POG12〜13

2012年12月17日

今週も3頭が勝ち上がり。ディープ産駒いよいよエンジン全開!

朝日杯FSも終わり今年も残すところあと1週となりました。2歳リーディングは昨年と同様に首位がディープインパクト、2位にダイワメジャーの並び。
今年は約4000万の差がありラジオNIKKEI杯にダイワメジャー産駒の登録がないことからすんなりと決まりそうな感じです。

ディープ産駒の出走がなかった朝日杯FSは1発逆転の大チャンスだったんですけどねぇ。

その朝日杯FSには出走がなかったディープ産駒ですが今週は3頭が勝ち上がり。先週も3頭が勝ち上がっていますんで12月に入ってなんと6勝。
もっといえば11月の最終週には5頭!その1週前にも3頭!!
と、まぁ挙げればキリがないんですが、なんと11月以降に18頭も勝ち上がっております。
2歳リーディング2位のダイワメジャー産駒は通して23頭、3位キングカメハメハが15頭の勝ち上がりですので、いかにこの1ヶ月半のディープインパクトが異常なのかが良くわかる驚異的な勝ち上がり方。
2歳G機⊇転渭線ではまださほど話題になってなかったディープ産駒ですが、いよいよエンジン全開といったところでしょうか?
 
勝ち上がった馬が2戦目、3戦目をする頃にまた一気に勢力図は変わってくるのかもしれません。

5回中山5日(12月15日)ひいらぎ賞 芝1600m
マイネルホウオウ・・・★★★
道中は好位の外目4、5番手を追走。コーナーで外から押し上げると前2頭に並びかけるようにして直線へ。直線では先行して粘る内の3着馬との追い比べ、ゴール前でこれを制すと追い込んできた2着馬もクビ差退けてのゴールイン。決め手に欠けるタイプですので前掛かりの展開になったのも、今の中山の馬場も向いた印象。今後も馬場や流れ1つで好走と凡走を繰り返しそうな予感。

5回中山5日(12月15日)新馬 芝1800m
クロスボウ・・・★★★★
ゴールドアリュール産駒で母父Deputy Minister。叔母にロフティーエイムという血統。スタートで遅れ後方2番手からの競馬、道中のペースは緩く3、4コーナーでもかなり外を回していたのでとても届くようには見えませんでしたが…。後方3番手、大外から直線追い出されるとパワフルでスピード感のある末脚でグングン加速。ゴール直前で内で逃げ粘っていた2頭を強襲して差し切った。530キロもある大型馬ですが加速もスムーズ。スタートとコーナーリングがもっと上手になれば相当やれそうな予感。

5回中山5日(12月15日)未勝利 芝1200m
マカゼコイカゼ・・・★★★
ショウナンカンプ産駒で母父はフジキセキ。2、3着と勝ち切れない競馬が続いていましたが5戦目で待望の初勝利。スタート後は直ぐに控えて後方2番手、後ろは1頭離れていましたので実質最後方からの競馬。コーナーは内から追い上げると直線手前で一気に大外に持ち出し追い込み開始。ゴールに近づくに連れグングン加速、最後はギリ届いたような感じでしたが直線だけで14頭牛蒡抜きの鮮やかな末脚。届くか届かないかは別として上のクラスでも楽に通用しそうな強烈な追い込み。

5回阪神5日(12月15日)500万下 芝1200m
ハイマウンテン・・・★★★
アルデバラン胸唆陲離泪訝蓮E庄坑垣鑢椶任僚蘊〕。スタート後は押して押してハナを主張。一旦はハナを切るも大外から一気にハナを奪われたため、無理せず控えて内の3番手からの競馬。そのまま3番手で直線に向くと豪快に追われてグイグイと脚を伸ばす。外の先行馬を内から捻じ伏せ、最後は外から伸びてきた2頭の追撃もクビ、クビ差で退ける。小柄な馬ですが追えば追うほど伸びる感じで非常にタフな走り。

5回阪神5日(12月15日)新馬 芝2000m
タブレット・・・★★★★
ディープインパクト産駒で母父シンボリクリスエス。叔父にヴィクトリー、リンカーンがいる良血馬です。最内枠だったため難なく先行、縦長の展開を3番手から追走。3角手前で馬群が固まってきたときに外に持ち出すと、4コーナーで先頭に並びかけ直線での瞬発力勝負へ。直線ではあっさり抜け出しましたが外ラチに向かって思いっきり斜行。ゴール前で持ち直しましたが今度は内に切れ込みながらゴールイン。大幅な距離ロスがあったハズですがそれでも後続との差は詰めさせず結局2馬身差で押し切った。ポテンシャルは相当、課題も明白。

5回阪神5日(12月15日)未勝利 芝1200m
エメラルハヤブサ・・・★★★
タイキシャトル産駒。マイケルバローズ、サトノプログレスの全妹です。好スタート、好ダッシュから先行し3番手を追走。4コーナーで前2頭に並びかけに行くと直線では内の3着との追い比べに突入。クビを上手に使い牝馬ながらも非常にパワフルな走り。併せた3着馬を力強く捻じ伏せて抜け出し、差してきた2着馬に半馬身つけての押し切り勝ち。観た感じはパワフルな短距離馬といった印象ですが兄2頭はマイル路線で活躍。距離延長にも対応できるかも?

5回阪神5日(12月15日)未勝利 芝1600m
オースミナイン・・・★★★★
ディープインパクト産駒で母父ノーザンテースト。近親にはシンゲンがいる血統。スタート後は控えて中団で待機していましたが、向こう正面から外を回って徐々にポジションを押し上げコーナーでは3、4番手へ。そのまま直線に入ると半ばまで追い出しを我慢するほど抜群の手応え。いざ追い出されるスッと反応し勢い良く伸びてきた2着馬の追撃も余裕を持って押し切った。レースセンスが良く上でも安定して走れそうな雰囲気。

3回中京5日(12月15日)未勝利・牝馬 芝1600m
マジカルビアンカ・・・★★
アドマイヤジャパン産駒。内枠から好スタートを決めると外の馬を行かせてインの2、3番手を追走。ロスなくコーナーも回し手応え十分に直線に向きましたが…。前の馬を交わしに外に持ち出した時に後ろの馬に致命的な不利を与えて審議対象。その後抜け出しましたが押し切れず、追い込んで来た2着馬に完全に並ばれてのクビの上げ下げと危なっかしい初勝利。減量騎手で斤量差3キロの恩恵があったことを考えると…。ちょいと上ではパンチ不足かも?

3回中京5日(12月15日)未勝利 芝2000m
ジャングルパサー・・・★★★
馬名のとおり父ジャングルポケットで母父はエルコンドルパサー。道中は中団外目で待機、3、4コーナーから外目を通りながら軽くまくって好位集団の直後まで押し上げ直線へ。先頭と2馬身ほどの差で直線に向くと外から力強く脚を伸ばし直線半ばで先頭、そのままリードを広げて2馬身半突き抜ける。パワフルで長くいい脚を使う馬、馬場もコースもドンピシャに嵌った感じで減量3キロを差し引いても強い内容です。

5回中山6日(12月16日)朝日杯FS 芝1600m
ロゴタイプ・・・★★★★+★
好スタートを決めるとあっさりと先行。外枠からだったので勢いが付きすぎちゃった感じでしたが押さえるとすんなり控え好位3、4番手で脚を溜める。4コーナーで外に出したコディーノにびっちり後ろに付かれる形になりましたが…。目標にされながらの厳しい追い比べも結局最後まで交わさせず。3着以下は2馬身半突き放すという完勝。前走もレコ勝ちをしているように速めのペースを先行しても終い伸びるタイプ。成長力があるならば一流マイラーに育ちそうな予感。

5回中山6日(12月16日)新馬 芝1600m
ノーヒッター・・・★★★
アドマイヤボス産駒で母父はタイキブリザード。大外枠から好スタートを切り先行、3〜4コーナーで外から押し上げに行くと直線手前から早くも追い出し3番手で直線へ。ややクビが高いですが力強い走りでグイグイと脚を伸ばし、粘る内の2着馬をゴール前で差し切った。血統通りのパワフルな走りで長く良い脚が使えそうなタイプ。ダートでも面白そう。

5回中山6日(12月16日)未勝利 芝1600m
オメガキングティー・・・★★★
ジャングルポケット産駒で母父はアグネスタキオン。ダッシュが遅く後方からの競馬になりましたがスピードに乗ると外から徐々に押し上げ、3〜4コーナーではマクる形。そのままの勢いで直線早々に先頭に立つとジワリジワリと先行勢を突き離す。唯一差して来た1番人気馬は差を詰められながらもしぶとく粘り込み半馬身差で押し切った。長く長く良い脚を使い早め先頭からの完封。スタミナもありそうなので距離延長でも楽しみ。

5回中山6日(12月16日)未勝利 芝2000m
フェイムゲーム・・・★★★★
バランスオブゲームの半弟、ハーツクライ産駒。スタート後は直ぐに控えて内へ中団で脚を溜めながらの追走。コーナーで外に持ち出して直線追い出されると、一気に脚を伸ばして2馬身半突き抜けた。馬体はコンパクトですが重心が低くクビを使ってグングン伸びる大物感たっぷりな走り方。距離延長で真価を発揮か?使われつつなのかはわかりませんが、前2走の結果がウソのようなパフォーマンス。父は替わってますが兄同様中山コースも得意そうです。

5回阪神6日(12月16日)新馬 芝1600m
ケイティープライド・・・★★★★★
母父フレンチデピュティのディープインパクト産駒、母のケイティーズギフトはアドマイヤムーンの母マイケイティーズの半妹です。少頭数ながらもバラけた展開。向こう正面で縦長となり前2頭とは4、5馬身離れた3番手を追走。コーナーで2馬身ほどまで差を詰めて直線に向くと殆ど追うことなく直線半ばで先頭に。そこから追い出されると一瞬で後続を5馬身ほど突き放してしまった。最後は流して2馬身半差の大楽勝。加速が速く迫力満点の末脚。まだまだ良くなりそうな気配もあり次走も楽しみ。

5回阪神6日(12月16日)新馬 芝1200m
シャルロッカ・・・★★★
ウオッカの妹ズブロッカの娘、タニノギムレット産駒で母父はアグネスデジタル。スタートを決め4番手からの競馬。1200mのペースでも楽な感じで追走できるスピードあり。そのまま4番手で直線に向くとスーッと脚を伸ばし内の3頭を交わしさる。その後、外から突っ込んで来た2着馬には際どく追い詰められましたが、しぶとく伸び切りハナ差の勝利。馬体も小さく叔母さんほど走りに迫力はありませんがなかなかのセンスは良さげな馬。距離延長でどんな走りになるのかも是非観たい。

5回阪神6日(12月16日)未勝利 芝2000m
エーシンマックス・・・★★★
Dalakhani産駒のマル外。母父Acatenango従兄弟にエイシンフラッシュという血統です。最内枠でしたが出脚は鈍く後方3番手からの競馬。向こう正面で馬群の中から徐々にポジションを押し上げに行くと、コーナーではぎゅっと馬群が凝縮。全馬一団となって直線へ。クビ向きが悪くやや加速まで時間が掛かりましたが馬群を割って力強い伸び脚。直線半ばで完全に抜け出し押し切った。接戦には強そうですがスパッと切れるような脚ではなく上のクラスでは切れ負けしそうな感じも。

3回中京6日(12月16日)未勝利 芝1400m
ヤマノレオ・・・★★
グラスワンダー産駒、母父はラムタラ。デビュー戦終了後切られたようで既にセン馬であります。外枠からスタート良く楽に先行態勢に入りましたが、あえて控えて後方で待機。末脚を活かす競馬。4コーナーで外をとおり徐々に前へ進出すると直線では外から一気に脚を伸ばして差し切った。先行馬はタレ、差し馬が上位を独占する流れ。好スタートから控えた鞍上も好判断です。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 21:26|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年12月10日

サトノキングリー 3冠馬全弟との激しい叩き合いを制す

先週は2歳女王決定戦がありましたが、それは先日の回顧で触れていますのでここでは割愛。

ここで触れとかなくちゃいけないのは何といっても日曜新馬のサトノキングリーでしょうね!
サトノキングリー自身もハイアーゲームの半弟ということで十分良血なんですが、叩き合った相手はなんとドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟にあたるリヤンドファミユ。今年のPOGの目玉の1頭であります。
まぁこれだけ今年もステイゴールド産駒が活躍しましたし、上が上なのでPOGをやってない方も注目されていた1頭かもしれません。

そのサトノキングリーとリヤンドファミユによる直線入り口からゴールまで続く長い長い叩き合い!
G汽譽戰襪任發△鵑覆膨垢っ,合いなんてそうそう見られない。普通はどちらかが捻じ伏せられちゃいますからね。
それがゴール前、捻じ伏せたら差し返すという、まさに火花が散るデッドヒート。勝負が付かないままゴールになだれ込んだといった感じでした。凄い!

この2頭が将来G気良饌罎燃萍することになれば後々語り継がれる新馬戦になるんじゃないかなと。まだ観られてない方は是非要チェックです!


5回中山3日(12月8日)黒松賞 芝1200m
モグモグパクパク・・・★★★
今回も道中は無理することなく中団で脚をため末脚を活かす競馬。内目の枠でしたが外に持ち出しての追走。コーナーでもかなり外目を回していましたが直線での末脚はまるで鈍らず。外から力強く脚を伸ばすと中団から良く伸びていた2着馬を捻じ伏せるようにして差し切り2勝目をゲット。ここ2走は馬券に絡めていませんでしたが末脚は高いレベルで安定しておりこの相手ならといった印象です。

5回中山3日(12月8日)新馬・牝馬 芝1600m
カスティエル・・・★★★
ストーミングホーム産駒で母父はMark of Esteem。外枠からダッシュ良く先行、2番手の位置取り。マイル戦のメイクデビューにしては淀みのないペースでしたが、そのペースを楽な感じで追走できるスピード感たっぷりな走り。直線に入ると早々も先頭に立ち押し切り態勢。最後はちょいと差を詰められましたがきっちりと伸び切り半馬身差で押し切った。距離延長は微妙な感じですがこのスピードは上のクラスでも大きな武器になりそうな予感。

5回中山3日(12月8日)未勝利 芝2000m
ブリリアント・・・★★★
スタートで遅れ行き脚も全くつかず、そして追いつく気もなく…。1コーナーまででいきなり馬群と10馬身ほど離れた衝撃的な最後方。これを向こう正面で2馬身ほどまで差を詰めましたが、コーナーではマクリ切れず結局後方3番手で直線へ。しかしこの後方待機で脚はめちゃんこ溜まっていたようで、直線ではグイグイとクビを使いながら大外一気の末脚!まとめて差し切ってしまった。展開も嵌った感はありますが序盤のあの大差をひっくり返すのだから大したもの。次回も展開が嵌れば…?

5回阪神3日(12月8日)新馬 芝1400m
シンデレラボーイ・・・★★★★
母父リンドシェーバーのマンハッタンカフェ産駒、母はファルコンS勝ちのルスナイクリスティ。スタートは出負け気味でしたがダッシュは速く、また枠にも恵まれスッとハナを奪い1馬身ほどのリードでレースを引っ張る。4コーナーで外から並ばれましたが手応えは抜群!コーナーワークで再び引き離し直線で追い出されると、逆に後続をちぎりながらのゴールイン。素晴らしい道中のスピードに加え追われてからの末脚も迫力十分。距離はあまり持たなさそうな感じですが上のクラスでも楽しみな好素材です。

5回阪神3日(12月8日)未勝利 芝1800m
アルバタックス・・・★★★
叔父叔母ににヒシアトラス、ルミナスハーバーのいる母父フジキセキのキングカメハメハ産駒です。外枠から好スタート、序盤はちょいと掛かり気味でしたがコーナーではきっちり折り合い外目の3番手を先行。速いペースで他馬の脚色が鈍る中、直線では馬場の真ん中から力強く脚を伸ばして押し切った。やや頭の高い走法、クビを上手く使えるようになると更に上昇しそう。

5回阪神3日(12月8日)未勝利 芝1600m
レッドアリオン・・・★★★
全兄にリディル半兄にクラレント、叔母にはエリモシックという良血馬。スタートを決め序盤は3番手の外目を先行していましたが、3角手前から突如ハナを奪いに行き2馬身ほどのリード、速いペースでの逃げを打つ。そのままのリードを保ち直線に向くと、やや脚はあがり気味でしたが2着馬との差は最後まで詰めさせず。結局そのまま2馬身半差で押し切った。今回は速いペースで後続の脚を潰した格好。ただこの競馬が上でも通用するかとなると…?ポテンシャルは高そうなんですがまだ上手にレースで出し切れていない印象です。

3回中京3日(12月8日)つわぶき賞 芝1400m
スズノネイロ・・★★★★
今回も道中は中団馬群の中で待機し脚を温存。コーナーでペースが緩み馬群がつまると直線入り口では一塊、末脚勝負に突入。直線ではやや馬群を捌くのに手間取りましたが、狭いところを強引にこじ開けるようにして進路を確保すると、あとは初戦同様強烈な末脚で他馬を圧倒。一気に前を捕らえて瞬く間に2馬身突き抜ける。血統からは距離延長は微妙も走りを観るとある程度は対応できそうな雰囲気。是非ともクラシック路線に乗って欲しい。

3回中京3日(12月8日)未勝利 芝2000m
レッドルーラー・・・★★★★
母父Garde Royaleのキングカメハメハ産駒です。一団の流れ、外枠だったこともあり道中はのんびり後方外目で脚を溜める。4コーナーで更に馬群が詰まると、この馬も外から差を詰め先頭集団を射程に入れて直線へ。直線では各馬横一線になっての瞬発力勝負になりましたが、大外から一気に前を捕らえるとあとは突き放す一方。最後は3馬身差をつけての大楽勝。かなり切れる脚を使える印象。これなら中央場所の上のクラスでも互角以上に渡り合えそう。

5回中山4日(12月9日)新馬 芝2000m
ロジキング・・・★★★★
キングカメハ産駒で母父アグネスタキオン。叔母にはフサイチエアデールという血統です。前半は中団外目で待機していましたが、少頭数でドスローの流れに嫌気がさし向こう正面で一気に先頭、ぺースをグッと上げ後続を4、5馬身離した逃げを打つ。そのまま5馬身ほどのリードで直線に向くと最後まで脚は衰えず。ラスト5Fのうち4Fで11秒台を叩き出すという長く長くいい脚を使い後続を楽々完封した。展開は嵌りましたが持久力はかなり高そうでタフな流れにも強そうなタイプです。

5回中山4日(12月9日)新馬 芝1800m
ヒカルペガサス・・・★★★★
母父トニービンのアグネスタキオン産駒です。スタート後に直ぐに控えて後方待機。流れは緩く3、4コーナーでもペースが上がらなかったため、コーナーから外を回って前との差を一気に詰めに行く。先頭と5馬身ほどの位置取りで直線に向くと馬場のど真ん中からスッと加速。内から脚を伸ばした2着馬には抵抗されましたが、これもゴール前で余裕を持って交わしてクビ差の勝利。レースセンスが良く直線での加速もかなりのもの。

5回中山4日(12月9日)未勝利 芝1600m
エスユーハリケーン・・・★★
好枠から好スタート好ダッシュを決めるも直ぐに控えて中団馬群の中で待機。末脚を活かす競馬。コーナーで外に持ち出し直線に入ると馬場の真ん中から力強く脚を伸ばして抜け出した。ただあまりスパッと切れるような強烈な決め手はないようで抜け出してから2、3着馬に追い込まれゴール前は際どい態勢に。上のクラスでも前走、前々走のように好走するも決め手の差で…という競馬が続くのかも。

5回中山4日(12月9日)未勝利 芝1800m
ダイワポライト・・・★★★
ダイワメジャーの産駒です。好枠から控えて内の中団から1コーナーでやや折り合いを欠きましたが、直ぐに折り合いもつき馬群の中で待機。4コーナーの勝負どころで一気に外に持ち出し直線に入ると、牝馬らしい軽快な末脚で脚を伸ばす。良く伸びていた2着馬をゴール前できっちり交わしてゴールイン。一叩きされて一変、次走も楽しみになる好内容での勝利です。

5回阪神4日(12月9日)阪神JF 芝1600m
ローブティサージュ・・・★★★★+
久々&キャリア1戦、おまけに距離不足とも思われた前走で2着しただけあって能力は相当。一叩きされ距離延長、好枠にも入った今回は上がり目も十分である意味納得の巻き返し。道中は内の中団でじっくり脚を溜めると直線馬群を割って力強い末脚。前が残る馬場で最後まで粘り切った2着馬、内を突いて伸びた3着馬を外から捻じ伏せた。ただ4〜7着馬とは“通った馬場の差”という感じでまだ勝負付けは済んでないような感じも。

5回阪神4日(12月9日)エリカ賞 芝2000m
マイネルマエストロ・・・★★★★
行きたがる馬もおらず最内枠だったこともあり押し出されるようにハナへ。脚を溜めながらゆったりとしたペースで逃げを打つ。前走は中団から豪快な末脚を使ってるように末脚が伸びる馬。楽なペースで脚を溜めながらの逃げなら直線でも止まりません。コーナーワークもあり1馬身ほどのリードで直線に向くと半ばでは一旦引き離すような脚色。最後まできっちりと伸び切り差を詰めさせずに押し切った。

5回阪神4日(12月9日)新馬 芝1800m
サトノキングリー・・・★★★★★
ハイアーゲームの半弟でダイワメジャー産駒。ややペースは速かったものの1頭抜かしてほぼ一団の流れ。道中はその一団の最後方付近で待機。コーナーを外目から回して直線に入ると、そこで並んだオルフェーヴルの全弟内のリヤンドファミユとゴールまで続く激しい叩き合いに突入!2頭で併走しながら他馬をガンガン追い抜いて行き、G前でも差しつ差し返されつの激しい攻防。最後はどちらが捻じ伏せた訳でもないクビのアゲサゲによるハナ差の勝利。3冠馬の弟に全くヒケを取らないパワフルな末脚と素晴らしい勝負根性。これは大物の予感。

5回阪神4日(12月9日)未勝利 芝1400m
ルゴス・・・★★★
大外枠から好スタートを決め押してハナを主張。人気もないため絡まれもせず1馬身リードの軽快な逃げ。ペースは遅くありませんでしたがマイペースで行けたこともあり手応えは抜群。そのまま1馬身リードで直線に向くと半ばまで追い出しを我慢するほどの余裕をみせ、いざ追われると後続を突き放してのゴールイン。相手のレベルは微妙ですが、強い内容での逃げ切り勝ち。

3回中京4日(12月9日)新馬 芝2000m
タガノトネール・・・★★
ケイムホーム産駒で母父はキングカメハメハという血統。ペースはさほど速くありませんでしたが逃げ馬が1頭離して逃げる展開。そんな流れを中団馬群の中から追走。3、4コーナーで一気に馬群は詰まり一団となって直線での末脚勝負へ。外からジワリジワリと脚を伸ばしゴール前で内の先行勢を交わしてゴールイン。末脚にあまりインパクトはありませんでしたが、堅実に自分の力は発揮でそうなタイプです。

 3回中京4日(12月9日)未勝利 芝1200m
オメガファイター・・・★★
サクラバクシンオー産駒で母父クロフネ。これまでダートで3戦してきた馬ですが芝替りで初勝利。好スタートから先行、道中は4、5番手の位置取り。そのままの位置取りで直線に向くと力強い脚色であっさり抜け出し2馬身差で快勝。相手にも恵まれましたが芝に替わって一変の強い競馬。血統からも走りからも短距離専門になりそうですが、中央開催の上のクラスでも通用しそうな走りです。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)

2012年12月03日

ストロングリターンの妹レッドオーヴァル 驚異的な末脚で勝ち上がり

早いもので今年も2歳女王決定戦の季節がやってまいりました。近年は毎年のように来年のクラシックにもろに直結していますので、当然週末の勝ち馬が来年の牝馬クラシックを引っ張っていく存在になるんだろうとは思います。

ただ昨年のジェンティルドンナが初勝利をあげたのは暮れの阪神2週目。つまり今週のこと。レッドディザイアが初勝利をあげたのは年明けでした。

今週末の大一番に間に合わなかった馬でもまだまだ十分間に合います!先週勝ちあがった牝馬の中にも、これは!といったパフォーマンスをみせた馬が2頭登場。まずは阪神2000mの新馬を牡馬相手に楽勝したラキシス。そしてもう1頭は中京の未勝利戦なんですがとんでもない末脚を使ってくれたレッドオーヴァル
2頭とも牝馬路線で滅法強いディープインパクトの産駒です。

今年の2歳牝馬はハーツクライの産駒にいい馬が揃ってますからねぇ。来春ディープインパクト産駒とハーツクライ産駒で人気を分けるようなことになれば非常に盛り上がりそうです。


5回中山1日(12月1日)葉牡丹賞 芝2000m
トーセンヤマト・・・★★★
好枠からスタートを決めると3番手へ無理することなく好位の内からの追走。終始内からロスなく進めていましたが4コーナーでペースが上がると気持ち外に持ち出し直線での追い込み態勢へ。元来末脚を生かすタイプの馬、ペースも緩く好位で脚を溜めれれば開幕週の馬場も手伝い後続は用無し状態。あっさり前をとらえて1馬身1/4差で付き抜けた。1番人気の自爆、馬場や枠にも助けられた感じですが中山に替わっても安定した末脚を繰り出せた。上手く立ち回れれば重賞でも見せ場がありそう。

5回中山1日(12月1日)新馬 芝1800m
アンブリッジローズ・・・★★★
ディープインパクト産駒で母父コマンダーインチーフ、叔母にローズバドなどがいる薔薇一族の1頭。道中は超ドスローの流れでまるで2000mのような勝ち時計。そんな流れをダッシュよく先行集団のチョイ後ろに取り付け外目の5、6番手から追走。ゆったりとしたまま直線に入ると早々に前を捕らえそのまま鋭く伸びて押し切った。ラスト3Fでもレースが動かない正味直線だけの瞬発力勝負でしたのでアガリは遅く着差もつきませんでしたが、末脚はなかなか切れそうな雰囲気。

5回中山1日(12月1日)未勝利 芝1200m
アルマドラーゴ・・・★★
フサイチリシャール産駒。スタートを決めると序盤は無理せず中団で待機。徐々に内に進路をとり3コーナーでは馬群の中から追い上げると4コーナーでは内を突きコーナーワークで一気に3番手まで押し上げて直線へ。そのまま力強く抜け出し1馬身半差での勝利。開幕週の馬場を利用したコーナーでインを突いた差し切り勝ち。ただ距離短縮も効いてる感じですので今後も1200、1400mあたりが主戦場になりそう。

5回阪神1日(12月1日)新馬 芝1400m
タマモプラネット・・・★★★
母父タマモクロス、芦毛のネオユニヴァース産駒です。最内枠から好スタートを決めると押してハナへ。2番手追走馬を1馬身半ほど、3番手以下を5、6馬身離しての軽快な逃げを打つ。そのまま手応え良く直線に向くと付いてきた2番手追走馬との一騎打ち。直線では手応えどおりきっちり伸びてゴール前までは差を詰めさせず、そのまましぶとく逃げ切った。ちょいと恵まれた逃げにも見えましたが終始マークされながらも抜かさせないしぶとさはなかなか。

5回阪神1日(12月1日)未勝利・牝馬 芝1600m
グッドレインボー・・・★★★
ステイゴールド産駒で母父はクロフネ。好スタートから2番手へ、逃げ馬の1馬身ほど後ろの外目を追走。直線ではコーナーで内を突いていた3番手追走馬と逃げ馬との先行3頭での追い比べ。開幕週らしく垂れない逃げ馬をなかなか捕らえられませんでしたが、2着馬と併せながら脚を伸ばしてゴール前でなんとか差し切った。センスよく安定した末脚、上のクラスでも堅実に走れそうなタイプです。

5回阪神1日(12月1日)未勝利 芝2000m
クレスコモア・・・★★★
最内枠からダッシュ良くハナへ。ゆったりとしたペースに落とし脚を溜めながらの逃げを打つ。1馬身半ほどのリードを貰って直線に向くと余力たっぷりに脚を伸ばし直線半ばでは一旦突き放してみせた。パフォーマンスは地味目も最後まできっちり伸び切り1馬身差の逃げ切り勝ち。これまでの戦績と開幕週の馬場、そして最内枠からの恵まれた逃げ。今回は順当に順番が回ってきたような印象。上のクラスでは再び決め手不足になりそうな気も。

3回中京1日(12月1日)新馬 芝1400m
アグネスキズナ・・・★★★★
アグネスタキオン産駒、母系もアグネスレディーの一族のため名牝アグネスレディーの3×4のインブリードが発生。まさにアグネスの結晶のような血統。新馬にしては速めのペースでしたが好スタートからダッシュ良く2番手を追走、直線入り口で早くも先頭に踊り出るとあとは突き放す一方の圧倒的な競馬。かなりのスピードがあり追い出してからの末脚も素晴らしい。減量騎手で斤量面の恩恵はありましたがかなりの逸材な予感。あとはどれだけ距離が持つか?でしょうか。

3回中京1日(12月1日)未勝利 芝1400m
レッドオーヴァル・・・★★★★★
安田記念勝ち馬ストロングリターンの半妹でディープインパクト産駒。スタートで後手を踏み道中は最後方付近の外目をのんびり追走。3コーナーから楽なな手応えで外から中団まで押し上げて直線へ。直線でエンジンが掛かるとなんとラスト2Fの時点で先頭を捕らえてしまう。差し切っても勢いは当然止まらず、3馬身突き抜けての圧勝。兄はSクリスエス産駒でも切れましたが、父が替わり牝馬になって更にキレキレ。重賞クラスでもトップレベルの瞬発力を持っていそうです。

5回中山2日(12月2日)新馬 芝1200m
キネオリュウセイ・・・★★★
タイキシャトル産駒です、母父はフジキセキ。縦長の展開、外枠から好スタートを決めると4番手を追走。3〜4コーナーでは外を回しながら追い上げに入りましたがコーナーワークがやや苦手か?内に馬がいないのに結構外に膨れた感じも。多少コーナーで距離ロスはした感じですが問題なし。直線では早々に逃げ馬に並びかけるとゴールまで続く追い比べを制してクビ差の勝利。

5回中山2日(12月2日)未勝利 芝2000m
モンテエベレスト・・・★★★★
アグネスタキオン産駒で母父Storm Cat。スタートはさほどでしたがダッシュが異様に速くスーッとハナへ。ゆったりとしたペースに落とし脚を溜めながらの逃げ。1馬身ほどのリードで直線に向くと、ムチを入れながらガンガン追い込んでくる2番手以下を尻目にスッと馬なりのまま突き放してリードを広げる。結局最後まで殆ど追わずに楽々と逃げ切った。Sペースの瞬発力勝負を馬なりのまま突き放す圧倒的な瞬発力。初戦は追い込んでアガリ最速。これはかなりのキレ者。

5回阪神2日(12月2日)千両賞 芝1600m
カオスモス・・・★★★+
逃げ馬が速いペースで飛ばし縦長の展開。最内枠からスタートを決めると好位の内で待機。あまり速いアガリを使うタイプではないのでこういうタフな流れもこの馬には向いたのかも。直線手前で外目に持ち出すと他馬の脚色が怪しくなる中、1頭楽な手応え。追い出されると力強くグイグイ加速し突き抜けた。スローの決め手勝負では分が悪そうですが、厳しい流れや時計の掛かるタフな馬場なら本領発揮。

5回阪神2日(12月2日)新馬 芝2000m
ラキシス・・・★★★★
ディープインパクト産駒で母父Storm Cat。少頭数で超ドスローの流れだったので大きな影響はありませんでしたがスタートは遅れ最後方からの競馬。3〜4コーナーでもペースは上がらなかった為、外から一気に前に並びかけて直線へ。直線では4頭がほぼ横一線になっての瞬発力勝負。ラスト2F10秒台という極限の末脚勝負を余裕たっぷりに1馬身1/4突き抜けた。瞬発力は相当。あとはスタートとペースがあがった時にどういう競馬ができるか?だけでしょうか。

5回阪神2日(12月2日)未勝利 芝1400m
ヒルノクオリア・・・★★★
スタートはやや出負け気味も追っつけられると一気に加速、内から一気にハナを奪う。かなりスピードのある馬。マイペースでレースを引っ張ると3〜4コーナーでは2番手の馬に外から馬対を併せられましたが手応えはまだ楽。直線でもしぶとく粘りきるとG前での2着馬の猛追もクビ差で凌いでゴールイン。終始スピードで圧倒、やや直線では一杯気味でしたが最後まで伸び切れたのは地力の高さか?開幕週の馬場か?溜め逃げでも終いいい末脚を使えるので控える競馬もできそう。

5回阪神2日(12月2日)未勝利 芝1800m
アクションスター・・・★★★★
アグネスタキオンの産駒、母父はLear Fan産駒のLoup Solitaireという血統。スタートは決まったものの直ぐに控えて序盤は後方待機。しかしペースが遅いとみたのか?向こう正面から早くもスーッと前へ進出しコーナーで3番手まで押し上げる。直線では5頭ほど一線になっての瞬発力勝負、他馬も33秒台の末脚で伸びていたため完全に抜け出すまでは時間が掛かりましたが、ど真ん中から力強く1馬身抜けての勝利。レースセンスが良く末脚もしっかり。上のクラスでも大崩れなく走れそうなタイプ。

3回中京2日(12月2日)未勝利 芝1600m
ラッキーストリーク・・・★★
アドマイヤマックス産駒で母父はゴールデンフェザント。スタート直後は行く気もなさそうで中団待機するように見えたんですが、テンションが高く持って行かれ気味に徐々に前へ。3〜4コーナーでは折り合っていましたが既に2番手の位置取り。直線で追い出されるとジワリジワリと脚を伸ばし、バテた逃げ馬を交わして先頭に。最後は減量騎手の2頭に外から強襲されましたがハナ残してのゴールイン。相手にも恵まれた印象でインパクトも今ひとつ。

3回中京2日(12月2日)未勝利 芝2000m
オースミミズホ・・・★★
オースミハルカの娘、スペシャルウィーク産駒。こちらもちょっと、というかかなり薄い面子。スタート直後にやや掛かりましたが馬群に入れて折り合うと中団前目の内から追走。向こう正面で1頭が大マクリしたためレースが動き4コーナーでは縦長の展開になりましたが、ここではじっと我慢。ポジションは上げずに直線での末脚を温存。これが吉と出たようで直線ではジリジリと脚を伸ばしてバテた先行勢を捕らえると、後続の追撃も半馬身押し切った。まだ良血らしいインパクトはありませんが使いつつの成長に期待。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年11月26日

エピファネイアも無傷の2連勝!京都2歳Sを制す

今年の2歳世代には既にコディーノという数年に1頭レベルじゃねーの?ってほどのバケモノ候補が1頭いる訳ですが、先日の京都2歳Sを勝ったエピファネイアもまた数年に1頭レベルかも(PO馬補正アリ?)という、大物感たっぷりの競馬。

もしかしたらこの世代とんでもない世代になるかも!?

まだまだ気がはえーよ!ってつっこまれそうですけどね。

とにかくこれで2連勝。無傷の3連勝での重賞制覇を賭けてラジオNIKKEI杯2歳Sで同じく2連勝中の大物候補キズナと激突という運びになりそうです。
POG指名馬のもう1頭ラウンドワールドも出走を予定。既に前走コディーノにコテンパンにされてしまいましたが、まだまだ2歳ですから巻き返しはあるはず。こちらにも2頭の間に割って入るような活躍を期待。

コディーノの動向が未だ不明ですが、あと1ヶ月で来年のクラシックの勢力図がかなりはっきりと見えてきそうな感じです。


5回東京7日(11月24日)新馬 芝1600m
クラウンロゼ・・・★★★
父ロサード、母父ヒシアケボノという血統。好スタート好ダッシュから内の馬を行かせてこれをぴったり外からマークするように2番手を追走。ペースは遅く一団の流れから直線での瞬発力勝負。直線では楽な手応えで追い出しを我慢する余裕たっぷりの競馬でいざ追い出されるとスッと抜け出した。先行有利の展開ではありましたが、例え中団からでも差せていそうな鋭い瞬発力。レースセンスも上々。

5回東京7日(11月24日)未勝利 芝1400m
インパルスヒーロー・・・★★★
母父SSのクロフネ産駒。叔父にはイブキマイカグラがいる血統です。中団前目からの競馬、向こう正面で隣の馬に影響されてちょいと位置取りを下げましたが特に問題はなかった模様。中団外目から直線へ入ると馬場のど真ん中から力強く脚を伸ばして抜け出した。最後は追い込んできた外の2、3着馬に迫られるもクビ差で押し切っての勝利。上のクラスではあまりに速いアガリになると切れ負けするかもですが、逆にタフな流れに滅法強そうなタイプです。

5回東京7日(11月24日)未勝利 芝1800m
ファーストエバー・・・★★★
ゼンノロブロイ産駒で母父はドクターデヴィアス。好スタートから追って追ってハナを主張。先頭に立ってからは13秒台に落とすことなく淀みのないペースでレースを引っ張る。直線ではスッと突き放しはできないものの、非常にしぶとい伸び。ラスト1Fで差してきた2着馬に馬体を併せられると、グイッと一伸びして押し切った。前目に付けてかなりしぶとく粘れるタイプにみえる。OP、重賞レベルでも展開が嵌れば大きな仕事をしそうな雰囲気。

5回京都7日(11月24日)京都2歳S 芝1800m
エピファネイア・・・★★★★★★
最内枠からスタートを決め先行。序盤は気持ち掛かり気味も直ぐに折り合いもつき内の3番手を追走する。コーナーでもロスなく内を回し直線に入ると、スッと内から抜け出しそのまま突き抜ける。今日はただ回ってきただけという競馬でしたが、内を突いたとはいえ殆ど追うことなくアガリ33秒7という驚異的な末脚。時計の掛かる馬場もまるで苦にしないパワフルな走りも素晴らしい。

5回京都7日(11月24日)新馬 芝1600m
ノーブルコロネット・・・★★★★★
ディープインパクト産駒で母父はMonsun。ノーブルジュエリーの半妹です。好スタートから無理することなくスッと先行、好位馬群の中で脚を溜めながらの追走。3〜4コーナーでは5番手から手応え良く外に持ち出して直線へ。直線に入るとスパン!と切れて一瞬で前の4頭を抜き去り突き放した。お姉さんはスピードタイプの馬でしたが、こちらはそのスピードに加え鋭い決め手もありそうな雰囲気。牝馬クラシック戦線を盛り上げてくれそうな馬になりそうです。

5回京都7日(11月24日)未勝利 芝1600m
ディープウェーブ・・・★★★★
道中は中団前の馬群の中、4コーナーでも馬群に包まれていたので直線では外に持ち出してからの追い込み開始。先に仕掛けてグングン脚を伸ばしていた2着馬に外から馬体を併せに行くと、2頭併せる形で内の逃げ馬を追い詰めて行き後はゴール前で捻じ伏せるようにしてのクビ差勝ち。ワンテンポ遅れた仕掛けを挽回できる瞬発力と勝負根性、そして稍重の馬場もこなせる力強い走り。上のクラスでも楽しみ。

5回京都7日(11月24日)未勝利 芝2000m
ブレークビーツ・・・★★
母はマルカコマチの全妹、父ジャングルポケットという血統。スタートを決めるも無理せず中団外目で待機、3、4コーナーで外から手応えよく押し上げて先行集団の後ろに進出するとこの時点で他馬の手応えが怪しくなり…。直線ではバテた先行勢をあっさり差し切り抜け出した。前走5着以内の馬が3頭だけという手薄な面子、1番人気馬は先行して失速。どうやらこの面子にこのペースは速すぎたようで展開も嵌ったような印象。

5回東京8日(11月25日)ベゴニア賞 芝1600m
ロゴタイプ・・・★★★★+
最内枠からスーッと先行、外の馬を行かせインの2番手で脚を溜める。そのままの位置取りで直線に入ると馬群に包まれ出しどころがないようにも見えましたが…。内ラチ沿いの狭い所からスッと抜け出しそのまま突き抜けた。1頭追い込んできた2着馬とも脚色は一緒で最後まで差は縮ませず、2頭で後続を引き離してのレコード勝ち。2着馬とは位置取りの差もありましたが、500万下で3着以下を大きく千切るのだから大したもの。朝日杯でも楽しみです。

5回東京8日(11月25日)新馬 芝2000m
カミノタサハラ・・・★★★★
ディープインパクト産駒、母クロウキャニオン。全兄にボレアス、マウントシャスタのいる評判馬です。外枠からスタートを決めゆったりとした流れの好位を追走。4コーナーで早めに外から前に並びかけに行き直線へ。コーナーワークで1馬身ほど離されましたが問題なし。直線半ばで余裕たっぷりに抜き去ると、そのまま長く長くいい脚を使って楽々と押し切った。まだまだ幼く伸び白も十分。

5回東京8日(11月25日)未勝利 芝2000m
トーセンワープ・・・★★★
好枠からスタートを決めると手綱をしごいて2番手を先行。コーナーからのスタートで好枠を生かし切る先行策。道中は平均ペースで流れていましたが手応えは十分。直線でも手応えどおりの末脚を発揮し、直線半ばで前を捕らえそのまま押し切った。元来末脚を生かすタイプの馬。枠にも恵まれスタートで先行できたのが何よりの勝因でしょうか。外枠、他のコースでも無理なく先行できるようになれば。

5回京都8日(11月25日)白菊賞・牝馬 芝1600m
ディアマイベイビー・・・★★★★
好スタートから無理することなくハナへ。一旦内の馬にハナを譲るような仕草を鞍上が見せましたが馬は行く気。結局控えずハナを獲り切り後続を3、4馬身離して逃げる積極的な逃げをうつ。4コーナーで後続を引き付けて1馬身ほどのリードで直線に向くと最後まで脚色は鈍らず。結局最後までそのリードを守り切っての逃げ切り勝ち。少頭数で絡まれず自分のペースで逃げれたのは大きい。前回も書きましたが競られた時にモロそうな予感。

5回京都8日(11月25日)新馬 芝2000m
ラストインパクト・・・★★★★
叔父にナリタブライアン、ビワハヤヒデがいる母父ティンバーカントリーのディープインパクト産駒です。スタートを決めて好位の4番手からの競馬、少頭数でしたが前2頭が引き離し序盤はやや縦長の展開に。ペースが落ち着いたところで前との差を詰めに行くと4コーナーでは早くも前並びかける構え。直線でバテた2頭を交わすと連れて差して来た2着馬もスッと突き放し最後は流してのゴールイン。力の要る馬場も得意そうで一瞬で勝負を決めた加速の速さも素晴らしい。

5回京都8日(11月25日)新馬 芝1400m
メイショウマンボ・・・★★★★
スズカマンボ産駒で母父はグラスワンダー、祖母はメイショウアヤメ。大外枠から好スタート好ダッシュ。無理すればハナも叩けそうなスピード感たっぷりの走りでしたが、内の馬に譲り先行集団の後ろで追走。3〜4コーナーで外を回しながら追い上げましたが直線では余力たっぷりで手応え抜群。軽く仕掛けるとあっさり前を捕らえて抜け出した。父は春の天皇賞馬ですが母系が強く出ているようで、1200〜1400mでスピードを生かす競馬が合いそうです。

5回京都8日(11月25日)未勝利 芝1400m
エールブリーズ・・・★★★
高松宮記念3着馬ソルジャーズソングの半弟でフジキセキ産駒。1番人気にもかかわらずスタートで出負け、後方からの競馬。コーナーでも外からまくって行かずに馬群の中で後方のままで直線だけに賭ける競馬。直線入り口では先頭と7、8馬身ほどの差がありましたが馬群の中からパワフルな末脚でジワリジワリと加速。エンジンが掛かりきったのはラスト100m付近か?そこから一気に脚を伸ばしてゴール前で強襲した。今回は仕掛けも遅かった感がありますが、ちょいとエンジンの掛かりも遅そうなタイプ。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:54|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2012年11月19日

コディーノ 府中の芝も問題なし!東スポ杯2歳Sも制覇

初戦、札幌で33秒台のアガリを使ってる馬ので府中で高速決着になっても問題ないんだろうなとは思っていましたが…。レコード勝ち!

ほんと強いですね。

年に1頭クラスではなく数年に1頭クラスの馬な予感。気になる次走ですが朝日杯FSもどうやら視野に入ってる模様。
近年の朝日杯はあまりクラシックには直結しませんけど、関係ないでしょうねぇ。そういうのは。

仮に朝日杯に出るようだとラジオNIKKEI杯組とは未対決で来年に。こちらは既にキズナがスタンバイ。そして今週の京都2歳Sに出走予定のエピファネイアも順調ならば暮れはこちらに。2頭ともかなりの大物感を感じさせる馬ですので、もしかしたらラジオNIKKEI杯の勝ち馬と2強ムードでの年越しになるのかなと。
そうなってくれた方が盛りあがるでしょうしね。エピファネイアがPOG指名馬なので個人的には尚更そうなることを期待しています。

とりあえず暮れのことよりまず今週。暮れのキズナ、そしてラウンドワールド(PO馬)との対戦が楽しみになるような競馬を期待!

5回東京5日(11月17日)東京スポーツ杯2歳S 芝1800m
コディーノ・・・★★★★★★
最内枠からスッと先行、途中から1頭大逃げを打つ展開を内の好位4番手からの競馬。直線では抜群の手応えも前2頭が壁に。ただ慌てず2頭の間が開くのを待ってそこから割って抜け出して来る。大外から勢いよく突っ込んで来た2着馬もエンジンが掛かると逆に突き放すような感じで差を広げ、最後は流してゴールイン。パワフルで鋭い決め手に加えてレースセンスも抜群。更に★を追加したくなるほどのパフォーマンス。これはこの後全部持っていくかもしれないですねぇ…。

5回東京5日(11月17日)新馬 芝1800m
ヘルデンテノール・・・★★★★
サンカルロの半弟でディープインパクト産駒。スタートはややゆったりめ、ダッシュも遅く置かれる様な感じから中団後ろの内を追走。4コーナーで外に出し直線で追い出される外からスパッと切れてあっさりと抜け出す。最後は差を詰めてきて2、3着馬も余裕を持って押し切った。なかなかの切れ味。コーナーでスッとあがって行けたように加速が速い。お兄さんより距離にも融通が利きそうな感じもします。

5回東京5日(11月17日)新馬・牝馬 芝1400m
ウォータープリプリ・・・★★★★
半馬身ほど抜ける好スタート。それ以上にスタートが良かった外の馬に先手をとられると外から抜きに行こうとして気持ち引っ掛かっていましたが、直ぐに内に入れなおして折り合いに専念。直線では鞍上が後ろを振り返るほど絶好な手応えでギリギリまで追い出しを我慢。追い出されるとあっさりと抜け出し追い込んできた2着馬の追撃もきっちり伸びて振り切った。短距離向きのスピードがあり追われてからの末脚もきっちり。道中溜めれば鋭い脚を使いそう。

5回東京5日(11月17日)未勝利・牝馬 芝1600m
スイートサルサ・・・★★★
好スタートから控えて好位の内で待機、緩い流れで全馬一団の流れ。そのままの大勢で直線に入ると横に広がっての瞬発力勝負。横一線でごちゃついていた為に最内を突きましたが、一旦は逃げ馬が内によれて失敗。しかしそこから立て直すと鋭く伸びて突き抜けた。内ラチと馬の狭い隙間を突ける気性と不利がありながらも直ぐに立て直した加速の速さが素晴らしい。デュランダルの仔らしく決め手も上々。

5回東京5日(11月17日)未勝利 芝1400m
スズノフウジン・・・★★★
内枠から好スタート。押して行きましたが外からあっさり先手は取られて4、5番手待機。二の脚はさほど速くはない模様。後続を離して逃げた2頭から5馬身ほど離れた4、5番手の位置取りで直線に向くと、同じ位置にいた2着馬と馬体を併せながら豪快に伸びる。最後は外の2着馬内から捻じ伏せるようにして半馬身差の勝利。2着馬が勝負弱いのか?3戦目で良化していたのかは謎。

5回京都5日(11月17日)新馬 芝1600m
ミリオンフレッシュ・・・★★★
ソングオブウインドの産駒で母父Grand Slam。サドラーズギャルの3×3などクロスが多数アリ。各馬バラついたスタートで先行集団と後方馬群がわかれる形、この馬は追って先団馬群の後方からの競馬。コーナーから徐々に進路を外にとり追われながら直線へ入ると、直線では大外に持ち出して力強くグングン脚を伸ばす。こういう重馬場が合ってるのか?他馬とは違う脚色で2馬身突き抜けた。

5回京都5日(11月17日)未勝利 芝1600m
ラブラバード・・・★★★
アーデントの半弟、スペシャルウィーク産駒。スタートは失敗しましたが内からスーッと追い上げ直ぐに好位の一角へ。ただし掛かり気味。何とか前を壁にして馬群の中で折り合うと直線手前で外から先頭に並びかけに行く。直線で先行馬2頭をスッと突き放すと最後は押さえる余裕もみせ2、3着馬の追撃も楽々完封。まだまだ幼い印象の馬ですが潜在能力は高そう。使われつつ成長してくれば楽しみです。

5回京都5日(11月17日)未勝利 芝1200m
テーオーレイチェル・・・★★
押して出して行き2番手へ内の逃げ馬を半馬身ほど後ろで見る形での先行。そのままの形で直線に入ると、直線半ばで逃げ馬がバテて先頭へ。1頭になっても最後までしぶとく伸び切り、後ろから差してきた2、3着馬の追撃をクビ、クビ差で凌いでゴールイン。好内容ではあるものの前走8番人気11着のこの馬が4番人気になっちゃうメンバー構成。上ではちょっと…。

5回京都5日(11月17日)未勝利 芝1800m
ライジングゴールド・・・★★★
アドマイヤサガスの半弟でステイゴールド産駒。内枠から好スタート好ダッシュを決め無理することなく2番手へ。外の逃げ馬の半馬身後方の内で先行するという珍しいかたち。コーナーワークで先頭に立ち直線に向くと馬場の良い外にジワジワと移動しながら力強く伸び切っての押し切り勝ち。好センスでパワフルな馬です。ただ半兄はあまり速いアガリを使えず途中からダート路線に行った馬、時計が出る馬場でどうなるか?

3回福島5日(11月17日)未勝利 芝1200m
テーオートマホーク・・・★★★
距離短縮で一変。大外枠からスタートを決めるとスーッと脚を伸ばしてハナへ。この距離でも無理せず楽にハナを切るスピードあり。手応えよく1馬身ほどのリードでレースを引っ張ると、コーナーワークで更に差を広げて直線へ。直線でも脚色は衰えず、逆にジリジリ差を広げるようにして逃げ切った。短距離路線なら上のクラスでも楽しみなスピード感のある競馬。

3回福島5日(11月17日)未勝利 芝2000m
サンバジーリオ・・・★★★
スペシャルウィーク産駒で母父エリシオ。好枠もダッシュはゆったりめ、無理して前につけに行く気もなくのんびり後方3番手を追走。しかし向こう正面に入ると一気に外からマクリに入る。3コーナー手前で中団まで押し上げるとコーナーでは更に外から押し上げ先頭と並びかけるようにして直線へ。直線半ばで抜け出すとそのまましぶとく伸びて押し切った。鮮やかな大まくり!スタミナは相当ありそう。中央場所に戻っても展開とコース次第で1発がありそうな予感。

5回東京6日(11月18日)からまつ賞 芝1400m
ネオウィズダム・・・★★★+
まさかまさかの距離短縮で2勝目。外枠からダッシュ良くスーッと2番手につける。1400mの500万下にしては緩い流れでしたが手応えは絶好。直線早々に先頭に立つと追い込んできた2着馬に外から馬体を併せられての叩き合い。2頭で後続を突き放しながらの激しい叩き合いをクビ差で押し切ってのゴールイン。並べれてからのしぶとさは初勝利時と同様で今回は速いアガリも使えた。距離短縮が効いたのか?使われつつ力を付けたのかは?ですが、これなら重賞でもと思わせる好内容。

5回東京6日(11月18日)新馬 芝1400m
ハーモニーフェア・・・★★★★
父シンボリクリスエス、母父ジャングルポケット。叔父にアドマイヤムーンのいる血統です。最内枠から好スタートを決め逃げ馬の直後、好位の内を追走。ゆったりとした流れで直線では瞬発力勝負に。内ラチと逃げ馬の間の狭いところを割って逃げ馬に並びかけると、そこからゴールまで2頭で後続を突き放しての叩き合い。差し返されそうになりながらも最後まで抜かさせず。瞬発力の鋭さと勝負根性をみせつけた。距離延長にも対応できそうな走り。

5回東京6日(11月18日)未勝利 芝1600m
シンボリディスコ・・・★★★
アドマイヤマックス産駒で母父サクラバクシンオー。ゲートはチョイ遅めも、他馬もバラついたスタートで大きな影響もなく道中は中団の後ろで待機。3〜4コーナーを外から追い上げ直線に向くと直線一気に伸びて前へ進出。最後は先行して伸びた2着馬をジワリジワリと追い詰めギリギリ交わしたところでゴールイン。末脚安定。血統からは距離短縮でもみてみたい1頭。

5回東京6日(11月18日)未勝利 芝1800m
ケイアイチョウサン・・・★★★★
内枠から好スタートを切るも直ぐに控えて中団待機。内からロスなくコーナーを回し前との差を詰めると、直線では内ラチ沿いの狭いところから馬なりのままスーッと抜け出してきた。殆ど追うことなく先頭に立ち、抜け出してから軽く気合いを付けただで2馬身弱突き抜ける大楽勝。あまり速いアガリを出せるタイプではないようなので馬場も渋りちょいとアガリの掛かる流れになったのも良かったのかも?

5回京都6日(11月18日)500万下 芝1200m
ティーハーフ・・・★★★★
ここ2走同様に今回もスタート後にスッと控えて後方からの競馬。コーナーでは無理に大外からまくるようなマネはせず馬群の中から押し上げ、直線手前で上手く外に持ち出す。先頭から6馬身ほどの差で直線に向けば余裕で射程圏内か、差し届かない競馬が続いていましたが今回は余裕を持って前を捕らえて楽に1馬身半突き抜けた。1200、1400mであれば当然重賞でもの末脚の破壊力。あとは届くかどうかだけ。

5回京都6日(11月18日)新馬 芝1800m
ハッピーモーメント・・・★★★★★
ウォータクティクスの半弟でディープインパクト産駒。最内枠でしたが外に持ち出し道中は中団馬群の中で待機。直線でも一旦は馬群の中から追い込む構えでしたが、進路が開かないと判断したのか?急遽直線半ばで大外に進路を変更。この立て直しでだいぶロスもしましたし、仕掛けもワンテンポ遅れたように見えたんですが…。ラスト1Fではとても届かないような位置取りからゴール前で強襲してみせた。正味ラスト1F程度の追い込みで末脚伸びていた2着以下をとっ捕まえる物凄い瞬発力です。

5回京都6日(11月18日)未勝利・牝馬 芝1600m
ベアトリッツ・・・★★★
ワンカラット、サンシャインの半妹でディープインパクト産駒。道中は中団からの追走で3〜4コーナーで徐々に前へ進出。直線手前から追い込みを開始すると直線逃げ粘る2着馬をジワリジワリと追い詰めゴール前でクビ差で捻じ伏せた。距離が合わないのか?不良馬場が合わないのかわかりませんが、お姉さんと比べるとあまり末は切れない印象も?1度時計の速い馬場でもみてみたい。

3回福島6日(11月18日)福島2歳S 芝1200m
ディアセルヴィス・・・★★★
函館1000mを逃げ切って勝った馬ですが、その後2戦の惨敗で脚質転換したようで今回はスタート後に控えて後方待機。コーナーでは大きく外を回しながらまくって行くと直線でも手応え良く伸び切り余裕を持って伸びていた2着馬を差し切った。OPとはいえ正直500万下レベルのメンバー構成なのでこの先重賞でも!とはなかなかいい辛いですが、控える競馬で一変したのは確か。

3回福島6日(11月18日)未勝利 芝1200m
アジャストメント・・・★★★
マイネルラヴ産駒。スタート後、追っ付け気味に前へ進出し好位馬群の中からの追走。終始追っ付け気味の追走でしたが4コーナーでスピードに乗ると手応えは楽。直線手前で外の馬をふっ飛ばし気味に前へ取り付くと、直線では力強く脚を伸ばして前を捕らえそのまま押し切った。スピードに乗るまでちょいと時間が掛かる感じの馬で、堅実ながらも決め手のない末脚。前目に付けたのも良かったのかもしれない。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(4)

2012年11月12日

エーシントップ3連勝で重賞制覇 いざ朝日杯FSへ!

京王杯2歳Sは7月の中京2歳S以来久々の実戦だったエーシントップが勝利しこれで無傷の3連勝!
前2走は1400mを逃げ切っていた馬なので距離も持たなさそう。おまけに久々でどうかなぁ?と個人的な評価は正直かなり低い馬だったのですが…。2番手に控えてアガリ33秒6ですか。。完全に想像以上の馬でした。本番では1F延長が鍵になりそうですが、番手で脚を溜める競馬もできましたしね!
2歳王者の最有力候補が誕生といってもいいのかもしれません。

また京都の黄菊賞ではファレノプシスの半弟にあたるキズナが物凄い強い内容の競馬でデビューから2連勝を達成!次走はラジオNIKKEI杯2歳Sということです。無傷の3連勝でラジオNIKKEII杯2歳Sも勝てばクラシック路線の主役にリーチ!といった感じでしょうか。

ただ今年は東スポ杯2歳Sが超好面子、そして来週の京都2歳Sにも大物候補が出走予定と主役候補が盛りだくさん!
今週、来週の勝ち馬のパフォーマンスとローテ次第では仮に次走で3連勝を決めても2強とか3強になるのかもしれませんね。


5回東京3日(11月10日)京王杯2歳S 芝1400m
エーシントップ・・・★★★+★★
久々で+10キロの馬体増もまるで問題なし。外枠から好スタートを切ると今回は行き切らず2番手からの競馬。直線に入って早々に逃げ馬に並びかけると直線半ばでこれを捻じ伏せ先頭へ。内から並びかけに来る2着馬を逆に最後は突き放すようにしてゴールイン。流れは向いたにせよレースのアガリ33秒7という瞬発力勝負を早め先頭から押し切ったのは素晴らしい。速いアガリに対応したことも、番手からの競馬で結果を出したことも大きな収穫。スピード一辺倒の馬だと思っていたんですけどね。。こういう競馬ができるのであれば評価を改めないといけません。ごめんなさい、強かった。

5回東京3日(11月10日)新馬 芝2000m
ダブルゴールド・・・★★★
ゴールドアリュール産駒で母はゴールドティアラ。で、この馬名。他にも遅い馬がいたのであまり目立ちませんでしたがスタートは出負け気味。しかしペースも緩くまた少頭数ということもあり道中で難なく中団まで押し上げる。4、5番手で直線に向くとあっさり先頭に並びかけ、直線半ばで早くも抜け出した。抜け出してから突き放せはしなかったもののそのまま1馬身のリードを守り切ってのゴールイン。非常に良い脚を長く使えそうなタイプです。

5回東京3日(11月10日)未勝利 芝1600m
エフティシリウス・・・★★★
スカーレットブーケの一族。叔父叔母にダイワメジャー、ダイワスカーレットがいるステイゴールド産駒で母父はナリタブライアンです。スタートで出負け、ダッシュも全く付かず最後方からの競馬。3コーナーからちょいと押し上げると後方4、5番手の位置取りから直線での瞬発力勝負へ。外からジワリジワリと脚を伸ばすとゴール前で粘る先行勢を捕らえてクビ、クビ、クビ差の接戦を制した。一見派手な直線一気も、この流れで先行〜中団待機の馬に34秒前半の脚を使う馬が居なかったのは幸いした感じが…。

5回東京3日(11月10日)未勝利 芝2000m
マイネルマエストロ・・・★★★★
母父SSのブライアンズタイム産駒、半姉はウエスタンビーナス。1頭大逃げを打つ展開を2番手集団の中団内から追走。直線に入ると前の馬と内ラチの間の狭いところから強引に抜け出して来る。抜け出したあとに外から差して来た馬に交わされたような感じでしたが、ゴール前でグンと一伸びしその2着馬を完全に振り切ってゴールイン。首をグイグイ使い力強く伸びのある末脚、狭いところを割ってこれる勝負根性も素晴らしい。

5回京都3日(11月10日)ファンタジーS 芝1400m
サウンドリアーナ・・・★★★+
好スタートからスーッと2番手、軽快に飛ばす逃げ馬を2馬身ほど離れての追走。手応え良く直線に向くと早々に逃げ馬を交わし先頭へ。抜け出してからも脚色は全く衰えず後続をグングンと突き放し3馬身差での大楽勝。速いペースでも楽々追走できる抜群のスピードがあるため、あのペースで先行しても脚が溜まる模様。このまま順調に成長すればトップクラスのスプリンターになりそうな予感。距離短縮がズバリと嵌った印象なので逆に本番では…という気も少々。

5回京都3日(11月10日)新馬 芝1600m
ディープサウス・・・★★★★
新潟2歳S3着馬クロフォードの半妹、ディープインパクト産駒です。一団となりゆったりとした流れを道中は後方馬群の中から追走。3〜4コーナーは内からロスなく回すと直線手前では更に内をすくいコーナーワークで一気に前へ。直線では馬群を縫うように内から抜け出し最後は1馬身半差でゴールイン。アガリ3Fの速さは通ったコースの差も相当あるように思いますが、コーナーでの加速の仕方や馬群の捌き方などレースセンスが抜群。前を捕らえて抜け出す時の脚は速く重賞レベルでも楽しみな存在。

5回京都3日(11月10日)未勝利 芝1400m
サイモンラムセス・・・★★
ブラックタイド産駒で母父マヤノトップガン、叔父にプライドキムがいる血統です。スタートはさほどでしたがスッと前に取り付き4番手からの競馬。4コーナーで追い出しを開始すると直線では内の2着馬と併走しながらガンガン追われて脚を伸ばす。小柄ながらも力強い脚色で勝負根性も素晴らしい、ゴール前で叩き合いを制してのクビ差の勝利です。

5回京都3日(11月10日)未勝利 芝2000m
セレブリティモデル・・・★★★★
叔父にマンハッタンカフェがいる母父SSのキングカメハメハ産駒です。中間13秒台のない淀みのない流れを中団外からの追走。3〜4コーナーでは激しく追い出され鞭も入れられながら大外をぶん回して直線へ。直線でも激しく追われるとグングンと加速していき力強く脚を伸ばして行く。パワフルでエンジンの掛かりがやや遅い感じですが掛かってからの伸びは素晴らしく、最後は流すような感じで差し切った。これまで安定感のない成績でしたが、今回は血統どおり大物感たっぷりのパフォーマンス。タフな流れに強そうで上のクラスでも楽しみ。

3回福島3日(11月10日)未勝利 芝1200m
ティンホイッスル・・・★★
スタート後、直ぐに控えて後方へ。先行集団とは3、4馬身ほど離れた後方集団の3番手を追走。コーナーに入り一気に前との差を詰めると4コーナーでは大外をぶん回して直線へ。外から力強くグイグイ脚を伸ばし粘る先行勢をまとめて差し切った。先行勢が粘れる流れで唯一後方集団から脚を伸ばして差し切る強い内容。ただ出走馬のレベルは低く、中央場所の上のクラスで…となると疑問は残ります。

3回福島3日(11月10日)未勝利 芝1800m
タガノバスター・・・★★
母父ダンスインザダークのグラスワンダー産駒です。祖母ソロシンガー、叔父にラントゥザフリーズという血統。好スタートを決め前へ行くとコーナーワークでハナを獲り切り軽快に飛ばす。2コーナーでは縦長の展開になるかと思われましたが、向こう正面で追走馬も差を詰めMペースの消耗戦に。この流れも幸いしたか?直線でもきっちり脚を伸ばすと後ろから差して来れる馬はおらず。1馬身1/4差で逃げ切った。瞬発力勝負は?ですがスタミナがありそうでアガリの掛かる流れに強そうな雰囲気。

5回東京4日(11月11日)新馬 芝1400m
スズノネイロ・・★★★★
縦長の展開を道中は中団で待機。このクラスにしてはやや展開が速かったのか?直線先行勢は脚を伸ばせず完全に差し馬の流れに。6番手で直線に向くと一瞬で前を捕らえて突き抜けた。同じく鋭く脚を伸ばした2着馬とも脚色は一緒、最後まで1馬身の差を詰めさせず悠々と押し切り勝ち。前が垂れたのと2着馬とは位置取りの差もあったとは思うんですが、それにしても鮮やかな末脚。重賞レベルでも楽しみな切れ味です。

5回東京4日(11月11日)新馬 芝1600m
ベステゲシェンク・・・★★★★
ディープインパクト産駒、シュプリームギフトの全弟です。スタートは決まったものの無理せず控えて後方からの競馬。道中は一団となって進むドスローの瞬発力勝負。直線では外からグングン脚を伸ばし先行して鋭く伸びる2着馬をゴール前で捻じ伏せた。今回に関してはこのペースで33秒台前半のアガリを使える馬がこの馬しかいなかったというのは恵まれたのかも。あとは速い流れでも変わらず切れる脚が使えるかどうか?

5回東京4日(11月11日)未勝利・牝馬 芝1400m
ノーブルジュピタ・・・★★★
ゲートは普通に出ましたが行き脚がつかない馬なのか?鞍上も無理に前につけることはせずすんなり最後方待機。そのままの位置取りで直線に入ると馬場の良い外目に持ち出し殿一気。ラスト1Fの時点ではまだ先頭は7馬身ほどの差がありましたが、一気に差を詰めてゴール前で強襲した。一叩きされ一変!最後方から直線だけで牛蒡抜きとインパクト抜群の競馬でしたが上のクラスではもうちょい前に付けられないと届かなさそうな…。

5回京都4日(11月11日)黄菊賞 芝1800m
キズナ・・・★★★★★
スタート後はスッと控えて外に持ち出し中団後ろを追走。馬群の中からコーナーを回し直線に入ってから大外に持ち出しての追撃開始!ラスト1Fまではジワジワと徐々に伸びているような感じでしたが、先頭に並びかけたところでエンジンが全開になるとグーンと一気に脚を伸ばして突き抜ける。並んでからは殆ど追うこともなく流すような感じで差を広げていった…。搭載エンジンが半端ない。無事ならば確実にクラシックに乗ってくる存在、今後も大注目の1頭です。

5回京都4日(11月11日)新馬 芝1200m
メイショウホマレ・・・★★
好スタートから押して行ってハナを主張。スピードに乗ると2番手以下を2馬身ほど引き離す逃げを打ちレースを引っ張る。4コーナーでは1馬身ほどまで差を詰められましたが、直線でも脚色は衰えず、そのままのリードを保って押し切った。メイショウボーラー産駒らしいスピードを生かした逃げ切り勝ち、血統からもレースからも溜めて逃げるようなタイプには見えず距離は1400m辺りまでといった印象です。

5回京都4日(11月11日)新馬 芝2000m
ステイザコース・・・★★★
少頭数10頭立ての競馬。外枠からダッシュ良く先行、2頭が併走して逃げる展開を6馬身ほど離れた3番手から追走。3角手前から前2頭との差を一気に詰めると4角では外からその2頭に並びかけるようにして直線へ。直線で力強く脚を伸ばしバテた内の2頭を交わすと、最後は追い込んできた2着馬に際どく追い詰めながらもクビ差で押し切った。ペースが上がったのはラスト2Fだけといった感じで前2頭は自滅。展開にも恵まれたイメージ。

5回京都4日(11月11日)未勝利 芝1600m
アドマイヤドバイ・・・★★★
アドマイヤムーン産駒、叔父にアドマイヤフジ、アドマイヤコスモスなどがいる血統です。好スタートからスッと先行、内の逃げ馬をみるような形で3、4番手からの競馬。コーナーでは抜群の手応えで前に並びかけ直線に向くと、直線でも追い出しを我慢する余裕の手応え。追い出されると力強く抜け出し2馬身差の完勝です。結果完勝も手応えほどはスッと突き放せなかったようにも見える、現状ではあまり決め手があるようなタイプではないのかも?

3回福島4日(11月11日)新馬 芝1800m
ピクシーホロウ・・・★★★
キングヘイロー産駒、叔父叔母にはダノンカモン、クィーンズバーンという血統です。好スタート好ダッシュ、外枠でしたが全く無理することなくスーッと先行、2番手からの競馬。ペースは緩かったものの展開は縦長、3コーナー手前からペースをあげると後続を4、5馬身離し2頭併走したまま直線に突入。かなり前に有利な展開になりましたので直線では2頭の一騎打ち。マークしていた逃げ馬を捻じ伏せるとそのまま楽々押し切った。楽勝でしたが展開にもだいぶ恵まれて…。試金石は次でしょうか。

3回福島4日(11月11日)未勝利 芝1200m
チェリーペトルズ・・・★★★
スタートでちょいと遅れましたがダッシュが速く直ぐに内から盛り返し好位をキープ。3〜4コーナーもロスなく内から回して直線に入ると、直線では前4頭が壁!ど真ん中に1頭分のスペースはあったようにも見えたんですが、まるで横にスライドするように外に持ち出した。この作業でちょいとスピードを落としましたが再加速するとゴール前できっちりと差し切った。ここまで3戦良いとこなしも今回は力が1枚上の内容。使われつつ力を付けているのかも。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)

2012年11月05日

コレクターアイテム重賞V オツウ新馬V ハーツクライ牝馬が熱い!

新設重賞アルテミスSはコレクターアイテムが1番人気に応えて勝利!無事に行けば阪神JFでも1、2番人気は確実と思われるパフォーマンスを見せました。

そして翌日の京都では同じくハーツクライ産駒のオツウが新馬勝ち。これはちょっと大物かもしれないですねぇ。デビュー時期がデビュー時期ですので、ひょっとしたら阪神JFへ直行(ただその場合は恐らく抽選)する可能性もある馬。
仮にそうなった場合は観ておかないと予想になりませんからね!まだチェックされてない方は是非自分の目ん玉でチェックしておくことをオススメ致します。

昨年、今年と世代牝馬路線はディープインパクトの独壇場。現時点で阪神JFから秋華賞までディープインパクト産駒が4連勝中という状況ですが、この連勝街道をストップさせるのは現役時代同様ハーツクライなのかも。

自身初のG汽織ぅ肇襪ディープの連勝を止めた有馬記念だったように、産駒初のG汽織ぅ肇襪皀妊ープ産駒の連勝を止めるものだとしたら…。ちょいとニヤリとしちゃうかも。
そういうのも含めて競馬は面白い!2歳女王決定戦まで約1ヶ月。楽しんで参りましょう!


5回東京1日(11月3日)アルテミスS・牝馬 芝1600m
コレクターアイテム・・・★★★★+
今回も当然末脚を活かす競馬で後方待機。3角手前から徐々に内を突いて前へ進出すると直線でも最内を突き一気に前へ。3番手くらいまで追い上げたところで今度は外に進路をとり前2頭を交わしにかかる。馬群を捌いてるところで外から一気にきた2着馬に馬体を併せられましたが進路が取れれば問題なし。そこから再加速し最後は逆に突き放すようにして追い比べを制した。末脚の破壊力は世代トップクラス。一気に2着馬に差を詰められたのはエンジンの掛かりが遅いからか?進路変更の所為なのか?は微妙なところ。

5回東京1日(11月3日)新馬 芝1600m
トウショウプライド・・・★★
ローセングリン産駒で母父はジェニュイン。叔母にシーイズトウショウがいる血統です。好ダッシュから前へ一団でゆったりとした流れになり途中から押し出されるようにしてハナに立つ。2頭にピッタリ真横に付かれていましたがコーナーワークで振り切ると直線早めにリードを広げ押し切る態勢に。最後は2着馬に際どく追い詰められましたがハナ差で何とか押し切った。なかなか長くいい脚を使えるようで最後までしぶとい粘り。

5回東京1日(11月3日)新馬 芝1400m
ワキノキセキ・・・★★★★
スタートでやや遅れましたが二の脚が非常に速く難なく盛り返し先行。道中の手応えは抜群で4コーナーで前に並びかけるようにして直線へ。直線に入っても余裕たっぷり、馬なりのまま先頭に並びかけて追い出されると力強い末脚でグイグイ抜け出し最後は2馬身突き抜けた。道中楽に盛り返し抜群の手応えで追走できるようにスピードの絶対値が高そう。距離もマイルあたりならこなせそうな感じですがスピードが活かせる1200、1400mあたりが向いてそうな雰囲気。

5回東京1日(11月3日)未勝利 芝1800m
ダイビングボード・・・★★★
ダンスインザダーク産駒で母父ノーザンテースト。叔母にチャペルコンサート、ムードインディゴがいる血統です。前2頭が離して逃げる展開でしたが道中はのんびり後方2、3番手で待機。3〜4コーナーで馬群がつまり直線での瞬発力勝負に。前の3頭が横一線で追い比べている1馬身ほど後方からジワリジワリと差を詰めに行き、何とか並びかけたところがゴールイン。際どい差でしたので運も向いた感じでしたが、あの位置から並びかけた根性は素晴らしい。

5回京都1日(11月3日)秋明菊賞 芝1400m
タマモベストプレイ・・・★★★★
道中は無理することなく中団後ろの外目を追走。4コーナーで大外を回しながら前との差をつめ直線に向くと、前走同様力強い末脚でグングン加速!一気に前を捕らえて抜け出した。1番人気の追い込み馬が最後勢い良く突っ込んできましたが時すでに遅し。危なげなく半馬身差で押し切っての2連勝。追えば追うほど伸びそうな末脚でタフな流れにも強そう。重賞でも楽しみですが距離延長はあまり良くなさそうな気も…。

5回京都1日(11月3日)新馬・牝馬 芝1600m
オツウ・・・★★★★★
母父トウカイテイオーのハーツクライ産駒、叔父にはトウカイポイントという血統です。道中は無理することなく中団やや後ろの外めを追走。3〜4コーナーでは抜群の手応えで外から徐々に前へ進出する。4番手で直線に向くと道中の手応えどおりの素晴らしい末脚!殆ど追われることなく前3頭を交わし去りそのまま楽々と2馬身半突き抜けた。レースセンス良く末脚は素晴らしい切れ味。これは大物の予感。

5回京都1日(11月3日)未勝利 芝1800m
オーキッドレイ・・・★★★★
シェルズレイの息子です。父はディープインパクト。大外枠から好スタートを切るも控えて中団後方に、内に入れて待機。4コーナーでは馬群の中から追い上げ今度は徐々に外へ持ち出し直線へ。2馬身ほど前の1番人気馬を目標に追い込みを開始すると、この母系ならではのパワフルな末脚でグイグイ脚を伸ばして捻じ伏せた。叔父のブラックシェルもあまり速いアガリは使えないタイプでしたので33秒台のアガリ勝負になるとどうなるかは?ただ厳しい流れには滅法強そうです。

3回福島1日(11月3日)未勝利 芝1200m
クリノチョモランマ・・・★★
好スタート好ダッシュを決めると4頭併走する形の逃げに加わる。3角手前からは内の2頭をびっちりとマークするように外から併走、そのまま手応え良く直線へ。直線ではバテた内の併走馬2頭を難なく交わし抜け出すと後続の追撃も楽に押し切り見事5戦目での初勝利。ただ相手のレベルも微妙で上でもとなると…?ちなみに同世代の牝馬にクリノチョモラーリという馬がいるので間違えないように注意。

3回福島1日(11月3日)新馬 芝1200m
ベラベラ・・・★★
アサクサデンエン産駒、近親にはファイングレインがいる血統。ペースはさほど…なんですが新馬戦らしくバラつき縦長の展開。そんな流れを中団外目からの競馬。4コーナーで外から徐々に前との差を詰めにいくと5、6番手で直線へ。直線では先行勢の脚がなくなったところを外から一気に脚を伸ばして捻じ伏せた。強い内容でしたが時計平凡で前が勝手に止まっただけという見方も…。

5回東京2日(11月4日)百日草特別 芝1800m
レッドレイヴン・・・★★★★★
スタート後は直ぐに控えて待機、頭数も少なく馬群も詰まっていたのもありますがスローの瞬発力勝負を後方3番手で脚を温存。直線に入り追い出されると直ぐに前を射程に捕らえ、ラスト1Fすぎからグイーンと加速。一気に抜け出しそのまま悠々と突き抜けた。4ヶ月ぶりの競馬でもまったくお構いなし。上位5頭がアガリ33秒台の決め手勝負を余裕たっぷりに差し切れる瞬発力は重賞クラスの相手になってもトップレベルのハズ。益々今後が楽しみになるパフォーマンスです。

5回東京2日(11月4日)新馬・牝馬 芝1600m
ウキヨノカゼ・・・★★★
父オンファイア、母父フサイチコンコルド。叔父にはダノンカモンがいる血統。スタート直後は控えて中団外目で待機。ほぼそのままの位置取りで直線に向くと外から長くいい脚を使いジワリジワリと前との差を詰めて行く。先行勢を交わすとそのままの勢いで2馬身半突き抜けた。一瞬の切れ味というよりも長く平均的に良い脚を使うタイプに見えます。小回りコースより直線長めのコースが良さそう。

5回東京2日(11月4日)未勝利 芝1400m
サクラディソール・・・★★★
父ダイワメジャーで母父はエルコンドルパサー、叔母にアグネスラズベリ。好スタートからスーッと先行好位の外目3番手から抜群の手応えで追走。1400mですがペースは緩く直線での決め手勝負に。直線に入っても手応えは衰えず、ラスト2Fまで追い出しを我慢する余裕の展開。いざ追い出されるとグイっと抜け出して1馬身差の完勝。展開面でも恵まれましたが8月の新潟以来久々の競馬でしっかり結果を出すのは力のある証拠。距離もマイル辺りは持ちそうな雰囲気。

5回東京2日(11月4日)未勝利 芝1600m
マイネルイルミナル・・・★★★
メジロベイリー産駒です。スタート後ガシガシ追われるもダッシュは効かず5、6番手を先行。4コーナーから逃げた1番人気馬が更に引き離し先頭と2馬身ほどの差で直線へ。直線でもかなり早めからガンガンに追われていましたが、バテることなくジリジリと脚を伸ばして行く。G前で逃げ馬を捕まえ、差して来た2頭の追撃を凌いでゴールイン。細身ですかなりズブい馬、追って追ってしぶとく脚を伸ばすタイプのようです。

5回京都2日(11月4日)新馬 芝1800m
サトノプレステージ・・・★★★★★
ディープインパクト産駒で母父はデインヒル産駒のDanetime。先行勢が一塊となって平均ペースで飛ばす流れを道中は中団内で待機し脚を溜める。コーナーでも内からコースロスなく回して直線へ。直線でも最内を突き先行勢を内から交わし去ると、今度は外に持ち出し伸びる3頭との追い比べに参加しましたが…。これを軽く追っただけ、エンジンが掛かってからは殆ど追うことなくスーッと引き離してしまう。ディープインパクト産駒らしい素晴らしい瞬発力!大物感たっぷりで重賞でも非常に楽しみ。

5回京都2日(11月4日)新馬 芝1400m
コパノリチャード・・・★★★★
母父トニービンのダイワメジャー産駒です。ダッシュが速く軽く押しただけでスーッとハナへ。軽快なペースでレースを引っ張り縦長の展開に。他馬が追走で苦労する中、そのペースを作り出したこの馬は終始余裕たっぷりの手応え。直線手前から早めに追い出されると直線ではもう独壇場。2着馬を2馬身突き放し3着以下は更に3馬身ちぎりすてての勝利。道中スピードで圧倒しながら自身はダイワメジャー産駒らしい長く良い脚を使いバテずに伸び切るという他馬には付け入る隙がない完勝です。

5回京都2日(11月4日)未勝利・牝馬 芝1400m
セトノフラッパー・・・★★
祖母マルカコマチ。母父フレンチデピュティのタイキシャトル産駒です。先団に馬が殺到しかなりごちゃつく展開。ただペースはさほど速くはなく先行集団やや後ろの外目を追走。かなり外を回して直線に向きましたが直線での脚色は良く、外からジワリジワリと脚を伸ばして逃げた2着馬を差し切った。ペースと位置取りは向かなかった印象なんですが先行勢の脚も止まってくれて何とか届いたという印象。

5回京都2日(11月4日)未勝利 芝1600m
グリーンラヴ・・・★★★★
ステイゴールド産駒です。スタート後は無理せず中団後方からの競馬で脚を溜める。4コーナーに入ると外から脚を伸ばし横に広がった先行勢に並びかけるようにして直線へ。2馬身ほどの差まで詰め直線に向くと、早々に前を捕らえて並ぶ間もなく交わし去る。最後は流すようにして2着馬に2馬身半、3着以下を更に3馬身半も突き放す圧勝。1番人気馬が逃げ集団に加わった為、展開面での恩恵はありましたがそれにしても鮮やかな末脚です。

3回福島2日(11月4日)未勝利・牝馬 芝1200m
ホオポノポノ・・・★★
1800m→1500mと使われ今回は1200mでの初勝利。スタート後は無理することなく控えて内へ入れ脚を温存。コーナーでも内から回し直線手前から徐々に外目に持ち出していく。道中の末脚温存が効いたのか、距離短縮がきいたのか?はわかりませんが、外からきっちりと伸び切り先行していた1番人気馬を差し切った。上のクラスでも!と言えるほど派手なパフォーマンスではありませんが使いつつ力は付けている模様。

3回福島2日(11月4日)未勝利 芝2000m
オリバーバローズ・・・★★
最内枠から好スタート、すぐさま出鞭をくれて激しく追うもダッシュは遅くハナに立てずに3番手からの競馬。かなりズブイ。ただスピードに乗ってからの追走はスムーズで内から逃げ馬をみるように追走すると直線では馬群を割って逃げ馬を捻じ伏せ、最後は差して来た2着馬の追撃も際どく凌いでゴールイン。強烈な決め手はありませんがしぶとい末脚。ただ最内枠だからこそあの位置に付けられた訳でしてあのダッシュの遅さをみると外枠ではどうなっていたことか…。

3回福島2日(11月4日)未勝利 芝1200m
ケントヒーロー・・・★★★
こちらもメジロベイリー産駒。外枠からスタートを決めると押して押してハナを主張。1、2馬身ほどのリードをとっての逃げ。3〜4コーナーに入ると更に軽快に飛ばし後続とのリードを広げにかかる。3馬身ほどのリードで直線に向くと、直線でも更に脚を伸ばして独走態勢。最後までスピードで圧倒し最後は4馬身差をつけ逃げ切った。強い内容でしたが相手面子は過去馬券になったことがある馬が3頭とちょいと低レベル。またレース振りからは距離延長も微妙な感じ。

 

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年10月29日

ロジータの孫サンライズバードが大外一気で新馬勝ち!

今年の3歳牡馬、牝馬の3冠レースはステイゴールドとディープインパクトの2頭の産駒だけで全て制覇。
昨年も6レース中4レースをこの2頭の種牡馬の産駒で勝利。特にステイゴールドは牡馬クラシックで強く、牝馬3冠はディープインパクトが強いという印象ですが、何しろこの2頭の種牡馬が圧倒的。

今年の2歳世代もディープ産駒からは良さそうな馬がゾロゾロゾロと出始めていますし、ステイゴールド産駒は1頭で勢力図を買えちゃう爆破力あり。あの馬の全弟もデビューを控えております。下手すると来年も…。

2頭の種牡馬の争いもそれはそれで面白いんですが、いろんな種牡馬の子供が走るからこそ競馬は面白い。
今年の2歳は既にキングカメハメハ産駒のコディーノ。シンボリクリスエスからもシーザリオの息子エピファネイアと非SS系から超大物候補が出ていますが、先週は更にタニノギムレット産駒からサンライズバード。そしてジャングルポケット産駒からはダービーフィズ(PO馬)が好内容で勝ち上がりました!
SS系がいないとつまらないけど、SS系だけでもツマラナイ!まぁこの4頭も母父はSS系なんですけどね。

来年のダービーは2頭の種牡馬で掲示板独占されるようなことがないように他の種牡馬の産駒にも頑張って貰いましょう!

4回東京8日(10月27日)新馬 芝1600m
ヒラボクディープ・・・★★★
母父Storm Catのディープインパクト産駒です。ドスローな流れを逃げ馬の直後、好位馬群の内で脚を溜めながらの追走。コーナーワークも利用し3、4番手で直線に向くと馬群を割って難なく抜け出した。抜け出すまでは位置取りの良さもかなり味方をした感じですが、抜け出した後の伸びも良く後続馬の追撃もあっさり完封してみせた。レースセンスよく瞬発力も上々、レースのペースが上がってもパフォーマンスが落ちないようであれば上のクラスでも楽しみです。

4回東京8日(10月27日)新馬 芝1400m
プリンセスカママル・・・★★★
内枠からスタートを決めると3番手を追走。1400mでもゆったりとした流れで直線での瞬発力勝負に。ペースがペースでしたので前の逃げ馬も余力十分、最後まできっちりと伸び切っていた為になかなか差は縮まりませんでしたが、ラスト100mで鋭い伸びを見せゴール前できっちり差し切った。今回は先行しましたが相当末脚が切れそうなタイプなので追い込む競馬もできそうです。

4回東京8日(10月27日)未勝利 芝1600m
ヒシラストガイ・・・★★★
ヒシアマゾンの息子です。父はCorinthian。最内枠から好スタートを決めると道中は好位の内、3番手を追走。直線では逃げて突き放しにかかる2着馬をただ1頭ジワリジワリと追い詰めて行き、ラスト100m付近で交わして突き抜けた。初戦Sペースの瞬発力勝負で切れ負けしているのである程度アガリの掛かる流れになってくれたのも幸いしたのかも。

4回東京8日(10月27日)未勝利 芝2000m
ダービーフィズ・・・★★★★★
全姉アプリコットフィズ、半兄クレスコグランド。叔父にはマンハッタンカフェがいる良血馬。1頭離して逃げる展開でしたがスタートでやや遅れ道中は後方2番手からの追走。直線では大外から一気に脚を伸ばしラスト1Fでは早くも2番手集団の先頭へ。あとはバテた大逃げ馬を楽々と交わし去り2馬身半差で突き抜けた。末脚勝負になった2番手集団をラスト1Fでとっ捕まえる加速の速さ。初戦でも半端ない末脚を使ってましたが瞬発力は重賞でも楽に通用するレベル。全姉がちょいとムラっぽいというか安定しない馬だったのでその辺りはちと心配。

4回京都8日(10月27日)萩S 芝1800m
インパラトール・・・★★★+
最内枠でしたが序盤は無理せず道中は中団の内で脚を溜めながらの追走。コーナーでもロスなく内から差を詰めて行き直線に向くと、内ラチ沿いから豪快な伸びを見せあっさりと突き抜ける。前走同様に非常にパワフルな末脚!初戦はエンジンの掛かりが遅い印象でしたが今回は反応も速かった。力の要る馬場はめちゃんこ得意そうなので、あとは速いアガリの競馬にも対応できるのならば文句なし。もしかしたら相当強いかも?

4回京都8日(10月27日)新馬 芝2000m
テイエムダイパワー・・・★★
アドマイヤジャパン産駒で母父はグラスワンダー。最内枠から軽く押して行き楽々ハナへ。ゆったりとした流れに落としてレースを進める。Sペースの新馬戦でも3〜4コーナーからペースがグッとあがることが多いんですが、ペースは上げず後続をトコトン引き付けて直線へ。まんまと展開が嵌り直線では前3頭だけの争いになるとしぶとく伸び切り2頭の追撃をクビ、クビ差で際どく押し切った。かなり恵まれた展開、最後も差を詰められており上のクラスでと言われると…?

4回京都8日(10月27日)未勝利 芝1400m
エーシンサファイア・・・★★★★
母父Mr. ProspectorGiant's Causeway産駒のマル外です。好スタート、ダッシュというか普通に追走するスピードが非常に速い。鞍上は押さえて行きたい感じにもみえましたがスピードの違いでハナに立つと2頭併走するような形でレースを引っ張る。直線手前から追い出すとあっさり併走馬を突き放し1馬身ほどのリードで直線へ。その後は楽々後続を突き放し最後は抑えて2馬身半差の大楽勝。相当スピードがある馬、1800mデビューでしたが1400m〜1600mあたりでスピードを生かす競馬が合いそうです。

4回京都8日(10月27日)未勝利 芝1600m
アーマークラッド・・・★★★
母アルーリングボイスのアグネスタキオン産駒。デビューから2戦は1200m、その後の2戦は1800m、そして今回は1600m戦での初勝利。好スタートから軽く追ってハナを主張。マイペースでの逃げを打ち、ギリギリまで後続を引き付けて直線へ。余力たっぷり1馬身ほどのリードで直線に向くとジワリジワリと2番手追走馬を引き離し1馬身半差で逃げ切る完勝。展開に恵まれた感はありますが先行してしぶとい脚を使えるタイプ。

4回新潟5日(10月27日)きんもくせい特別 芝1600m
ゴットフリート・・・★★★★
スタートは決まりましたが直ぐに控える、1頭が離して逃げる縦長の展開もお構いなし。自分の競馬に徹して後方3番手からの追走。直線では大外から溜めていた末脚が爆発。直線半ばで早くも先頭を捕らえると、そこからゴール前では差し返してきた内の2着馬との激しい叩き合い。着差はハナ差も最後はきっちり捻じ伏せる感じでゴールイン。力の要る馬場も得意そうと初戦書いた馬なんですが、こういう馬場でも切れますねぇ〜!今後の活躍が益々楽しみなローエングリン産駒です。

4回新潟5日(10月27日)未勝利 芝1200m
ハプスブルク・・・★★
スタートでやや遅れましたが道中馬群の中から直ぐに追い上げ中団前目を追走。コーナーでも内から徐々にポジションを上げて行き、逃げ馬とは2馬身差で直線へ。直線では内から押し上げていた為に出しどころがない様にも見えましたが…。逃げ馬とラチの間の狭いところにこじ開けるように突っ込んで行き前を交わした。最後は外から2着馬も伸びて来ていましたがクビ差で凌いでのゴールイン。序盤の出遅れを道中で挽回しながら最後まで伸び脚は鈍らずは凄い!ただコース取りが1番の勝因のようにも思える。

4回東京9日(10月28日)くるみ賞 芝1400m
ワキノブレイブ・・・★★★
ポンと好スタートを切りましたが直ぐに控えて中団の内で待機。コーナーでもロスなく内々を回し直線に入ると馬群に包まれ前が壁になりましたが、強引に外に持ち出し進路を確保すると馬場のど真ん中から力強く脚を伸ばした。馬体重はそれほどでもないんですが、いかにも短距離馬といった感じのパワフルでスピード感のある末脚。ここまで1400mを3戦走っていますがマイルより1200、1400mが良さそうなタイプに見えます。

4回東京9日(10月28日)新馬 芝2000m
アイズオンリー・・・★★★
母父Petionville、芦毛のネオユニヴァース産駒です。スタートはややゆったり目も道中盛り返して行き中団前目の馬群の中から追走。5、6番手で直線に入ると内の先行勢を目標に力強い伸び脚でジワリジワリと脚を伸ばす。更に外から差してきた2着馬には一旦交わされたものの、内からしぶとく差し返しこれを捻じ伏せた。内から突き抜けた馬には届きませんでしたが、この馬が降着になり繰り上がっての優勝。エンジンの掛かりがちょいと遅く上のクラスの瞬発力勝負では切れ負けしそうな感じも。

4回東京9日(10月28日)未勝利 芝1800m
ケンブリッジサン・・・★★★★
父フサイチホウオー、母父マーベラスサンデー。サンデーサイレンスの3×3のインブリードが入ってる馬です。好スタートを切ると他に行く馬もおらず無理することなくハナに立つ。マイペースで脚を溜めながらの逃げでしたがペースはさほど遅くはなく後続馬は追走でもちょいと脚を使った感じ。1馬身ほどのリード、抜群の手応えで直線に向きラスト2Fから追い出されると、後続をグイグイ突き放し4馬身差の大楽勝。逃げてアガリ最速、これでは他馬は手も脚も出ません。

4回京都9日(10月28日)新馬 芝1600m
サンライズバード・・・★★★★★
タニノギムレット産駒で母父SS。祖母はあのロジータという血統です。スタートは煽ってしまい最後方からの競馬。道中外からポジションを押し上げるも3〜4コーナーではまだ後方3、4番手、しかもだいぶ大外を回っていましたが…。直線に入ると外から1頭全く違う脚色で一気に前を捕らえてしまう。やや展開と馬場も嵌ったのかもしれませんが、大外を回しておきながらも驚異的な末脚。時計の出る馬場でもパフォーマンスが落ちないようであればクラシックでも!と思える好素材です。

4回京都9日(10月28日)新馬 芝1200m
フィールドメジャー・・・★★★★
少頭数8頭立ての競馬。好スタート好ダッシュから内の馬を行かせてこれをピッタリとマークするように2番手を追走。そのまま直線に入るとそのマークしていた馬との追い比べになりましたが、いつでも楽に抜け出せそうな抜群の手応え。追い出されると手応えどおりの伸び脚をみせ、あっさり抜け出し突き離した。馬場が馬場なので時計も平凡、頭数も頭数なので試金石は次走以降になりそうですが終始余裕たっぷりでこの面子とは力が1枚違う内容。

4回京都9日(10月28日)未勝利・牝馬 芝1600m
ウリウリ・・・★★★
ディープインパクト産駒で母父フレンチデピュティ。内枠から好スタート。ハナにも立ちそうな勢いで馬もやや行きたがりましたが何とか抑えて外の馬を行かし3番手の内に待機。直線入り口で上手く外に持ち出し前2頭に並びかけに行くと、3頭で後続を引き離しての叩き合いに。内の2頭も良く伸びてはいましたが余裕たっぷりに捻じ伏せて抜け出した。母父の影響からかこういう力の要る馬場も合ってそうな雰囲気です。

4回京都6日(10月28日)未勝利 芝2000m
クラウディオス・・・★★★★
母は福島記念勝ちのオーバーザウォール。叔父にインティライミがいるネオユニヴァース産駒。道中は一塊の先団馬群の後方を追走。馬場の割にはペースも速く消耗戦のような流れで3〜4角では手応えが怪しくなる馬が続出していましたが、この馬は馬群の中から力強く押し上げて行く。直線では馬群を割るように力強い末脚。血統からもこういうタフで力の要る競馬は得意そうですが、そのまんまのイメージどおりパワフルに伸びて捻じ伏せた。初戦では速いアガリも使っており高速決着にも適性はありそう。上のクラスでも楽しみな存在です。

4回新潟6日(10月28日)未勝利・牝馬 芝1600m
レッドマニッシュ・・・★★★
スティンガーの娘、母父SSのシンボリクリスエス産駒です。スタート後に直ぐに控えると後方2、3番手の外目から追走。そのままじっくりと脚を溜め直線に入ると大外からグングン脚を伸ばしラスト2Fの時点で先頭集団に並びかける。そのままの勢いで横一線の追い比べを制し最後は1馬身1/4突き抜けた。3戦目でようやく本領発揮といえるパフォーマンス。これなら府中に戻ってもいい脚が使えるかも?

4回新潟6日(10月28日)未勝利 芝1400m
マンドレイク・・・★★★
ゲートはやや失敗気味に見えましたが二の脚がめちゃんこ速くスーッとハナへ。途中で内の馬に来られるとすんなりとハナは譲り2番手を追走する。直線に入ると早々にハナを奪い返しすぐさま2馬身ほどのリードをとって押し切り態勢に。最後はやや一杯になりながらもしぶとく伸び切り1馬身1/4差で押し切った。ここまで5戦して2着3回の安定勢力でしたがようやく順番が回ってきて卒業。スピードを生かしてしぶとく粘りこむタイプの馬です。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList