POG12〜13

2012年10月22日

シーザリオの息子から大物候補が登場!エピファネイア

1800mに距離延長となり好面子が揃った、いちょうSはシルクプリマドンナの息子フロムドグロワールが勝利。
スパッと切れるような印象は受けないんですが、ダイワメジャー産駒らしく先行して長くいい脚を使える馬。順調に成長していけばカレンブラックヒルのようなタイプになれるかも?
一方キャリア1戦ながらも新馬戦の強烈な内容から1、3番人気に支持されていたサトノノブレスマンボネフューは明暗の分かれる結果に…。
サトノノブレスは前が壁になり脚も余した感じでの2着ですのでまだいいとして、マンボネフュー…。
期待していたんですけどね。。残念。

どんなに初戦で強い勝ち方をしても、次走や重賞初挑戦であっさり期待を裏切ったりするのが2歳馬。次に巻き返してくれればいいんですが、そのまま期待ハズレで終わることも多々あり。
でも、こういう評判馬同士の対決で一喜一憂するのが2歳戦の醍醐味ですからね!今週も懲りずに高評価をつけちゃいます!

日曜京都新馬を勝ったシーザリオの息子エピファネイア!もうレースを観た方には説明不要なはずの強烈なインパクト。まだ観てない方は是非自分の目ん玉で観て頂けたらと思います。
実は私のPOG指名馬なんでちょいと評価は知らず知らず甘め?になってるかもしれませんけどね、コディーノに続いての★6こをつけてみました。


4回東京6日(10月20日)いちょうS 芝1800m
フラムドグロワール・・・★★★+
好スタートを切るとゆったりとしたペースを2番手で追走。3〜4コーナーで引き離しにかかる逃げ馬は追いかけず2馬身差の2番手で直線へ。直線ではジワリジワリと脚を伸ばし前との差を詰めていく、スパッと切れる脚はないもののダイワメジャー産駒らしく長く良い脚を最後まで使い後続の追撃もクビ差で押し切った。前内有利のペース、2着馬が直線で詰まったのも味方しましたが、先行してしぶとい末脚は重賞でも大崩れなく走れそうな雰囲気。

4回東京6日(10月20日)新馬 芝1400m
グレイスフルデイズ・・・★★★
チチカステナンゴ産駒です、母父はSS。好スタートから好位の外目を追走。4コーナーで早めに先頭に並びかけに行きましたが直線に入っても手応えは余裕たっぷり。横一線から先に抜け出した2着馬をジワリジワリと追い詰め最後は楽々差し切り1馬身1/4差での勝利。ややエンジンの掛かりは遅い気もしましたがパワフルで長くいい末脚を使えそう。

4回東京6日(10月20日)新馬 芝1800m
アガサ・・・★★★
マンハッタンカフェ産駒で母父はTheatrical。叔父にはハートレイクがいる血統です。内枠から好スタートを決めると内の馬を行かせ緩いペースを2番手から追走。先頭に並びかけ後続には1馬身ほどのリードで直線に入ると、そこから瞬発力勝負へ。最後はクビ差まで迫られましたが、最後まできっちり伸び切り際どく押し切った。序盤のリードが生きた感じですが目標になりながらも最後まで抜かさせないしぶとい走り。

4回東京6日(10月20日)未勝利 芝1400m
ツクバリンカーン・・・★★★
父リンカーン、母はアイビスSD2着馬ウェディングバレー。好ダッシュを決めスーッと2番手へ。ゆったりとした流れを好位から脚を溜める。直線では馬なりのまま先頭に並びかけるとそのまま軽く気合いをつけただけで楽に抜け出し悠々と押し切った。1400mですがSペースで直線だけの瞬発力勝負。母より距離は持ちそうな感じで逆に1000、1200mではちょいと忙しそうな印象も。

4回東京6日(10月20日)未勝利 芝1600m
アドマイヤイチバン・・・★★★
シンボリクリスエス産駒で母父はトワイニング。好スタートを切りましたが控えて道中は5番手で待機。前はややバラけましたが展開は緩め、先頭とは3、4馬身ほどの差で直線で追い出される。牝馬らしいスパっとした切れ味はありませんがジワリジワリと脚を伸ばし先に抜け出していた2着馬を追い詰めると、ゴール前で捻じ伏せて3/4馬身差の勝利。瞬発力勝負よりも力の要る馬場が向きそうなタイプです。

4回京都6日(10月20日)新馬 芝1400m
タマモベストプレイ・・・★★★★
馬名からも想像できるとおりタマモホットプレイ、タマモナイスプレイの全弟です。スタートを決めると道中は好位馬群の中で待機。4コーナーでは馬群の中で早くも手綱が動いていましたが、直線では追えば追うほど伸びる末脚でグイグイと加速。抜け出していた2着馬をゴール前で鋭く強襲した。兄同様1400mからマイルあたりで活躍できそうな走り。2着馬の完全な勝ちパターンを差し切ったように決め手は強烈。

4回京都6日(10月20日)未勝利 芝1200m
セルリアンスバル・・・★★
好スタート、好ダッシュからあっさり1馬身ほどのリード。そのままの1馬身ほどのリードで軽快に飛ばし縦長の展開に。他馬の手綱が動く中4コーナーでの手応えも抜群で直線ではその手応えどおりにきっちりと押し切った。ここまでデビューから2戦連続2着、ようやく順番が回ってきたという感じで終始スピードで圧倒。ただ上のクラスでとなると…?また距離延長も微妙な感じ。

4回京都6日(10月20日)未勝利 芝1800m
リジェネレーション・・・★★★★
エアトゥーレの息子でアグネスタキオン産駒。キャプテントゥーレの全弟という良血馬です。道中はゆったりと中団外目を追走。ペースが上がった時に置いていかれ気味に後方になり、4角では激しく追われながらも位置取りはあがらず直線入り口では後方3番手の位置取りでしたが…。直線に入ってエンジンが掛かるとグーンと急加速!外から1頭違う脚色で一気に突き抜けた。まだまだ幼さ全開で荒削りな印象ですが、良血馬らしく雰囲気のある末脚。ただ瞬発力よりスピードを武器にしている血統ですし、速いアガリ勝負になった時に対応できるかどうかはまだ不明。

4回新潟3日(10月20日)未勝利 芝1600m
リュウツバメ・・・★★
横一線のスタートから軽く押してハナを主張。ペースは緩かったものの1馬身ちょっとのリードで逃げれる恵まれた展開。そのままのリードで直線に向くと序盤楽が出来た分末脚もしっかり。断然人気の1番人気馬が追い込んできましたが、最後はもう一伸びし逆に突き放してのゴールイン。1、2番人気を除くと薄い面子。その人気馬を3キロの減量と恵まれた展開で負かしたイメージで…。

4回新潟3日(10月20日)未勝利 芝2000m
リアルマイスター・・・★★
スタートはもっさり。直ぐに内に入れて道中は後方のインで待機。3〜4コーナーでも内からコースロスなく立ち回り、コーナーワークを利用し先頭と2馬身ほどまで差をつめて直線へ。直線でも窮屈な内からジワリジワリと脚を伸ばし逃げ粘る2着馬を内から捻じ伏せてのレコード勝ち。終始内を徹底しコースロスのない競馬。上手く1頭分の進路が開いてたのも勝因でどこかで外を回していたら…。ただ窮屈なところに躊躇なく突っ込める根性は凄い。

4回東京7日(10月21日)新馬・牝馬 芝1600m
レッドセシリア・・・★★★
レッドセインツの半妹でハーツクライ産駒。ゆったりとした流れの道中は中団の外目でやや掛かる仕草もみせていましたが、折り合いがつくとジワリジワリと前へ。先頭から1、2番ほどの位置取りで直線に向き追い出されると、ジワジワと前を追い詰めそのままの勢いであっさりと抜けだした。長くいい脚を使いドスローの瞬発力勝負を2馬身差での勝利。堅実そうな末脚は上のクラスでも楽しみ。

4回東京7日(10月21日)未勝利・牝馬 芝1400m
エバーグレーズ・・・★★
内枠から好スタートを決めると控えて好位馬群の内で待機。外目に持ち出し直線に入るとそこからジワリジワリと脚を伸ばし先行して脚を伸ばす2、3着を追い詰める。ラスト100mほどで捕まえるとそのままの勢いで差を広げ最後は2馬身差での勝利。切れ味よりも長くいい脚を使う感じの馬です。速いアガリの決め手勝負になると切れ負けしそうですが安定して自分の力は出せそうな雰囲気。

4回東京7日(10月21日)未勝利 芝1800m
テンシンランマン・・・★★★★
内枠から好スタートを決めると内の馬を行かせて2番手に、その内の馬が控え他馬が途中からハナに立つとマークする馬を変えまた2番手でびっちりマークと素晴らしい自在性。そのまま2番手で直線に向くと追い出しはギリギリまで我慢し、外から差してきた2着馬を待って追い出しスタート。長い叩き合いになりましたが、追い込んできた2着馬を逆に捻じ伏せるようにして最後は半馬身差で押し切った。レースセンスが素晴らしく勝負根性もバッチリ。初戦は新潟で素晴らしい瞬発力もみせており切れ味も上々。

4回京都7日(10月21日)かえで賞 芝1200m
プレイズエターナル・・・★★★
スタートは普通もダッシュは遅め、道中は無理せず最後方からの追走。4コーナーでちょいと外に持ち出して直線に入りましたがまだまだ後方3、4番手で先頭とも5、6馬身ほどの差でしたが…。前の馬も止まってはいなかったものの大外からお構いなしに脚を伸ばしゴール前で強襲!スタートダッシュの遅さを直線だけで挽回してみせる。前走のように道中4、5番手に付けれるようになれば短距離路線では安定して上位に喰い込めそうです。

4回京都7日(10月21日)新馬 芝1800m
エピファネイア・・・★★★★★★
シンボリクリスエス産駒です。カメラワークが観辛かったんですがスタートはゆったりめ?しかし内枠からスーと中団まで押し上げ、Sペースで一団の流れを中団馬群の内で脚を溜める。出しどころがないほど馬群に包まれてコーナーを回っていましたが、直線で馬群がバラけるとスーッと大外に移動。大外に持ち出すロスで仕掛けも遅れたようにみえましたが…。そこからグングン急加速し一気に前を捕らえて3馬身も突き抜けた。パワフルですが加速もめちゃんこ速い!シーザリオの息子から大物誕生の予感!

4回京都7日(10月21日)未勝利 芝1600m
ガムザッティ・・・★★★★
父ハーツクライ、母ダンスーズデトワール。ルルーシュやステージプレゼンス、オメガホームランの半妹です。このお母さんは種牡馬が変わっても変わらず良い馬を出しますねぇ。スタート直後に隣の馬が外に膨れたため、その煽りを思いっきり受ける致命的な不利がありましたが、何とか立て直すとなんとハナへ。楽な手応えで直線へ向くと、そのまま手応えどおりの伸びを見せ楽々と逃げ切ってしまった。序盤の不利も物ともしない力が1枚上の競馬。

4回新潟4日(10月21日)新馬 芝2000m
タカノハーバー・・・★★
外枠からダッシュ良く先行、そのままの勢いで1コーナーでハナを奪いレースを引っ張る。勢いよくハナを奪った為にやや縦長の展開になりましたが、途中からペースをグンと落としてSペース。4コーナーで他馬を引き付けて直線へという理想的な逃げ。直線では他馬に並ばれながらもしぶとい伸びを見せ、結局最後まで抜かせずクビ、クビ差で際どく2、3着馬を退けた。展開も味方しましたが並ばれてからの粘りは素晴らしい。

4回新潟4日(10月21日)未勝利・牝馬 芝1200m
ワンダフルジュエル・・・★★
アドマイヤマックス産駒で母父はエルコンドルパサー、叔父にゴールデンメインという血統です。道中は控えて中団の内をロスなく追走。そのままの大勢で直線に向いたため前が壁になりましたが、そこから外目に持ち出し進路ができると一気の伸び脚であっさりと抜け出した。抜け出す時の脚はなかなかのもので使いつつ力をつけてきた感じです。



競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)

2012年10月15日

タキオン最後の世代に大物候補登場!タイダルベイスン

タイダルベイスンってどういう意味なんかな?と思ってJRAの公式をみたら“ワシントン運河に築かれた入り江の名”ということ。どうやらお母さんの馬名ワシントンシティに因んだ馬名のようですね。

後の祭りですけどアグネスタキオンに因んだ馬名にしてくれたら良かったのになぁ〜なんて思っちゃうほどの、鮮やかなデビュー戦の内容。まぁ半兄のラトルスネークも初戦のパフォーマンスは半端なかったんで2戦目みるまでは何とも言えないんですけどね。
ただ牝馬ではダイワスカーレットという超大物を輩出したアグネスタキオンですが牡馬では種牡馬入りした馬は出したものの、自身やダイワスカーレットクラスの馬はまだ出てきておりません!言い切っちゃう。ディープスカイファンの方ごめんなさい。

そして、そうこうしている内に現2歳世代が最終世代!

期待したくもなっちゃうってもんです。最後にもう一華咲かせてもらいたい。


4回東京4日(10月13日)新馬 芝2000m
タイダルベイスン・・・★★★★★
ラトルスネークの半弟でアグネスタキオン産駒。最内枠から好スタートを決めましたが道中は控えて内の中団で待機。コーナーで外目に持ち出し直線に向くと直線では外からほぼ馬なりのまま一気に先団へ。そのまま追われることなく後続を突き放し最後は流して3馬身半差の圧勝。アガリ3Fは33秒5!鞍上の指示にもすんなり従いレースセンスもよさげ。そして瞬発力は半端ない切れ味!これは重賞でも楽しみな存在。

4回東京4日(10月13日)未勝利 芝1600m
キープインタッチ・・・★★
逃げ馬と2番手追走の馬がやや離しながらの逃げで縦長の展開。そんな流れを4番手の4番手から追走。そのままの大勢で直線に入ると外の馬と併せる形でジワリジワリと脚を伸ばし粘る前2頭との差を詰めていく。脚色は最後まで衰えずしっかり伸び切り、前の馬を捕らえ更には外の馬の追撃をきっちり振り切ってのゴールイン。ただ前走5着以内の馬が1頭もいないというメンバー構成&時計も平凡で…。

4回京都4日(10月13日)りんどう賞・牝馬 芝1400m
クロフネサプライズ・・・★★★
スタート直後に1番人気馬が落馬という波乱の幕開け。そんな中スタートを決めすんなりハナに立つと1馬身ほどのリードを取りながらマイペースでの逃げを打つ。道中楽ができた分、直線でも余力十分。そのまま1馬身ほどのリードで直線に向くと最後まできっちり脚を伸ばし逆に後続を突き放すようなかたちでゴールイン。いろいろと恵まれた部分もありましたが、直線で差を詰められないあたりは力のある証拠。

4回京都4日(10月13日)新馬・牝馬 芝1600m
サトノネネ・・・★★★
ディープインパクト産駒で母父はMonsun。最内枠を生かしスーッと先行、道中はインの3番手でじっと脚を溜める。ロスなくコーナーを回し直線に向くと内の狭いところに躊躇なく突っ込みあっさりと抜け出した。2着馬とはそのまま“位置取りの差”といった感じでしたが、抜け出す時の脚も速く抜け出してからの脚もしっかり。レースセンスも良さそうで上のクラスでも大崩れなく走れそうな雰囲気。

4回京都4日(10月13日)未勝利 芝1400m
ゼウス・・・★★
スタートは遅れ気味に出ましたが好枠を生かしそしてちょいと引っ掛かりながら前へ押し上げる。道中は内目の3番手を追走。4番手以下を離して直線にむくと直線では前3頭による追い比べ。直線手前で早くも手綱は動いていましたが追えば追うほど脚を伸ばし力強く前2頭を捻じ伏せた。走りをみるにあまり距離延長は向かないような感じ。また枠にもちょいと助けられた印象です。

4回京都4日(10月13日)未勝利 芝2000m
ヴァーティカルサン・・・★★★
マンハッタンカフェの産駒で母父Monsun。外枠からスタート後やや追っ付けて先行、少頭数の競馬で前4頭、後ろ4頭とで離れたため2コーナーで内に入れそのまま逃げ馬の後ろで脚を溜めながら追走する。直線で逃げ馬を交わすところで早くも外から1番人気馬に並びかけられてしまいましたが、馬体が合うと内からグイッと一伸び。勝負根性で差し返してみせた。ただこの馬が勝負強いのか?2着馬(4戦連続2着)がそういう馬なのかは微妙なところ。

4回新潟1日(10月13日)新馬 芝1200m
リシェス・・・★★
ワイキューブの娘、チチカステナンゴ産駒です。好スタートから押して先行、ハナは譲りましたが逃げ馬を外からびっちりマークするように2番手を追走。先頭に並びかけて直線に入ると直線半ばでバテた逃げ馬を交わして単独先頭へ。外から脚を伸ばした2着馬にしぶとく喰らい付かれましたが、しぶとく伸び切り最後はクビ差で押し切った。先行力あり、並ばれてからの粘りも上々ですがお母さん同様あまり距離延長は向かなさそうなタイプかも。

4回新潟1日(10月13日)未勝利 芝1600m
サンガヴィーノ・・・★★★
チアズブライトリーの産駒です。ゆったりとした一団の流れを5、6番手の外目から追走。3コーナー手前で前2頭が後続を離しにかかると連れるように前へ3番手の位置取りで直線に入る。ラスト1Fのところで楽な手応えのまま前2頭を交わすとそのまま脚を伸ばし抜け出しての3馬身差圧勝。やや前に有利に流れたのもありますが直線半ばで勝負を決めてしまった。OPでも楽しみな上々の瞬発力。

4回東京5日(10月14日)新馬 芝1600m
サクラグランレーヴ・・・★★★
母父SSのアルデバラン胸唆陲能派秉琶譴縫汽ラチトセオー、サクラキャンドルのいる血統。好ダッシュを決めスーッと好位へ3番手を追走。道中は超がつくほどのSペースで正味ラスト3Fだけの競馬。直線での瞬発力勝負では逃げて粘る内の馬を目標に脚を伸ばしジワリジワリと追い詰める。外から伸びた2着馬の
末脚もきっちり退け1馬身1/4差の快勝。位置取りの差も大きかったように思いますがレースセンスよく瞬発力も上々。

4回東京5日(10月14日)未勝利 芝1400m
リメンバーメジロ・・・★★
父メジロベイリー、母父メジロライアン祖母メジロラモーヌ!いい馬名ですねぇ。レースではポンっと好スタートを切り控えて好位の内へ。3番手から直線に向くと前2頭を目標に力強く脚を伸ばし、まとめて捻り伏せて抜け出した。速いアガリの競馬はあまり向かなさそうですが、タフな流れでしぶとく脚を伸ばしそうなタイプ。小柄ながらも力強い末脚。

4回東京5日(10月14日)未勝利 芝2000m
トーセンヤマト・・・★★★
スタート後はダッシュがつかない感じでしたがすぐさま盛り返し3番手追走。逃げ馬が5馬身ほどのリードで逃げていましたがペースは遅く前有利の展開。3番手で直線に向くと、楽をした分止まらない逃げ馬をただ1頭追い詰めて最後半馬身差で交わし去る。初戦福島で大敗も放牧とコース替りで馬が一変。人気薄でしたが内容は良く上のクラスでも通用しそうな瞬発力です。

4回京都5日(10月14日)新馬 芝1400m
ハドソンシチー・・・★★
祖母イソノルーブル、叔父にイソノウイナー、従兄弟にはモンストールがいるマンハッタンカフェ産駒。好スタート好ダッシュを決めると内の馬と2頭併走する形での逃げ。コーナーでちょいと手綱を押していましたので手応え的にはどうか?と思いましたが直線半ばでは一旦後続を突き放し、そのまましぶとく脚を伸ばして押し切った。スピードもあり先行してしぶとい伸び脚、ただ3キロ減量の恩恵も大きそうな競馬にも見えました。

4回京都3日(10月8日)新馬 芝2000m
トウシンモンステラ・・・★★★★
母父SSのキングカメハメハ産駒で叔母にはベッラレイア、全兄にカフナという血統です。この距離の新馬戦らしくゆったりとした流れで一団の競馬。道中は中団前目の馬群の中で待機。ラスト4Fから一気にペースが速くなると直線手前から手綱をしごいて加速、直線では先に抜け出したウオッカの全弟をゴール前で強襲。外から捻じ伏せてのゴールイン。瞬発力だけでなく長くいい脚を使える持久力もあり、追えば追うほど伸びる感じ。京都の中距離が合いそうなタイプです。

4回京都5日(10月14日)未勝利 芝1600m
ウインプリメーラ・・・★★★★
好スタートからダッシュも速く無理することなくスーッとハナへ。内の2番手追走馬と2頭で3番手以下を3、4馬身離しての逃げ。3コーナーで後続を一気に引き付けて脚を溜めると、直線では一旦並びかけられたものの二の脚を使ってこれを逆に突き放してみせた。結局最後は1馬身1/4差をつける逃げ切り勝ち。中団待機の前走では鋭く切れてアガリ最速。今回は一転スピード感たっぷりの逃げから二の脚を伸ばす競馬。自在性も素晴らしくどんな競馬でもできそう。

4回新潟2日(10月14日)新馬・牝馬 芝1600m
アルマシャウラ・・・★★★
アドマイヤムーン産駒で母父はDeputy Minister。道中はかなりゆったりとした流れを中団前目の馬群の中で待機。直線では横一線の先団のより1馬身ほど後ろの2番手集団から鋭く脚を伸ばし、粘る先行馬2頭をゴール前できっちり差し切った。ほぼ直線だけの瞬発力勝負をスパッと差し切る上々の切れ味。ただやや線が細そうな感じで直線坂のあるコースや力の要る馬場に対応できるかは?

4回新潟2日(10月14日)未勝利 芝1000m
インザチャーチ・・・★★
大外枠から好スタート好ダッシュ。外ラチを味方にしつつ1馬身ほどのリードをとる。ラスト2Fくらいから追い出されると更に突き放し最後は1頭迫ってきた2着馬も1馬身1/4差で退ける余裕の勝利。直線競馬で外ラチを頼れる大外枠に入ったのは大きかった模様。終始スピードで圧倒できたようにスピードはまずまず。ただ1200、1400mでの競馬をみるとスタミナ面に難がありそうで距離延長は厳しそう。
 

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(2)

2012年10月09日

ブラックタイド産駒が重賞初制覇!テイエムイナズマ

メイケイペガスターの初戦を観てすっかり心を奪われていた訳なんですが、2戦目のデイリー杯2歳Sはいいとこなく惨敗。
故障ではなくどうやら気性面からの惨敗のようですねぇ。まぁ故障がなくて何よりなんですがこの先はいつ走るかわからない。そしていつぶっ飛んでもおかしくないそんな危なっかしい馬になりそうな予感。

凄い勝ち方を疑ってなかっただけにショッキングな敗戦でしたが、終わってみれば個人的には嬉しい結果に(馬券は当然外れてます)。

勝ったのは今年が産駒デビューとなるブラックタイドの産駒テイエムイナズマ。現役当時走るたびに応援してましたんで覚えてらっしゃる方もひょっとしたらいるかもですが、このブラックタイドは私の元PO馬。
思い入れのある馬の産駒の重賞勝ち。なんとも感慨深いものがあります。こういうのまたPOGの醍醐味。そして競馬の醍醐味ですからね!いちいち感動です。

そして2着は大好きなグラスワンダー産駒クラウンレガーロ。距離伸びて良さそうだなと思ってみてましたので、この距離で結果が出てまずは一安心。
久しぶりにクラシックを沸かせるグラスワンダー産駒になってもらいたいところです。

4回東京1日(10月6日)サフラン賞・牝馬 芝1400m
タガノミューチャン・・・★★+
速い流れですが馬群はさほどバラけずにほぼ一団。そんな流れを好位の4、5番手から先行。3番手で直線に向くと直線で伸びを欠く他の先行勢を尻目にきっちりと最後まで脚を伸ばす。外から伸びてきた2着馬の追撃と、その間に挟まれた(審議対象)3着馬との追い比べを制しクビ差で際どく押し切った。前走とは違い厳しい流れでしたが末脚は変わらずしっかり。先行してしぶとく脚を伸ばすタイプの模様。相手のレベルはちょいと薄めも価値のあるレコード勝利。

4回東京1日(10月6日)新馬 芝1400m
アユサン・・・★★★★
ディープインパクト産駒で母父はStorm Cat。スタートで遅れダッシュも効かず後方2番手からの競馬になりましたが、道中のペースが遅く3角から楽な感じで押し上げに行く。先頭から3馬身ほどまで押し上げ直線に向くと、馬なりのまま先団に並びかけ追い出されるとスッと抜け出し瞬く間に2馬身ほどのリード。最後は流しながらのゴールイン。終始抜群の手応えで抜け出すときの脚も速い、距離延長にも対応できるそうな走り。

4回東京1日(10月6日)未勝利 芝1800m
インプロヴァイズ・・・★★★★
母父SSのウォーエンブレム産駒で叔父にはエクスペディションという血統。ゆったりとしたペースで一団となって進む流れを中団後ろで脚を溜めながらの追走。コーナーでも押し上げに行かずガッチリと手綱を押さえて直線での瞬発力勝負に備える。直線では馬なりのまま先頭集団に並びかけに行く抜群の手応えで、いざ追い出されると力強く突き抜け2馬身半差をつけてのゴールイン。大物感のある走り。OP、重賞レベルでも楽しみな瞬発力。

4回京都1日(10月6日)デイリー杯2歳S 芝1600m
テイエムイナズマ・・・★★★★
ダッシュがつかず最後方からの競馬になりましたがペースは遅く先頭からはさほど差のない一団の流れ。Sペースの瞬発力勝負では分が悪いと思ったか?3角手前から一気にまくって先頭に踊り出ると、2馬身ほどのリードをとって4コーナーを回る。直線手前で大きく膨らんだためコーナーワークで差は詰められたものの前走同様いい脚を長く長く使い結局そのまま押し切った。この馬の特徴を存分に生かした好騎乗です。

4回京都1日(10月6日)新馬・牝馬 芝1400m
ノボリディアーナ・・・★★★
母父SSのフレンチデピュティ産駒。母系は叔父叔母にフジキセキやシャイニンレーサーのいるミルレーサーの一族です。中団やや外目からの追走で直線に向くと外に持ち出し2馬身ほど前の1番人気馬を目標に追い込み開始。ゴール前でグイグイ加速するその1番人気馬プランタンビジューを更に外からスパっと差し切り1馬身1/4馬身突き抜ける。相手が一瞬の決め手より持続力で勝負するダイワメジャー産駒とはいえ、並ぶ間もなく差し切った瞬発力はなかなかのもの。

4回京都1日(10月6日)未勝利 芝1200m
アカノジュウロク・・・★★
母父SSのバゴ産駒で叔父にはデュランダルがいる血統です。大外枠から好スタートを切ると控えて中団で待機。そのままの位置取りで手応え良く直線に入ると外からジワリジワリと力強く脚を伸ばし内の馬との追い比べを制す。更に外から伸びてきた2着馬との追い比べはやや分が悪かったものの、何とかアタマ差で凌ぎ切ってのゴールイン。あまり末脚に決め手がなさそうな感じで上のクラスでも好走しても勝ち切れないような競馬が続きそう。

4回東京2日(10月7日)新馬 芝1800m
サトノネプチューン・・・★★★
シンボリクリスエス産駒で叔母にアンブロワーズがいる血統です。ドスローの流れで正味直線だけの競馬。道中は中団馬群の中で折り合いに専念し脚を溜めると、そのまま6、7番手で直線へ。直線では馬群の間から外の馬と併せる形で脚を伸ばす。内で粘る先行勢を捕らえ、外の追い込み勢をギリギリ凌いだところでゴールイン。スローの瞬発力勝負を制しましたが、抜群の決め手があるタイプには見えずむしろ勝負根性が凄まじい。

4回東京2日(10月7日)未勝利・牝馬 芝1600m
ジーニマジック・・・★★★
好スタート好ダッシュから内の馬を行かせて2番手先行。3角で暴走気味にハナを奪った馬がいましたが動じず、手応えよく3番手で直線へ。直線に入ると馬なりのまま先頭に立ち、いざ追い出されると力強い脚色で抜け出した。ラスト1Fの時点で既に3馬身ほど抜け出しそのまま難なく押し切った。ダイワメジャー産駒らしくスピードの持続力がありパワフルな走り。先行して押し切る競馬が合いそうです。

4回東京2日(10月7日)未勝利 芝1400m
ハニームーナー・・・★★
母父Selkirkのアドマイヤムーン産駒で従兄弟にシーチャリオット。道中は中団やや外目から追走すると3〜4コーナーから徐々に前へ。直線手前では6、7番手の位置取り。直線ではグイグイっと加速し内の先行勢をジワリジワリと追い詰めて行く。逃げて驚異的な粘りを見せていた2着馬をゴール前で際どく差し切ってのゴールイン。

4回京都2日(10月7日)新馬 芝1800m
キズナ・・・★★★★★
ファレノノプシスの半弟、ディープインパクト産駒です。7頭立て少頭数の競馬で道中はゆったり。直線までは中団内でじっくり脚を溜めて待機。前2頭と2馬身ほど離れた3、4番手で直線に入り追い出されると、Sペースで逃げて伸びる2頭を目掛けてグーンっと加速。あっさりと捕らえて一瞬で2馬身突き放した。追い出されてからの加速の速さ、スピードが乗ってからの伸びが非常に素晴らしく大物感たっぷり。

4回京都2日(10月7日)未勝利 芝1600m
バイオレットムーン・・・★★
内枠からダッシュ良くスーッとハナへ。1馬身後ろの2番手追走馬と2頭で3番手以下を2、3馬身離しながらの逃げを打つ。直線手前で2番手の馬が脱落し3馬身ほどのリードで直線へ向くと、後続の追い上げはなく直線半ばでは4馬身ほどにリードを広げ勝負を決めた。最後はバテバテでしたが半馬身差残してのゴールイン。後続に追走で脚を使わせての逃げ切り勝ちですが、上のクラスでこれが通用するかとなると…。

4回東京3日(10月8日)新馬・牝馬 芝1600m
ダノンビーナス・・・★★★
桜花賞2着馬アズマサンダースの娘でキングカメハメハ産駒。先行集団に殺到、後続馬群も差がなくほぼ一団の流れを道中は中団後方の外から追走。直線入り口ではまだ後方3、4番手といったところでラスト2F時点では最後方でしたが、
追い出されると大外から1頭まるで違う勢いでグングン前を追い抜いて行く。2着馬が内から馬群を捌いて追い込んできましたがこれも楽に退けてデビュー勝ちです。

4回東京3日(10月8日)未勝利 芝1600m
レッドヴィーヴォ・・・★★★
ジャングルポケット産駒。スタートはやや出負けしたものペースは緩く無理することなく中団を追走。そのままの位置取りで直線に向き追い出されると、外からグイグイ脚を伸ばし緩いペースで脚色が衰えない先行勢を追い詰めて行く、逃げ馬を交わし1馬身突き抜けたところでゴールイン。初戦も中山で鋭い決め手を使っており末脚は確か。母父がサクラバクシンオーなので距離延長は?ですがレースを観てる限りはある程度こなせそうな気も。

4回東京3日(10月8日)未勝利 芝2000m
アルヴェロン・・・★★★
スタートはもっさり。府中2000mの大外スタートだった為にちょいと置かれ、追っ付けながら前へ。しかし勢いがつきすぎたか?前にも壁が出来ず道中は途中まで掛かりながらの3番手追走。折り合ってからは手応えも良く直線でも半ばで追い出しを我慢する余裕の展開。ただいざ追い出されると逃げて伸びる2着馬をなかなか交わせず…。結局2着馬との叩き合いをゴール前まで演じクビ差で捻じ伏せてのゴールイン。随所に雰囲気のあるところは見せるものの、それがパフォーマンスにはまだ結びつかず。使いつつ良化に期待。

4回京都3日(10月8日)新馬 ダ1200m
サンライズバロン・・・★★★
好スタートから軽くしごいて楽々ハナへ。その後、内からきた馬にハナは譲りましたが馬体をびっちりと併せ併走して逃げる形。勝負どころの4角でも手綱は全く動かず持ったまま、1頭だけまるで違う手応えで直線に向くとそのまま後続をグングン突き放し8馬身差の圧勝。芝でも通用しそうな抜群のスピード感。しかしワイルドラッシュ産駒で母父アフリートと血統からは…。

4回京都3日(10月8日)新馬 芝1600m
アクションバイオ・・・★★★
最内枠から好ダッシュを決めすんなりハナへ。軽快なペースで飛ばして馬群を引っ張る。直線に入ってからの手応えもよく一旦は2着馬に並ばれたものの、最後まできっちりと脚を伸ばしそのまま押し切った。前残りの馬場で枠、展開にも恵まれた印象ですが、楽にハナに立ち道中も余裕たっぷりに引っ張れるスピード感はなかなかのもの。上のクラスでも楽に先行できれば面白そうです。

4回京都3日(10月8日)未勝利・牝馬 芝1400m
ベルライン・・・★★★
好スタート好ダッシュを決めると内の馬を行かせてびっちりと真横でそれをマーク、併走する形での2番手追走。終始手応えは良く直線では馬なりのまま先頭に立ち追い出されると、後続を逆に突き放しての2馬身半差逃げ切り勝ち。先行して長くいい脚を使えるダイワメジャー産駒のこの馬に今の止まらない馬場も思いっきり味方した模様。その辺りと相手のレベルは割り引いて考えなくちゃいけませんが強い勝ち方です。

4回京都3日(10月8日)未勝利 芝1800m
バッドボーイ・・・★★
手綱をしごき前2走とは打って変わって先行。平均ペースでもこのクラスにしては気持ち速かったのか?やや縦長の展開を2番手からの競馬。直線ではバテた2頭を交わし先頭に立ち、4、5番手追走から脚を伸ばした2、3着馬の追撃を際どく凌いでゴールイン。前残りの馬場に先行策と減量騎手がズバリ。相当しぶとく粘れるようですが、馬場が変わるとどうなるかは…?

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 18:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年10月01日

今度は殿から一気!サンブルエミューズ芙蓉S制覇

前走新潟の未勝利戦を逃げ切っていたキョウエイマーチの孫サンブルエミューズですが、今回は出負けして最後方からの競馬を差し切り勝ち!

前走は5馬身差の圧勝。そして今回はこのドハデなパフォーマンス。そしてキョウエイマーチの孫という血統背景。

こりゃまた人気が出そうですねぇ!

個人的には芙蓉Sの面子はさほどレベルが高くないと思っていましたので、今回はあまり過大評価はしたくはないんですが…。完全に力が1枚上の競馬をしましたしね!
前回より★を1つ追加してみました。

次の重賞が本当の意味での試金石になるのかなと思います。重賞レベルの面子でもパフォーマンスが落ちないようであれば…。今年の牝馬路線の大本命になるかもしれません。
次走更に★を追加したくなっちゃうパフォーマンスを期待!


4回中山8日(9月29日)新馬 芝1800m
ゴットフリート・・・★★★★
母父SSのローエングリン産駒。好枠からスタートを決め前に付けると前2頭がやや離して逃げる展開を3番手から追走。コーナーで徐々に前との差を詰め直戦に入ると力強い脚色で一気に前を捕らえて抜け出した。前を捕らえに行くときの脚が速く躍動感のある豪快な末脚。力強い走り方をするので直戦、坂のあるコースも合っていそう。OP、重賞でも楽しみ。

4回中山8日(9月29日)未勝利 芝1200m
ラインミーティア・・・★★
スタートは普通もメイショウボーラーの産駒らしくスピードのある馬ですんなり先行、ちょいと抑えるような形で好位の外目を追走。コーナーに入りその抑えから開放されると馬なりでスーッと2番手まで進出。直線でもスピード能力の違いでそのまま抜け出し押し切った。手応え的にはもっと突き抜けるかとも思いましたが2馬身差での勝利。ここまで3戦して3、2、2着。順番が回ってきた感じでスピードで圧倒しましたが、上のクラスではまた順番待ちかも?距離延長はきびしめ。

4回中山8日(9月29日)未勝利 芝1600m
ファンアットコート・・・★★
マリーゴールド賞、ダリア賞勝ちで新潟2歳Sでも3着に入ったコスモミールの娘。アドマイヤマックスの産駒です。好スタートを決めると好位3、4番手を追走。4コーナーから仕掛け気味に前との差を詰めに行き、先頭に並びかけて直線へ。そのまま力強く伸びての押し切り完勝ですが、抜け出してからの直戦の伸び脚はまだ迫力不足で…。ここはレースレベルに恵まれた感じが。

4回阪神8日(9月29日)新馬 芝1800m
コウセン・・・★★★
半兄にサンライズマックスがいるアドマイヤムーン産駒。ダッシュが速くスーッと前へ、逃げた1番人気サトノプレシャスをマークするように2番手からの競馬。そのまま2頭で馬体を併せたまま直線に向くと、直線でも2頭による一騎撃ち。後ろでマークしていた強味もありましたが終始手応えでも勝っており余裕たっぷりに捻じ伏せて追い比べを制した。レースセンス良く、追われてからの末脚も上々です。

4回阪神8日(9月29日)未勝利・牝馬 芝1400m
アドマイヤサブリナ・・・★★
母父SSのシンボリクリスエス産駒。祖母にツィンクルブライド、叔父にペールギュントがいる血統です。好枠からスタートを決めると好位の内で待機。コーナーではごちゃつく先団をよそにコースロスなく内を回し3番手で直線へ。前2頭の間を割って半馬身抜け出すと、引き離せずにそこから喰らいつかれましたがきっちり伸びて半馬身差で押し切った。内の好位で脚を溜めてのチョイ差しと好騎乗と枠にも恵まれた印象でややインパクトは薄め。

4回阪神8日(9月29日)未勝利 芝1600m
ディアマイベイビー・・・★★★★
ゴスホークケンの半妹。ディープインパクト産駒の評判馬です。ポンと好スタートを切るとそのままハナへ終始1馬身ほどのリードを保ちながらの積極的な逃げでレースを引っ張る。ペースは緩くはありませんでしたが絶好の手応えで直線に向き追い込み開始。ジワリジワリと脚を伸ばし後続を突き放すと唯一1頭追い込んで来た2着レッドアリオンの追撃もクビ差退けてゴールイン。終いもきっちり伸びていましたが末を生かすタイプというよりもスピードが勝ったタイプにみえる。物凄い強い競馬をしそうな反面、競られるともろそうな気も少々。

4回中山9日(9月30日)芙蓉S 芝1600m
サンブルエミューズ・・・★★★+
スタートで出負けすると全く無理せず待機。逃げた前走とは一転して最後方からの競馬。3コーナー手前から外からまくり気味に進出すると、中団まで押し上げて直線へ。かなり早めのスパートでしたが直線でもバテることなくグングン加速し外から一気に突き抜ける。逃げた前走も溜め逃げで直線末脚をグングン伸ばして突き放す競馬。本質的には逃げ馬ではなく、長く長く良い末脚を使う馬と考えて良さそう。

4回中山9日(9月30日)新馬 芝1600m
ラヴネヴァーダイズ・・・★★★★
最内枠から好スタートを決めると好位に控える構え…だったんですが暫く折り合いがつかず。。かなり勝気な気性の模様。コーナーでちょいと外に持ち出し馬群の中へそのまま5、6番手で直線に入ると先行勢を外から一気の伸び脚で突き抜ける。小柄な牝馬らしい素晴らしい切れ味で瞬発力は上のクラスでも楽々通用しそうな破壊力。ただネオユニヴァース牝馬で荒い気性がこの先どう響くのかは…?

4回中山9日(9月30日)未勝利 芝1800m
マイネルクレイズ・・・★★★
スタート後押して行ったものの、さほど行き脚はつかず。先行集団後ろの外目からの競馬。3コーナーから早めにマクリに行くと、早めスパートで後続との差を広げに掛かる逃げ馬の直後、2番手の位置取りで直線へ。直線では早めにまくったにもかかわらず脚色は全く衰えず、むしろゴール前で更に加速してるような感じ。追えば追うほど伸びる長くいい脚を使えるタイプで京都の長距離でも要注意。

4回阪神9日(10月1日)新馬 芝1400m
マイネチャーム・・・★★★
マイネサマンサの娘です。好スタートから無理せず先行し2番手からの競馬。頭数とペースにしてはやや縦長の流れで他馬に絡まれることもなく楽な感じで逃げ馬を追いかける。3コーナーから馬なりのまま先頭に並びかけ直線に向くと、逃げ粘る2着馬を外から捻じ伏せそのままゴールまで押し切った。タキオン産駒ですがあまりスパッと切れるような感じではなくお母さん同様先行して押し切る競馬が合いそうなタイプです。

4回阪神9日(10月1日)未勝利 芝1800m
インパラトール・・・★★★
祖母はJC2着馬マジックナイト、叔父にマグナーテンという血統。一団となって進む流れを道中は中団で待機。直線入り口では横一線にズラリと広がる追い比べをど真ん中から追い出されましたがエンジンの掛かりは遅く、ようやく脚を伸ばしても直線半ばで前が壁になる始末。その間2着馬に完全に抜け出されたようにも見えたんですが…。内に進路をとり立て直すと豪快な伸びを見せ捻じ伏せるようにして突き抜けた。ディープインパクト産駒ですが物凄いパワフルで気性も荒め。力の要る馬場で強そうなタイプです。
 

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年09月24日

ゴールデンジャックの娘が無傷の2連勝でききょうSを勝利!

ゴールデンジャックの娘といっても若い競馬ファンの方だとピンと来ないのかしら?サイドワインダーの半妹といった方がわかりいいのかもしれませんね。

母ゴールデンジャックはチョウカイキャロルが勝ったオークスの2着馬。当時マル外に開放されていなかったのでこの時のオークスにはヒシアマゾンは出ていませんがヒシアマゾンとも同期。
牡馬クラシックでナリタブライアンが3冠を達成した年でもありますので、ブライアンとも同期ということになります。

つまり結構歳なんですが…。晩年になってからもこういう強い馬を出してくれるのは当時を知るファンからしたら嬉しいものです。
ゴールデンジャックと一緒に走った馬、同年代の馬のことなんかも思い出せますしね!
是非、クラシック路線に乗って貰いたいところ。

また先週はPOGではドラ1レベルの超評判馬ネオウィズダムが2戦目で勝ちあがりました。ただレースっぷりは賛否両論ありそうな内容。恐らくOP、重賞を使うことになる次走である程度わかるとは思うんですが…。わかってからアレコレ買いても面白くありませんからねぇ。
私は今回の内容にはちょいと辛めで評価をつけてみました。

4回中山6日(9月22日)新馬・牝馬 芝1200m
ワンツーステップ・・・★★★
母父オジジアンのスウェプトオーヴァーボード産駒、叔母にブロンコーネがいる血統。縦長の展開を道中は中団で待機。4コーナーで外に持ち出し追い出されると、直線に入って早々に一気に加速。直線半ばであっさり前を捕らえるとそのまま楽々と押し切った。勢い的には突き放して勝ちそうな加速の仕方でしたがあまり持続力はないのか?押さえたのかは?とにかく加速力は素晴らしい。

4回中山6日(9月22日)未勝利 芝1800m
サングブルー・・・★★★
外枠から好スタートを決め2番手を追走。速い流れでしたが3コーナーから積極的に逃げ馬に並びかけにいくと2頭併走で3番手以下を3馬身ほど引き離して直線へ。直線で併走相手のバテた逃げ馬を引き離すと最後は一杯になりながらもしぶとく伸び切り2馬身差での快勝。前走馬券になっているのがこの馬だけという恵まれた面子でもあり、差してこれるような馬がいなかったとういう意地悪な見方も少々残る。

4回中山6日(9月22日)未勝利 芝1600m
ステラビアンカ・・・★★
道中はちょいとテンションが高めなこともあり中団馬群の中にいれて待機。コーナーでは大外から回して直線に入ると、直線一気の末脚で外から差し切った。ここも面子レベルが微妙でおまけに2キロの減量騎手と恵まれた面はあるものの、前走、前々走では33秒台のアガリを使っているように末脚は確かな馬。上のクラスでも瞬発力は通用するはず。

4回阪神6日(9月22日)ききょうS 芝1400m
プリンセスジャック・・・★★★★
ゴールデンジャックの娘がデビューから2連勝!好スタートを切りましたが道中は無理せず控えて中団内で待機。抜群の手応えで直線に向くと力強く脚を伸ばして伸びる先行勢を差し切った。前走は早め先頭から長くいい脚を使っての押し切り勝ちでしたが、末脚を生かす競馬にも十分対応できる模様。早めスパートなら長くいい脚を使え、溜めても上々の切れ味。更には好位を楽に追走するスピードもあり。レースに合わせていろんな競馬ができそうなタイプです。

4回阪神6日(9月22日)新馬 芝1200m
エイユーモモチャン・・・★★★
叔父にビッグゴールドがいる母父フジキセキのサクラバクシンオー産駒です。ゲートは良くも悪くもといった感じ。ダッシュは速そうでしたが他馬が先行してきた為に無理せず中団内で待機。コーナーで徐々に外に持ち出し直線入り口で上手く馬場の真ん中に出されると、先行して伸びていた前2頭を外からジワリジワリと追い詰めて交わし去る。一気にスパッと切れる感じではありませんがスピード感のあるパワフルな末脚です。

4回阪神6日(9月22日)未勝利 芝1800m
ネオウィズダム・・・★★★
スタートは遅かったものの最内枠を利用し積極的に前へ、ハナを奪う。この時期の2歳戦にしては速い流れでしたが道中の手応えは良く、後続もこの流れを追走。直線では各馬に目標にされながらもしぶとく伸び切り、最後は2着馬の猛追も3/4馬身残して初勝利。タフな流れを終始目標にされながらの逃げ切りは価値がある。ただドラ1レベルの評判馬として見るとまだ凄みみたいなものは感じません。使いつつ良くなってくる感じでしょうか。

4回中山7日(9月23日)新馬 芝1600m
レオハイタッチ・・・★★★★
レオアクティブの半弟、タニノギムレット産駒です。前2頭がすっ飛ばす縦長の流れを道中は中団馬群の中で待機。直線では馬群を捌きつつ外に持ち出されるとラスト1F過ぎから一気に加速。あっさり前を捕らえるとゴールまでは抑える余裕もみせる素晴らしい末脚の切れ味。父は替わっても決め手の破壊力は代わらず。兄同様マイル前後で末脚を武器に活躍しそうな予感。

4回中山7日(9月23日)新馬 芝1200m
アポロオラクル・・・★★★
アポロキングダム産駒で母父ウォーニング。好枠からダッシュを決めて好位の内を先行。4番手で直線に向くと外に出さずに前3頭の狭い隙間に突っ込んで抜け出した。抜け出してからは脚色が一緒になり引き離すまではできませんでしたが、きっちり最後まで伸び切り押し切った。狭いところに躊躇なく突っ込める気性と抜け出す時の脚の速さは良い感じです。

4回中山7日(9月23日)未勝利・牝馬 芝1200m
バーニングハート・・・★★
コース替りが効いたのか?距離短縮が効いたのか?それとも雨が降り稍重の馬場が嵌ったのか?前2走新潟で大敗していた馬が一変。スタートを決め2番手に取り付くと直線早め先頭から力強く伸び切り後続を突き離した。最後まできっちり伸び切っており人気薄でも内容的には強い競馬。ただ今回どの条件が嵌ったのかわかりませんが好走条件が合わないとどうなることか…。

4回阪神7日(9月23日)新馬 芝1600m
マジェスティハーツ・・・★★★★
スタートはちょいと遅れて後方からの競馬になりましたが持って行かれ気味に前へ進出。3番手からの競馬。先行してからは折り合いもスムーズで手応え良く直線へ。直線では馬なりのまま先頭に立ち追い出しをギリギリまで我慢する余裕たっぷりの競馬。追い出されると内から伸びてきた2着馬をきっちり突き放してのゴールイン。ドスローの瞬発力勝負なのでペースがあがった時にどうか?ですが上でも楽しみな瞬発力。

4回阪神7日(9月23日)未勝利 芝1200m
プレイズエターナル・・・★★★
アドマイヤムーン産駒、半兄は昨年の福島2歳S1着馬エクセルシオールという血統。スタートはちょいと出負けしましたが追っ付けられて直ぐに追いつくとそのままの勢いで徐々に前へ進出。4、5番手の位置取りで直線に向くとパワフルな末脚でジワリジワリと加速し3馬身突き抜けた。兄同様スピード感たっぷりの馬で距離延長は微妙な雰囲気。短距離路線で活躍しそう。

4回阪神7日(9月23日)未勝利 芝1400m
ラシーマ・・・★★★
ポンと好スタートを切るも行く気はなく道中は中団の外目で待機。コーナーは大外をぶん回し直線に向くとスパッとは切れないもののジワリジワリと堅実に脚を伸ばし先行勢をきっちりと差し切った。ここまで2着3回、3着2回と勝ち切れないながらも好走してきた馬ですがついに6戦目にして順番が回ってきたという感じ。上のクラスでも決め手不足に悩まされそうですが堅実に好走を繰り返しそうです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 19:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年09月18日

世界的良血馬マンボネフューが楽勝デビュー!

マンボネフューという馬名からはキングマンボ産駒?なんて大多数の方が思っちゃうと思うんですが、キングマンボの甥にあたる馬です。
つまり祖母はあの名牝ミエスク!競走馬として16戦12勝2着3回でG気魯屮蝓璽澄璽今奪泪ぅ襭河覇を含む10勝という冗談みたいな成績。
繁殖牝馬としては日本でもお馴染みのキングマンボやフランスの牝馬クラシック2冠馬イーストオブザムーンなどを輩出。う〜ん凄い馬ですねぇ。

こんな世界的良血馬ですから是非とも種牡馬になれるような活躍を期待したいもの。馬主として後の種牡馬をバンバン走らせていた金子さんの所有馬というのも何だかそれっぽい。
まだドスローの新馬戦1戦だけなので、過剰に期待しすぎるのも良くないのかもしれませんが、注目したい1頭だと思います。

一方でアドマイヤキンカクカレンバッドボーイとPOGのドラ1クラスの激突で注目を集めていた日曜阪神の新馬戦はタニノギムレット産駒のダンツクロノスが勝利。2頭の評判馬に割って入る2番人気の評価を受け、レースではアガリ33秒フラットの末脚で快勝!
POGのドラフト時点ではノーマークの1頭でしたが、当然こちらも今後大注目の1頭になりそうです。地味目な母系からでも超大物を輩出するのがBT系の種牡馬ですしね!

それにしてもアドマイヤキンカク…。ハァ…


4回中山3日(9月15日)新馬 芝1600m
マンボネフュー・・・★★★★★
バゴ産駒で祖母はあのミエスク。叔父にはキングマンボがいる血統です。ゆったりとしたペースを外目の3番手で折り合い直線での瞬発力勝負へ。直線ではほぼ馬なりのまま先頭に立ち、先頭に立ってからも軽く気合いをつけただけでグングン加速、楽に後続を突き放した。最後は流しつつ2馬身半差の楽勝!終始余裕たっぷりの手応えで加速力も半端ない。速いペースでどうなるかはまだ?ですが大物感はたっぷりです。

4回中山3日(9月15日)未勝利 芝1200m
ファイヤーヒース・・・★★★
道中は中団馬群の前目の内から先行集団をみながら追走。直線手前で外に持ち出されると、抜け出しを計る圧倒的1番人気馬の外から一気の伸び脚で鋭く追い込み並ぶ間もなく突き抜けた。前走大敗しているようにムラ駆けする馬なのかもしれませんが、嵌った時の末脚は上のクラスでも楽に通用するモノ。コース替り、条件替りや人気薄での出走の場合は是非とも狙いたい1頭。

4回阪神3日(9月15日)新馬・牝馬 芝1600m
コレクターアイテム・・・★★★★
少頭数のマイル戦で道中は緩い流れ。そんな流れを中団前目の馬群の中からレースを進め直線での瞬発力勝負へ。先頭とは4、5馬身ほどの差で直線に入り追い出されましたが、追い出されてからはジワリジワリといった加速の仕方でさほど差は詰まらず。ただラスト1Fでエンジンが全開になると一気に前を捕らえて抜けだした。ややエンジンの掛かりが遅いタイプにみえますが掛かってからの末脚は破壊力十分!

4回阪神3日(9月15日)未勝利 芝1200m
クインスウィーティ・・・★★
抜群のスタートからガシガシ押してハナを主張。軽快な逃げを打つ。3コーナーでは外から馬体を並びかけられましたが慌てることなく自分のペースを守り直線へ。直線に入ると鞍上が他馬の脚色を確認するほど余裕たっぷりの手応えで追い出しを待ち、いざ追われると最後まできっちりと伸びての逃げ切り勝ち。開幕3日目で前も止まらない馬場だったんでしょうが、短距離馬らしいスピードを活かしての勝利です。

4回中山4日(9月16日)新馬 芝1800m
トロワボヌール・・・★★★★
チューニーの娘、昨年の東スポ杯2歳S2着馬フジマサエンペラーの半妹にあたるバゴ産駒です。ゆったりとした流れを道中は中団前目の外から追走。3コーナー手前から徐々に流れが速くなったところで、コースロスも何のその大外から抜群の手応えでまくり気味に前へ進出。直線で追い出されると手応えどおりの伸びを見せ内の先行勢を余裕を持って抜き去った。牡馬相手にこの距離で力が1枚上の競馬。これは重賞でも楽しみ!

4回中山4日(9月16日)未勝利・牝馬 芝1600m
ツクバアラモード・・・★★★
好枠から好スタートを決めると他に行くような馬もおらずハナに立つ。ぴったりと真横からマークされながらもドスローに落とし込む脚を溜めながらの逃げ。3〜4コーナーでもじっくりと脚をため後続を引き付けると、直線手前からの早めスパートとコーナーワークで一気に抜け出しそのまま直線半ばでレースを決めてしまった。鞍上の好騎乗もありましたがレースセンスもよく安定して力を出せそう。

4回阪神4日(9月16日)野路菊S 芝1800m
ラブリーデイ・・・★★★★
少頭数でスタートも決まったこともあり無理することなく先行。頭数の割りにはペースは速かったですが逃げ馬をみながら抜群の手応えで2番手を追走する。直線に入り先頭に立つと、外から2着馬に目標に追い込まれ一旦は交わされたようにも見えましたが…。並ばれてからグイグイっと加速!初戦同様エンジンの掛かりは遅いものの、追えば追うほど伸びる末脚で2着馬の追撃を退けた。こういう直線の長いコースが合ってるようです。

4回阪神4日(9月16日)新馬 芝1600m
ダンツクロノス・・・★★★★★
母父ダンスインザダークのタニノギムレット産駒です。この距離の新馬戦で少頭数ということもありドスローの流れ。そんな流れを道中は好位馬群の中でじっくりと待機し直線での瞬発力勝負に備える。直線に入ると外から被せにきた1番人気馬を跳ね飛ばすように外に持ち出すと、好位から鋭く伸びた2着馬を外から捻じ伏せてのデビュー勝ち。レースのアガリ33秒4の瞬発力勝負を差し切ったように決め手があり勝負根性も素晴らしい。

4回阪神4日(9月16日)未勝利・牝馬 芝1400m
メイショウガンツ・・・★★
好スタートを決めると押してハナへ前走からは一転して今回は逃げる競馬。終始1馬身ほどのリードを保ちながら積極的にレースを引っ張り、そのままの大勢で直線へ向くとダイワメジャー産駒らしい長く良い脚を使って粘り込み、そのまま後続の追撃を際どく凌ぎ切った。時計の出る阪神の馬場も味方した感じですが、上のクラスでも先行すればしぶとく粘り込めそうな雰囲気。

4回中山5日(9月17日)カンナS 芝1200m
ヴァンフレーシュ・・・★★★★
前走はスタートで遅れ後方からの競馬で直線牛蒡抜き。今回はスタートを決めるとグングン飛ばしリードをどんどん広げつつの逃げ。3〜4コーナーでは2番手以下を5馬身ほど離して逃げる独走状態。最後は押さえたため2馬身ほどの差で済みましたが、直線に入っても全く差は詰まらず直線半ばで勝負を決めてしまった快速馬。前走勝った時に控える競馬ができればマイルくらい持ちそうなんて書いたんですけどね…。こんな競馬ができるならスプリンターまっしぐらでもいいんじゃないかと思っちゃいます。

4回中山5日(9月17日)新馬・牝馬 芝1600m
ピロポ・・・★★★
スタートが遅く道中は後方からの競馬。3〜4コーナーで大外をぶん回して追いあげると直線でも脚色は鈍らず、外から鋭く脚を伸ばしゴール前では内の2着馬との追い比べもきっちり制してアタマ差での勝利。3キロ減量騎手、また15番人気での勝利ということで次もさほど人気にならないんでしょうが、ゆったりとした流れを大外ぶん回しで差し切ったレース内容は素晴らしい。次走も人気薄なら1発狙ってみたい馬。

4回中山5日(9月17日)未勝利 芝1800m
マイネルストラーノ・・・★★★
マイネソーサリスの娘、ディープインパクト産駒。スタートは遅め、ダッシュも悪く最内枠でしたが中団後ろの位置取りに。3〜4コーナーでペースが速くなったところで押しながら外目を通り進出を開始すると、直線は沈む込むようなフォームでグイッグイと加速し前を捕らえて抜け出した。あまりドハデな末脚のインパクトではありませんが長くいい脚を使えそうなタイプ。先行して粘りこむ競馬が合いそうな雰囲気。

4回中山5日(9月17日)未勝利 芝1600m
ボブキャット・・・★★★
好スタート、好ダッシュを決め難なくハナへ、1馬身のリードを取りながら軽快な逃げを打つ。コーナーで一旦後続を引き付けて直線でまた突き離しに掛かるという理想的な展開が嵌ると、最後まできっちりと伸び切り後続の追撃も完封した。ダイワメジャーの産駒らしく先行して長くいい脚が使えそうな馬。中山の稍重の馬場も味方した感じです。

4回阪神5日(9月17日)新馬 芝1400m
タガノミューチャン・・・★★
好スタート、好ダッシュを決めハナへ1馬身ほどのリードで逃げを打つ。途中から2番手の馬にマークはされたものの序盤でペースを握ったお陰もあってかなりゆったりとした恵まれた展開。コーナーで一旦引き付け直線に入ると、まだまだ余力は十分で直線半ばで逆に後続を突き放しセフティーリード。最後は2着馬に3/4馬身まで追い詰められたものの、余裕たっぷりの押し切り勝ち。

4回阪神5日(9月17日)未勝利 芝1800m
ノースパストラル・・・★★★
キングヘイロー産駒、阪神JF3着馬ブランピュールの娘。スタートは決まりましたが直ぐに控える形。ドスローで一団となって進む馬群の後方2番手からレースを進める。3〜4コーナーで早くもムチを激しく入れられ外から追い上げ態勢に入ると直線でもガンガン追われて力強く加速。ゴール前では追い比べになった2着馬を外から捻じ伏せてのゴールイン。牝馬ながら馬体もでかく非常にパワフルで追って追って加速していく感じ。直線が長いコースが良さそうなタイプです。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:01|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年09月10日

開幕週の馬場を後方から牛蒡抜き!メイケイペガスター

先週から秋の中央開催がスタート。1200mの夏の2歳重賞も終わったということで今週からは芝の短距離戦、ダート戦をちょいと省いてレビューしていきたいと思います。

で。先週の新馬なんですが、まずは日曜阪神5Rのメイケイペガスター!開幕週の馬場を直線最後方付近から牛蒡抜き。初っ端からいきなり楽しみな馬が出てきた感じですねぇ。
続く6Rではディアデノビアの娘ディアデラマドレが余裕たっぷりの競馬でデビュー戦を勝利。さすがは開幕週といったところでしょうか。いい馬が揃ってますねぇ。

ちなみに今週は私のドラ1アドマイヤキンカクがついに!というかようやく!!というかデビュー予定。ほんとはもっと早くデビューするハズだったんですけどね。。ゲートが…。橋口先生の評判馬カレンバッドボーイとも激突予定ということで必要以上に力が入ります!

ドラ1クラスの評判馬同士が初戦から豪華にぶつかりあうのもPOG、そして2歳戦の醍醐味。終わってみるとアレレ?なんてことも良くあるんですけどね。
そうならない事を祈って週末を待ちたいと思います。


4回中山1日(9月8日)アスター賞 芝1800m
ミヤジタイガ・・・★★★★
逃げた1番人気馬が速いペースで飛ばし縦長の展開。そんな流れを好スタートを決め離れた3番手からの追走、距離延長で追走も楽。コーナーで逃げ馬と2馬身ほどにリードを縮めて直線に入ると、Hペースで逃げても直線脚色が衰えない2着馬を外からジワリジワリと追い詰めて捻じ伏せた。あのペースで逃げて粘った2着馬も相当ですが、自ら捕まえに行き長く良い脚を使ったこの馬もまた相当。ネオユニヴァース産駒らしい力強く長く良い末脚が使える馬です。

4回中山1日(9月8日)新馬 芝1200m
ワンダービリーヴ・・・★★★
ディープインパクト産駒で従兄弟にはカネヒキリがいる血統です。スタート後は中団で待機すると3コーナーから抜群の手応えで押し上げ前へ、4コーナーは内からまくり直線入り口では2、3番手の位置取り。直線では2頭の間を割って抜け出し早め先頭に立つと、後続の追撃も余裕たっぷりに退けた。レースセンスが良く抜け出す脚も速い。走りからは距離は伸びても良さそうな雰囲気。

4回中山1日(9月8日)未勝利 芝1600m
ガチバトル・・・★★★
母父ミルジョージのオレハマッテルゼ産駒という渋い血統。内枠から好スタートを切ると外の馬を行かせて好位の内から追走。インから回したため直線入り口で外からスムーズに回してきた1番人気の2着馬に先に抜け出されちゃいましたが、力強く脚を伸ばし差を詰めに行く。1〜2馬身ほどの差をジワリジワリと追い込み最後はアタマ差で捻じ伏せた。さほど大きくはない馬ですが非常にパワフル。

4回阪神1日(9月8日)新馬 芝1200m
ドリームマークス・・・★★
フサイチリシャール産駒、これが中央産駒初勝利です。好スタートを決めると3頭が併走して逃げる形の2番手を先行。1頭脱落し逃げ馬と併走しながら直線へ。手応えが抜群に良く直線途中まで追い出しを我慢するほどの余裕がありましたが、追われてから一気に抜け出し突き放すまではできず。ただ力強い末脚を最後まで持続し追い込んできた2着馬の追撃も振り切った。切れよりスピードの持続力で勝負するタイプかも。

4回阪神1日(9月8日)新馬 ダ1400m
スリーフォスター・・・★★★
スズカマンボ産駒です。スタートで大きく出遅れ道中は4、5馬身ほど離れた最後方。途中先行馬群からは7、8馬身も離されたようにも見えましたが…。コーナーで徐々に追い上げ直線に向くと外から1頭まるで違う脚色で鋭く追い込み、まとめて交わし突き抜けた。減量騎手で3キロ差&先行勢がバテて展開的にも嵌った感は否めないもののあまりにも鮮やかな末脚。ダートの短距離は省きますといったにも関わらずレビューしたくなっちゃうパフォーマンスです。

4回阪神1日(9月8日)未勝利 芝1400m
ワキノブレイブ・・・★★★
マイネルラヴ産駒、叔父にはフロンタルアタックがいる血統です。好スタートを決めると内枠も活かして無理することなく好位へ。直線までじっくりと脚を溜めながら内で待機。直線入り口で外に持ち出し抜け出すときっちりと脚を伸ばして押し切った。手応え的にはもっと派手に突き抜けてもという感じもしますが、レースセンスが良く堅実な末脚。上のクラスでも大崩れしなさそうな感じ。

4回中山2日(9月9日)新馬 芝1600m
スマートルピナス・・・★★★★
ゆったりとした流れを好スタートから好位の内目で待機。4コーナーで馬群が詰まったため外に持ち出すことはできず、直線では窮屈な位置取りで行き場を無くした感じになりましたが…。前の馬が抜け出してくれたお陰で進路ができるとそこから外に持ち出し一気の伸び脚。完全に抜け出していた2着馬をゴール前で強襲してみせた。外に出してからの加速がとんでもなく速く瞬発力はOP、重賞レベルでも通用しそうな破壊力。

4回中山2日(9月9日)未勝利 芝1200m
モンマックス・・・★★★
サクラバクシンオー産駒です。外枠から好スタートを決めると内の馬を行かせ、これを併走しながらピッタリマークする形。コーナーで完全に並びかけると、そのまま2頭併走しながら直線へ。直線に入っても手応えは楽のまま、マークしていた逃げ馬がバテるとそのまま楽々押し切った。ここまでデビューから2戦連続2着。今回は相手にも恵まれスピードの違いをみせての順当勝ち。

4回中山2日(9月9日)未勝利 芝1800m
クレバーユニバース・・・★★
母父エルコンドルパサーのネオユニヴァース産駒で祖母にノースフライトという血統です。好枠から好スタートを決め緩いペースを内から先行。コーナーでもそのまま内から回すと直線は窮屈な位置取りになりましたが、内ラチの沿いと前の馬との狭いところを突いて力強く伸びてきた。抜け出してからもジワジワと後続を突き放し結局最後は2馬身差をつけてのゴールイン。やや枠と展開に恵まれた印象も狭いところを突ける根性は素晴らしい。

4回阪神2日(9月9日)新馬 芝1600m
メイケイペガスター・・・★★★★★
フジキセキ産駒で母父ブライアンズタイム、叔母にペニーホイッスルという血統。一団となってゆったりとした展開を道中後方2番手からの競馬。直線入り口では最後方というスローの瞬発力勝負では致命的な位置取りにみえましたが…。追い出されると馬群の中に突っ込み前を捌きながらグングン加速。先に抜け出していた2着馬を余裕たっぷりに交わし突き放しながらのゴールイン。アガリ33秒フラットの驚異的な瞬発力、窮屈なところにも躊躇なく割り込んでいける勝負根性も凄い!!開幕週から大物候補が登場。

4回阪神2日(9月9日)新馬 芝1400m
ディアデラマドレ・・・★★★★
ディアデラノビアの娘、キングカメハメハ産駒です。スタートは悪くなかったものの直ぐに控えて中団後ろの外目を追走。楽な手応えで徐々に前との差をつめ先頭とは2馬身ほどの位置取りで直線へ。直線でも終始余裕たっぷりの抜群の手応えで軽く仕掛けただけでグーンと加速、一気に抜け出し2着馬に1馬身半差をつけてのゴールイン。小柄ながらも牝馬らしくスパっと切れる末脚はお母さんソックリ。距離延長は問題なさそうですし血統からも牝馬路線を盛り上げてくれそうな1頭です。

4回阪神2日(9月9日)未勝利 芝1600m
テイエムイナズマ・・・★★★★
ブラックタイドの産駒で母父はDanzig。行き脚がつかず道中は後方からの競馬になりましたが、3コーナーから早めにマクリ4コーナーでは先頭に並びかける積極的な競馬。直線に入ると最後まできっちり伸び切り後続をジワリジワリと引き離していく。長く長く良い脚を使い2着に1馬身半差、3着以下は更に3馬身半突き放してのゴールイン。京都の長めの距離が合いそうなタイプです。

競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 20:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年09月04日

こちらも無傷の2連勝!小倉王者はマイネルエテルネル

まずはちょいと情報が古いんですが…。トーセンホマレボシ引退(涙)
そしてダービー1番人気馬ワールドエースも屈腱炎で戦線離脱…。

トーセンホマレボシの方は私の昨年度のPOGドラ1馬。脚質も菊花賞向きで血統も晩成型。ダービーはまだ早くても菊花賞ではと思い続けてきた馬。
ダービー終わった直後から菊で大勝負すると決めていたのに…orz

府中の馬場の速さに故障を心配していた方も多かったと思いますが、出ちゃいましたね。。
馬場の速さと故障の因果関係を証明するのは不可能でしょうけど、逆に関係ないととも言い切れない。常識的に考えて固すぎる馬場が脚の負担にならないはずがないですしねぇ。
先日の札幌2歳Sを勝ったコディーノをみても32秒、33秒前半のアガリなんて使わなくても十分強く見えるんです。もうちょいとソフトな馬場をお願いしたいと切に願います。

ちょいと出だしがズレましたが、土曜の札幌王者に続き日曜小倉の2歳王者もデビューから無傷の2連勝でマイネルエテルネルが勝利!
この馬、英ダービーに登録があるようなんですよね。個人的には将来一流のスプリンターに育つんだろうなという感じでみてるので、2400mどころかマイルもどうなんだろ?という感じなんですけど、どうなるんでしょうね?
暮れの朝日杯FSでどういう結果を残すのか?楽しみになってきました。

2回札幌6日(9月2日)すずらん賞 芝1200m
シーギリヤガール・・・★★★
一団のまま進む流れを道中は中団前目の内で待機。勝負どころの3〜4コーナーで馬群は更につまり差し・追い込み各馬は外を回して前との差を詰めにいっていましたが…。この馬は内から一気にすくって2番手へ。直線では逃げて突き放しにかかる2着馬を外から豪快に差し切り2馬身突き抜けた。コーナーで内を突けたことが最大の勝因でしょうが、直線での末脚はかなりのモノです。

2回札幌6日(9月2日)未勝利 芝1500m
ニシノレゾネ・・・★★
スタートは決まりましたがごちゃつく先行勢には参加せず、控えてこの先行勢をみるような形で中団を追走。3〜4コーナーで外を回して捲っていくと2番手まで押し上げて直線へ。速いペースを早めに捲ったので最後は脚が一杯になりましたがしぶとく伸び切り押し切った。こういうアガリの掛かるタフな馬場でのタフな競馬が合ってるのかもしれません。ダートで走りそう。

2回札幌6日(9月2日)未勝利 芝1200m
クリノタカラチャン・・・★★★
母父マンハッタンカフェのアドマイヤコジーン産駒です。ゲートはさほど速くはなかったもののダッシュが抜群でやや引っ掛かりながらスッと先行、2番手で折り合いをつける。3コーナーから逃げ馬に並びかけに行くと抜群の手応えで直線へ。直線ではあっさりと突き抜けスピードの違いを見せ付けた。スピード感たっぷりで気性も前向きのため距離延長に融通はあまりきかないかも。

2回小倉12日(9月2日)小倉2歳S 芝1200m
マイネルエテルネル・・・★★★★
1番人気エーシンセノーテが逃げ馬だった為に速い流れ。そんな流れを先団の後ろから追走。直線手前で外を回したため、ちょいと置かれましたが外から鋭い伸び脚をみせ前との差を詰めに行く。2着馬が抜け出しかけたところを外から豪快に捻じ伏せてのハナ差勝利。スピード能力抜群で追われてからの末脚も素晴らしい。ただスピードがありすぎる感じで距離延長は微妙な感じも。将来はスプリント路線で大活躍しそうな馬ですがこの先のPOG期間での活躍となると?

2回小倉12日(9月2日)新馬 芝1800m
タガノエンブレム・・・★★★★
ウォーエンブレム産駒。母キャッチザゴールドはステイゴールドの全妹という良血馬。スタートでは無理せず一団になって進む流れを中団から進む。3コーナー手前から徐々にペースが速くなると連れて外から進出。4角では大きく外を回されながらも直線では鋭く脚を伸ばしG前で一気に2着馬を強襲した。早めにレースが動いた分、他の馬はラスト1Fで脚が止まったか。逆にこの馬は長く長く良い脚を使えるようです。

2回小倉12日(9月2日)未勝利 ダ1000m
ララガニエ・・・★★
スタート後、押して押して押しまくってハナを主張。それでも単騎逃げにはならず2着馬と併走する形での逃げ。そのまま直線に向くとあっさり追い比べで遅れを取りましたが内からしぶとく喰らいつき差し返す。ゴール前でまた差し返されそうになったもののギリギリ凌いでアタマ差でのゴ−ルイン。もうちょっと長ければ差し返されてたような勢いなので盛り返した勝負根性が素晴らしいとも言えず…。ただ非常にしぶとい馬ではあります。

3回新潟8日(9月2日)新馬 芝1800m
サトノジェミニ・・・★★★★
ネオユニヴァース産駒、叔母にスティルインラブがいる血統。好スタートを決めると2番手からの競馬。直線入り口で真ん中に出し追い出されると、内の4着馬と馬体をぶつけながらの激しい叩き合い、更には外から併せてきた2着馬とも追い比べに。ゴール前までもつれるかと思いきや追うごとにグングン加速。結局最後は2馬身突き放しての勝利。エンジンの掛かりは遅めも追えば追うほど伸びる感じ。勝負根性も凄い!

3回新潟8日(9月2日)未勝利 ダ1200m
アースゼウス・・・★★
最内枠から好スタート好ダッシュを決めてハナへ。縦長の展開でレースを引っ張る。抜群の手応えのまま直線に向き追い出されると後続をグングン突き放しての5馬身差の圧勝。単純にこの面子とはスピード能力が違った模様で危なげなく逃げ切った。かなりのスピードがありますが芝で通用するかとなるとまだ?また短距離馬らしいスピードがあるということで距離延長も?POG的には辛めの2つ星。


競馬blogランキング
TOPへ戻る
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ


newtype777 at 18:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
競馬ブログランキング
↓クリックしてくれたらこんなに嬉しい事はない!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
↑戦いは非常さ…
Profile
amurou
競馬歴   ミホノブルボンの年から
好きな馬  グラスワンダー
       タイキシャトル
趣味    ギャンブル全般
好きな超人 ラーメンマン
好きなMS ニューガンダム
MyblogList