

一応、前頭もチョイスしましたが、どうも現時点でこの4頭をまとめて交わす馬となると…。思い浮かばないんですよね。
昨年のカワカミプリンセスのような例もありますし、終わってみたらあっと驚く結果になっているかもしれませんが。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:18|この記事のURLComments(8)TrackBack(3)

2007年03月19日

新馬レビュー ベッラレイア圧倒的な競馬で2勝目

今週からはダートのレースを省略して芝に絞ってのレビューです。土日分をまとめて。

今週はスプリングS、フラワーCと3歳重賞が2つありましたが、私の中で最も印象に残った馬は中京のあざみ賞を勝ったベッラレイア
まさか中京でこんな競馬をしてくれるとは。百聞は一見にしかず。特別レースなのでまだ観ていない方はJRAのHPで確認できます。是非観て下さい。凄い勝ち方。

これで無事賞金加算に成功した訳ですが、桜花賞は賞金的に依然厳しい状況。というか多分無理。
フラワーC除外がつくづく悔やまれます。ただ桜花賞であの馬と激突するよりも、オークスで激突するほうが、オークスは盛り上がるかな?
距離的にも良さそうですし。オークスまでにはしっかり賞金加算して貰いたいと思います。


【土曜】
2回中山7日(3月17日)11R フラワーC1着 芝1800
ショウナンタレント・・・★★★
今回もハナへ。マイペースの逃げに持ち込むと直線早々に引き離し勝負を決めた。すんなりハナを奪えれば相当しぶとい馬で中山コースも好相性。ただ今回はG靴箸呂い有力馬の回避や評判馬の除外により500万下のような面子でいわば順当勝ち。重賞レベルの相手とあたらずに本番へ行くのはマイナス材料かも。

2回中山7日(3月17日)11R フラワーC2着 芝1800
ホクレレ・・・★★★
中団待機から力強く末脚を伸ばし2着を確保しましたが、勝ち馬には楽々逃げられ1馬身半差。ただ楽に逃げられた印象で展開の差もあったように思う。やや面子落ちとはいえ昇級初戦の重賞でも相手なりに走れた事は評価。賞金的に微妙ですが、出走できればG気任眩蠎蠅覆蠅砲修海修柿れそうな気も。

2回中山7日(3月17日)5R 未勝利 芝1600
ムーンレスナイト・・・★★★
父デインヒル、母父Sadler's Wellsという血統。道中は好位の3番手を進むと、4コーナーで前に並びかけ先頭に立って直線へ。あっさり抜け出すと手応え的には突き放しそうな感じもあったんですが、逆に2着馬に半馬身差まで迫られてのゴール。能力はありそうな馬ですが、勝ち切れなさそうな印象。

1回阪神7日(3月17日)11R 若葉S1着 芝2000
ヴィクトリー・・・★★★★+
逃げたゴールドキリシマを3コーナーで早めに潰し、自身は抜群の手応えで直線へ。直線では最終コーナーで追いかけてきた馬達を悠々と振り切り、ゴール前追い込んできた2着馬の猛追もクビ差凌いでの快勝。仕切り直しの1戦、叩き台としてはまずまずの内容も、数字的には仕上がり過ぎてた馬体で反動がやや心配。

1回阪神7日(3月17日)11R 若葉S2着 芝2000
サンライズマックス・・・★★+
時計的にはさほど速いペースではありませんでしたが、勝ち馬が3コーナー手前から積極的に動いた為に前が崩れる流れ。そんな流れを最後方待機で自分の競馬に専念。上手く作戦が嵌ったようで直線では1頭鋭い末脚をみせ勝ち馬にもクビ差まで迫った。大分成長してきていますが展開にも大分助けられた印象。

1回阪神7日(3月17日)5R 新馬 芝1800
ロックドゥカンブ・・・★★
Red Ransom産駒で母父Fairy Kingのマル外。ゆったりとした流れを逃げ馬をピッタリマークするように2番手で追走。直線での瞬発力勝負になりましたが、長くいい脚を使いそのまま押し切った。あまり切れるイメージやスピード感はなく展開にも恵まれた印象ですが、なかなかしぶとそうなタイプ。遅生まれなだけにまだまだ完成するのは先かも。

1回中京5日(3月17日)10R あざみ賞 芝1800
ベッラレイア・・・★★★★★
スタート決まらず最後方を追走、中京の3歳戦では向こう正面や3コーナーで早めにマクリを打たないと厳しいハズなんですが、この馬は3コーナーまで最後方でおまけに4コーナーで大きく外に膨れての直線勝負。普通の馬なら沈む競馬も圧倒的な能力の差であっさりぶち抜き最後は手綱を押さえてのゴール。インパクトはバケモノ級。

1回中京5日(3月17日)3R 未勝利 芝1200
ホウライパレード・・・★★
好スタート、好ダッシュを決めると内の馬を行かせ2番手を追走。2頭で3番手以下を離し直線へ。逃げ馬直線半ばで力尽きましたが、1頭になってからもしぶとく粘り込み、差し馬の追撃を3/4馬身振りきった。最後は流石にバテたようですが、テンのスピードはなかなか。小回り平坦の短距離なら上でも。

1回中京5日(3月17日)4R 未勝利 芝2000
タマモモダンタイム・・・★★
サッカーボーイ産駒で母父シンボリルドルフ。道中は中団で待機し3〜4コーナーでまくり気味に前に並びかける。直線ではその並びかけた4頭と横一線になっての叩き合い。最後までキッチリと伸びやや離れた内で粘りこむ2着馬をクビ差押さえての勝利。ここ2戦でレース振りが良化。徐々に力を付けたきた。

【日曜】
2回中山8日(3月18日)11R スプリングS1着 芝1800
フライングアップル・・・★★★★+
重賞ではなかなか勝ちきれない競馬が続いていましたが、前残りの中山で最後方待機という奇策を打ち、それに見事に応えてみせた。上手く内をすくえた事も幸いしましたが、力強い末脚は府中よりも中山向きの印象。対ホウオー2連敗もコース替りと展開が味方すれば本番でリベンジもあるかもしれない。

2回中山8日(3月18日)11R スプリングS2着 芝1800
マイネルシーガル・・・★★★★★
今回は積極的に前につける競馬。4コーナーで逃げ馬に並びかけ、直線でも余裕たっぷりに抜け出しましたが、後方で脚を溜めていた勝ち馬の決め手に屈し3/4馬身差の2着。自在性のあるところを見せましたが、決め手と勝負根性に優れる馬なだけに差す競馬の方が合ってるかも。また距離もギリギリだったか。


2回中山8日(3月18日)11R スプリングS3着 芝1800
エーシンピーシー・・・★★+
今回も好位を追走する競馬。内をじっくり脚をため、直線でスムーズに外に出す理想的な競馬ができましたが、前の2着馬は最後まで交わせず、勝ち馬には並ぶ間もなく交わされてしまった。ただ最後は差を詰めていたように、長くいい脚を使っている模様。重賞初挑戦にしては上々の結果かも。1戦毎に力をつけている感じです。

2回中山8日(3月18日)7R 500万下 芝1600
ムラマサノヨートー・・・★★+
初戦以来の芝で一気に変わり身を披露。距離も短いところが良さそうだと思っていたんですが、キングヘイロー産駒はこれだから…。好スタートから2番手を追走し直線へ。直線半ばで一気に加速し抜け出した。今後もどこで走るかわからない馬でアテにできませんが、この日の競馬はかなり好内容。中山が合うのかも。

2回中山8日(3月18日)5R 未勝利 芝2200
マイネルファヴール・・・★★★
アフリート産駒ですが、芝の長めの距離を使われるようになって成績が安定。8戦目での初勝利。道中は中団のやや後ろを追走していましたが、3〜4コーナーで大マクリ、一気に先頭に立ち直線へ。直線でも力強い伸び脚を見せ後続を突き放した。今ならダートの中距離でも強い競馬ができそうな予感。

1回阪神8日(3月18日)9R さわらび賞 芝1600
スズカコーズウェイ・・・★★★★★
道中は中団のインコースで待機し直線へ、逃げた2着馬が抜群の手応えで直線に向き突き放す勢いでしたが、内から力強い伸び脚で並び掛けるとグイグイと伸びて抜き去りそのまま楽に押し切った。前走2000mで惨敗もやはり本質はマイル向き。このまま順調にいけばマイルCでも楽しみな1頭。

1回阪神8日(3月18日)5R 未勝利 芝1800
マイネルキーロフ・・・★★★★
行きたがる馬がおらず押し出されるようにハナへ。直線に入るとジワリジワリと伸び抜け出しましたが一杯気味の手応えで脚色平凡、凄い勢いで差してきた2着馬にあっさり交わされると思いましたが…並ばれてからが凄い。馬体が併せられるとエンジンが再点火し力でクビ差捻じ伏せた。これで変わってきそうな雰囲気。

1回中京6日(3月18日)3R 未勝利 芝1200
ケイエスバウアー・・・★★
押して押して激しい先行争いに加わり2番手へ。直線手前のコーナーワークで逃げ馬に1馬身ほど差を付けられましたが、ジワリジワリと脚を伸ばしゴール前でとっ捕まえた。最後外から差してきた2着馬の追撃もクビ差凌いで勝利。あまり決め手はなさそうですが、最後までキッチリ伸びるしぶとい走り。

1回中京6日(3月18日)4R 未勝利 芝1800
フラワータキシード・・・★★★
ブラックタキシード産駒。好ダッシュを見せすんなりとハナに立つと、道中マイペースに落とし手応え良く直線へ。直線でも余裕たっぷりの競馬で最後までしっかりと伸び1馬身1/4差をつけゴール。すんなりハナを切れたのも大きく脚質的にも中京は向いていた模様。上のクラスでも自分の競馬ができればしぶとそう。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 17:55|この記事のURLComments(12)TrackBack(5)

2007年03月13日

新馬レビュー マーチャン、理想的な競馬でステップレースをクリア!

今年初戦のレースでしたがアストンマーチャンが完璧な競馬でフィリーズレビューを勝利。これで阪神JFの1、2着馬がそれぞれTRを制し本番に進む事になりました。

スピードがあり過ぎるために距離延長が不安視されるマーチャンですが、それを見越してか折り合いに専念する競馬で勝利。
また全くの楽勝で反動の少なそうな競馬というのもいい感じです。まさに理想的なステップレースの勝ち方でした。

これで昨年暮れからさほど勢力図が変わらず桜花賞へという事になりそうですが、馬券を買う身としてはもう1頭くらい面白い馬に出てきて欲しいところ。

抽選待ちですが出走できればフラワーCのベッラレイア。この馬がとんでもないパフォーマンスしてくれると嬉しいんですけどね。まずは抽選を何とか突破してもらいたいものです。


1回阪神6日(3月11日)11R フィリーズレビュー1着 芝1400
アストンマーチャン・・・★★★+★★
好スタートでポンと出たが、好位に控えて折り合いに専念する本番を見据えた競馬。直線では馬なりのまま先頭に並びかけ追い出しを待つ余裕の手応え。いざ追い出されるとあっさり抜け出し2馬身半差をつける大楽勝。相変わらずの素晴らしいスピード感。ベストは1400m以下でしょうがこの感じで折り合えれば本番でも楽しみ。


1回阪神6日(3月11日)11R フィリーズレビュー2着 芝1400
アマノチェリーラン・・・★★+
マーチャンが控えるのを見てジワリジワリと前へ2番手に付ける。直線に入って先頭に立ったが、ゆったりとした流れと勝ち馬がギリギリまで追い出しを我慢してくれたお陰か、手応え十分。勝ち馬にはあっさり交わされましたが、そこから持ち前のしぶとさを発揮しきっちり権利を確保。相当展開には恵まれましたが、これだけ走れたのはビックリ。

1回阪神6日(3月11日)11R フィリーズレビュー3着 芝1400
ハギノルチェーレ・・・★★★
道中は内目の後方で末脚を温存。4コーナーでは馬群の中からロスなく追い上げ、直線でも上手く馬群を捌いて一旦は勝ち馬を射程に捕らえたが…。そこから追い出されて逆に突き放されてしまった。なんとか粘って出走権確保も今回は完敗の内容。正攻法では本番での逆転は厳しそうな雰囲気。

1回阪神6日(3月11日)6R 新馬 芝1600
メイショウジダーン・・・★★★
外枠からジワーと前へ出てSペースを3番手から追走。直線に入るとあっさり前の馬に抜け出され、とても交わせるような脚色には見えませでしたが、ゴール前になるとグインと加速。一気に前を捕らえ3/4馬身差を付けての勝利。坂で逃げ馬がタレたのもありますが、ゴール前だけはなかなかの末脚。

1回阪神6日(3月11日)7R 500万下 ダ1800
ダイナミックグロウ・・・★★
テイエムオペラオー産駒で母父A.P. Indy。名古屋で初勝利をあげ、これでダート戦は2戦2勝。少頭数で緩いペースを2番手で追走し、最終コーナーで逃げ馬に並び掛けて直線へ。直線半ばで相手を競り落とすと、最後までキッチリ伸びて2馬身差の勝利。相手にも展開にも恵まれた気はしますがダート適性は高そう。

2回中山6日(3月11日)6R 新馬 芝1800
マチカネアマテラス・・・★★
重馬場とは言え1800mで1000m通過が67秒台。そんなドスローペースを2番手で進み直線での末脚勝負に。4、5頭横になっての追い比べでしたが、力強い走りでジワリジワリと脚を伸ばしゴール前で逃げ馬をクビ差交わした。Sペースと馬場で今回の競馬では判断微妙もやや低レベルなレースだなという印象。

2回中山6日(3月11日)7R 500万下 ダ1200
リキサンファイター・・・★★★★
福島の未勝利勝ちの時に高評価をした馬ですが、昇級後6戦目ダート戦でようやく2勝目をゲット。道中は中団で待機すると直線離れた5番手からグイグイ加速。前で粘りこむ2着馬を力強く交わし去った。すっかりダートの差し馬になってしまいましたが、平坦小回りなら芝でもやれると思うんですが…

1回中京4日(3月11日)9R 沈丁花賞 ダ1700
ロングプライド・・・★★★★
出遅れ気味のスタートで後方からの競馬になったが、すぐに馬群の中から前へ追い上げる。向こう上面では掛り気味に3番手まで押し上げ、4コーナーで前2頭に並びかけ先頭へ。4番手以下を離しての直線3頭の追い比べも難なく制し2連勝。少々強引な競馬もここでは1枚上手だった模様で能力で圧倒。

2回中山6日(3月11日)5R 未勝利(牝馬) 芝2000
マジックビクトリア・・・★★
オペラハウス産駒で母父アンバーシャダイ。中団で待機していましたが向こう正面から徐々に前へ。3〜4コーナーからマクルと直線でも力強く長くいい脚を使って差を詰め差しきった。速い脚は使えなさそうですがパワフルでスタミナはありそう。馬場が渋ったのも味方した印象。

1回中京4日(3月11日)4R 未勝利 芝1800
マッキーエルメス・・・★★★
マッキーマックスの全弟。4ヶ月振りの実戦でしたが問題なく巻き返して見せた。道中は内の馬に馬体を併せながらも逃げる展開。4コーナーのコーナーワークでピッタリと併走すると、そこから直線は2頭で一騎打ちに。一旦は前に出られたもののしぶとく差し返し競り勝った。能力はありそうですが本格化はまだまだ先っぽい。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 18:32|この記事のURLComments(6)TrackBack(1)

2007年03月12日

新馬レビュー エミーズスマイル連勝で桜の権利をゲット!

前走牡馬相手に2000mの500万特別を勝利していた船橋所属の地方馬エミーズスマイル。今度は桜花賞TRアネモネSを制し桜花賞の優先出走権を確保しました。

まぁ、地方馬といってもアグネスタキオン産駒で母父ホワイトマズルという血統で社台F[の生産馬。馬主も吉田照哉社長なのでお馴染みの勝負服。ちょっと地方馬という感じを受けないのも確かなんですけどね。

何はともあれ地方馬の桜花賞出走はあのライデンリーダー以来ということ。本番でも是非頑張って貰いたいものです。


2回中山5日(3月10日)10R アネモネS1着 芝1600
エミーズスマイル・・・★★★★
道中は中団の外から。4コーナーで外をまくり先団に取り付くと直線でも素晴らしい手応え。最後まで力強く伸び切り1馬身半引き離しての勝利。アグネスタキオン産駒ですが母父ホワイトマズルの影響か、力強く長くいい脚を使える印象でスタミナも上々。これで堂々船橋所属のまま桜花賞へ。

2回中山5日(3月10日)10R アネモネS2着 芝1600
フローラルカーヴ・・・★★★
道中は後方馬群の中で脚を温存。勝負どころでやや外目から一気に前に進出し直線では馬群を縫って力強く抜け出しに掛かった。が、ゴール前ではあっさり勝ち馬に突き放され1馬身半差の2着。理想的な競馬で権利は確保したものの、どうも勝ち切るには決め手に欠けるようです。ただ相手なりには走れる馬なんでもしかしたら。

2回中山5日(3月10日)7R 500万下 芝2000
エフティイカロス・・・★★★
今回は中団やや前目馬群の中からの競馬。3〜4コーナーでコーナーワークを利用し前目に付けると、直線で見事に前が開き追撃体勢へ。先に抜け出した2着馬にしぶとく喰らい付きゴール前でクビ差捻じ伏せた。あまり切れる脚はなさそうですがかなりしぶとい脚を使う。アガリが掛かる展開になればOPで出番も。

2回中山5日(3月10日)6R 新馬 ダ1800
シルクプレスト・・・★★
サクラバクシンオー産駒ですが1800mでデビュー。母父リアルシャダイで叔父にはハギノリアルキングがいる血統。外枠からすんなり好位に取り付くと、3〜4コーナーで早くも前に並び掛け、直線あっさり5馬身抜け出しての勝利。距離がどこまで持つかは?ですが、ダートでは相当走りそうな予感。

1回阪神5日(3月10日)10R ゆきやなぎ賞 芝2200
ヒラボクロイヤル・・・★★★★
少頭数の長距離戦、ゆったり流れて直線での瞬発力勝負。道中は内の後方でじっくり脚を溜め後方のまま直線へ。これまでさほど速いアガリを出していない馬だったので瞬発力勝負に対応できるか不安はありましたが、直線力強い末脚を繰り出しゴール前できっちり捻じ伏せた。でも力のいる馬場の方が合うような気も。

1回阪神5日(3月10日)6R 500万下 ダ1200
アルヴィス・・・★★
好スタートを決め好位の内4番手を追走。4コーナーから前2頭との差を徐々に詰め直線に向くと、直線でも長くいい脚を使いジワリジワリと追い詰め、ゴール前クビ差交わして勝利。完全にダートの短距離馬、今回のようにスタートが決まり前に付ける競馬ができれば。

1回阪神5日(3月10日)5R 新馬 ダ1800
マコトアンドルー・・・★★★
アグネスタキオン産駒で母父ブライアンズタイム。道中は中団の外目を追走、3コーナーから気合を入れられ激しく追われながら直線に向くと、直線半ばでエンジン全開。一気に突き放し6馬身差を付けて勝利。まだまだ幼い印象ですが直線で見せた末脚は大物感たっぷり。今後の成長にも期待です。

1回中京3日(3月10日)11R ファルコンS 芝1200
アドマイヤホクト・・・★★★+
内枠からすんなり先行し4番手の内で待機。速いペースでしたがスピードは抜群、楽な手応えのまま追走すると直線逃げ馬を並ぶ間もなく交わし去り2馬身突き抜けての勝利。スピード自慢が揃ったこの中でも更に1枚上手なスピードを見せつけた。ただし完全なスプリンターのためマイルCは回避。秋の活躍を期待。

2回中山5日(3月10日)5R 未勝利 芝1800
トーセンマーチ・・・★★
母父SSのフレンチデピュティ産駒、スズノマーチの半弟。道中は好位4、5番手からの競馬。そのまま直線に向くと、前の馬に一旦突き放されたもののしぶとく末脚を伸ばしゴール前でなんとか捕らえてハナ差の勝利。エンジンの掛りが遅いようで末脚の迫力も今ひとつ。血統的には上でも相手なりに走れそうですが…

1回阪神5日(3月10日)4R 未勝利 芝1600
グッドキララ・・・★★
メジロライアン産駒で母父ウォーニング。好スタートを決めジワリジワリと外からハナを奪う。直線に入ると早めに抜け出し、直線半ばでセフティーリード。最後まできっちり伸び、2着馬の追撃を余裕を持って1馬身半退け待望の初勝利。ここまで未勝利戦で好走を続けていた馬。ようやく順番が回ってきた。

1回中京3日(3月10日)3R 未勝利 芝1200
コアレスリーヴァ・・・★★
馬名のとおりダイタクリーヴァ産駒。好スタート、好ダッシュを決めハナへ。マイペースでの逃げを打ち直線に向くと、そのまましぶとく粘り込み1馬身半差を付けての勝利。相手、展開にも恵まれましたが、新人騎手で3キロ減の斤量も大きかった印象。荻野騎手はJRA初勝利です。

1回中京3日(3月10日)4R 未勝利 芝2500
アグネスタラリア・・・★★
アグネスタキオン産駒で母父アンバーシャダイ。道中は好位の内3番手を距離ロスなく進み直線へ、直線半ばでジワジワと脚を伸ばし逃げ馬を交わす。早めに抜け出した分か最後はやや一杯気味も、しぶとく粘り込み後続の追撃をハナ差退けた。母は短距離でも活躍しましたが、娘は長めの距離が向いている様子。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)

2007年03月07日

新馬レビュー アドマイヤオーラ、打倒ホウオーの1番手に浮上

アドマイヤオーラが皐月賞の最重要TRを制しました。これで4戦3勝2着1回。重賞2勝という素晴らしい成績でクラシックへ。

2着ココナッツパンチの見方次第で、この評価がガラリと変わりそうなレースでしたが、私は“キャリア1戦の馬に首差まで迫られた”という見方ではなく、上位4頭の中で1番厳しい展開にいたこの馬が最後まで交わされなかった事を評価したいと思います。最後も余裕はありましたしね。

ただこの競馬でフサイチホウオーに勝てるかとなると…。やってみないと勿論わかりませんが、勝負根性の塊であるホウオーに並びに行くような競馬は分が悪い気が。
折角、スンバラシイ瞬発力のある馬なんで脚を溜めて外から一気にスパッと!の方がいいように私は思うんですけどね。
まぁフルゲートの皐月賞でそれをやるのも十分過ぎるほどリスキーですけど…。


2回中山4日(3月4日)11R 弥生賞1着 芝2000
アドマイヤオーラ・・・★★★★+
思ったより速めのペースになりましたが、やや前目の5、6番手からの競馬。前走シンザン記念のレビューで速いペース、アガリの掛かる展開でどうなるか?と書いたんですが、これくらいの流れなら全く問題ない模様であっさりクリア。相変わらず並んでからの勝負根性も素晴らしい。

2回中山4日(3月4日)11R 弥生賞2着 芝2000
ココナッツパンチ・・・★★★★
切れモノ2頭を相手にアガリ最速を記録し、僅か1戦のキャリアで皐月の権利をゲット。道中は後方で脚を溜め直線外からパワフルな追い込みを見せたが、いざ並んでからが交わせそうで交わせず…。とは言えキャリアを考えると大健闘の内容。ただこれで本番もキャリア2戦で挑戦するハメに。また激走の反動も心配。

2回中山4日(3月4日)11R 弥生賞3着 芝1600
ドリームジャーニー・・・★★★★+★★
直線で不利を受けたのも痛かったが、脚色を見ると2着馬の方が良かった。差は詰まっていたとは思いますが、不利がなくても交わせていたかどうかは疑問。朝日杯で使った鬼脚は出せていなかったと思う。もっと後ろで脚を溜める競馬の方が合っているのかも?単純に距離かもしれませんが…。と言っても叩き台、悲観する内容でもないんですが。

2回中山4日(3月4日)6R 新馬 芝2000
シグナリオ・・・★★★★
緩い流れでしたが後方で待機、4コーナーでは外を回さず馬群の中を突いて直線へ。外から鋭く追い込んできた3着馬と併せる形にになりましたが、ゴール前でグイッと伸び突き放すと逃げ粘っていた2着馬も捕らえてゴール。ジャングルポケット産駒らしい力強く豪快な末脚でデビュー戦を勝利。次走も楽しみ。

2回中山4日(3月4日)7R 500万下 芝1200
グレイトフルタイム・・・★★★
内からスーッとダッシュをきかせ、ハナに立つとスピード感溢れる逃げを打つ。直線に入ると早めに突き放しにかかり、直線半ばで2馬身ほどのリード。早めに飛ばした分、終いが甘くなり最後は2、3着馬に際どく迫られましたが、何とかクビ差残して2連勝。かなりのスピードがありますがあまり制御はできていない様子。

1回阪神4日(3月4日)5R 新馬 ダ1200
マルターズマガン・・・★★
More Than Ready産駒のマル外。スタート後押してハナを主張しマイペースで逃げる。直線でも最後まで脚色は衰えず、道中ずっと2番手でマークしていた2着馬を逆に2馬身半突き放しての勝利。典型的なダートの短距離馬の印象。スピードもあり、直線での粘りもまずまず。

1回阪神4日(3月4日)6R 新馬 芝2000
フェルヴィード・・・★★★
最内枠からハナを奪いSペースび落とし直線での瞬発力勝負に持ち込む。直線では4コーナーから2番手に付けていた2着馬と叩き合いながら後続を引き離すと、2着馬との競り合いも最後まで抜かさせずにハナ差押し切った。Sペースにしてはアガリ時計平凡も並ばれてからしぶとく勝負根性がありそう。

1回阪神4日(3月4日)7R 500万下 芝1800
クレスコワールド・・・★★★★
8頭立ての少頭数で緩いペースでしたが道中は後方をゆったり追走。3〜4コーナーで外を通り一気にまくると先頭に並びかけて直線へ。先行していた断然人気の2着馬をあっさり抜き去ると、その後もグングン加速。結局2着に2馬身差、3着以下を更に5馬身突き放す大楽勝。前走小倉で見せた瞬発力は阪神コースでも陰りなし。OPでも要注意。

1回阪神4日(3月4日)9R 雪割草特別 芝1400
キングスベリー・・・★★★
二の脚がえらい速くスピードのある馬。あっさり先行できれば上でもと前走時に書いたのに買ってないし…。今回はスタートも良く楽に2番手へ。道中の追走も楽で手応えも絶好。直線逃げ馬を交わすのに苦労はしたものの、しぶとく喰らい付きゴール前で捻じ伏せた。短距離馬だと思っていましたが、案外距離も持つかも?

2回中山4日(3月4日)5R 未勝利 芝1600
ヘイアンレジェンド・・・★★★
Hペースを見越してか、スタート後直ぐに控え後方で待機。4コーナーでもまくって行かずに直線に全てを賭ける競馬。思いっきり展開が嵌りましたが、直線入り口で後方3番手から12頭牛蒡抜き。速いアガリの展開になるとどうなるか?ですが、流れが向いたにせよ今回は素晴らしい追い込みをみせた。

1回中京2日(3月4日)3R 未勝利(牝馬) 芝1800
ブリトマルティス・・・★★
道中は先行集団の後ろ、外目を追走。3コーナーから早めに前へ進出、4コーナーでは4頭並んだ1番外を走っていたのでかなり外をまわってしまいましたが、直線に入るとジワリジワリと脚を伸びし、2着馬との叩き合いを頭差制した。特に切れるイメージはありませんが、なかなか長くいい脚を使えるようです。

1回中京2日(3月4日)4R 未勝利 芝1200
シャペロンルージュ・・・★★
サクラバクシンオー産駒。外枠からでしたが、好スタート好ダッシュを決めハナへ。道中での手応えも良く直線でもまだまだ楽な手応え、いざ追われるとあっさり後続を引き離し2馬身半差を付けて勝利。ただ前が残る馬場、上位人気の3頭が揃って差しに回ってくれたのもこの馬には味方した模様。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
newtype777 at 18:55|この記事のURLComments(4)TrackBack(5)

2007年03月06日

新馬レビュー 桜は1強ムード?ウオッカ、2強対決を制す!

今年の3歳牝馬は高レベル。まぁ良く聞く言葉ではありますが、私も今年は例年以上に好メンバーが揃ってるような気がします。
その中でも特に評判の高かった2頭、ウオッカダイワスカーレットが本番前にTRで激突。

結果は殆どの方が予想していたであろう2頭のマッチレース、それもクビ差という僅差での決着になりましたが…。
クビ差はクビ差でも着差以上の強さといいましょうか、全くの楽勝。ウオッカ凄い馬です。

この時期でこんなに強いな、と思った馬は私の中ではエアグルーヴ以来。お母さんが短距離馬だったのでオークスは何とも言えませんが、かなり世代では力が抜けた馬じゃないかと。
桜花賞ではどんなレースを見せてくれるのか?また鳥肌が立つような競馬を見せて欲しいものです。


1回阪神3日(3月3日)11R チューリップ賞1着 芝1600
ウオッカ・・・★★★★+★★
どっしりと中団前目の外から前の人気馬を見るように追走。直線手前からグンと加速しほぼ馬なりのままダイワスカーレットに並び掛けると、軽く追い出しただけで楽々先着。終始余裕たっぷりの競馬で2着馬をまるで子供扱いする圧倒的な内容。ここ数年の3歳牝馬の中でもトップクラスの強さな気がする。

1回阪神3日(3月3日)11R チューリップ賞2着 芝1600
ダイワスカーレット・・・★★★★★★
途中からハナを奪い自分でレースを作る。逃げてアガリ33秒9、3着以下を6馬身ちぎる完璧な内容も、最後の追い比べで叩きのめされ大きいクビ差の2着。例年なら桜花賞でも圧倒的な人気に支持されるレベルの素質馬ですが、如何せん相手が悪かった印象。ただ本番前にこの競馬じゃ勝てない事が判明したのは収穫なのかも?

1回阪神3日(3月3日)11R チューリップ賞3着 芝1600
レインダンス・・・★★★
好スタートを切ったが控えて中団やや前目からの競馬。コーナーでも外を回さず直線でも馬群を突いたが、そこで前が壁になりスムーズさを欠く走り。そこから良く盛り返しハナ差で権利をもぎ取ったが、前の2頭とは6馬身差。不利がなければもっと差は詰められたとも思いますが、本番で逆転できる差にはちょっと思えない。まだまだ成長途中、本番までの上積みに期待。

1回阪神3日(3月3日)5R 新馬(牝馬) ダ1400
ブリュンヒルト・・・★★
フィールドオアシスの半妹でアグネスタキオン産駒、近親にアストンマーチャンがいる血統。道中は中団の位置を進み徐々に前へ、直線に入るとパワフルな末脚でゴール前グイッと一伸びし、クビ、クビ差の接戦をキッチリ差し切った。走りからも半兄同様ダートで活躍できそうな感じ。

1回阪神3日(3月3日)6R 500万下 ダ1800
トーホウレーサー・・・★★
少頭数の競馬でゆったりとした展開を脚を溜めながらの逃げ。直線に入ってからも手応えは十分であっさり突き放し3馬身半差を付けてゴール。展開、相手にも恵まれましたが、使われつつ力はつけている様子。逃げ馬なので展開次第ですが、上のクラスでも流れが味方すればいい競馬ができるかも。

1回阪神3日(3月3日)7R 500万下 ダ1200
マジックボンバー・・・★★★
道中は中団からの競馬。勝負どころで外に出され前に進出すると、直線では力強くグイグイ伸びる。ゴール前で外から断然人気の2着馬(出遅れましたが)を見事に差し切り初ダートで500万下条件を勝利。芝ではやや頭打ちの印象でしたが上でもダートならそこそこやれそうです。

2回中山3日(3月3日)6R 新馬 ダ1200
リボンノキシ・・・★★
好スタートを切ると素晴らしい二の脚で内からスーッとハナへ。道中はそのままスピードを活かしてレースを引っ張り、直線では2番手でマークしていた2着馬との追い比べ。ジワリジワリと差は詰められましたが、最後までキッチリ伸び切りクビ差退けてのデビュー勝ち。血統からも走りからもダートの短距離で活躍できそう。

2回中山3日(3月3日)7R 500万下 ダ1800
ドリーミーペガサス・・・★★★
今回も好位からの競馬、前の2頭を見ながら3番手を追走。直線手前から追い出されましたが、エンジンが掛かったのは直線半ば。相変わらず追い出してからの反応がやや鈍いものの、いざエンジンが掛かればあっさり突き放す鋭い末脚。まだまだ幼い印象ですが、かなりの素質馬。そろそろ芝でもみてみたい。

2回中山3日(3月3日)9R 黄梅賞 芝1600
シベリアンバード・・・★★★★
道中は4番手を手応え良く追走、抜群の手応えのまま直線に向くと、一気に抜け出し最後は押さえる余裕も見せて1馬身半差をつけた。かなりのスピードがありそうで、直線でみせた末脚もパワフル。ダートで初勝利をあげた馬ですが、むしろ芝の方がむいていそう。ただ距離はマイル前後がベストかも。

1回中京1日(3月3日)8R フリージア賞 芝2000
ヤマニンエクレール・・・★★★
7頭立ての少頭数にしてはやや速めの展開。道中は後方よりで追走していましたが、3コーナー手前から早めに前へ。4コーナーで先頭に並び掛けると、逃げ粘る2着馬との叩き合いを制し1馬身3/4差で勝利。ヤマニンシュクルの半弟ですが、姉とは違い平坦コースの軽い馬場が合っていそうな感じ。

1回阪神3日(3月3日)4R 未勝利 芝2000
ドーントレダー・・・★★★★
母パレイシャルアフェアのBT産駒。好スタートから好位へ、道中は随分と首が低いフォームで追走。勝負どころで追い出されると、今度はキッチリクビを使い、力強い走りであっさり抜け出した。一瞬の切れではなくグイグイとパワフルで長くいい脚を使うタイプの馬。力のいる馬場で良さそうな感じ。

2回中山3日(3月3日)5R 未勝利 芝2200
フェニコーン・・・★★★
好スタートから先手を奪うとやや速いペースでしたが手応え良くマイペースの逃げを打つ。直線半ばで差してきた2着馬に並ばれると、グイッと一伸びし最後はまた突き放して3/4馬身差を付けてゴール。本格化するのはまだまだ先でしょうが、父マンハッタンカフェ同様スタミナがありそうなので長距離で活躍できそう。

1回中京1日(3月3日)3R 未勝利 芝1200
メイショウバレーヌ・・・★★★
ポンっとロケットスタートを決め外枠でしたが難なくハナへ。開幕週で前が有利なのもありますが、直線でもしぶとく粘りそのまま半馬身の差をつけてゴール。ここまで1200〜マイル、更にダートも走り掲示板を外さぬ堅実な走り。決め手がなさそうな馬ですが、昇級しても相手なりには走れそうなタイプ。

1回中京1日(3月3日)4R 未勝利 芝2000
フミノパッション・・・★★★
中京でもマンハッタンカフェ産駒が逃げ切り勝ち。平均ペースでの逃げを打ち、後続に脚を使わせるような展開に。直線に入るとそれなりな伸びは見せていましたが、差してきた2着馬の方が脚色優勢。あっさり交わされるかと思いきや、並んでからがえらくしぶとく、結局抜かさせずに頭差押し切った。勝負根性が素晴らしい。


競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:42|この記事のURLComments(16)TrackBack(1)

2007年02月27日

新馬レビュー 皐月賞の大穴?アルナスラインがすみれS勝利。

う〜ん、すみれS。。
涙が出ちゃうのであまり思い出したくないレースですが、あの馬の事は触れずに勝ち馬アルナスラインの事を少し。

父アドマイヤベガはJRAでは芝85勝に対し、ダートは15勝(しかも新馬、未勝利、500万条件のみ)しかしていない芝巧者の種牡馬。なので、時計の掛かる福島で初勝利をあげた時も、ダートの樅の木賞を勝った時も母父El Gran Senorの影響が強く出たパワフルな馬なんかなと。
そう思い込んでいたので、スローの瞬発力勝負になれば真っ先にいなくなると思っていたんですが…。なんと33秒9の末脚を繰り出しての快勝。
真っ先に消えたのは私のPO馬の方でした。orz

それにしてもアルナスライン。もしかしてこの馬メチャメチャ強くなっているんじゃ??今回も重賞3着の実績がありながら6番人気、次走は皐月へ直行ということなので恐らく次もめちゃんこ人気薄になることでしょう。今回の競馬でG気任發舛腓辰帆世辰討澆燭なりました。レビューの評価も思い切って★2つ追加です。


2回中山2日(2月25日)4R 新馬 ダ1200
リングジアラーム・・・★★★
素晴らしい二の脚の速さであっさりハナを奪う。道中でもスピード感溢れる走りを見せ、4コーナーでの手応えも抜群。直線でも軽く気合を付けただけで楽々逃げ切った。ハレルヤサンデーの半妹でスウェプトオーヴァーボード産駒。スピードはかなりのモノがあると思うので芝でも楽しみ。ただ距離延長は微妙な気も。。

2回中山2日(2月25日)5R 新馬 芝1600
アルビアン・・・★★★
桜花賞馬プリモディーネが海外で出産したCozzene産駒のマル外。好スタートを決めハナに立つとSペースに落としての逃げを打つ。直線に入ると早々に引き離しにかかり最後は2馬身差をつけてのゴール。時計平凡で相手のレベルにも疑問は残りますが、相当太め残りの馬体でこの結果。次走の上積みも大きそう。

2回中山2日(2月25日)6R 500万下 ダ1800
スクリーンヒーロー・・・★★★
母父SSのグラスワンダー産駒で叔父に叔母にステージチャンプ、プライムステージがいる良血馬。道中は終始2着馬にマークされながらの逃げで、直線でも目標にされ追われる厳しい展開でしたが、最後まで抜かさせずクビ差押し切る。勝負根性は結構ありそう。ここまで5戦ともダートですが血統からも芝での走りが見てみたい。

2回中山2日(2月25日)9R 水仙賞 芝2200
エルソルダード・・・★★★
二の脚が速く今回はスーッとハナを奪いスローに落としてマイペースの逃げ。あまり切れる脚を使えない馬ですが、その分スタミナは豊富で直線でも最後まで脚色は鈍らず2馬身半突き放しての快勝。OPレベルの馬が相手に瞬発力勝負では厳しそうですが、スタミナが活きる展開になれば1発ありそう。

1回阪神2日(2月25日)5R 新馬 ダ1800
サバスデイ・・・★★★
押し出されるようにハナに行くと道中はスローに落とし脚をためて直線へ。直線で追われるとグイグイ力強い伸びを見せあっさり6馬身ぶっちぎった。父フジキセキ、母父Alydarで半兄にクワイエットデイという血統。走りどおりダートの中距離あたりで活躍しそうな予感。

1回阪神2日(2月25日)6R 500万下 芝1200
ライトグランデュア・・・★★★
好スタートから押してハナを主張。道中もマイペースで進む事ができ、絶好の手応えで直線へ。平坦コースで結果を出してきた馬なので直線タレるかとも思いましたが、最後までキッチリと伸び楽々と逃げ切った。スタートはいい馬ですがダッシュはそんなに速くはないので今後は楽に先手を取れるかが鍵になりそう。

1回阪神2日(2月25日)9R すみれS 芝2200
アルナスライン・・・★★+★★★
向こう正面ではゴールドキリシマが離した逃げを打ち縦長の展開でしたが、さほどペースは上がらず直線では瞬発力勝負に。好位の内でロスなく回ると33秒9の末脚を繰り出し、2着馬との追い比べを制した。ダートもこなす力強さに加えてこの切れ味、道中楽に追走できるなら次走G気任盍待大。

1回阪神2日(2月25日)3R 未勝利 芝2400
ヒカリシャトル・・・★★
前2走とは打って変わって逃げる展開。向こう正面までに一旦リードを広げると、今度は引き付けてペースを落とし脚を温存、そのまま直線での瞬発力勝負に持ち込み勝利。何から何まで上手く行った感じで本田騎手の好騎乗にも助けられての勝利。これで変わるかもしれませんが、ちょっと上では買いづらい。



競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:37|この記事のURLComments(8)TrackBack(5)

2007年02月26日

新馬レビュー トーセンキャプテン3連勝でアーリントンCを勝利!

トーセンキャプテンがデビューから無傷の3連勝で重賞制覇!
この馬フサイチホウオーと同じジャングルポケット×母父SSという配合。このまま直行、もしくはもう1走使ってそれも勝つようならジャングルポケット産駒同士の無敗馬対決がクラシックで実現です。

元気いいですねぇジャングルポケット産駒。今週の弥生賞にも前走500万特別で圧勝したタスカータソルテが出走予定。
もし、この馬がドリームジャーニーアドマイヤオーラに完勝なんて事があると、皐月賞の上位3番人気が全てジャングルポケット産駒になっちゃうかも?

SS系種牡馬の産駒が11頭も登録している弥生賞。果たしてJP産駒の春に待った!をかける事ができるのでしょうか!?


2回中山1日(2月24日)6R 新馬 ダ1800
フリートアドミラル・・・★★
内枠を上手く利用してハナへ。外から2頭に併走される厳しい展開でしたが十分な手応えで直線へ。直線では早めに抜け出しに行った分、最後はやや脚があがりましたが2着馬の追撃をクビ差退けて新馬勝ち。ハデさはありませんが、バテてもおかしくない展開で押し切るは力はある!と思う。

2回中山1日(2月24日)7R 500万下 ダ1200
シアトルタコマ・・・★★
Tale of the Cat産駒で母父A.P. Indy、叔父にエルコンドルパサーという血統。外枠から好スタートを切ると前の2頭をマークするように3番手を追走。直線ではやや一杯気味にも見えましたが2着馬が外からくるとグイっと一伸び、そのまま逃げ馬を交わすと2着馬の追撃も根性で退け快勝。母系の血統がアレなのでわかりませんが、走りからはダートの短距離馬のような気がします。

2回中山1日(2月24日)9R きんせんか賞(牝馬) 芝1600
ショウナンタレント・・・★★★
今回は内枠から好スタートを切り楽にハナへ。前走は控えていいとこナシでしたが、やはり前目の競馬が合っているようです。手応えは十分で4コーナーを回ると最後まできっちり伸び半馬身差の快勝。枠や展開、強烈な同型馬の有無で結果が大きく左右されそうな馬ですが、すんなり行ければ最後までしぶとい。中山コースも好相性。

1回阪神1日(2月24日)5R 新馬 芝1400
ジークムント・・・★★★★
道中は中団の外目を手応えよく追走。4コーナーで押し上げ直線に向くと加速するまで少し時間は掛かったものの、エンジンが掛かってからはあっという間。最後は流した状態で4馬身も突き放した。バクシンオー産駒ですが母は長距離で活躍したヴィクトリーバンク。走りからもマイルは楽に持ちそうな感じ。

1回阪神1日(2月24日)6R 500万下 ダ1400
チョウノヨウニマイ・・・★★
前走は先行しましたが今回は中団の外目を追走。勝負どころからジワリジワリと上がって行くと、直線でも力強い末脚でグイグイと伸びる。最後は内から抜け出した2着馬との追い比べを根性で捻り伏せ2連勝。前走同様しぶとく、パワフルで勝負根性溢れる走り。蝶というよりカブト虫。

1回阪神1日(2月24日)11R アーリントンC1着 芝1600
トーセンキャプテン・・・★★★+★
敵は前にいると見たのか、道中は前目に付け内でじっくり待機。直線で抜け出すまでは普通の強い馬でしたが、外からローレルゲレイロに並ばれると勝負根性が点火。そこから豪快な伸び脚を見せ2着馬の追撃を力で捻り伏せた。前走も強かったが今回は更に良くなった気がする。本番までにまだまだ良くなりそうな予感。

1回阪神1日(2月24日)11R アーリントンC2着 芝1600
ローレルゲレイロ・・・★★★+
道中は中団やや前目の外から。結局有力3頭の中では1番後ろの位置取りになってしまった。ただ直線での手応えもよく、追い出してからの脚色も勝ち馬を上回っていたように見えたが…。並びかけ後も良く伸びているんですけどね…。前走は瞬発力勝負で負かされましたが、今回は勝負根性で捻じ伏せられた。。

2回中山1日(2月24日)5R 未勝利 芝2000
キングオブチャド・・・★★
アフリカンビートの半弟でDD産駒。スタートは良くはありませんでしたが今回は押して押してハナへ。やや速めのペースで引っ張り、アガリの掛かる展開に持ち込んだ。最後までよく粘り込み差し馬の追撃を振り切って初勝利。決め手はあまりなさそうですが、スタミナはかなりありそう。スタミナが活きる展開になれば上でも。


ジャングル・フィーバー

競馬blogランキング
TOPへ戻る


newtype777 at 19:41|この記事のURLComments(4)TrackBack(6)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList