POG11〜12

2012年03月26日

2着馬も強かった。ヒストリカル、ダービーへ!

スムーズに外から追い出し、直線ど真ん中から豪快に抜け出したマウントシャスタ。共同通信杯でディープブリランテとハナ差の競馬をしているスピルバーグに半馬身差、その後は5馬身以上もちぎってる。

もしこのレースにヒストリカルが出ていなければ、デビューから無傷の3連勝で皐月賞へ。皐月賞でも上位人気に支持されそうな内容でしたが…。

なんつー末脚!

毎日杯を制したのはきさらぎ賞で2着だったヒストリカル。どうやら皐月賞はスキップしてダービーに行く模様。間挟まずにダービーに行っても結構な人気になるかもしれませんねぇ。
またこの勝利で皐月賞のワールドエースの人気もあがるかも?

何はともあれ、これで皐月賞の主要ステップは全て終了。来週末からいよいよクラシック開幕!
ということで、このコーナーも一旦お休みです。
また来年度、できたらやろうと思います。

それでは!今週分のレビューを。緑色のが今回追加分です。

2回阪神1日(3月24日)毎日杯 芝1800m
ヒストリカル・・・★★★★★
道中はいつもどおり後方から。しかし内で脚を溜めていた為にコーナーでも外に出せず、直線では前が壁。真横にスライドするように外に出し仕掛けがワンテンポ遅れる痛恨のロス。これ、差し切れなかったら相当責められた騎乗だったと思うんですが…。先に仕掛けられ外から脚を伸ばしていた3着馬も完全に抜け出していた2着馬も並ぶまもなく交わし去る極上の切れ味。血統的にもドンドン成長しそうですしね!ダービーの頃は更に楽しみです。

2回阪神1日(3月24日)毎日杯2着 芝1800m
マウントシャスタ・・・★★★★
道中は中団の外目から。4コーナーでは手応えよく外を回し前に進出すると外から馬場の真ん中に切れ込むように豪快な伸びをみせる。力の要る馬場も全く苦にしないパワフルな走りに加え、3着以下を一瞬で突き放した瞬発力も素晴らしい。あの競馬で差されるとはびっくり止まってる訳ではないんですけどね…。ちょっと抜け出すのが早すぎた気も…。

2回阪神1日(3月24日)君子蘭賞 芝1800m
ミッドサマーフェア・・・★★★★+
1頭離して逃げる展開もお構いなしで後方待機し末脚を温存。コーナーで外を回し直線では馬場のいい大外からの末脚勝負。同じく大外から脚を伸ばしていた2、3着馬と併せるような感じでグングン上がって来ましたが、ラスト1Fで急加速。併せていた2頭を一瞬で置き去りにして3馬身半突き抜ける。重賞でも即通用しそうな瞬発力。オークスでは別路線組の目玉的な存在になるかも?

1回中京7日(3月24日)大寒桜賞 芝2200m
トーセンホマレボシ・・・★★★
スタート直後は中団で待機していましたが向こう正面で徐々に前へ。2番人気馬をマークするように、3コーナー手前では早くも3番手まで進出すると4コーナーでは先頭に並びかけて直線へ。コーナーワークで一旦置かれましたが直線ではジワリジワリと前との差を詰め、ゴール手前で捻じ伏せる。兄同様、長くいい脚を使えて勝負根性も上々。時計の速い馬場の方が向くと思いますし、次が今から楽しみデス!

3回中山1日(3月24日)ミモザ賞 芝2000m
ハイリリー・・・★★★
府中の瞬発力勝負では流れにも恵まれず中位までの競馬が続いていましたが、常に良い末脚を使ってきた馬。差しが届くような展開で牝馬同士であればあっさり。前から競馬ができるタイプではなさそうなので展開の助けは必要かもしれませんが、瞬発力は重賞でも通用しそうな予感。力の要る馬場も得意。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月19日

西でワールドエース、東はグランデッツァ。1番人気はどっち?

トライアルが始まる前はディープインパクト産駒一色だった今年の牡馬クラシック路線。このぶ厚い布陣にシンボリクリスエス産駒アルフレードがどう絡んでいくのか?という勢力図だったんですが…。
終わってみればだいぶ変わってきましたね。

弥生賞でアダムスピークが沈み、スプリングSではディープブリランテが共同通信杯に次ぐ連敗。更には無敗の2歳王者アルフレードも大敗と皐月賞1番人気候補が次々人気を裏切る始末。

どうやら皐月賞の1番人気はスプリングS勝ちのグランデッツァ、若葉S勝ちのワールドエース。先週のTRを勝った2頭に絞られたかな?という感じです。

グランデッツァは無敗の皐月賞馬アグネスタキオンの産駒で父と同じ栗毛。
ワールドエースの父もまた無敗で皐月賞を制しているディープインパクト。こちらも父と同じ鹿毛で両馬とも馬体重もお父さんと同じくらいなんですよね。

代理戦争というにはオーバーですけど、面白い対決になりそうです。

それでは先週のレビューを。緑色のが今回追加分です。

2回中山8日(3月18日)スプリングS 芝1800m
グランデッツァ・・・★★★★+
他馬が手間取る時計の掛かる馬場を楽に先行しそのまま押し切るスピードとパワーがこの馬の武器でしたが、今回は1番人気を外からマークし差す競馬。こういうタイプの馬は脚をためると案外…なんてことも多いんですけど、この馬は最後まできっちり。抜群のスピードを終いの脚に変えてみせました。ただ鬼脚に見えたのは2着馬が最後バッタリ止まっていたからという意地悪な見方も…。とはいえ本番前に差す競馬で結果を出したのは大きいはず。

2回中山8日(3月18日)スプリングS2着 芝1800m
ディープブリランテ・・・★★★★★★
1コーナーで引っ掛かり、道中は離れた4番手で実質逃げるような形。直線では一瞬で抜け出したものの、抜け出してからは完全にガス欠。内にはヨレるし脚も止まった。馬群に入れて後方待機すれば距離もある程度持つんでしょうけど、気性が気性ですからね…。それに人気でそんな一か八かの競馬を本番でいきなりやるとも思えない。

6回中山8日(3月18日)500万下 芝1600m
オコレマルーナ・・・★★★★
ゆったり流れて瞬発力勝負になっちゃうと切れ負けしちゃう感じですけど、こういうタフな流れになると強いですねぇ。そういう意味では重賞の流れの方がもっとこの馬の持ち味が活きるのかも。縦長の展開を後方で待機すると直線ではど真ん中から力強く差しきった。小柄ですが力の要る馬場も問題なし、府中よりは中山向きに見えるのでニュージーランドTで好走して本番は…ってタイプでしょうか?

1回中京6日(3月18日)未勝利 芝2200m
アドマイヤバラード・・・★★★
内枠から好スタートを切り、道中は中団の内で脚を溜める。4コーナーで内から前との差を詰めると、直線では馬群を豪快にこじ開け突き抜ける。まぁ突き抜けるところがカメラワーク悪くて見えなかったんですけどね…。再び映ったら既にセフティリードでした。大型馬らしく追えば追うほど伸びるタイプで長距離は合いそうです。

2回中山7日(3月17日)フラワーC 芝1800m
オメガハートランド・・・★★★★
フェアリーSでは外枠に泣かされ、クイーンCはドスローの流れと展開向かずに惨敗。ツキがなく結果が出てなかったため人気も落としていましたが、何といってもフェアリーSの1番人気馬。まともに走ればこれくらいはといったところなんでしょうか。抜群の切れが持ち味の馬ですが、渋った馬場も問題にしないパワーも兼備。今の阪神の馬場のままならば桜花賞の舞台はピッタリかもしれない。

2回中山7日(3月17日)未勝利 芝1800m
ファイナルフォーム・・・★★★★
スタート良くスッと好位につけて脚を溜める。3コーナーでは早くも外から前に並びかけに行くほどの抜群の手応え。早めに外から上がって行ったにも拘らず、直線では他馬を見ながら余裕たっぷりに抜け出した。大型馬らしく非常にパワフルな走り。叩いた上積みも大きそう。面子は薄かったとはいえ経験馬相手にデビュー勝ちもお見事。

1回阪神7日(3月17日)若葉S 芝2000m
ワールドエース・・・★★★★★★
4つコーナーのある競馬を試すという名目での出走でしたが、前走速い時計で勝ってる馬だけに、むしろ懸念材料は前残りの重い馬場。しかし全くお構いなし。直線で追い出されると3着馬を一瞬で突き放し、逃げ残ってる2着馬も並ぶ間もなく交わし去る。流石にOPの相手では力が違いすぎたか。ダービー候補だと思っていた馬ですが力の要る馬場も問題なし。当然中山でも主役候補に。

1回中京5日(3月17日)ファルコンS 芝1400m
ブライトライン・・・★★★+
道中は後方待機4番手でじっくり脚を温存。直線まで押し上げず展開頼みの直線勝負。そしてどんぴしゃで展開が嵌った。瞬発力勝負になると決め手不足になりますけど、こういうアガリの掛かる消耗戦になると強い模様。マイルCでも馬場が渋りおまけにHペースにでもなるようなら面白いかも?



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 21:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月12日

西はアイムユアーズ、東はパララサルー!今週のTRは順当に。

土曜中山のアネモネSでは1番人気のパララサルーが勝ち3連勝で桜花賞へ。そして日曜阪神のフィリーズレビューは阪神JF2着馬アイムユアーズがこちらも1番人気に応えて優勝。
先週のTRは荒れましたが今週はほぼ順当な結果となりました。

2頭とも本番でもかなりの人気になりそうな感じですね!この2頭にジョワドヴィーヴルヴィルシーナサウンドオブハートジェンティルドンナハナズゴールを加えた7頭が上位7番人気といった感じでしょうか?
1番人気はジョワドヴィーヴルでしょうけど、2番手以下は相当割れそうな雰囲気。面白い桜花賞になりそうです。

さて、まだフラワーCを残してはいますが桜花賞のTRはこれで終了。権利をとった8頭を除く10頭が収得賞金順での出走になる訳ですが、現時点でのボーダーラインがなんと1200万!
まだどの馬が桜花賞に向かってくるのか何ともいえないところですが、下手すると500万下勝ち馬はおろかG沓加紊亮太咾あるアンチュラスすら抽選にもならないというかなり狭き門になるかもしれませんね…。

個人的にはマシュマロを桜花賞でみたいんですけど、厳しいか。。

それでは先週のレビューです。緑色のが今回追加分になります。

1回阪神6日(3月11日)フィリーズレビュー 芝1400m
アイムユアーズ・・・★★★★+
馬場を考えるとかなり速い流れ。実際結果も先行勢はこの馬を除けば壊滅状態という差し馬の流れでしたが、直線早め先頭から力強く押し切った。阪神JFでは能力の高さでマイルもこなしましたが、やはりこの馬には短距離が合う。荒れ馬場にも強いタイプで他馬が苦にした分、今の力の要る阪神の馬場も味方した印象。3歳春に1200mのG気あれば…。

1回阪神6日(3月11日)フィリーズレビュー 芝1400m
プレノタート・・・★★★
道中は最後方待機、直線に入っても後方3、4番手と展開頼みの競馬。しかしその展開がどんぴしゃに嵌る!勝ち馬より1秒も速いアガリを使い1頭際立つ末脚で権利を確保。ただ今の阪神、前残りとはいえ外目のあの位置は結構伸びる馬場なんですよね。。+展開どんぴしゃでも頭で来れないとなると…。とも思いましたが1、2着馬に関しては距離延長により逆転も可能なのかも?

1回阪神6日(3月11日)新馬 芝1800m
レッドマーキュリー・・・★★★
スタートダッシュが速くスーッとハナを奪う。馬場を考えればそんなにペースは遅くはなく脚を溜めながらの逃げには見えませんでしたが、4コーナーでの手応えも十分で持ったまま直線へ。前が残る馬場とはいえ直線でも余力十分に突き放し
ての快勝。時期的にオークスに間に合うかは微妙なところですが、相当素質は高そうです。

2回中山6日(3月11日)500万下 芝2000m
マイネルカーミン・・・★★★
重馬場とはいえ1000m通過67秒6という超ドスローペース。瞬発力勝負になるのかと思いきや向こう正面での2着馬の大まくりで一気にペースアップ。そんな流れも馬場も向いたのか?4コーナー手前から早めに2着馬を捕まえに行くと直線では3着以下を引き離しての一騎打ち。それを外から捻じ伏せ2馬身弱突き抜けた。長くいい脚を使えてパワフル。しかしながら何より馬場悪化がでかい。

1回阪神5日(3月10日)ゆきやなぎ賞 芝2400m
ヤマニンファラオ・・・★★★
Sペースを見越したか今回は2番手からの競馬。案の定道中はドスローに流れ好位でじっくり脚を溜めながら直線へ。ダイワメジャー産駒ですが母父Sadler’s Wellsの影響が強く出ているようで距離も問題なく、荒れ馬場も全く苦にしないパワフルな末脚。良馬場でもいい末脚を使える馬ですけど、OP以上で勝ち切るにはこういう馬場の方が合ってるのかも?

1回阪神5日(3月10日)未勝利 芝1800m
ファントムライト・・・★★★
母はエアグルーヴの半妹マリーシャンタル、父オペラハウスという血統。1頭離して逃げる展開を中団で待機。3コーナーに入ると外から馬なりのままマクって行き直線手前では先頭に並びかける勢い。直線では力強く伸び切り2着馬の追撃も余裕を持って振り切った。母系も父も晩成傾向ですのでこの先どんどん良くなりそう。ただ本格化は来年以降って感じでしょうか。

2回中山5日(3月10日)アネモネS 芝1600m
パララサルー・・・★★★+
重い馬場に苦戦中のディープ産駒の中では異質な存在。前回時計の速い馬場では更に切れそうなイメージと書いた馬なんですけど、こうも重い馬場に適性が強いとホントに軽い馬場にも適性があるのか心配になってくる。そんな余計な心配しちゃうほどの破壊力。今回も後方待機から直線完全に抜け出していた2着馬をゴール前で強襲!アガリが速い馬場で更に〜のようなら4連勝で本番も!まであるんじゃないでしょうか?


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 22:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月05日

ディープ産駒が1番人気で重賞3連敗!クラシック戦線に異常発生!?

チューリップ賞では2歳女王ジョワドヴィーヴルに初黒星。
そして翌日の弥生賞では無敗のラジオNIKKEI杯2歳S優勝馬アダムスピークが惨敗。
先月の共同通信杯ではディープブリランテが2着に敗れており、ディープ産駒の無敗の重賞ウイナーは3頭揃って3戦目で土がつきました。

ディープブリランテの方は次走のスプリングSで巻き返すチャンスがありますが、アダムスピークは確実に直行。残念ながら皐月賞の1番人気争いからは脱落です。当然弥生賞組からも皐月賞上位人気馬が出ると思っていたんですが…。もしかしたら本番はかなり低い評価になるかもしれませんねぇ。1〜3着馬も伏兵扱いでしょうし。。
どうやら皐月賞1番人気はスプリングSの連対馬か若葉Sのワールドエースといった雰囲気に。スプリングSも荒れて、若葉Sでワールドエースが負けるようなことがあれば…ゴールドシップ

牝馬路線は3着に敗れたとはいえ恐らくジョワドヴィーヴルが本番も1番人気になるんじゃないかなと。ただ戦前予想されたような断トツ1強ムードではなくなりそうです。2〜5番人気候補にハナズゴールヴィルシーナサウンドオブハートジェンティルドンナ、そして今週のフィリーズレビューの勝ち馬が僅差で並ぶような感じでしょうか?
ディープ産駒の連敗は予想外でしたが、少しずつ本番での勢力図は見えてきた感じですね。

それでは先週のレビューです。TRも始まりましたので未勝利、新馬勝ちの馬はだいぶ絞って。緑色のが今回追加分になります。

1回阪神3日(3月3日)チューリップ賞 芝1600m
ハナズゴール・・・★★★+★★
見る目がなくてすみません。。前2頭が飛ばした為、展開面での恩恵もあったとは思います。人気馬3頭も休み明け、重い馬場を考えれば厳しい流れだったのかもしれません。しかしそれを差し引いても際立つ末脚の破壊力。重賞ウイナー3頭を並ぶ間もなく2馬身半千切ってしまった…。時計が掛かる馬場も全く問題にしない馬場不問の末脚は本番でも脅威になるはず。権利を獲るために完全に仕上げてきたと思いますので、あとは本番までこの調子を維持できれば。

2回中山3日(3月3日)黄梅賞 芝1600m
ホーカーテンペスト・・・★★★
道中は内の3番手を先行。ロスなくコーナーを回ると直線でも内にこだわり、ラチと馬の狭い間に躊躇なく突っ込んだ。抜け出してから2着馬に並ばれ交わされる脚色でしたが並ばれてからがしぶとく、グイっともう一伸びして競り合いを制する。これで重馬場を2勝。馬場悪化の助けがないと重賞レベルでは厳しそうですが、狭いところを突っ込む根性と並んでからのしぶとさは凄い!

1回阪神4日(3月4日)アルメリア賞 芝1800m
マウントシャスタ・・・★★★★
スタートで遅れましたが幸いSペースで馬群も一団だったため、難なく立ち直し中団まで押し上げる。そのまま中団前目で脚を溜め直線に向くと、力強く脚を伸ばし先行して伸びていた2、3着馬を外から豪快に捻り伏せた。全兄がダートで活躍しているだけにこういう力の要る馬場は得意な模様。Sペースの前残を外を回して捻じ伏せたように全体的な能力も相当高い。

1回阪神4日(3月4日)新馬 芝1600m
エロイカ・・・★★★★
前3頭が離して縦長の展開を4番手集団の前からの競馬。ただ縦長とはいえ前3頭が作り出したペースはスロー。実際直線でも2着馬はかなり伸びていたので捕まえるにはしんどい流れだったハズですが…。直線手前から追われると、並びかけるかなり前から追うのをやめちゃうほどの脚色。結局ほぼ馬なりのまま楽々交わし去る大楽勝。素晴らしいスピードと瞬発力があり将来マイル路線で活躍できそうな大物感。ただこの馬、春のG気亡屬帽腓Δ里?

2回中山4日(3月4日)弥生賞 芝2000m
コスモオオゾラ・・・★★★★
一団となりゆったりとした流れを先行馬群の中で待機。Sペースの瞬発力勝負になりましたが中山の稍重、力の要る馬場に適性のない馬にはこの流れでも辛かったか?直線入り口でポッカリ前が開くと前で伸びていたトリップを目掛けて豪快な追い込み。相手もこういう馬場が得意そうなパワフルな馬だけに後ろから差したのは価値がある。次も人気はなさそうですが本番の速い流れに対応し内で脚を溜めれれば、馬場を味方に見せ場以上があっても不思議じゃない。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 22:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年02月27日

きさらぎ賞組が大暴れ ジャスタウェイ復活の鬼脚炸裂!

マイル路線に矛先を変えてきたジャスタウェイでしたが、これは再び軌道修正あるかもしれませんねぇ。それほど鮮やかな末脚でした。
ジャスタウェイが制したアーリントンCはなんと1、3、4着が前走きさらぎ賞組。翌日のすみれSもきさらぎ賞3着ベールドインパクトが制しレベルの高さをアピールしました。

こうなるとやはり上位2頭は相当…。

どうやら本番までラジオNIKKEI杯2歳S、朝日杯FSの好走馬ときさらぎ賞組の対戦はなさそうな感じ。
横の比較がしづらい難解な皐月賞になりそうな予感です。

今週はいよいよ弥生賞。今度はラジオNIKKEI杯組が強さを見せてくれるのか。楽しみですね。
そして牝馬路線はついに2歳女王ジョワドヴィーヴルが登場!私の指名馬ジェンティルドンナとの2強対決ムードに。
こちらは楽しみというより、ちょっと怖いかな。。いい勝負になりますように!

それでは先週のレビューです。

1回阪神1日(2月25日)アーリントンC 芝1600m
ジャスタウェイ・・・★★★★★
マイル重賞にしてはかなり緩いペースでしたし距離短縮で、というよりは道中自分のペースで脚を溜めて行ったのが好結果に繋がったのかなと。Sペースを最後方から牛蒡抜きですからねぇ。展開に左右されそうな他力本願な馬になりそうですが、とにかく溜めれば半端なく切れることを証明。後方で死んだふりが出来る人気になるでしょうしG気任眦験向けば1発あるかも?

1回阪神1日(2月25日)新馬 芝2000m
レインフォール・・・★★★
好スタートから2番手をキープ。良発表も雨の影響で時計の掛かるタフな馬場、時計は遅かったものの4角で手応えが怪しくなる馬が続出した。そんな中、持ったまま先頭に並びかける抜群の手応えで直線を向くと力強く抜け出して3馬身突き抜ける。小柄ながら非常にパワフル。ただ馬場が合いすぎた感じはするので
逆に時計の出る馬場だとどうなるのか不安。馬名からも雨好きそうですし…。

2回中山1日(2月25日)水仙賞 芝2200m
シルバーウエイブ・・・★★★
まさかまさかのデビューから2走続けて不良馬場。道中は少頭数にしては縦長の流れ、離れた後方2番手を進み脚を温存。3コーナーから徐々に差を詰め、4コーナーでは外を回して直線に向くと前走同様直線一気で差し切り勝ち。とりあえず重馬場に思いっきり適性があることはわかりました。良馬場は全く未知ですが追って追って長くいい脚は使えそう。とりあえず今言えることは次も不良馬場なら本命です。

2回中山1日(2月25日)500万下 芝1600m
フェスティヴタロー・・・★★★
エクスクライムがちょっ速だったため逃げは打てませんでしたが今回は前へ。逃げ馬が作り出す速めの流れを2番手から追走。直線に入って逃げ馬が垂れたところで先頭へ。1頭になっても実にしぶとい走りで粘りこみ後続の追撃をハナ差でなんとか凌ぎきった。前に行けばしぶとい。馬場が渋ったのも味方した印象です。

2回中山1日(2月25日)未勝利 芝2000m
ステラウインド・・・★★★
好スタートからスーッとハナへ。道中は不良馬場を考えると速めのラップ、淀みのない展開で後続に脚を使わせるような逃げを打つ。直線に入る前に他の先行勢はバタバタに。唯一付いてこれた4着馬も直線に入ったところで一杯にするとあとは独走態勢。自身は最後まできっちり伸び切り抜群のスタミナを見せ付けた。実際前走2400mで結果を出していますが長距離は非常に合いそうです。

1回阪神2日(2月26日)すみれS 芝2200m
ベールドインパクト・・・★★★★
6頭立ての少頭数の競馬。道中は内の中団で脚を溜めると今回は早めにまくっては行かずじっくり前を射程に入れながらの直線勝負。きっちり伸びて外から豪快に捻じ伏せた。ただ2着馬は瞬発力で勝負するタイプの馬ではなく、3着馬は伸び一息。おまけに4着馬は進路をカットされ…。厳しいようですがまだこの勝利では重賞レベルで瞬発力勝負をする目処は立ったとはいえないのかなと。

1回阪神2日(2月26日)未勝利 芝1800m
ショウナンカンムリ・・・★★★
勝ち切れなさそうなタイプの馬でしたが、順番が回ってきたのか?使うたびに力もつけたのか?6戦目での初勝利。道中は3、4番手を先行。4コーナーで前2頭に並びかけると直線ではジワリジワリと加速し力強く抜け出した。ダイワメジャー産駒らしく長く良い脚を使えそうなタイプ。安定して良い脚を使えそうで上のクラスでも相手なりに走れる予感。

2回中山2日(2月26日)500万下・牝馬 芝1800m
ヘレナモルフォ・・・★★★
スタートも速く、コーナーワークも利用して難なくハナへ。グッとペースを落とす訳でもなくマイペースの逃げを打つ。1馬身ほどのリードで直線に向くと、逆に後続を突き放しにかかるほど余力もたっぷり。馬場も渋ったのも味方した感はありますが最後まで脚色は衰えず1馬身1/4差をつけての逃げ切り勝ち。これで中山2勝目、重馬場3連対と力の要る馬場は大得意。もしオークスが渋ったら…。昨年の再現があるかも?

2回中山2日(2月26日)新馬 芝2000m
アンアヴェンジド・・・★★★★
スタート良く前へ、ドスローで一団の競馬を4番手から追走。直線での瞬発力勝負になりましたが、直線早々一気に加速してあっさりと抜け出した。2着馬の前が壁になったりと恵まれたところもありましたが、大型馬らしからぬ素晴らしい加速力。当然1度使った上積みも大きそうで、次走は更に切れるようになってるかも?良馬場でもパフォーマンスが落ちず、更に上積みがあるようならオークスの惑星になるかもしれません。

2回中山2日(2月26日)未勝利 芝1600m
ミッキーシャイン・・・★★★★
最内枠から好スタート。直後は外の馬を行かせようとしたものの、結局ハナを奪い返して主導権を握る。ハナを奪ってからは後続を引き付けての脚を溜めながらの逃げ。目一杯、脚を溜めて直線に向くと一気に突き放して瞬発力の違いを見せ付けた。好位に取り付くスピードとハナを切ってもきっちり折り合うレースセンス、そして末脚も切れる。重賞でも好走できそうな好素材。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 22:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年02月20日

マイル路線に新星登場!?カレンブラックヒル

2月の東京・京都開催も終わり、今週から中山・阪神開催。TRも始まり、新馬戦も残すところあと1ヶ月ですか。
いよいよって感じですね!

牝馬路線の方は来週組まれているチューリップ賞で桜花賞の勢力図がかなりはっきり見えてくると思うんですが、牡馬の方はどうやら本番まで混戦模様で行きそうですねぇ!

弥生賞にはアダムスピークベストディールとディープ産駒の重賞ウイナーが2頭にフェノーメノトリップエキストラエンドなど伏兵陣も多彩。
スプリングSにはアルフレードディープブリランテグランデッツァの3頭の重賞ウイナーが予定。こちらもサトノギャラントやマイネルロブストも出て来そうで層が厚い。
そしてワールドエースはなんと若葉Sに!

ゴールドシップ
は1走挟むのか?それとも直行なのかまだわかりませんが、TRが終わっても力関係はわからぬまま本番を迎えそうな感じです。

まずは無事に。そして本番が楽しみになるTRの結果を期待して。1ヶ月楽しんで参りましょう。
それでは先週のレビューです。


2回京都7日(2月18日)こぶし賞 芝1600m
カレンブラックヒル・・・★★★★
内枠からスーッと無理することなく先行。スピード感溢れる走りで2番手からの競馬。4コーナーで逃げ馬が潰れてしまい押し出されるような形で早めに先頭に立っちゃいましたが直線でも余力十分でスイスイと差を広げる。差して来た2着馬に半馬身差まで迫られたものの、他の先行馬が直線タレる展開でこの押し切りは価値がある。デビューから2連勝でOP入りです。

1回東京7日(2月18日)未勝利 芝1800m
タイセイグルーヴィ・・・★★★
1600m〜2400mまで使い9戦目での初勝利。ごちゃつく先行勢を尻目に今回も後方待機で脚を溜める。直線に入ると外に持ち出し一気の末脚。一気に差しきり突き抜けると2着馬の追撃も楽々完封。勝ち切れない馬でしたので先行勢壊滅の展開も味方した模様。ただ9戦中6戦をアガリ最速で走っており末脚は安定。上のクラスでも勝ち切れないながら好走を繰り返しそうなタイプ。

2回京都8日(2月19日)未勝利 芝2000m
エアルプロン・・・★★★★
ディープインパクト産駒、母エアデジャヴー、兄姉にエアシェイディ、エアメサイアという良血馬。イメージよりスタートダッシュも速く大外枠でしたがすんなり中団、そして向こう正面では徐々に前に進出し4、5番手まで押し上げた。直線では瞬発力勝負になりましたがエンジンが掛かるとスッと抜け出す末脚の速さ。一族の活躍馬同様に決め手も鋭い。血統から本格化するのは秋以降になりそうですが、現時点でも相当やれそうな予感。

1回東京8日(2月19日)セントポーリア賞 芝1800m
メイショウスザンナ・・・★★★
意表をついた逃げでレースの主導権を握り、後続を引き付けながらペースを落とす。ギリギリまで追い出しを我慢しキッチリ脚を溜めての瞬発力勝負。ここまで差して良い脚を使ってる馬ですからね。こうなるとそう簡単には止まりません。最後は際どく追い詰められましたがハナ差凌いでの逃げ切り勝ち。牡馬相手に見事な勝利ですが、牝馬だからこそ可愛がってもらえたような印象も。兎にも角にも行かせた鞍上の好判断はでかい。

1回東京8日(2月19日)新馬 芝1800m
キャノンシュート・・・★★★
ハンソデバンドの半弟でハーツクライ産駒。外枠でしたが好スタートを決め難なく先行、3番手からの競馬。縦長の流れになりましたがペースは緩く展開的には絶好の位置取り。直線ではエンジンの掛かりが遅いのか?一旦置かれてしまったものの、直線半ばでグンと加速。先に抜けだしていた2着馬を内から並ぶ間もなく交わし去る。相手に恵まれた感じもしましたがレースセンスよく末脚も鋭い。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 21:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年02月13日

ゴールドシップがディープ産駒の重賞連勝ストップ!

3歳ディープインパクト産駒の重賞出走機会連勝記録を7でストップさせたのは、昨年の3冠馬と同配合のゴールドシップでした。
ステイゴールド×母父メジロマックイーンは成長力ある血統ですし、実際この馬も重賞3戦目での初勝利と使われつつ力も付け、競馬も上手になってきた印象です。
勝ち切れないタイプの馬だと思っていたんですけどねぇ。面白くなって参りました。

また土曜メインのクイーンCは初のマイル戦出走となったヴィルシーナが優勝しこれで4戦3勝。恐らくこのまま本番へ直行すると思われますが、2歳女王と未対戦、そして底を見せていない戦績と桜花賞でもかなりの人気を集めるのではないでしょうか?
クラシックまで残り1ヶ月ちょっと。次走が本番という馬もこれからドンドン増えて行くでしょうし、徐々にクラシックでの勢力図、人気が見えてきそうですね!

それではレビューです。緑色のが今回追加分です。

1回東京6日(2月12日)共同通信杯 芝1800m
ゴールドシップ・・・★★★★+
相変わらずダッシュは遅く追しながらの好位取りでしたが、課題のスタートは上手く出れた。逃げちゃった1番人気馬をマークするような形で内の3番手。前につけましたがペースは緩くしっかり脚を溜めて直線へ。追い出してからエンジンが掛かるまで遅い馬ですが、ジワリジワリと加速しラスト1Fで一気に交わすと突き抜けた。まぁ2着馬がバテたからという意地悪な見方もできるんですけどね。。

1回東京6日(2月12日)共同通信杯2着 芝1800m
ディープブリランテ・・・★★★★★★
スタート後ちょっと出していったら、内枠も災いしあっさりハナに立ってしまった。ハナに立ってもまだまだ行きたがる素振りも見せる激しい気性。ペース自体は緩かったものの、序盤折り合いを欠いたのと余裕残しの仕上げでスタミナ切れを起こしラスト1Fで失速(最後の1Fは12秒0?)。それでも2着に粘るんだからと能力はやはり高いんでしょうけど…。本番前の1戦で矯正できるか?

1回東京6日(2月12日)新馬 芝1600m
ゴールデンナンバー・・・★★★
スタートで遅れたこともあり縦長の展開を中団やや後ろの内から追走。コーナーでもまくっては行かずにきっちり脚を溜めてからの直線勝負。しかし直線では進路を取れずあっちにフラフラ。なかなか追い出せず仕掛けは大幅に遅れましたが、いざ追い出されるとグングン馬群を縫って伸びてきた。レースレベルに疑問が残りますが、他馬とは1枚力の違う競馬は見せれた感じ。

2回京都6日(2月12日)新馬 芝1800m
マウントシャスタ・・・★★★★
ボレアスの全弟。スタート良く無理せず好位の外、6番手あたりから前を見ながらの競馬。4コーナーで徐々に前へ進出し、手応え抜群のまま直線に入る。直線では横にズラーっと並んでの追い比べになりましたが、一瞬でスッと抜け出しそのまま悠々押し切った。抜け出すときの加速が速いタイプでレースセンスも上々。上と違って芝向きなの可能性もありますが、ダートを走らせたら鬼になりそうな気もする。

1回東京5日(2月11日)クイーンC 芝1600m
ヴィルシーナ・・・★★★+★
マイルの流れにどう対応できるのか?という疑問を持って観ていたんですが、蓋を開ければ中間で13秒台が2度も出るドスロー。ラスト3Fだけの瞬発力勝負とこの馬が最も得意とする流れになっちゃいました。脚を溜めながら2番手を追走しアガリ3Fは33秒6!これでは3番手以下は手も脚も出ず。この馬向きの展開で嬉しい重賞初勝利になりましたけど、マイルの厳しい流れを体験できないまま本番へというのはマイナスかもしれません。

1回東京5日(2月11日)未勝利 芝2000m
ラスヴェンチュラス・・・★★★
外枠だったこともあり道中は中団後方の外目で待機。コーナーから徐々に押し上げて行くと直線入り口で追い込み開始。直線では長くいい脚を使って徐々に徐々に先行馬との差を詰め、ラスト1Fでまとめて捻じ伏せた。馬体重も軽く、見た目も線の細い馬。馬群の中で揉まれる競馬や道悪になった時が心配ですが、上手く行けばオークスで面白い存在になるかも?

2回京都5日(2月11日)つばき賞 芝1800m
エアソミュール・・・★★★★★
一団となった馬群の中団後方の外からゆったり追走。3コーナーあたりから思いっきり外を馬なりのままマクリ始めると、4コーナーでは4頭併走する先頭の更に外から並びかけにいく。直線入り口では3番手に浮上するもまだ手綱は動かず。先頭に並びかけてから追われるとあっさり2馬身突き離す大物感たっぷりの競馬。トップ評価を受けている馬たちとの対戦が今から待ち遠しい。

2回京都5日(2月11日)未勝利 芝1600m
オソレイユ・・・★★★
母フィーユドゥレーヴのキングカメハメハ産駒。スタートセンス良く今回もスッと好位を確保。4番手の外から追走。4コーナーでの手応えはどうかな?とも思ったんですが直線で豪快に追われると追われる毎にグングン加速。コーナーワークで先に抜け出していた2着馬を豪快に捻り伏せた。馬体も大きく迫力あるパワフルな末脚。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 21:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年02月06日

真打登場!?ワールドエース出世レースを圧勝V

ワールドエース、強かったですねぇ〜。他の世代であればもうこれで決まりなんじゃないかと思わせるほどの抜けたパフォーマンス。
2着のヒストリカルも相当強い競馬をしたハズなんですけど、そういう強い競馬をしたことが更に勝ち馬の強さを引き立てちゃった感じです。
今年のきさらぎ賞の勝ち馬は4、5番手評価でTRに向かうことになるのかなと思っていたんですけどね…。完全に主役の1頭としてTRを迎えそうな雰囲気ですね。

ただタイトルで真打登場のあとに?を付けたのは、この世代にはクラシック候補がまだまだ数多くいるから。無敗の2歳王者アルフレード、キャリア1戦でラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったアダムスピーク。4戦3勝で京成杯を制しているベストディール。そのベストディールに札幌2歳Sで先着しているグランデッツァ

そしてそして今週登場のディープブリランテ

私の勝手な見解ではこのディープブリランテがこの中でも1枚抜けてるんじゃないかと思ってるので、共同通信杯でどんな競馬をするのか?そしてレース後どんな評価に変わってるのか?
ほんと楽しみです!ゴールドシップも出ますしねぇ!


まぁ、楽しみです!とか元気にいってる場合じゃないんですけどね…。POG的には。。


2回京都4日(2月5日)きさらぎ賞 芝1800m
ワールドエース・・・★★★★★★
3コーナー手前からペースが速くなりラスト4Fのレースラップは全て11秒台という持久力勝負。そんな流れを4角では大外から押し上げ、直線に入ると早々に前を捕えて突き放す…。最後は2着馬の鬼脚も余裕を持って1馬身半退ける圧倒的な内容。長くよい脚を使えるだけでなく、突き放しに行った時の瞬発力も凄まじい。この馬、お父さんみたいな“強烈なマクリからの直線鋭い伸び”ができる馬かもしれません。既に★6つですが追加を考えたほどのパフォーマンス。

2回京都4日(2月5日)きさらぎ賞2着 芝1800m
ヒストリカル・・・★★★★★
大外ぶん回しや逃げ有利の馬場で差し届かずの競馬が続いていましたが、Bコース変更と外回りに変わって本領発揮。少しエンジンの掛かりも遅いんでしょうか?なので今回のようにラスト4Fからレースが動くような展開も向いてたのかも。勝ち馬には直線での進路変更の最中にあっさり突き放されましたが、3着以下には決定的ともいえる3馬身差。母系は晩成傾向ですしまだまだ上積みも見込める。ただ小回りコースは現状では向かない可能性もあるので中山は?

2回京都4日(2月5日)新馬 芝1600m
ダイワマッジョーレ・・・★★★
ハイアーゲームの半弟でダイワメジャー産駒。スタート直後は気合いをつけて前へ。外目の6、7番手を先行。4コーナーで追いながらポジションを押し上げると直線ど真ん中からジワリジワリと加速。ゴール前の追い比べを力強く捻じ伏せる。一瞬の切れはありませんが、追って追って味の出そうなタイプです。

2回京都4日(2月5日)未勝利 芝2200m
クランモンタナ・・・★★★★
距離短縮してスピードを生かす競馬をすれば勝てると見込んでた馬ですが、まさかの距離延長で初勝利。ただ今回はついにハナへ。やはりこの血統はスピードを生かす競馬が良さそうです。ダッシュが速く難なくハナを奪うと、道中は一旦ペースを落としてスタミナ温存。直線では鋭い瞬発力を使った2着馬に一旦は並ばれるものの最後まで脚色は衰えず、逆に突き放してのゴールイン。この距離で結果を出しましたが、個人的にはまだマイルがベストの馬だと思っているんですが…。

1回東京4日(2月5日)500万下 芝2400m
ジョングルール・・・★★★
少頭数で距離も距離ということで縦長でしたがペースはスロー。そんな流れを6番手からじっくり脚を溜めながらの追走。4コーナーで外に持ち出されると直線では外から豪快なフットワークでグングン加速。ラスト1Fでエンジンが全開になると
一気に3馬身突き放した。エンジンの掛かりはやや遅いので直線長い府中は良く合う。重賞、OPでペースが速くなった時がこの馬の試金石。

1回東京4日(2月5日)未勝利 芝1800m
クリールカイザー・・・★★
キングヘイロー産駒で母父サッカーボーイ。叔母にスマイルトゥモローという血統。好枠からすーっと先行するとゆったりとした流れを内できっちり脚を溜める。元々末脚は確かな馬。この位置で脚を貯め、伸びる内を通れたのならば順当にこの結果。今回はいろいろ恵まれた印象もあり、上のクラスではまた順番待ちになりそうな予感。

1回小倉8日(2月5日)あすなろ賞 芝2000m
エキストラエンド・・・★★★★
道中は前を射程に捕えながら内の3、4番手を追走。4コーナーで外に持ち出し前2頭に並びかけると直線では軽く追われただけであっさり先頭に立ち、最後は流すような感じで1馬身3/4差をつける大楽勝。前走同様にスパッと切れる末脚でしたが、今回はちょっと他馬のレベルも…なのであまり参考にはならないかも?

1回小倉8日(2月5日)未勝利 芝2000m
トーセンホマレボシ・・・★★★
縦長の展開を後方からの競馬。向こう正面で外に持ち出しコーナーで外から差を詰める。直線手前で大きく外に膨れ直線でも1頭かなり外を通っていましたが…。跳びの大きい雄大なフットワークで一気に前との差を詰め、ゴール前で強襲!前残りの展開をただ1頭大外ぶん回しで差し切った。ただ今回はちょっとというかかなり相手に恵まれたような気がしないでも。。ただ、まだまだこれからの血統ですからね!ダービーまでにはきっと更に良くなってるハズ。

2回京都3日(2月4日)エルフィンS・牝馬 芝1600m
サンシャイン・・・★★★★
OP特別のマイル戦にしてはかなりゆったりとした流れで、Sペースとみるや向こう正面で早くも2番手まで押し上げる。直線では案の定、瞬発力勝負になりましたがこの面子で末脚勝負をすれば1枚上。位置取りのアドバンテージも生かしてあっさり突き抜ける。例年よりもやや面子が薄い気もしますが、この馬の瞬発力は重賞でもと思わせる切れ味。血統イメージとは違い距離も持ちそう。

1回東京3日(2月4日)春菜賞・牝馬 芝1400m
チャーチクワイア・・・★★★
1頭が離して逃げる縦長の展開を中団前目の内で脚を溜めながらの追走。直線ではポッカリ開いた前に進路を取ると、力強くグイグイ伸び切り内で粘る2着馬との叩き合いをクビ差で制する。終始コースロスなく走れたのと展開も向いた印象で府中の1400mもベストな雰囲気。距離延長は微妙かも。

1回東京3日(2月4日)新馬 芝1600m
ブリスアウト・・・★★★
ダッシュが速く無理せずハナへ。後続を引きつけながらスローに落とし、脚を溜めながらの逃げを打つ。今の府中であのペースで逃げられ33秒台のアガリを使われちゃうと後続は手も脚も出ず。結果3馬身差の大楽勝。レースセンスよく終いも切れる!ただ2〜5着馬との着差はまんま道中の位置どりの差といった感じで、この着差を鵜呑みにして次走評価するのは危険な感じも。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ


newtype777 at 22:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList